• 31 Jan
    • リハビリ開始から1年経過・関節可動域と握力の記録です。 (リウマチ)

      断捨離・片付け記録は、別記事でアップします。よかったらまた、読みにいらして下さい。昨日は子ども部屋の方は休んで、キッチンを片付けていました。☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*コルベットとリウマトレックスの2剤併用にしてから良くなってきた私のリウマチ。治療開始(2010年7月)の2年5ヶ月後、2012年12月から始めた手のリハビリは、一年経過しています。(息子が亡くなったあと4ヶ月間は休みました)最初の3ヶ月は週に2~3回、現在は週に1回通っています。 私にリウマチの兆しが見え始めたのは、2008年の春頃。しかし、リウマチとしての治療を開始したのは指が腫れ始めて2年以上経ってからでした。何度か触れていますが、私は自分の指の腫れをたいへん甘く考えていました。息子の関係で施設や病院とは縁が深かったけれど、「自分だけは健康だ。」などと過信していたのです。症状が出始めていたのに、関節に過度な負担をかけ続けるとどうなるか。逆に、痛いからという理由で放置したり間違った使い方を続けているとどうなるか。これらのことも、全く知りませんでした。投薬で検査数値が落ち着いていっても、動作時の痛みが軽減しにくかったし、まっすぐに伸ばせない指が出てきました。そんな私に、ブログを始めた当初からリハビリをすすめてくれていたのがこの人。 今年も学会で関西に来られるとのこと、またお会い出来るのを今から楽しみにしています。 開始から1~2ヶ月後には、歯磨き粉のチューブを絞れたり、りんごを丸ごと持ってむけるようになりました。力も徐々について、指を広げたり手首を曲げられる角度も大きくなってきたんです。とても嬉しかったしラクになって助かりました。(手首の腫れは現在も少し残っています)その可動域と握力。何度か計測していますが、2012年12月・2013年1月・2013年4月・2013年12月のものを記します。赤字の部分、前日に腕を使い過ぎていい数字が出ませんでした。しかし、握力は回復してきています。  関節可動域(右のみ記す)  2012.122913.12013.42014.1  自/他自/他自/他自/他前腕回内80/9090/9590/9570/75回外90/9595/9595/10090/95手掌屈40/5050/5545/5055/60背屈40/4545/5050/5560/65  2012.122913.12013.42014.1握力右771512左12151920関節エコーの結果と血液検査数値を鑑み、今月の通院から薬に少し変更がありました。嘔き気と倦怠感が減って身体が楽になった分、右手首炎症再び、っていうパターンです。薬についてはこちら に記し直しています。リハビリは今後も継続して通うつもりでいます。最後まで読んで頂き、ありがとうございました。私が参加・参考にしているコミュトラコミュ 関節リウマチ

      テーマ:
  • 05 Jun
    • リハビリ (手の画像あります)

      この記事は、息子が亡くなる前に下書きしておいたものです。朝一番、息子におっぱん(御飯)と水をあげ巻線香に火を付け手を合わせる生活にも違和感が無くなってきています。お骨になって帰ってきてから1週間経ちました。昨日の夕方は妹が来てくれました。夜は養護学校時代に仲の良かったママ友から電話。人と話すって、いいですね。夫は忌引き休暇を終え、今日から出勤。私は午後からリウマチの通院。安全運転で行ってきます。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・リハビリでPTさんから、人差し指のPIP関節(指先から2番目)を保護しながら使うようにと指示されました。私の左人差し指は少し変形し始めていますが、力のかかることはなるべく左手でするようにしてきました。右手の、手首・親指・人差し指・中指の方が痛くて使い辛かったからなんです。さて、その動かし方。言葉でうまく説明できないので写真を撮ってみました。手首などでも同じですが、要は、症状の出ている関節の一方向に力が掛かり続けないようにすることだと感じました。長時間同じ姿勢をとらない、などのよくあるリウマチ患者への指導とも通じることなのかなと思います。1枚目画像×のように、指先でものをつまんで力をかけないようにするとのこと。掴んだり、持ったりするなら○のやり方で。 ↓私の左手の人差し指のPIP関節。ここが潰れてきてて擦れてゴトゴト言います。今も時々痛みます。(2010年1月と2012年12月。関節のところ、違いがわかりますか?) ↓私の左手(せいいっぱい伸ばしています) 洗濯バサミならこのように指先だけで持って握るとそのPIP関節に力がかかってしまう。(とても痛かった時はどんなポジションでも難しかったですけど) 1枚目画像で示したのと同じで、↓このように深く握って掴むと関節への負担が軽減されるとのこと。 ↓     自助具を使うことも大事。自助具に変わるものがあればそれを使うことも。リウマチ患者生活3年目。解らないことや知らないことがまだまだあり勉強中です。そして、正直に言うとリウマチはやっぱり怖いです。「これでいいのかな?」と時々ビクついてしまう。が、そればかりでは疲れますね。にほんブログ村 手の装具についてはこちらの記事にまとめています→「リウマチの手の装具~治療開始から2年・・」

      テーマ:
  • 17 May
    • 布巾、ギュッと、絞れたぞー!

      昨夜からまた吐き気。仕方ない。いや、なんでもかんでも副作用だとは限らないかも。リウマチのこの薬を飲み始めてから、何かあればすぐ「これも副作用?」「あれもそうなの?」なんて思うようになってる。............................................................................................おはようございます。みよっちです。タイトルの件。さっきね、布巾をしっかり絞れたんです。年末から始めたリハビリでだいぶ力もついてきてて、トライはしてた。それなりに出来るようにはなってきてた。でも、今朝は一番の絞りっぷり!!(この言い方あってますか?)発症前と同じ絞り方じゃないのよ。痛い方の右手はかばいつつなの。でもね、スッキリしました。さあ、この布巾であっちこっち拭いて、一日を始めます。今週もあとちょっと。嫌なことは嫌なこととして捨て置き、サラっとやってやろうって感じです。ランキング2つに参加中。バナーを押して下さると嬉しいです。↓ にほんブログ村 関節リウマチ ブログランキングへ

      テーマ:
  • 25 Apr
    • リウマチの手のリハビリ●握力が少し回復してきました!

      おはようございます。みよっちです。抜歯したところの腫れはほぼ引いて、穏やかな気持ちで朝を迎えています。夫はまだ夢の中。今日も時差出勤の模様。 昨年12月、リウマチ治療開始から2年3ヶ月後にようやく開始した手のリハビリ。早いもので5ヶ月経過しました。そして今回、3回目の計測がありました。(1回目/2012年12月、2回目/2013年2月)右手首、左の人差し指、色々な方向へ曲げる角度をまた細かく測ってもらいました。 左右の握力、腕で引っ張る力や指自体の力も。角度においては2回目の時と比べてほぼ横ばいでしたが、握力は少しだけ回復していました。なんとなく「そうかも」って思ってたんですけど、数字で見るとやはり嬉しさがこみあげてきます! 握力の数字だけ記録します。回復したと言ってもホンの少しよ(笑) 6歳女児に負けていたのが、11歳女児に追いついた程度。右手は7kg(12月)→7kg(2月)→15kg(今回)左手は12Kg(12月)→15kg(2月)→19kg(今回)◆文部科学省:平成20年度 体力・運動能力調査- 年齢別テストの結果*45~49歳女性の握力平均は29.39kg*11歳女子の平均が19.97kg(6歳女児で8.85kg)*75~79歳女性の平均が21.98kg*標本数、標準偏差、他の項目などについては文部科学省のこのページへ飛んでみてください。 日常生活における細かい動作で、特に回復を実感できているのが手首を左右に捻ること。今回新たに言えるのが、グラグラでいつも不安だった親指と手首から腕にかけての力が復活してきたことです。例えば・・・上の画像。この袋を両手で引っ張って開けられるようになりました。3年前には全然できなかったことです。(わかりやすくするためこんな写真を撮りましたが、負担をかける必要もないので実際はハサミを使用しています。) しかし、なんといっても便利になったのは車の運転。 一番最近できるようになったのが、このレバーを引くこと。もう、「うぅぅー」って言わなくてもいいんです。5ヶ月かけて、ひとつひとつ、出来るようになってきたことです。 右手でエンジンをかけられるようになりました。 肩の調子が悪くなければ右手でシートベルトを引っ張ってこれるようになりました。 ハンドルはもう、装具を外して操作しています。拘縮させてしまって動かしにくくなったところが、再びこうして使えるようになってくる。元通りは望めないだろうけれど、私の日常は確実に変わってきています。リハビリ、PTさん、ありがとう!まだまだ頑張ります。ブログランキングに参加しています。良かったらポチッと応援して下さい。記事を書く励みになります。いつもクリックして下さってる方、本当にありがとうございます(感謝)↓ ↓  にほんブログ村 手の装具についてはこちらの記事にまとめています→「リウマチの手の装具~治療開始から2年・・」 私の手のレントゲン画像はこちらからどうぞ

      テーマ:
  • 13 Mar
    • リハビリについてあらためて(リウマチの手)

      おはようございます。みよっちです。週の真ん中、どんな朝をお迎えですか?治療開始(2010年7月)の2年5ヶ月後、昨年12月から始めた私のリハビリ、そろそろ3ヶ月になります。そのリハビリについて、あらためてちょっと書いておきたいと思います。私にリウマチの兆しが見え始めたのは、2008年の春頃。しかし、リウマチとして治療を開始したのは指が腫れ始めて2年以上経ってからでした。今も緩めの病状ですが、左の人差し指は少し変形が始まっています。前にも触れましたが、私は自分の指の腫れをたいへん甘く考えていました。治療を始めてからもこのリウマチのことを、まずは【薬】、次に【手術】、そう思っていたのです。【リハビリ】(特に、専門職の指導のもとに行うもの)に関しては、「もっと症状の重い人がするもの」「手術後にするもの」、などと漠然と思っていました。好きだった運動を再びやりたい気持ちもあり、「リウマチ体操」と言われるものやストレッチは、病名が確定してからこのネット上で検索してずっと続けてきました。当時の記事にも「ストレッチ~、ストレッチ~」などと書いています。でも・・・正しくはなかったんです、やり方が。自己満足だったというか。教えてもらったり調べたりして、●リハビリが早期から必要だということ。●投薬で痛みや腫れが治まっていても必要だということ。これらがわかってきました。症状が出始めていたのに、関節に過度な負担をかけ続けるとどうなるか。逆に、痛いからという理由で放置したり間違った使い方を続けているとどうなるか。私は自分のこの指と手首をもって、それを実感しています。↓下の画像は2008年10月の撮影。左人差し指が腫れている写真で一番古いもの。(↓下の画像は1年後の2009年9月・一番腫れていたころです・リウマチについての治療はまだ)痛み止めや塗り薬だけで2年も誤魔化してきた私の指。痛くないやり方を勝手に覚えて、使い続けてきました。診断がついた時は軟骨の減っているところが数箇所。一昨年、昨年と作った装具の存在、その意味なども、当時はまったく知りませんでした。(↑と↓ 2013年2月末の両手。腫れはずいぶん引いてきています。)リハビリ・・・拘縮させてしまって動かしにくくなったところが、再び使えるようになる。元通りは難しくても、関節を保護しながら動かす方法も教わるんですね。一枚目の画像。歯磨き粉のチューブを握る私の右手。今、絞って出せるようになりました。前は痛くて思うようにできなかったんです。小さなことだけど、とても嬉しいし楽です。好きなエアロビクスを続けることは、関節に負担をかけ続けること。迷いは常にあります。いつまで?、どこまで?と。だけど、トレーニングと治療を続けて、希望は捨てないでいようと思っています。こちらの記事にまとめています→「リウマチの手の装具~治療開始から2年・・」私の手のレントゲン画像はこちらからどうぞ骨びらん(足の写真)はこちらからどうぞ足底板についてはこちらの記事にまとめています。

      テーマ:
  • 12 Feb
    • リウマチのリハビリ 20回終了●計測ふたたび

      ↓2013.2.5おはようございます。みよっちです。当地は快晴の朝を迎えています。先週のリハビリでは、開始前にも行った各種の計測をしてもらいました。手首の可動域はそれぞれの方向において 左右とも5度程度回復。が、握力の回復は残念ながらまだ左手のみでした。右手は7kg(12月)→7kg(2月)左手は12Kg(12月)→15kg(2月)それでも先日記事にしたように、日常生活において出来るようになってきたことが増えているのは確かで、ずいぶん手を使うのが楽になってきています。特に、手首を捻ること・親指側へ倒すこと。(↓下に貼ったのがその動作。前回の記事を書いた後で出来るようになったことです)ただ、この右手首の痛みが今年に入り復活していることや、足指等に痛みの出る場所が少し増えていて、それがちょっと気がかり。右手でエンジンをかけられるようになりました。がまぐちも開けられるようになりました。この小さい関節の痛む場所が増えている点について主治医は、リウマトレックス減量との関係を仰り、今月よりフォリアミンの量を変更しています。リハビリに関しては、「このまま続けてね」とのこと。(リウマチ治療開始は2010年7月。私の飲んでいる薬はこちらからどうぞ)マグボトルを右手に持って飲めるようになりました。そして、大好きな菓子パンの袋を開けられるようになりました。左の指の力も付いてきたようです(一枚目画像の人差し指)何処まで動かせるようになるか、力を出せるようになるかわかりませんが、PTさんを信じて頑張ります。●先週のジム活 初中級のエアロビクスに2日。 エルゴ漕ぎ40分+マシン4種~5種で筋トレ+ストレッチ、が2日。●私の手のリハビリ 2012年12月中旬より開始。 週2回~3回、状態によっては4回にして通っています

      テーマ:
  • 25 Jan
    • 手のリハビリ開始から1ヶ月 ●出来ることが増えてきました!

      おはようございます。みよっちです。冷たい朝、先ほど夫は出張のため東京へ向かいました。明日の夜までおひとりさまです、やっほー。 ・・・去年12月から週2ペースで通っている手のリハビリ。始めてから1ヶ月が経過しています。(私のリウマチ確定診断は2010年7月)「痛いからとしなくなってしまったことで、リハビリにより出来るようになったこと」いくつかを画像で残しておきたいと思います。出来るようになってくると、やっぱり嬉しいです。 この玄関のドアの取手、右手でも押して開けられるようになりました。以前は体で押して開けてました。重いですよね、けっこう。 肩の調子が悪くなければ右手でシートベルトを引っ張ってこれるようになりました。(普通は左手なんでしょうか?私は右手でやっていました) 「イタタタッ!」と言いながら使っていた髪留め。シートベルトの時よりさらに後ろに右肩を引くし、突っ張ったような違和感がありますが、右手親指と人差し指・中指を使って挟むことが辛くなくなってきました。 冷蔵庫の扉にこれ↑を夫に付けてもらい、左腕でこのようにして開けていましたが、↓の画像のようにして持ち、開けられるようになりました。(左示指もだいぶ握れるようになってきています) 家の中で装具を付けることが減ってきています。今、掃除機は装具を外してかけています。 そして、包丁やハサミ使い。ちょっとずつラクになってきました。 みかんも、ごつい皮のでなければ右手の親指を使ってむくことが痛くなくなりました。 日常の細かい動作においては、その他にも、痛み少なく出来ることが少しずつ増えています。ここに貼ったものやそれらの動作が、手や手首などの何処のどういう筋肉や関節を動かしているのか、それは私にはわかりませんが、筋力は回復してきていると実感しています。リウマトレックス減量から2ヶ月半(薬のことを含め私のリウマチの略歴はこちらからどうぞ→★) 先日書いたように、右手首の腫れと痛みが少し復活していることに変わりはありません。足の裏の痛む場所も少し増えています。↓下のこのスターターは、右手では捻れません。押して捻る、って手や腕のあちこちを使うんですね・・・ 先日の診察では、「まだ、ここや、ここが腫れているね」「こちらは、それを補おうとして動かすから痛くなっているんだよ」と、ドクターやPTさんから言われてもいます。 家での自己流のストレッチが正しくはなかったこと、ネットから得た情報の解釈が甘かったことなど、リハビリを受け始めてわかったことがたくさんありました。与えられた状況に感謝して、引き続き頑張ろうと思います。長くなりました。読んでいただき、ありがとうございました。さて・・・今夜、ひとりで何を食べようかしら。その前にジム、行ってきます。ブログランキングに参加中。  お時間あれば押して帰って下さい、よろしくお願いします。↓              にほんブログ村 私の手のレントゲン画像はこちらでご覧いただけます ・リハビリをするまでのいきさつはこちらの記事に書きました→★リハビリを開始します。 ・画像3枚目の記事はこちら→ 冷蔵庫の重たいドアをこうやって開けてます◆リウマチ・暮らしの工夫

      テーマ:
  • 09 Jan
    • 手のリハビリ・新年1回目、行ってきました.

      おはようございます。みよっちです。寒いですね・・・みなさん,風邪ひいてませんか?今日は叔父の葬儀があります。一日がかりになりますが、寒さとウイルス対策をして、ちゃんとお別れをしてこようと思います。 昨年12月から週2ペースで受けはじめた手のリハビリ、今年初めて行ってきました。年末年始の休みがあったので、最後のリハビリから2週間弱。この間、普段しない類の主婦活?や施設から帰省してた息子との時間が多かったことなどで、右手首の腫れが少し復活、可動域が狭まっていると感じていました。どうしても普段より手を多く使うことになり、痛くなってくるとそれをかばう動かし方をしていたのかもしれません。それに、リハの成果で「出来なくなっていたことが出来るように」なってきていて、その種類も少しずつ増えていたので、つい使い過ぎていたようです・・・。反省。今回、リハビリ前の診察で、「(リハビリで)動かせるようになってきていても、調子に乗って動かし過ぎないように。」「腫れてますねぇ」と言われました。家でやるように指示された手の運動、毎日コツコツしてたんですけど、やっぱりそれだけじゃダメなんですね。今まで、「痛いから」とかばいながら動かしたり自己流ストレッチを繰り返してきた私の手首は、使い手(わたし)が調子に乗ると正直にその結果を出してくるようです・・トホホ。 「痛みの出ない程度に、もうそろそろ動かしていきましょう。」「でも、指示した運動は痛みが強い時は休んで下さいね。」こう指導されたのが、クリスマスのあとぐらい。今回、そこへまた戻ってやり直しかなぁ・・・という状態になってます。でもね、左右ともに痛み無くドアノブを持って開けられるようになってきました。(画像1枚目)。細かいことはまだ痛いし怖いっていうのもありますが(特に関節がグラグラしてる部分)、こうして少しずつ少しずつ、手をうまく使えるようになっていきたいです。引き続きがんばってみます。ブログランキングというものに参加しております。 お時間ありましたら下のバナー2つを押して帰って下さい。よろしくお願いします。 にほんブログ村  「指の腫れ」の検索でこのブログへ来て下さった方へ。

      テーマ:
  • 19 Dec
    • 通院日(リハビリ)2回終わって。 

      リウマチ関連の検索・携帯で今日初めて来て下さった方はこの下のリンク先からよろしければ。http://m.ameba.jp/m/themeList.do?unm=miyottiriumatti ━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─おはようございます。みよっちです。昨日はリウマチの手のリハビリ、2回目でした。自己流ストレッチ(特に手指・手首)に不安を感じ始めていたのと、息子の入所先での安定を実感できて来たことでようやく決め、先週から通い始めています。長くなりそうなので分けます。正確に伝えたいのですが、私の文章力では難しいかなぁ・・・。「これからリハビリを」と考えておられる方は、ご自分のリウマチの主治医としっかり相談して下さるよう再度お願いいたします。 過去に書いたと思いますが、リウマチ確定診断がついた時すでに、私の手首にある関節(7個か8個あるんですよね?)の隙間はだいぶ狭くなっていました。今回のリハビリのために撮ったレントゲンでも、それは変わらず、骨びらんの部分も回復していないことがわかりました。(手首画像1枚目2枚目は2012年5月撮影。指を開くともう少し手首は曲がりますが、この状態ではあまり変わらずです、今も) 指や手首の腫れ自体は、この秋にも書いたように軽減傾向なのですが・・・。 私が自分でしてきた手のストレッチは正しくはなかったんですね。画像3枚目は2010年9月、ブログを始めてすぐの頃に撮ったものです。(画像内の日付けは間違ってます)指を握りこもうとしてるので単純には比較できませんが、曲げようとしてもこの状態でした。「リウマチの人にも運動やストレッチは大切だ」と、装具を作るときに診てもらった整形のドクターも、今回リハビリのためにかかっている整形のドクターもおっしゃっていますが、捉え方は難しいです。簡単にわかったつもりになってちゃいけませんでした。大反省。今日はここまで。このあとエアロビクスに行ってきます。保護しつつやってきます。読んで頂きありがとうございました。開始時の記事はこちら→★リハビリを開始します。 私の今月のリウマチ通院記事はこちら→★(手指画像・血液検査数値入れてます ブログランキングというものに参加しております。 お時間ありましたら下のバナー2つを押して帰って下さい。よろしくお願いします。にほんブログ村  関節リウマチ ブログランキングへ

      テーマ:
  • 12 Dec
    • リウマチの手のリハビリを開始します。

      おはようございます。みよっちです。昨日はリハビリのための通院でした。(実質は次から。)先月のリウマチ通院で「手首と指のリハビリを受けたい」と言ったのですが、その総合病院では外来でのリハは受け入れがないとのことで、今回(先週12月5日)の診察時に再度お願いし、リハビリを受けられる病院へ主治医に紹介状を書いてもらったんです。当日は激混みだったため後日郵送してもらい、昨日それを持って行ってきました。私の治療の細くて長い目標は「エアロビクスを続けること」(遠~い先の目標は孫と公園で遊び回ることなど)しかし日常においての細かい目標は、手首や指をもう少し使えるようにしたいということです。着脱をスムーズにすること(特にトイレ時)や,台所仕事などを含む家事全般において、痛み少なく動かせるようになりたいです。薬で(リウマトレックス12mg/週で1年、10mg/週に減量して1ヶ月)ある程度病勢をコントロール出来ている今、リハビリの開始時期としては「決して早くはない」とのことでした。初日にしたことを記録しておきます。ドクターの診察前に看護師さんからの問診。レントゲン撮影整形のドクターの診察PTさんによる手首と指の各種計測(手首は4方向の曲がる角度、押す力、握力、指の“挟む力”など)院内カンファレンス用の問診(今後もあるそうです) ・自分のリハビリの目的は何か。(何ができるようになりたいか) ・どんな時に人の力を借りねばならないか。 などの質問がありました。 どうリハビリしていくか。ドクターとPTさんのお話は、「関節を守りながらその機能を維持し、できれば少し回復させていく」と取れました。今後の方向は、1.左示指はPIP関節の脱臼を起こさないように注意しつつもう少しだけ伸ばす(変形が少し始まっている)2.右手首は現状維持を目標に出来ればもう少し曲がるように、3.両手共に力を今よりも出せるようにしながら、4.私の目標である、着脱、洗顔、台所仕事なども少しずつやりやすくなるようにしていきましょう。5.エアロビクスは続けましょう、だけど手に負担がかからないよう工夫してください、ということでした。様子を見ながら修正することもあると思います。なお、今回リハビリを受ける病院からリウマチの診察を受けている膠原病内科へも報告をしていただきました。しばらくは2つの病院で並行して診察を受けることになります。 ◆私の今月の通院記録はこちらです。血液検査数値なども記しています、よろしければ。 ◆リウマチの手の装具~治療開始から2年の私の場合。 (初めて作った右手の装具について記しています)ブログランキングというものに参加しています。 お時間ありましたら下のバナーを押して応援して下さい。↓ にほんブログ村 ありがとうございます。

      テーマ:























































































































































AD
AD

プロフィール

みよっち

自己紹介:
1963年生まれ。リウマチ確定の2ヶ月後(2010.9)からブログ開始。2013年5月、息子が亡くな...

続きを見る >

読者になる

このブログの読者

読者数: 889

読者になる

「リウマチ、手、初期…
「リウマチ、手、初期、画像」の検索で来て下さった方々へ。


現在は、FC2の方で片付けブログを書いています。良かったら遊びにいらして下さい。

「さよのシンプルライフブログ」


月別

一覧を見る

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。