---家も自分も好きになる暮らし---

リウマトレックスとコルベット錠で関節リウマチ治療中。6年目。 (リウマチについてはテーマ一覧からご覧ください)
薬・画像・数値・装具・リハビリの記録、自閉症の息子との日々を中心に綴ってきましたが、2013年春にその子が亡くなり、家の中を片付け始めました。


テーマ:

断薬を目標としているのではなく、少ない量の薬で出来るだけ現状維持したいと考えており、落としどころを探っている段階です。

11月末で、コルベットとリウマトレックスの併用開始から半年。

腫れや痛み、副作用や検査数値を見ながら増減を繰り返してきたリウマトレックスを、今回思い切って10mg/週→6mg/週に減らしています。

減量を自分から申し出た理由と、5週の間の体調の変化については記事後半に。

手のリハビリ開始からは、ちょうど1年。

可動域や握力の測定記録についてはいずれまた。


今年5月から飲み始めたコルベット錠(イグラチモド)は、昨年9月に発売された薬。

特徴こちら→大正富山医薬品「コルベット錠」  


「コルベット、リウマトレックス、ケアラム」
等の検索で今日初めてお越し頂いた方は、以下に記す私の薬の飲み方の変化をよろしければ。

2013年

●5月22日通院日

 コルベット錠を併用することになる。

 リウマトレックス10mg/週、コルベット1錠25mgを毎朝食後。

 (リウマチ確定2010年7月2mgで開始、12mg/週まで増量したのが2011年11月)

 (この時、リウマトレックスを12mg/週→10mg/週に減らして半年強経過)

 ↓ ●6月5日通院日

 リウマトレックスを10mg/週→8mg/週に減量

 コルベット錠はそのまま、毎朝食後1錠25mg。

 (減量理由:痛みの軽減・数値の安定等)

 ↓ ●6月19日通院日

 リウマトレックス8mg/週、は変わらず。

 コルベット錠が1日2錠になる(朝夕食後に各1)

 (イグラチモドとして、1回25mgを1日1回朝食後に4週間以上経口投与。

 それ以降、1回25mgを1日2回(朝食後、夕食後)に増量する)  ↓

●7月3日通院日

 リウマトレックス8mg/週→10mg/週に増量。

 コルベットは同じ(1回25mgを朝夕食後)

(増量理由:手指・手首・足の指、数箇所に痛みと腫れが少し復活してきたため)

 ↓

11月13日通院日

 リウマトレックス10mg/週→6mg/週(木曜朝2+夕1)に減量。

 コルベットは同じ

(減量理由は↓に)

<+>減量を今回申し出た理由。

・数値の安定が継続していた。

・腫れや痛みを感じない日が増えてきた。

 (使い方が悪い時は翌日の動作時に痛む。これはずっと同じ。)

<->減量を今回申し出た理由。

・10mg/週ではまだ倦怠感・嘔気が出ることが多かった。

・脱毛(加齢によるものだと思い込みたいがそれにしても、という)

・喉の奥が詰まるような感じが不快。

<+>減量から5週間内の変化。

・嘔気は全くといっていいほど出なくなっている。

(倦怠感の出る日はあるが、体調や天候にも影響されている。)

・口内炎が激減!

・脱毛は、2週目前半で早くも「排水口にたまる抜け毛の量」が減ったのを実感している。

<->減量から5週間内の変化。

・右手首、左人差し指の、中で疼くような痛みが4週目に復活。連日ではないが。

 低気圧接近前でもなければ、過使用の翌日でもなかった。

 (動作時の痛みはそれまでも出ていたが、この痛みは半年以上出ていなかった)

・足裏(とくに左足小指のMP関節あたり)の痛みの出方は変わらず。



また変更ありましたら報告します。

トラコミュ膠原病患者の集い  

AD
 |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。