• 11 Sep
    • 「リウマチ、指、初期、画像」の検索で来て下さる方々へ。

      今日は5月末に撮ったレントゲンと腫れ始めた頃の画像を添付してみます。(小さい画像はクリックで拡大します)↓この画像はまだ左の人差し指一本のみ腫れていた頃の手(2008年10月)、リウマチ治療はまだ。↓これは2009年9月。右手指も腫れ始めた頃。リウマチ治療はまだリウマチ患者は日本に70万人とも80万人とも言われているそうだ。30歳~50歳で発症する女性が多いので、かつての私が誤解していたような「高齢者の病気」ではない。そして、手の関節に症状の出る人の割合が高い。最近は手の画像をアップしていないが、今も「リウマチ、指、初期、画像」等の検索でこのブログへ来て下さる人がとても多い。私のようにリウマチ患者の親戚もおらず健康体で生きてきた人なら、「よく聞く病名だが、よくは知らない病気」と言えるのかもしれない。もし、指の関節が腫れて痛かったり強ばっていたりするなら、是非いちどリウマチ専門医(検索すれば見つかる)に診てもらってほしい。私は指の一本が腫れ始めて2年近く経ってからリウマチ治療を始めた。それまでは近所の整形外科をウロウロはしご、痛み止めなどで誤魔化していた。緩めの病態だったからそれでもしのげていたのかもしれないが、とても反省している。進行の早い強いタイプの人だと、迷っているうちに悪くなるかもしれない。リウマチは厄介な病気だが、使える(効く)薬が発売されてから「進行し続ける病気」ではなくなってきている。早期からきちんと治療すれば、寛解に持っていける可能性も高いし早いと思う。下のリンク先に私の手の画像をまとめて貼っています。よろしければ。↓2012-10-20 私のリウマチの手◆指の腫れが引いてきています◆4年前の10月と今朝の写真2012-05-18 私のリウマチの手指画像 その2 (2011・後半~2012・前半の写真です)2012-05-09 私のリウマチの手指画像(2009~2011前半の写真です)↑今年の5月末に撮ったレントゲンの画像。治療開始してからのこの3年で酷く骨破壊が進んだ箇所はないそうだ。骨と骨の隙間が狭くなった部分も変わりなし。嘔気などの副作用は辛いが我慢できないほどでないから、今の薬で現状を維持していきたい。↓左が2011年2月8日の手。装具作成の際の撮影。右が2年3ヶ月後の2013年5月末。 指の先の白い点はネイルに置いたストーン。↓同じく、左が2011年2月8日の手。右が2年3ヶ月後の2013年5月末。 手首の部分。示指、中指のPIP関節が痛かったり腫れていたりした部分。↓これは左手人差し指と中指のズーム。人差し指の方、関節がぐしゃっとなってるが、90度ぐらいは曲げられるようになった。 ブログ村のリウマチカテゴリ。色々なリウマチブログを読めます。(INポイントになります)↓ ↓   にほんブログ村トラコミュ・膠原病患者の集い患者さんの記事がトラックバックされています。

      テーマ:
  • 19 Aug
    • 私の足(リウマチ)

      「先生、実は私、リウマチはもっともっと年を取ってから罹る病気だと思ってたんですよ。日本に70万人以上いるなんてことも知りませんでした・・・。」「ここへ通いだしてちょうど3年経ちました。こんな私ですけど、これからも宜しくお願いします。」先週のリウマチ通院で、こう言って主治医に頭を下げた。お盆だったけれど、病院にはいつものようにたくさんの患者がいた。我が家では息子の初盆が終わり、また私の体調は下降。昨日までは下痢・嘔気が少々残る。しかし、食欲が回復してきた今朝は身体も動いた。いつもより早朝出勤だった夫を見送り、2階も下も掃除機だけはかけられた。休み休みで小一時間かかったがスッキリ。シャワーを浴びてなおスッキリ。二日ぶりの珈琲を持って来てここに座った。.......................................................................................................今日は、「リウマチ、骨びらん、レントゲン、画像」などの検索でこのブログへ来て下さる人がとても多いので、今年5月に撮ったものを貼ってみる。再度、3年前の画像と並べれば比較出来るだろうか。私のリウマチは手の指に先に症状が出てきて、それを2年近く放っておき、いよいよ起きられないほど全身がしんどくなってから専門医のいる病院へ行ったような緩めの進行のもの。だけど足の小指のMP関節は、確定診断がついた時すでにこの画像のように虫食い状態(骨びらん)になっていた。こういうケースはけっこう多いそうだ。1枚目が2013年5月末の足の様子。2枚目が2010年9月、約3年前の画像。 比べてみて虫食い部分は特に大きくなってはいないとのこと。3枚目、右足の指は全てほぼまっすぐだが、左足の親指と小指は少しだけ中指側へ傾いてきている。これは,リウマチにより靭帯の弛緩が中足骨間で起き、足の横アーチが崩れ、扁平化しているからだそう。↓2013年5月↓2010年9月。↓丸で囲んだ部分が痛い場所。副作用による嘔気や倦怠感は相変わらずあるが、●リウマチの痛みや腫れはこのふた月で軽減して安定傾向。●血液検査数値は薬を減らす前も増やしたあとも横ばい、という点も変わらず。↓●リウマトレックスの量を(増やして)元に戻したこと、●コルベット錠との併用、ともに、今のところ良さそうである。次回の通院は28日。

      テーマ:
  • 23 Jan
    • 骨びらん(リウマチ)手のレントゲン写真

      おはようございます。みよっちです。昨日は少し不調で、家にこもりました。編集ができたので、今日は私の手のレントゲン写真をアップします。病院に事情を話し、CDに焼いてもらったものと紙に刷ってもらったものを画像処理しました。治療等についての略歴は最下部にリンク先を記しますので、よろしければそちらも合わせてご覧下さい。●私の左手の示指が腫れ始めたのは2008年の春頃 治療開始は2010年7月と遅れましたが、自分が予想していたよりは現状維持しているように思います。ただし、左手示指の変形が少し始まっているそうです。で、下に貼ったのが2009年~2012年にかけてのレントゲン写真。年代があちこちになってますが、一応、比べやすいように画像加工して貼りました。●↓2010.1と2012.12、の約3年の間の変化。2010年のこの時、リウマチの診断はつかず。指以外に腫れていたところもありませんでした。エアロビクスは週に7,8本出ていて、息子を家から各施設へ送迎していました。つまり私は非常に体力もあり元気でした。手首が腫れてきて全身が怠くなったのがその年の夏です。 ↓で、これが2010年1月の手。(リウマチ治療はまだです.。) 何度も使いますが、その前年2009年9月の左手がこちら↓レントゲン画像は手元にありません。(この時も塗り薬と湿布で。検査で数値が出ませんでした。) ↓2010.1(腫れてますね) ↓当時、手はこんな感じで湿布をまいたり、塗り薬を使ったり痛み止めを飲んだりしていました。 ●下のレントゲン画像は、2010年9月と、2011年2月のもの。この間、約半年。(2010年7月からやっとリウマチの治療を開始。その病院での撮影。)左手はこのように↓小指側を下につけて撮影したもの。示指の状態がわかりやすいかと思って、こちらを編集しました。装具作成のために2011年のは撮りました。 指の先の多数の白い点はネイルに置いたストーンです。こちらは紙の方で不鮮明ですけど・・ 下の2枚の画像は、確定診断から2年後(2012年の秋頃)の手指の画像です↓ (同じネイル/同じ時期)このように腫れる時もあれば、少し落ち着く時もあります。2012年12月より手のリハビリを開始しています。初めの記事がこちらです→★ 痛みを軽減し、変形を防ぎ、出来るだけ関節の機能を回復するのが、私のような状態のリウマチ患者の望みだと思っています。それぞれ状況は違うと思いますが、自分の目標に向かってお互いがんばりましょう。さて!今日はジムへ行きますよ!リハビリは金曜日の予定です。がんばります~トラコミュ・膠原病患者の集い ブログランキングに参加中。 いろいろなリウマチブログを読めます にほんブログ村  

      テーマ:
  • 28 Dec
    • 骨びらん(リウマチ)足のレントゲン写真

      おはようございます。みよっちです。今日は夫の仕事納め。一年間、本当にありがとう、という気持ちです。私の昨日の大掃除もどきは、力尽きて午後3時で終了。ちょっと頑張りすぎました。今、背中にフライパン乗せてる感じです。だいぶ冷蔵庫も空いてきたし、明日あたり中を掃除しようかな、と思います。━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─私の足のX線写真をアップします。・2008年春頃・・私のリウマチの発症(兆しあり)、左示指PIP関節の腫れと痛みから始まる。font color="#000000">・2009年の夏頃・・症状がすすんで、右手首や指も腫れてくる。・2010年の初夏・・布団から抜け出せないぐらい全身怠くなる。約40日、一日の大半をベッドで過ごす。・2010年7月・・ようやくリウマチの治療開始。最初からリウマトレックスを使う。・2010年10月末・・ジム通いを復活。以来、週2回をめどにエアロビクスなどの有酸素運動を継続中。・リウマトレックスのみで治療継続 (当初2mg/週→4mg/週→8mg/週→6mg/週→12mg/週→2012.11月から10mg/週)  (減量↑は肝機能数値悪化、吐き気等の副作用により2回。) (MTXの日本での承認は1999年)このブログで、骨が洞穴みたいだと騒いでしまった記憶がありますが、実際はこの程度でした。↓これが2年ちょっと前の画像(2010.9)この左足小指のMP関節がいつからこうなっていたのかわかりませんが、撮影時(2010.9)には特に痛みなどは出ていませんでした。その時はとにかく、右手首と左右の指・計4本、右肩の一部が、芯から疼くように痛かったんです。足で言えば、むしろ右の母趾付け根がときどき痛む程度。全身怠くてね。↓これが、骨びらん部分のズーム。母指の先の点はネイルに置いたストーンです。黄色い矢印の先、骨が虫喰いになっていると言われました。↓実際の私の足は、今こんな感じです。(2012年8月撮影・丸で囲んだ部分が、現在ときどき痛みます。)左足の方がベチャッと広がってきているのがわかりますか?リウマチにより靭帯の弛緩が中足骨間で起き、横アーチが崩れてきているのだそうです。足底板は下の画像↓。これをフィットネスシューズやブーツに入れています。手のレントゲン、リハビリしている病院でまた撮りましたので、いつか編集してアップ出来ればなぁと思っています。

      テーマ:
  • 20 Oct
    • 私のリウマチの手◆指の腫れが引いてきています◆4年前の10月と今朝の写真

      「最近、指の腫れがマシだなぁ」と思っていて、左手の人差し指一本だけが腫れ始めた頃の写真が残ってないかと朝からPCの中、探してみました。ネイル画像を保存してある何処かにあるはずだと。で、2008年10月のが出てきました。まだ、少しぷっくらしてる程度です。この頃は整形外科にもまだ行ってませんでした。痛みは動かした時や触って押した時に出ていたと記憶しています。(塗り薬と湿布ももらっていました。)下↓のが、よく比べるために貼ってきた2009年9月20日撮影の両手。整形外科でボルタレンのみ処方してもらっていた頃。↓右手が腫れ始めた頃でもあります。そして↓下に貼ったのが、今朝撮った両手。腫れて痛む時は今もまだあります。が、リウマトレックス(2010年7月初診時2mg→・・→2011年11月より12mg/週)で治療してきた私の手は、少しずつ腫れが引いてきて、なんとかこういう感じで維持しています。初期と言われる時期なんぞ、とっくに過ぎてからのリウマチ治療開始となりました。(これは私の通院の仕方・考え方が間違っていたせいです。)副作用の吐き気も(実際に吐いてしまうのはふた月に一度あるかないかです)少々辛いけれど、主治医はまだ生物製剤などを含め他の薬との併用はしないという考えのようです。先日も触れたように、リウマチ治療に関する多くの情報に振り回されないようにしつつ、必要だと思うことを取捨選択できる自分になりたいと思っています。基礎体力は落としたくないので、ジムでのトレーニングと家でのストレッチは続けます。と言いながら、今週はなんとかジムへ3回行けましたが、来週はどうなるかわかりません自分が楽しいこと、細々でも続けたいです。

      テーマ:
  • 19 Jul
    • リウマチは甘くないですね(また指が腫れてきました・写真ありです)

      ようこそお越し下さいました。「指の腫れ」<等の検索でここへ来て下さった方は,こちらの記事も読んで頂ければ幸いです。トラコミュ・膠原病患者の集いゆうべは痛みが出てあまり眠れず、6時過ぎに家を出る彼を見送ってからほぼ何もせず昼までベッドにいました。せっかく先週の診察で検査数値が良かったと糠喜びしてたのに、そんなに甘くはないですよね。手が痛くてトイレでパンツを上げきれず・・・そりゃもう変な格好で汗が出てくるし。発症以来ずっと手間取ってきた事だけれど、今日はまた時間がかかっています。が、今は薬が効いてだいぶラクになってきました!今日の右手と左手の写真を添付しておきます。↓手首も腫れています。わかりますか?

      テーマ:
  • 18 May
    • 私のリウマチの手指画像 その2 (2011・後半~2012・前半の写真です)

      飲んでいる薬はプロフィールにも記していますが、リウマトレックス12mg/週(2011年11月以降継続)です。まだ増やすことができますが、吐き気や倦怠感が私の場合さらに強くなることもあるだろうとのことで、主治医は「この数値・この状態であれば、この薬をこの量のままで」との考えのようです。塗り薬は「ファルネゾンゲル」を痛いときのみ塗布。経皮吸収型ステロイド剤です。治療開始から丸2年の時の、通院日の記録はこちらです。(薬・検査数値等) 今後もなるべく変形をさせないための工夫は必要だと思っています。だけどエアロビクスも動くことも、まだ続けようと思います。好きだからという理由に加え、体力も筋力もなるべく維持したいという気持ちがあるからです。↓は先月(2012、4)右手指や手首内側が少し腫れています。↓2012、4 これはジェルネイルを乗せたあとの翌日に撮影。少し感じが違って見えると思います。↓2012、2↓2011.12~塗り薬とシップはこれを使っています。↓2011.11↓2011.10(この〇で囲んだところがグラグラしてます)↓2011.6(この頃は腫れもキツめでした)最後に、前回も載せた腫れがきつかったものを。↓2009年、9月頃(治療開始の10ヶ月前)左手の人差し指の腫れはまだこれより酷い時がありました。後に右手の方が強く腫れてきます・・・最後までご覧いただき、ありがとうございます。

      テーマ:























































































































































AD
AD

プロフィール

みよっち

自己紹介:
1963年生まれ。リウマチ確定の2ヶ月後(2010.9)からブログ開始。2013年5月、息子が亡くな...

続きを見る >

読者になる

このブログの読者

読者数: 889

読者になる

「リウマチ、手、初期…
「リウマチ、手、初期、画像」の検索で来て下さった方々へ。


現在は、FC2の方で片付けブログを書いています。良かったら遊びにいらして下さい。

「さよのシンプルライフブログ」


月別

一覧を見る

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。