• 18 Dec
    • リウマトレックス減量ふたたび・コルベット錠との併用開始から半年。

      断薬を目標としているのではなく、少ない量の薬で出来るだけ現状維持したいと考えており、落としどころを探っている段階です。11月末で、コルベットとリウマトレックスの併用開始から半年。腫れや痛み、副作用や検査数値を見ながら増減を繰り返してきたリウマトレックスを、今回思い切って10mg/週→6mg/週に減らしています。減量を自分から申し出た理由と、5週の間の体調の変化については記事後半に。手のリハビリ開始からは、ちょうど1年。可動域や握力の測定記録についてはいずれまた。今年5月から飲み始めたコルベット錠(イグラチモド)は、昨年9月に発売された薬。特徴はこちら→大正富山医薬品「コルベット錠」「コルベット、リウマトレックス、ケアラム」等の検索で今日初めてお越し頂いた方は、以下に記す私の薬の飲み方の変化をよろしければ。2013年●5月22日通院日 コルベット錠を併用することになる。 リウマトレックス10mg/週、コルベット1錠25mgを毎朝食後。 (リウマチ確定2010年7月2mgで開始、12mg/週まで増量したのが2011年11月) (この時、リウマトレックスを12mg/週→10mg/週に減らして半年強経過) ↓●6月5日通院日 リウマトレックスを10mg/週→8mg/週に減量。 コルベット錠はそのまま、毎朝食後1錠25mg。 (減量理由:痛みの軽減・数値の安定等) ↓●6月19日通院日 リウマトレックス8mg/週、は変わらず。 コルベット錠が1日2錠になる(朝夕食後に各1) (イグラチモドとして、1回25mgを1日1回朝食後に4週間以上経口投与。 それ以降、1回25mgを1日2回(朝食後、夕食後)に増量する) ↓●7月3日通院日 リウマトレックス8mg/週→10mg/週に増量。 コルベットは同じ(1回25mgを朝夕食後)(増量理由:手指・手首・足の指、数箇所に痛みと腫れが少し復活してきたため) ↓●11月13日通院日 リウマトレックス10mg/週→6mg/週(木曜朝2+夕1)に減量。 コルベットは同じ(減量理由は↓に)<+>減量を今回申し出た理由。・数値の安定が継続していた。・腫れや痛みを感じない日が増えてきた。 (使い方が悪い時は翌日の動作時に痛む。これはずっと同じ。)<->減量を今回申し出た理由。・10mg/週ではまだ倦怠感・嘔気が出ることが多かった。・脱毛(加齢によるものだと思い込みたいがそれにしても、という)・喉の奥が詰まるような感じが不快。<+>減量から5週間内の変化。・嘔気は全くといっていいほど出なくなっている。(倦怠感の出る日はあるが、体調や天候にも影響されている。)・口内炎が激減!・脱毛は、2週目前半で早くも「排水口にたまる抜け毛の量」が減ったのを実感している。<->減量から5週間内の変化。・右手首、左人差し指の、中で疼くような痛みが4週目に復活。連日ではないが。 低気圧接近前でもなければ、過使用の翌日でもなかった。 (動作時の痛みはそれまでも出ていたが、この痛みは半年以上出ていなかった)・足裏(とくに左足小指のMP関節あたり)の痛みの出方は変わらず。また変更ありましたら報告します。トラコミュ膠原病患者の集い

      テーマ:
  • 31 Aug
    • コルベット錠とリウマトレックス、併用開始から3ヶ月。

      治療開始(2010年7月10日)から3年経過している私のリウマチについてこちらの記事にまとめています。 28日の水曜はリウマチの通院だった。この5月から飲み始めたコルベット錠は、昨年9月に発売された薬。薬の特徴はこちら→大正富山医薬品「コルベット錠」 (2013年春以降の薬の飲み方については記事の後半に。)主治医が診ているリウマチ患者でコルベット錠を使っているのはまだ4人だそう。やはり、発売後1年間は2週ごとの通院が必要になることが敬遠されている理由らしい。他の新しく出た薬でも同様のことが言えるそうだ。無職で運転が可能な私も、2週ごとの通院は負担だった。使える交通手段に限りのある人は尚更だと思う。  コルベット錠とリウマトレックスの併用を始めて3ヶ月経過。嘔吐や倦怠感、口内炎などは出ていたし、体調が悪く一日じゅう横になっている日も多かった。今年は酷く暑かったし。私自身は、コルベット錠を足したからといって副作用自体がそれまでよりも強いという実感はない。 <副作用>・倦怠感や嘔き気の出方はリウマトレックスのみ12mgの時、10mgの時、いずれと比べてもそれほど変わらない。・実際に嘔吐やら下痢があったのはこの3ヶ月で2回のみ。頻度としては普通。・ただ、リウマトレックスだけの時にはなかった「喉の奥が詰まるような感じ」が出た。 これは時々ぐーっと大きくなるのか少し息苦しくなる。(月に1、2回程度) <痛みと腫れ>・リウマチ特有の痛みや腫れが強く出たことはこの3ヶ月で一度もなかった。 「コルベットは痛み止めの骨格と似ているからねぇ」と主治医は診察のたびに言う。・ただし、リハビリに行けていないことによる動かしづらさが出ている。私の足...08月19日  <薬の飲み方の変化、ざっくり> ●リウマチの確定診断がついた時から(怖々)リウマトレックスで治療を開始2010年7月)↓●その後、痛みや腫れが引ききらないため徐々に増量。↓●途中、肝機能数値悪化により一旦減量するも、痛みが復活したためフォリアミンを加えたうえでリウマトの量もまた元に戻す。(肝機能数値は基準値内に戻っている)↓●痛みと腫れがなかなか引ききらないため、治療開始から1年4ヶ月後の2011年11月にリウマトレックスが12mg/週になった。↓●リウマト12mgで1年頑張った?が、副作用の吐き気と倦怠感に耐えられなかったことと、数値も腫れも落ち着いていたことで12mg→10mgに減量。(2012.11)↓●しかしこの量では痛みについてまだ少し辛い時があったので、リウマトレックス10mgにコルベット錠を追加してみることになった。(2013.5)↓●途中、体感・数値ともに良くなりいったんリウマトレックスを8mgにしたが、痛みと腫れが復活したため、10mg/週に戻す。(2013.7)●2013年7月4日以降に飲んでいる薬。 ・リウマトレックス 10mg/週 2mg×5 (木曜朝2錠・夜2錠、金曜朝1錠) ・コルベット錠 50mg/日 (毎朝夕食後に1錠ずつ) ・フォリアミン 10mg/週 (土曜 夕食後に5mg×2) ・セレコックス 100mg(痛いときのみ。1回2錠まで,1日4錠まで) ・プリンペラン 5mg×1(食前30分、吐き気止め/頓服として。

      テーマ:
  • 05 Jul
    • 通院日。 薬が増えました。

      息子が亡くなって40日経過。ゆうべは報道ステーションの特集「軟骨細胞シートを使った変形性ひざ関節症の治療法」を夫と見ていた。まだ臨床研究で安全性を確認している段階だそうだが、興味深い内容ではあった。先週末から続いてる倦怠感と上唇の裏にたくさん出来た口内炎が鬱陶しい。日曜はスーパーのトイレで嘔吐。 久しぶりだった。リウマチの薬はまだまだ飲んで行かねばならないし、この程度の副作用には耐えねばなぁ。せめて今年春先くらいの状態まで体力を回復させたい。・・・と、また焦っている。「どうすれば焦らずに済むか」を考えないといつまでたっても同じだ。水曜日のリウマチの通院。 増量になったのはリウマトレックス。今回は肺のレントゲン撮影と血液検査もした。貧血の検査項目は全て基準値を下回っていたが薬の処方は無し。リウマチに関連する数値もほぼ基準値内。(前回までの数値は、下にリンク先を記しますので良かったら。)水曜木曜と部屋の片付けをサボったが、不要な衣類をまた出した。こうして身体を動かしていると気持ちが落ち着く。弔問客は多分もうないだろう・・・。でも、少しずつ、部屋も気持ちも整理していきたい。2013年春以降 (青字が薬の変更)●5月22日通院日 リウマトレックスを12mg→10mgに減らして半年強経過。 コルベット錠を併用することになる。 よって、リウマトレックス10mg/週、コルベット1錠を毎朝食後。 ↓●6月5日通院日 リウマトレックスを10mg/週→8mg/週に減量。 コルベット錠はそのまま、毎朝食後1錠。 ↓●6月19日通院日 リウマトレックス8mg/週、は変わらず。 コルベット錠が1日2錠になる(朝夕食後に各1) ↓ ●7月3日通院日 リウマトレックス8mg/週→10mg/週に増量。 コルベットは同じ(朝夕食後に各1)(増量理由:手指・手首・足の指、数箇所に痛みと腫れが少し復活してきたため)2013年7月4日以降に飲んでいる薬。●リウマトレックス 10mg/週 2mg×5 (木曜朝2錠・夜2錠、金曜朝1錠)●コルベット25mg×2錠/日 (毎朝夕食後に1錠)●フォリアミン10mg/週 (土曜 朝夕食後で5mg×2)●セレコックス 100mg (痛いときのみ。1回2錠まで,1日4錠まで)▼プリンペラン 5mg×1(食前、吐き気止め/頓服として。

      テーマ:
  • 25 Jun
    • コルベット錠とリウマトレックスの併用

      5月27日に息子が亡くなってからリウマチに関する記事をきちんと書けずにいますが、リウマチブログ、リウマトレックス、コルベット、リハビリ、画像、などで今も多くの人が検索して来て下さっています。たまたまこの一ヶ月は薬の量や種類に変化がありました。現在飲んでいる薬のことのみもう一度整理しておきます。薬が変更(二剤併用)になった経緯などは過去記事に記しております。(一番下にリンク先を記します。血液検査数値の推移等も入れています)2013年●5月22日通院日 リウマトレックスを12mg→10mgに減らして半年強経過。 コルベット錠を併用することになる。 よって、リウマトレックス10mg/週、コルベット1錠を毎朝食後。 ↓●6月5日通院日 リウマトレックスを10mg/週→8mg/週に減量。 コルベット錠はそのまま、毎朝食後1錠。 ↓●6月19日通院日 リウマトレックス8mg/週、は変わらず。 コルベット錠が1日2錠になる(朝夕食後に各1) ↓ ★コルベット添付文書より引用・・・・・・・ イグラチモドとして、1回25mgを1日1回朝食後に4週間以上経口投与。それ以降、1回25mgを1日2回(朝食後、夕食後)に増量する。・・・・・・ここまで。2013年6月20日以降に飲んでいる薬です。●リウマトレックス 8mg/週 2mg×4cup(木曜朝2錠・夜2錠)●コルベット25mg×2錠/日 (毎朝夕食後に1錠)●フォリアミン10mg/週 (土曜 朝夕食後で5mg×2)●セレコックス 100mg  (痛いときのみ。1回2錠まで,1日4錠まで)▼プリンペラン 5mg×1(食前、吐き気止め/頓服として)▼フェロミア 50mg×1(1日2回朝晩・貧血の改善)>>2013-06-03 コルベット錠を飲むことになりました。(リウマトレックスと併用)

      テーマ:
  • 03 Jun
    • コルベット錠を飲むことになりました。(リウマトレックスと併用)

      この記事は息子が亡くなる前に下書きしておいたものです。・治療開始(2010.7)から3年経過した私のリウマチについては、●この記事にまとめています●【発症からの略歴】【現在のリウマチ状態】【リウマトレックス】【血液検査数値】 【暮らしの工夫】【装具作成】【トレーニング】【手のリハビリ】 5月22日はリウマチの通院日でした。8週ぶり。リウマトレックスを12mg→10mgに減らして半年強経過しています。今日はその日に主治医に話したことと、変更になったことを記します。<主治医に話したこと> ・リウマトレックスを6錠から5錠にして倦怠感や吐き気は軽減し、数値も安定している。 ↓ ・しかし、小さな関節で痛むところが復活または増えている。(これは前回診察時にも訴えている) ↓ ・つまり私は、リウマトレックスを(まあまあ出る副作用に耐えながら)初めから使って状態は良い方だろうが、あと一息だと感じてる。と主張。  ↓ ・なので、リウマトレックスの飲み方を変更する、あるいは薬を変える、加えるなどはできないだろうかと質問。 ↓ ・生物学的製剤については前回の診察で質問するも「数値的にもその必要はないだろう」との見解。そこで・・・ ↓ ・「私はまだリウマトレックス単剤での治療。疾患活動性は低いけれど、他のDMARDsと併用するのはどうでしょうか?」と聞いてみました。<回答> ・コルベット錠が院内でようやく処方できるようになったので、リウマトレックスと併用してみましょう。 (コルベットが発売されたのが昨年の9月。病院によっては時間がかかるものなのですね) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・私の現在のリウマチ。疾患活動性は低いのですが、緩やかに悪くなっている感じが否めず不安でした。なので、しばらくこのコルベットとリウマトレックスの併用でいってみます。副作用としての倦怠感や気持ち悪さは、リウマトレックスだけを10mg(5錠)飲んでいた時と変わりありません。痛みについては、出来るだけ毎日つけていますけど・・・まだ先でしょうね。変化があるとしても。血液検査数値を記しておきます。体感的には痛い日が増えていたのですが、3月の通院に引き続き今回もリウマチに関係すると思われる検査項目において、特筆すべき問題はありませんでした。赤字が基準値超え。MMP-35/22・・・次回3/27・・・30.01/30・・・37.312/5・・・26.2 11/7…22.18/29…62.2 7/11…57.15.16…42.9(MAX→2010/7/20…151.8)(血清中MMP-3値はRAにおける滑膜増殖の程度を反映するといわれている。骨膜増殖に伴い関節破壊が生じる。)RF5/22・・・16.43/27・・・14.81/30…21.112/5・・・16.111/7・・・14.58/29…12.17/11…10,55.16…10.8CRP…<0.2 これは2年前診断がついたときの0.31が最高でそれ以降ずっと基準値内。赤沈・・・17(5/22)これは初回2010.7の48がMAX。以降、15~40あたりをウロウロ。一桁になったことはありません。AST・ALT (肝機能)2010年12月に3桁に乗り1回目のリウマトの減量をしましたが、2011年2月以降ほぼ基準値内です。リウマチに関する薬はこれ↓です。●リウマトレックス 10mg/週 2mg×5錠(木曜朝2錠・夜2錠/金曜朝1錠)●コルベット錠25mg/日(朝食後)●フォリアミン10mg/週(日曜 朝・夕食後で5mg×2)●セレコックス 100mg×2錠(痛いときのみ。1回2錠,1日4錠まで)コルベットについては、むこう1年間は2週間ごとの処方になるため、次回診察は6月5日です。痛みが減っていくといいなぁ。ご存知だと思いますが、5月17日に以下のような発表がありましたので添付しておきます。・リウマチ治療薬「ケアラム錠25mg/コルベット錠25mg」について ワルファリンとの併用は行わないよう注意喚起を要請(厚生労働省発表資料) ・ケアラム錠25mgまたはコルベット錠25mgを服用されている患者様とご家族の皆様へ (安全性速報)

      テーマ:
  • 14 Apr
    • 通院日(指関節へのステロイド注射の件)

      みよっちです。おはようございます。夫は先ほど大きなバイクで、伊勢方面へとツーリングに出かけました。昨日の早朝の揺れは本当に怖くて、なんとなくまだ気持ちが落ち着かず、「途中でいつもの『無事です』メールしてね」と声をかけておきました。先月、ブログを休んでいた時に行った通院の記録をします。当日の朝はリハビリのため地元の整形外科へ。午後は遅い時間の予約で総合病院の膠原病内科へ。PTさんに実施計画書(手のリハビリの)もコピってもらって持参しました。掛け持ちは久々でちょっとへばりました。血液検査数値は前回同様全て基準値内でしたので割愛します。(過去の数値はこちらに→「通院日...フォリアミンの量が変更になりました」 )薬も変更なし↓ リウマチに関する薬●リウマトレックス 10mg/週 2mg×5錠(木曜朝2錠・夜2錠/金曜朝1錠)●フォリアミン10mg/週(日曜 朝・夕食後で5mg×2)●セレコックス100mg  (痛いときのみ。1回2錠まで,1日4錠まで) (2013年3月末撮影)この左の示指がまた最近痛む時があります。なので、今回はじめて主治医に聞いてみました。「先生・・・この左の指のPIP関節(指先から2番目の)、この先もまだ壊れていったりするんでしょうか。」「時々まだ、ぷーっと腫れて痛いです。初めに比べればかなり引いたけど・・・」ここでいったんエンブレルの話が出ました。が、結論からいうと「見送り」です。主治医はリウマトレックスで始めた私の治療はうまくいっていると考えておられ、生物学的製剤を「どうしても使いたい」という希望がなければオススメしないという方針を変えないようです。(これ、意味が通じますか?すみません、うまく書けないです)そして、この左示指のPIP関節部分に関してはステロイド注射の話を初めて出してこられました。「一度、打ってみる?」的な感じですが。口から飲むよりも「効率的」だとおっしゃる。で、院内の整形に紹介状を書いて下さいました。(そこの先生には手の装具と足底板を作る時に診てもらいました。)どういう診察をなさるかわかりませんけど、今考えている新しい装具の件やリハビリの経過についても話したいので、近々行ってみようと思います。★リハビリを開始した経緯についてはこちらの記事に書きました 。よろしければ。ブログランキングに参加しています。クリックで応援してくださると記事更新の励みになり嬉しいです(感謝)↓↓ にほんブログ村

      テーマ:
  • 02 Feb
    • 通院日・・・フォリアミンの量が変更になりました。

      こんにちは。みよっちです。さきほど朝一番のハビリから帰ってきました。リウマトレックスを12mg→10mgにして100日が経過。1月30日の通院、変更点と検査数値の主なものを記録します。 ●今回フォリアミンを1錠減らしてみることになりました。リウマトレックス減量の一番の理由だった副作用(吐き気・倦怠感)は減ったものの、細かく痛む箇所が出てきたので。リウマチに関する薬●リウマトレックス 10mg/週 2mg×5錠(木曜朝2錠・夜2錠/金曜朝1錠)●フォリアミン10mg/週(日曜 朝・夕食後で5mg×2)●セレコックス 100mg  (痛いときのみ。1回2錠まで,1日4錠まで)●血液検査数値 2013年1月30日・リウマトレックス増量から半年後の2012.5、全ての数値が基準値内に入りました。・時々基準値を外れるものもありますが、リウマチに関係すると思われる検査項目において、特筆すべき問題はありません。・赤い字は基準値オーバーRF…21.112/5・・・16.111/7・・・14.58/29…12.17/11…10,55.16…10.83/14…15.2MMP-3…37.312/5・・・26.2 11/7…22.18/29…62.2 7/11…57.15.16…42.93/14…71(2010/7/20…151.8)(血清中MMP-3値はRAにおける滑膜増殖の程度を反映するといわれている。骨膜増殖に伴い関節破壊が生じる。)CRP…<0.2 (これは2年前診断がついたときの0.31が最高でそれ以降ずっと基準値内) AST・ALT2010年12月に3桁に乗りリウマトの減量をしましたが、2011年2月以降ほぼ基準値内です。*携帯・スマートフォンでお越しの方へ*・私のリウマチの略歴は、この記事にあります→★画像と過去の数値も 。 ・手指のレントゲン写真はこの記事にまとめています。 以上です。ブログランキングに参加してます。クリックをいただき更新の励みにしています。ポチポチッと応援いただけると嬉しいです。 にほんブログ村 病気・症状 ブログランキングへ 「指の腫れ」の検索でこのブログへ来て下さった方へ。

      テーマ:
  • 08 Dec
    • 血液検査・MMP‐3/予想外に下がってました~治療開始2年4ヶ月

      おはようございます。みよっちです。暗い空、雨の中夫は仕事に向かいました。先日(12月5日)の通院日の記録をします。★追記部分→リウマトレックスは10mg/週、減量したままで行くことになりました。リウマトレックス減量から約1ヶ月経過。先月は間に合わなかったMMP-3値、治療を初めてから最も低い数字が出てました。減量のタイミングとしては、11月が(12mg/週、にして一年経過)ちょうど良かったようです。そして、減量から4週経過した今回も良い数字でした。━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─【リウマチ関連の検索で今日初めてこのブログへ来て下さったかたへ】・2008年春頃・・私のリウマチの発症(兆しあり)、左示指PIP関節の腫れと痛みから始まる。・2009年の夏頃・・症状がすすんで、右手首や指も腫れてくる。・2010年の初夏・・布団から抜け出せないぐらい全身怠くなる。約40日、一日の大半をベッドで過ごす。・2010年7月・・ようやくリウマチの治療開始。最初からリウマトレックスを使う。・2010年10月末・・ジム通いを復活。週2回をめどにエアロビクスなどの有酸素運動を継続中。・リウマトレックスのみで治療 (当初2mg/週→4mg/週→8mg/週→6mg/週→12mg/週→2012.11月から10mg/週) ・リウマトレックスの減量↑は肝機能数値悪化、吐き気等の副作用により2回しています。【現在の私のリウマチ状態について】・左示指PIP関節の腫れと痛み・右手首、右の母指MP関節の痛み、示指・中指のPIP関節の腫れと痛み。・右肩が時々腫れて痛み、水が少したまる。・左足開帳足の傾向ありで、足裏中指付け根あたりに痛み.・レントゲンでは、左の示指PIP関節、左足小指のMTP関節にはっきりとした骨びらんの様子が見え、装具を作った右手首よりも左手首の方が関節の隙間が狭いです。★飲んでいる薬はこちら→<プロフィール>に記しています。━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─◆血液検査数値◆2012年12月5日・・・私の主治医が気にされるもののみ記録しています。 ・2012年5月に全ての検査数値で基準値内に入りました(治療開始から1年10ヶ月)。  ・それ以降、少しだけオーバーする時があるもののほぼ問題ないレベル。 ・赤い字は基準値オーバーRF…16.1 (基準値→15.0以下)11/7・・・14.58/29…12.17/11…10,55.16…10.83/14…15.2MMP-3…26.2 (基準値→女性:17.3~59.7 ng/ml)11/7…22.18/29…62.2 7/11…57.15.16…42.93/14…71(2010/7/20…151.8)(血清中MMP-3値はRAにおける滑膜増殖の程度を反映するといわれている。骨膜増殖に伴い関節破壊が生じる。)CRP…<0.2 (これは2年前診断がついたときの0.31が最高でそれ以降ずっと基準値内) AST・ALT2010年12月に3桁に乗りリウマトの減量をしましたが、2011年2月以降ほぼ基準値内です。━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─↓2012年10月下旬(治療開始から2年3ヶ月経過)の私の両手。この時リウマトレックス12mg/週にして約1年経過。腫れている部分、わかりますか?だいぶ引いてきてますが・・・。↓これは2012年5月。リウマトレックス増量12mg/週、にして約半年経過の時です。その1年前↓2011、5 手首内側がこのように腫れることがあります。 (リウマトレックス8mg/週、にして約8ヶ月経過) ↓2010.10 投薬開始して約3箇月後です (リウマトレックス8mg/週にして4週程)よく記事で使っていますが、↓2009年9月頃(治療開始前10ヶ月くらい)痛み止めと塗り薬のみで治療中でした。左手の人差し指の腫れはまだこれより酷い時がありました。右手の方があとからこのように強く腫れてきました。何かの参考になれば嬉しいです。◆リウマチの治療目標 (私の治療の目的です)◆リウマチの手の装具~治療開始から2年の私の場合。 (初めて作った右手の装具について記しています)

      テーマ:
  • 14 Nov
    • 通院日(リウマトレックス減量理由◆MMP-3・RFなど検査数値)~治療開始2年4ヶ月

      みよっちです、おはようございます。一段と寒い朝ですね・・・今回のリウマトレックスの減量、治療を開始してから二度目になります。この記録が、私のようにリウマトレックスで治療している人の何かの参考になれば幸いです。【リウマチ関連の検索で今日初めてこのブログへ来て下さったかたへ】・2008年春頃・・私のリウマチの発症(兆し)、左示指PIP関節の腫れと痛みから始まる。・2009年の夏頃・・症状がすすんで、右の手首や指も腫れてきた。・2010年の初夏・・布団から抜け出せないぐらい全身怠くなる。約40日、一日の大半をベッドで過ごす。・2010年7月・・ようやくリウマチの治療開始。最初からリウマトレックスを使う。・2010年10月末・・ライフワークだったジム通いを復活。今も週2回をめどにエアロビクスなどの有酸素運動を継続。・リウマトレックスのみで治療 (当初2mg/週→4mg/週→8mg/週→6mg/週→12mg/週→2012.11月から10mg/週) ・リウマトレックスの減量↑は肝機能数値悪化、吐き気等の副作用により2回しています。・日常においては、障害の重い息子を育て身辺の世話をしてきましたが、2012年8月より入所支援サービスを利用しています。(このブログでは息子との日々や彼への思いをたくさん綴っています。)━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─【血液検査数値】2012年11月7日 赤い字は基準値オーバー●2012年5月に全ての検査数値で基準値内に入りました(治療開始から1年10ヶ月)。 それ以降、少しだけオーバーする時があるもののほぼ問題ないレベル。RF…14.58/29…12.17/11…10,55.16…10.83/14…15.2MMP-3…次回判明8/29…62.2 7/11…57.15.16…42.93/14…712010/7/20…151.8(血清中MMP-3値はRAにおける滑膜増殖の程度を反映するといわれている。骨膜増殖に伴い関節破壊が生じる。)CRP…<0.2(これは2年前診断がついたときの0.31が最高でそれ以降ずっと基準値内)【リウマトレックスを今回からまた減量します・治療開始から2度目】●今回2012年11月より、10mg/週に変更します●2011年11月に、(4錠)8mg/週→(6錠)12mg/週になり、ちょうど1年経過したところでした。●減量の理由*リウマトレックス服用後の倦怠感と吐き気がこの夏以降、今までよりも辛くなっていた。*検査数値が安定し、半年以上経過した。●たった(1錠)2mgの減量ですが変化があるかもしれないので、次回の診察は4週後です。【1度目のリウマトレックスの減量は2011年1月】●この時は週に8mg飲んでいたのを、2mgだけ減らし6mg/週に。●理由はAST、ALTの値が悪くなったから。その後、痛みが増したので量を8mgに戻し、フォリアミンを足してこの数値はそれ以降安定しました。AST2011、2/16…192011、1/12…452010、12/15…69それ以前は15以下ALT2011、2/16…202011、1/12…812010、12/15…125それ以前は18~25【薬・リウマチ関連】 変更や追加部分のみ赤字、あとは以前から飲んでいます。●リウマトレックス 10mg/週 2mg×5錠(木曜朝2錠・夜2錠/金曜朝1錠)●フォリアミン15mg/週(日曜 毎食後で5mg×3)●セレコックス 100mg  (痛いときのみ。1回2錠まで,1日4錠まで)●ガスロンN 2mg×1錠(セレコックスを飲む時)▼プリンペラン 5mg×1(食前、吐き気止め/頓服として)▼フェロミア 50mg×1(1日2回朝晩・貧血の改善)【リウマトレックスの副作用・私の場合】●飲んだ日の夜から1日半程度、吐き気と倦怠感が続く。体調により長引く。●口内炎の出るときも多い。━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─リウマチ患者それぞれの目標があると思います。そこに向かって、ゆるりと、でもちょっぴり強気で、がんばりましょう。2つのランキングに参加中です。ポチポチっと頂くと嬉しいです。よろしくお願いします   ↓   ↓        ↓   ↓ 日記・雑談(50歳代) ブログランキングへ  にほんブログ村 【このテーマの記事一覧】

      テーマ:
  • 30 Aug
    • リウマチ通院日の記録(検査数値RF・CRP・MMP-3など)~治療開始2年1ヶ月

      みよっちです。おはようございます。昨日はリウマチの通院日でした。前回7月の診察から7週。ここで公開するものが、私のようにリウマチと診断されてから年数の浅い人や、症状が似ている人などの参考になればとても嬉しいです。【今回の検査数値】 2012.8.29(赤字は基準値より上)RF…12.1 7/11・・・10,55/16…10.83/14…15.2MMP-3…62.2 7/11・・・57.15.16…42.93/14…712010/7/20…151.8)CRP…<0.2(これは2年前診断がついたときに0.31が最高でそれ以降ずっと基準値内です)前回、前々回と全ての検査数値で基準値内に入りましたが、今回はMMP-3のみ少しだけ上昇。(*血清中MMP-3値はRAにおける滑膜増殖の程度を反映するといわれている。)【現在の私のリウマチ状態について】●左示指PIP関節の腫れと痛み●右手首、右の母指MP関節、示指・中指のPIP関節の腫れと痛み。●今一番症状の出ている右手が、途中で左手の症状を追い越しました。●右肩が時々腫れて痛み、水が少したまる。●左足開帳足の傾向ありで、足裏中指付け根あたりに痛み(があったが現在は極少)●レントゲンでは、左の示指PIP関節、左足小指のMTP関節にはっきりとした骨びらんの様子が見え、装具を作った右手首よりも左手首の方が関節の隙間が狭いです。今までの手指の画像こちらの記事にあります。よろしければ。関節の腫れについては横ばいかそれ以下。痛みについては発症時よりも軽減していると感じています。ただし、自分の中で同じ痛みの程度(があるとして)だったとしても、その時の状況により「痛い」と感じたり感じにくかったり、というのがあるように思います。うまく書けないけど・・・。【薬について】私の飲んでいる薬はプロフィールにも書いていますが、現在はリウマトレックス12mg/週。(リウマトレックス2mg/週(2010年7月)→・→12mg/週(2011年11月以降継続))【副作用として】服用後の倦怠感・吐き気が2,3日続き、その後口内炎が毎週必ずできます。4,5日目にはラクになりますので、それを目安にジムへ行ったりする予定を立てています。ランキングに参加しています。クリック頂くと更新の励みになります。よろしくおねがいしますm(_ _)m    ↓   ↓       ↓   ↓病気・症状 ブログランキングへ  にほんブログ村画像は血液検査結果待ちに飲んだ、濃くて熱いブラック珈琲。【このテーマの記事一覧】

      テーマ:
  • 13 Jul
    • リウマチ通院日の記録(検査数値RF・CRP・MMP-3など)~治療開始約2年

      【リウマチ関連の検索で今日初めてこのブログへ来て下さったかたへ】・2008年春頃・・私のリウマチの発症(兆し)、左示指PIP関節の腫れと痛みから始まる。・2009年の夏頃・・症状がすすんで、右の手首や指も腫れてきた。・2010年の初夏・・布団から抜け出せないぐらい全身怠くなる。約40日、一日の大半をベッドで過ごす。・2010年7月・・ようやくリウマチの治療開始。最初からリウマトレックスを使う。・2010年10月末・・ライフワークだったジム通いを復活。今も週2回をめどにエアロビクスなどの有酸素運動を継続。・リウマトレックスのみで治療 (当初2mg/週→4mg/週→8mg/週→6mg/週→12mg/週) ・リウマトレックスの減量↑は肝機能障害、吐き気等の副作用により2回しています。・日常においては、障害の重い息子を育て身辺の世話をしてきましたが、2012年8月より入所支援サービスを利用しています。(このブログでは息子との日々や彼への思いをたくさん綴っています。)━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━2012.7.11。8週ぶりの通院日の検査数値を記録します。(赤字は基準値オーバー)リウマチが確定してから2年。初めて、全ての数値で基準値内に入っていたと知りました。そして今回も。2012.7.11RF…10.5(5.16…10.8、その前3/14…15.2)(基準値→15.0以下)MMP-3…57.1(5.16…42.9、その前3/14…71)(基準値→女性:17.3~59.7 ng/ml)CRP…<0.2(これは2年前診断がついたときに0.31が最高でそれ以降ずっと基準値内です) リウマトレックスを12mg/週にして飲み始めたのが2011年11月。数値としてはこの量でなんとか維持出来ているのだろう、とのことでした。主治医と相談し、飲めばやはり胸やけを誘うことが私の場合多いセレコックスは、「痛い時のみ」の服用となりました。飲んできた薬はプロフィールにも書いていますが、以下の通り。●リウマトレックス 12mg/週 2mg×6錠 (木曜朝2錠・夜2錠/金曜朝2錠)●セレコックス 100mg×2錠 (痛いときのみ。1回2錠まで、1日4錠まで)●ガスロンN 2mg×1錠 (セレコックスを飲む時)●フォリアミン15mg/週 (日曜 毎食後で5mg×3)減薬をすれば、痛い時がありつつもやっと安定してきた私のリウマチが「悪化」する可能性が高くなる、との主治医の判断で、それはまだまだ先か、あるいは無いまま行くかもしれません。肝臓の数値自体は安定していますが、相変わらず吐き気が出やすいためフォリアミンは続けます。とりあえずリウマトレックスは私にとっては「合う」薬だったと今は言えそうです。初めて飲んだ日の夜、強烈な吐き気でまいりましたが、それもだんだんと慣れてきて量もここまで増やせました。リウマチが確定したその時からこの薬を飲み続けてきてよかったと、結果からすれば言っていいのかな、と思っています。━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─昨年2月の記事と、最下段リンク先記事の写真の一部をコピーしておきます。参考になれば幸いです。日付は2011~2010と読んで下さい。赤字は基オーバー。リウマトレックス2mg=1錠RF   (2/16…15.7)←リウマト3錠のみ(6mg/週)←副作用によりリウマトレックス2mg減量    (1/12…12.1) (12/15…13.4)(10/6…15.5)←リウマト4錠(8mg/週)+フォリアミン15mg/週 (日曜 毎食後で5mg×3)(7/20…17.8)膠原病内科・治療開始日←リウマトレックス1錠(7/13…13.0)それまでのかかりつけ整形外科でMMP-3 (2/16…次回)(1/12…66)(12/15…51)(10/6…78) (7/20…151.8)(7/13…135.0)CRP定量   (2/16…<0.2)(1/12…<0.2)(12/15…<0.2)(10/6…<0.2)(7/20…0.31)(7/13…0.30)AST2/16…191/12…4512/15…69それ以前は15以下ALT2/16…201/12…8112/15…125それ以前は18~25(抗CCP抗体 22,1)↓2012年5月(治療開始から1年10ヶ月)の私の両手。腫れている部分、わかりますか?よく記事で使っていますが、↓2009年9月頃(治療開始の10ヶ月くらい前)左手の人差し指の腫れはまだこれより酷い時がありました。後に右手の方が強く腫れてきます。↓2010.10 投薬開始して約3箇月後です。(リウマトレックス8mg/週)

      テーマ:
  • 27 Apr
    • 私のリウマチについて・あらためて

      (2012年10月、以下、リンク先等一部更新しています)━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─おはようございます。痛みは今朝も引かないままだけど、気持ちは上に向いてきたみよっちです.みなさん、花金の朝気持ちよく目覚めましたか??つまらない呟きや息子に関する話ばかりになってるこのブログ。ここ何箇月も記録していないのに、「リウマチ 検査数値」という検索でここへ来てくださる方が毎日いらっしゃるので、今日はそれと自分が立てた小さな目標について、一番初めに書いた記事 をリンクさせてみます。参考にはならないかもしれませんが、よろしければご一読ください。リンク先に書いた『ブログを始めた頃の私の目標』については現在、ほぼ叶ったような、そうでないような複雑な気持ちです。リウマチ診断が降りて2年弱。リウマトレックスのみで治療を始めて(当初2mg/週→現在12mg/週、飲んでいます)、細々とでもエアロビクスを続けている私の検査数値は、そのMMP-3が2桁に下がりRFもギリギリ基準値内には入らないものの、それ以外の数値はほぼ横ばいで来ています。(肝機能の数値が一時3桁に乗り減薬しましたが、フォリアミンを飲むようになってから正常値になりました。)飲んでいる薬は以下の通りです。(リウマチ以外で他にも飲んでいる薬があります)●リウマトレックス 12mg/週 2mg×6錠 (木曜朝2錠・夜2錠/金曜朝2錠)●セレコックス 100mg (痛いときのみ。1回2錠まで,1日4錠まで)●ガスロンN 2mg×1錠 (セレコックスを飲む時)●フォリアミン15mg/週 (日曜 毎食後で5mg×3)・・・この量ですが、副作用から胸やけして一日重怠い時があります。痛み、手首や指の腫れ方も、日によってマチマチです。2009~1012の手指の画像はこちらにまとめています。 それと、『ブログ村』「ブログランキング」から毎日多くの人に来ていただいてること、あらためてお礼申し上げます。読んでいただいてることで書き続けることができています。それぞれ、症状も抱えてるものも違うと思いますが、ボチボチがんばりましょう。私のリウマチ、振り返ればゆるやかに進行してる気はするけど、薬でここまで動けるようになったことはやはり、素直に喜ぼうと思ってます。息子の自立が「施設入所」という目標だけでいいのか、それも何年先になるかわからないままでどうなるんだろう、と落ち着かないけれど、変な話、自分がリウマチにならなければ、子離れはもっと先になっていたというか、時期を決められなかったとも思います。この先、子供たちがいつかそれぞれの形で自立したあと、自分はどう生きていこうか、って、それも考えます。ショートステイを繋げてる息子と離れてたこのひと月は、特に考えてました。だけど・・・正直言ってわからない。わかってるのは、リウマチと付き合いながらも好きなエアロビクスやダンスを続けたいという気持ちと、「あーだ、こーだ」と馬鹿言いながらもなんとか前向いていたいってことだけ。親孝行もしておかないと後悔しそうです。いや、しかし、今夜は夫が飲み会!だから今日は、洗濯と掃除さえ済んだら、一人優雅に「カフェでお茶」ぐらいしてこようかな、って。なんたって連休が始まると、主婦はかえって休めない気がするから(笑)ちゃんとまとめようと思ったんだけど、やっぱりいつもと同じですみません。.とにかく、今日も頑張ろう!楽しいこと一個ぐらい、あるだろ。タブン。長くなったけど、今日も、よろしくお願いします。

      テーマ:
  • 28 Jan
    • リウマチの検査数値・薬

      おはようございます。みよっちです。水曜のリウマチ通院での血液検査数値。貧血は改善され3ヶ月になりました。MMP-3とRFが基準値を超えているほかは正常。肝臓の数値が一時期三桁になりましたが、それ以外は治療を初めてからずっと大きな変化はなし。が、この手首と指の腫れが冬の初め頃から変わらないこと、日によっては痛みで目がさめたり腕が上がらなかったり、全身の倦怠感が強いことなどを話してきました。その結果、リウマトレックス6錠というのは、しばらく続けることに。 にほんブログ村

      テーマ:
  • 17 Jun
  • 02 Apr
    • 治療開始から約8カ月・検査結果(MMP‐3・CRP・RF) 

      みよっちです。おはようございます。今月(3月)の診察での検査数値、記録しておきます。検査数値(過去の) 検査数値(もうちょっと過去の)CRPは前回同様<0.2RFはちょっと上がって19.6(2月は15.7)MMP-3は82.3(2月は75.1)(MMP-3が正常値になったのは12月時一回のみ。)それと、12月に3ケタにのった肝臓のほう。ASTは18(2月は19)ALTは11(2月は20)と良好・・・フォリアミンの効果が出てるのかな。体感としては、1月くらいから出てた膝の痛みや手首の腫れの出ない日が増えてきました。その間欠かせなかった痛みどめも、飲む回数が減り、楽です。リウマトレックスを3錠から4錠に戻した効果が4週間ほど経って出てきたのかな、と思いたいです。しかし今朝の右手首、晴天にもかかわらず腫れてるなぁ。あの日はほんとに眠かったです。血液検査がでる時間を知らせてもらってたんで、その1時間ちょい真剣に座り寝しました・・・。もう3週間以上、エアロビクスやってないです。暖かくなり、痛みがひく日がまた出てきた今、できればスタジオへ行って踊りたい。

      テーマ:
  • 07 Mar
    • ②治療開始約7カ月・過去の検査数値(CRP・RF・MMP‐3)と今後の方針

      みよっちです。こんばんは。最近は子育てブログみたいになってますが、忘れないうちに記録しておこうと思うので、先日の① の続きでそれより以前の数値など書きます。下記が過去の数値です。くりかえしになりますが、今の私の薬はまた今回から変更になり、リウマトレックス4錠(8mg/週)とフォリアミン3錠(日曜の毎食後)で、痛い時にのみボルタレン+ムコスタ(胃薬)です。発症はおそらくは2008年春。その後症状がぐっとすすんだのが2009年の夏ごろから。本格的に動けなくなったのは2010年夏で、40日ぐらいはヨタヨタ・布団生活でした。そこからようやく「リウマチの」治療をはじめ、10月下旬にはライフワークだったジム通いを復活させました。障害の重い息子を育てて身辺の世話をしてきましたが、今は福祉サービスの力をたくさん借りています。<① より以前の数値・・2010年分> 赤字は基準値オーバーRF 15.5…10月6日(17.8・・・7月20日、13,0・・・7月13日)CRP定量 0.20…10月6日(0.31・・・7月20日、 0.30・・・7月13日)MMP-3 78…10月6日(151.8・・・7月20日、 135.0・・・7月13日)(CCP抗体 22,1)(リウマトレックスをのみはじめて7カ月経過して・・・)実感として一番落ち着いてきたなぁと思ったのは、リウマトレックスを週1錠から飲み始めやがて4錠に増やして一ヶ月後の2010年10月下旬頃からでした。肝臓の数値が悪くなりいったん減らしたり、フォリアミンを足したりしてようやくその数値が戻ったので、今回からまたリマトレックス4錠(8mg/週)とフォリアミン3錠に戻りました。(副作用だと思う点)薬を飲んだ初日の夜、激しい嘔吐と下痢があり、それは数日でおさまったものの、そこから5カ月くらいは、飲んで1日後くらいに強い倦怠感が出ていました。これは半年経った頃からだいぶ減ってきました。が、今後薬の増量があればまた変わるかも。もう一点・・脱毛が顕著でした。(現在の状態)最近、右膝が時々痛くなるようになりました。右肩は相変わらずちょっと腫れてるし水も溜まります。そして、右の手指・手首の痛みと腫れ。薬(リウマトレックス)を4錠から3錠にたった1錠減らしただけで、その3週間後あたりから指の腫れや手首の痛みが復活してきた感じがありました。今また4錠に戻したので、また落ちついてくれたらなぁ、って期待しています。そして・・・こういう言い方が正しいかどうかは疑問だけど、「薬によって今の自分の状態を保てている」っていうのが、リウマチ初心者の私の、正直な感想です。日によって痛みや腫れは違うけど、私は大好きだったエアロビクスもダンスも続けます。いつか出来なくなる日は来ると思いますけど。あきらめたくないんです。それまでは。長々、読んでいただき、ありがとうございました。参加しています。よろしければ応援ポチお願いします。積極的にいろんな人と関わってみたいと思ってます。

      テーマ:
  • 20 Oct
    • リウマチ治療開始から3カ月(CRP・RF・MMP‐3、全身状態など)

      7月20日リウマチ診断がおりてから、ちょうど3カ月経ちました。出来なくなったことが、出来るようになっていたり、出来ていたことが、やっぱり出来なかったり・・・ですね。血液検査数値は10月6日時点で、(7月13日はかかりつけ整形外科、20日以降は紹介された病院の膠原病内科)RF 15.5 (17.8・・・7月20日、13,0・・・7月13日)CRP定量 <0.2 (0.31・・・7月20日、 0.30・・・7月13日)MMP-3 結果は次回 (151.8・・・7月20日、 135.0・・・7月13日)(CCP抗体 22,1)この数字をみてそれほど良くはなってない気もするんですけど、全身状態がずいぶん改善されたので、「MMP-3もたぶんだいぶ下がってるはず」、とドクターは言ってました。7月初診のときは、「ほんとに、手指と手首だけなの?膝や足首は??」とも聞かれましたが、当時は痛みよりも怠さの方を強く感じていました。その後は起きてられないくらいのしんどさが待ってたんですけど。ただ、自分で予想してたよりは早めに、当初の目標に近づきつつあります。○まず痛みを減らす*じっとしてて痛いところは今はありません。動かして痛いところは右肩と右手首です。*朝のこわばりはゼロに近くなりました。*しかし、両膝と右足首には動き過ぎた日や寝不足のときにかたまったような違和感が出るようになりました。*屈伸・正座・和式トイレなどなど、今のところ問題ないです。*指の状態が少し改善されてきたので、字を書く、衣類の着脱や化粧なども徐々に可能になってきました。*手指の画像は時々出していきますので、よかったら見て下さい。○なるべく以前のレベルの家事をこなすこと*おはし、しゃもじ、小さめのやかんをもつ、ペットボトルやドリンクのふたを開ける、*ひもを結ぶ、掃除機をかける、短時間のふきそうじくらいまでは出来るようになりました。*まだ、硬いものを切ったり1リットル以上のものを持つのは片手では痛いし怖いです。*洗濯物を干す、取り込む、たたむなどは痛いですが出来るようになってきてます。*洗濯バサミは左手ならOKになりました。*細かい針仕事などのお裁縫はきびしいし、アイロンがけもあのポジションが、うーん・・・。*お風呂掃除や歯磨きなども手首が痛くない方の左手でしています。*左を使うのは今後もっと慣れて行くはず。*運転は、体位を工夫すれば痛みなく出来るようになってきました。○運動(ジム通い)を再開することこれはまだ2回しか行ってないし、予想より時間がかかりそうです。長年の運動習慣は柔軟性の維持には助けになってたみたいですけど,持久力は落ちました。運動出来る環境を作ってもう少しペースを上げられれば、また回復しそうですが、どうだろう。またスタジオに入ってレッスンを受けたかったけれど、さすがにそれは厳しいと気付きました。けれど・・・いつかは踊りたいです。家でのストレッチだけ9月なかば(治療2か月経過)からゆっくり且つしっかりやっています。○息子の世話を続けるこれは当初、もう出来ないと諦めていましたけど、今は、福祉サービスを駆使し関わる時間帯をぐっと減らしたことや、お互いの身体の位置や力の加減などを工夫したことで、以前の9割くらいまでは出来るようになりました。ひげそり、洗髪・洗体、歯磨き、トイレ時の介助などは、やはり工夫をしてみても痛いですね。今後の息子との暮らし方については、主治医ともう一人のキーパーソンとの相談を重ねて見極めていきます。わたしは仕事を持っていませんので、大きな目標をどこに置くかが難しかったです。だから、身近なところに小さな目標をたくさん置いてみました。ただ、日常生活の質を元に戻すことは理想であっても、これはいくらでも下げていけるんですよね。子育てに一段落した(息子はちょっと別かな・・・)社会的な位置どりがわかりにくい専業主婦にとって、「復帰」というのは果てしなく漠然としていました。そんなことを考えもしませんでしたし.ぼちぼちやります。なるようにするんですから。

      テーマ:























































































































































AD
AD

プロフィール

みよっち

自己紹介:
1963年生まれ。リウマチ確定の2ヶ月後(2010.9)からブログ開始。2013年5月、息子が亡くな...

続きを見る >

読者になる

このブログの読者

読者数: 888

読者になる

「リウマチ、手、初期…
「リウマチ、手、初期、画像」の検索で来て下さった方々へ。


現在は、FC2の方で片付けブログを書いています。良かったら遊びにいらして下さい。

「さよのシンプルライフブログ」


月別

一覧を見る

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。