50代のお洒落ゴコロ

 

美しい人は年を取っても美しいから、外で見かけると、つい観察してしまいます。

 

するとその人は、服や体型が美しいだけでなく、にじみ出ているものが綺麗なのだと気づきます。

 

自分を見てみると・・・服の好みは昭和のまま、体型も下降の一途、にじみ出ているのは生活感だけというありさまです。

 

それでもまだお洒落ゴコロは残っているので、50代のファッションの落としどころを探りながら暮らしています。

 

 

古い服・着ない服を捨てる

 

下の画像は、服を広げて片づけはじめたころに撮っておいた1枚です。時間はかかりましたが、ここに畳んだものは、2枚を除きすべて処分しました。

 

これからは、今の自分の身体にあう、50代らしい服を着たいです。もう、無理したくありません。

 

 

50代の自分に似合う服とは

 

私の思う50代の服選びの基準は、主にこの4つです。

 

●サイズで無理しない(見栄をはらない)。靴でも無理しない。

●あきのこないデザインにはするが、定番にこだわり過ぎない。

●パーソナルカラーに合うものにする。
骨格診断の結果に合わせる。

 

 

骨格診断3タイプ

 

骨格診断は、手首・肩・鎖骨・腰・膝・太ももの前などを確認しながら、全身のバランスと肌質などを合わせてみてくださるもの。どんな服が似合うかというアドバイスを受けられます。

 

私は大丸百貨店のなかにある”ファションナビ”を利用しました。

 

上半身が薄く下半身が重ための「ウエーブ」タイプだと診断されました。

 

骨格診断はこだわりすぎるとかえって服選びが難しくなるので、楽しみつつ参考にしています。

 

私は骨格診断をうけたことで、捨てる服も買う服も選びやすくなりました。

 

骨格診断を受けた人や教える人の声はこちらのテーマでも読めます。

 

ブログ村テーマ
骨格診断3タイプ

 
 

 

 

 

生前整理や終活が、いよいよ身近になってきました。お洒落も楽しみつつ、クローゼットにも服にも呼吸させてやれるよう片づけていきたいです。

 

服の整理、ファッション考。同世代の人の考え方は参考になります。

ブログ村テーマ
 
 
ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援して下さると嬉しいです!いつもありがとうございます。

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ

AD