先生選び

テーマ:

ピアノの先生選びについて、

興味深い記事がありましたのでご紹介いたします。

http://dime.jp/genre/349454/

近いから、安いから、優しいから・・・
このような理由だけでお教室を選ぶのはNGです。
でも、選ぶポイントになるのは確かでしょうね。
 

ピアノの先生と呼ばれる方はたくさんいらっしゃいます。

音大でピアノを専門としていない方や、

音大を出ていない方でも、

ご指導されている方はたくさんいらっしゃいます。

経歴が素晴らしくても指導が苦手な方や、

その逆のパターンの方もいらっしゃいます。

それぞれ、プライドを持ちレッスンしているはずですが、

結局最後は、指導力に加え人柄のような気もします音譜

私のところには、

よそのお教室から移動されてきた生徒さんもたくさんいます。

理由はそれぞれ様々です。

ご縁があり、通ってきている生徒さん達とは、

一生懸命に向き合ってはいますが、

以前の先生と比べられるのは、否めません・・・

そういう職業ですからあせる

でも、初めからうちでレッスンしている方には気付かない事に、

気付いて頂けていたら嬉しいですラブラブ

頑張ります!!

AD

生徒達の活躍♪

テーマ:

今年度も、生徒さん達が、

学校などで音楽で活躍する場面が多くあり、

本当に嬉しいですニコニコ

タイミングが合えば、なるべく聴きに行きたいと思っています。

 

中学受験をし、少し遠い学校に通学している中1Mちゃん、

三学期に合唱コンクールがあるとのことで、

学年合唱の伴奏をすることになり、練習に励んでいました。

都合がつきましたので、聴きに行ってきました。

学年合唱のということで、大人数をリードしなければならず、

また、ピアノはステージ上ですが、

生徒達は客席で歌いますので、指揮者が遠くにいる状態です。

しっかりと遠くの指揮者を見ながら、

堂々と演奏している姿を見て、涙腺が緩みました~汗

受験生の間も、のんびりではありましたがレッスンを続け、

昨年の発表会にも出演し、本当にがんばりやさんですニコニコ

お疲れ様でした。

中学生の合唱は、男子の声でだいぶ印象が変わると思います。
中1ですと、声変わりの状態もまちまちですし、
中2もまだまだ落ち着かない感じ、
中3になると、ほぼ全員が声変わりをしていますので、
安定感があります。
三年間の変化は本当にスゴイですね。

今回は中1の演奏だけ聴いて失礼してしまいましたが、

きっと、素晴らしいコンクールとなったことでしょう。

 


 

ちょうどこの前日に、

三年前にお教室を卒業した現在高1の子から

楽譜に○印をつけて、

「ココのリズム教えてくださ~い」と、連絡がありました。

全然難しくないリズムで、ありゃ~ショック!

ちょっとがっかりしましたが、

勇気を持って連絡してきてくれた事がとても嬉しいラブラブ

高校で音楽を選択しているようで、授業の中で、

ピアノ経験者は先生役になり、

何人かに教える事があるのだそうです。

お教室を卒業しても、音楽と関わっているのだな~

こんな風に教え子達と繋がっていられるなんて

とても素敵だな~と、一人で感激しておりましたラブラブ!

 

小学校高学年になると、合唱や合奏のピアノ伴奏を

弾くことがありますが、

低学年でも、授業参観などで何かを発表する事になり、

「ピアノを弾くんだ~」 と言う子もいますかお

音楽が心を豊かにし、日常にエッセンスを与えてくれます音譜

AD

新しい曲への取り組み

テーマ:

来年度も、いくつかコンサート出演が決定していますので、

是非、皆さんに聴いて頂きたいと思います音譜

チラシができたら、またご紹介させて頂きます。

 

その中の1つ、ある企画イベントで、

サン=サーンス作曲 『動物の謝肉祭』 を、

2台ピアノで演奏する予定になっています。

連弾では、何度か演奏したことがあるのですが、

2台ピアノで全曲弾くのは初めてです。

まずは楽譜を購入。

輸入版ですので、購入した日やお店によって

多少金額が上下しますが、8~9000円するのです叫び
練習するのはもちろんですが、

音源を聴いたり、本を読んだりして勉強します。

学生時代は、図書館に何時間もいたりしたものです。

音源をダビングしたり、本を読みあさったり・・・

今回も、何か参考になるものはないかな~と探していたら、

高校時代に、音楽理論やソルフェージュなど

教えて頂いた先生のお名前の本を発見しました。

早速、購入しました。

大変お世話になりましたのに、いつの日からか疎遠になってしまい

今に至ります・・・

こんなに頭の良い音楽家がいるのか~

と思うほどの才女、そして美人、

まさに才色兼備、憧れましたラブラブ!

 

小澤征爾さんのナレーションが、

優しい語り口でわかりやすいと評判のCDも

興味がありましたので、購入しました。

今は、ネットで簡単に手に入れることができ、

便利な時代です。

と同時に、実際に手にとって、

吟味してから購入するという楽しみがありません。

買ってしまってから、失敗した~なんて思うこともあります。

 

 

他にも今年は、私にとっては初めての曲を

コンサートで演奏する予定があります。

華やかでステキな曲ですが、私の手には無理かなと思い、

チャレンジもしてきませんでした。

でも、やはり弾いておきたいなと思い、練習を始めたのです。

まだまだ勉強中です・・・

 

皆さんも、新しい曲が宿題に出たら、

丁寧に譜読みをして下さいね。

最初に間違えて覚えてしまうと、なかなかなおらないですよね。

 

一緒に頑張りましょうニコニコ

 

AD

実技試験終了

テーマ:
勤務している大学では、
1月後半から、学年末の実技試験続きでした。
アレコレ色んな学年の審査をしましたが、
先日の短大の卒業試験にて、終了しました。
今年は、色々とレッスン条件が変化した事もあり、とても大変でした。
学生の授業のとり方もあり、
結局、昼休みもなく朝9時からレッスンと授業をこなし、
大学を出るのがいつも19時頃の曜日があり、
終わるとぐったり~。
毎週、帰宅すると何もできない状態でした。
そんな風に精魂込めてレッスンしていることを、
大学側も、学生も、理解してくれているかどうかはわかりませんが・・・
色々なタイプの学生がいましたが、
一生懸命に一人一人と向き合うことが、私の使命です。

そんな厳しい一年でしたが、
お陰様で、皆無事にパスできましたし(笑)
良かったです。

卒業試験は、毎年本当に感動します。
短大の場合、2年しかありませんが、
入学当初の演奏から考えると、皆さん本当に成長して
卒業していきます。
それぞれのレヴェルはありますが、
自分らしさを発揮でき、きちんと演奏に責任を持ち、
とても立派でした。
おめでとうございます。

卒業後の進路は様々です。
まだ就活中の学生もいます。
一日でも早く決まることを願っています。
また、皆さんの卒業を見届けます・・・
 

寒い日が続いています。

レッスンは夕方以降なので、陽も落ちて暗く寒い中、

皆さん頑張ってレッスンに来ています。

自転車の方は、くれぐれも暖かい格好でいらして下さいね。

インフルエンザなども流行っているようですので、

体調管理をしっかりして下さいね。

 

さて、春以降のご予定で、

レッスンの曜日や時間の変更希望のある方は、

早めにご相談下さい。

教室レッスンは、新年度も月・水・金の予定です。

火曜日は春日部の方の音楽教室で指導していますし、

木曜日は大学のレッスンが遅くまであるためです。
またまたパズル状態になりますが、

頑張って調整していきたいと思います。

こちらから、曜日時間のご相談をさせて頂く場合も

あるかもしれませんが、

ご協力の程、どうぞよろしくお願いいたします。

7ひきのこやぎ

テーマ:

昨年10月からレッスンスタートした、

年中のMちゃん女の子

とってもラブリーラブラブ

 

7ひきのこやぎ という曲をレッスンする日、

「7ひきのこやぎっていうお話知ってる?」と聞いたところ、

ちょうどその日、幼稚園で先生が読んでくれたとニコニコ

グッドタイミンググッド!

どんなお話だったか教えてもらいました。

とてもよくお話を理解していて、説明も上手で

こちらが驚くぐらいでした合格

音符を読んで、弾いてみた後、

「じゃぁ、お歌を作ってこようか~」

という宿題にしてみました。

ママと考えたというお歌は、とってもステキに仕上がりましたキラキラ

かわいいラブラブ!


 

休講日のお知らせ

テーマ:

冬らしい寒さが続いています。

インフルエンザなども流行っているようですので、

皆さん、気をつけて下さいね。

 

さて、毎年この時期は勤め先の大学の実技試験が続き、

教室レッスンのお休みをお願いしています。

学生達の一生懸命に取り組んだ演奏は、

毎年大きな成長を感じ、とても嬉しく楽しく聴かせてもらいます。

点数なんて本当はつけられないのですが、
コレばかりは仕方ありません・・・

自分の生徒ではなくても、学年全体を見回せる実技試験は、

私にとっても非常に勉強になる時間です。

課題曲が出ている場合は、同じ曲でも指導者によっては

違うニュアンスで演奏されたりしますし、

どちらが正しいという事ではなく、

こういう演奏法もあるのか~と、色々知ることができます。

時に、私自身が演奏したことのない曲や、

全く知らない曲に出会うこともあります。

長時間の審査は、非常に疲れますが・・・

 

そんな訳で、

1/26~2/1 (試験期間) と 2/24 (卒業演奏会)

教室レッスンを休講とさせて頂きます。

どうぞよろしくお願いいたします。

レッスンがお休みだからと、

おうちでの練習をサボることのないようにお願いしますねにひひ

 

2017年レッスンスタート♪

テーマ:

新年も半月が過ぎました。

生徒達の元気なお顔を見ながら、レッスンも再開しています音譜

クリスマスやお正月、子供達にとっては楽しい事も多い年末年始、

中高生は、冬期講習などもあり、

なかなか練習をするという感じではなかったと思いますが、

少しずつペースを戻して欲しいな~と感じています。

今年も、頑張りましょうアップ
という私も、エンジンがまだ温まっていないようですので、

そろそろ全開にしなくてはにひひ

 

さて、年始早々に大イベントがありました。

勤めている大学の卒業生の会で、

グラン・コンセールという、10時間コンサートが行われ、

私は本部役員ですので、当日少しお手伝いをしました。

オープニングで本部役員の先生方と、

2台8手ヘンデル作曲の水上の音楽で、

ファンファーレ的に、10時間の幕開けをさせて頂きました。

ステージにいる時間があっという間で、物足りない気分でしたが汗
受付にいると、たくさんの卒業生の皆さんにお会いでき、
楽しい日でした。

また舞台袖では、皆さんのドレスを見て、
どこで買ったのかな?なんて考えたりしながらニコニコ

たくさんの卒業生の皆さんが、

立派なホールでの演奏を楽しみました!!

 

 

レッスン回数について

テーマ:

2017年のレッスンがスタートしました。

今年も、それぞれの目標に向かって頑張りましょうアップ
皆さんのお顔を見れるのが楽しみですラブラブ

 

今日は、年間回数についてのおさらいをしたいと思います。

現在、当教室ではレギュラーレッスン生は

年間44回レッスンとしております。

ここには、発表会やお勉強会も回数に含まれています。

よそのお教室では、年間40~42回が多いように思いますが、

そこには発表会などは含まれていません。

ですから、トータル的には同じ感じですね。

皆さんが回数を把握されているかどうかはわかりかねますが、

私の方ではきちんとカウントしております。

本来ならば、スタート時期をそろえて、5月からとしたいのですが、

色々な事情で、皆さんバラバラの時期に入会されています。

ですから、レッスンスタート月からカウントするようにしています。

でもそれは、人数が少ないからできることであり、

たくさんの生徒さんを抱えているお教室にとっては、

統一する必要があると思います。

また当日欠席の場合は、一回に数えています。

余裕があれば補講をしています。

前もってお休みのご連絡ご相談があった場合は、

振替レッスンなど調整の努力をしております。

また、コンクールや発表会前などは、

追加レッスンをする事もあります。

なるべくは年間回数内で補えるようにしていますが、

追加レッスン代をお願いする場合もあります。

お月謝は、年間回数で割った金額を毎月頂いていますので、

例えば、月に2回だったり5回だったりしても

同じ金額を頂いています。

お月謝というぐらいですから、年間回数ではなく、

月に4回あるいは3回、というように

きちんと月の回数を決めて

レッスンされている先生もいらっしゃいます。

 

今のところ、回数やお月謝についてのトラブルはありませんが、

色々なお教室で色々な状況を耳にします。

指導者と保護者様との間で、きちんと理解し合っていないと

トラブルにもなりかねませんね。

 

今年も、一人一人と向き合い、

丁寧にレッスンをしていきたいと思います音譜

新春に想う・・・

テーマ:

私の音楽人生を振り返ると、本当に色々ありましたが、

やはり、若い時に努力して身体に染み込ませたものは、

生涯の宝物になると感じています。

ある時期を一緒に乗り越えた友人とは、

たくさんの想い出があります。

海外にいる友人も多いのですが、

最近はSNSで簡単に繋がります。

留学時代の友人とも、Facebookという画期的なツールで、

簡単に近況がわかります。

皆さん様々ですが、本当に色々と頑張っていらして

励みになります。

ある程度の年齢を重ねてからですと、ピアノに限らず、

いくら頑張ってもなかなか身につかず

苦しい点もたくさんあります。

そもそも大人になればなるほど、

様々な事と戦わなければ生きていけなくなります。

女性の場合、結婚をして子供が産まれて・・・という場合には、

家事や育児をしながら、仕事との両立はとても大変です。

もちろん、結婚はせずに音楽を深く深く

追求し続ける人も多くいますし、

結婚しても子供はいないご家庭もありますし、

様々なパターンがあります。

いずれにしても、

音楽だけに集中できる時間は減っていきます。

中には、全ての事をやり遂げるパワーを

持ち合わせている人もいると思います。

もちろん世界的にも有名な方々には、

周りのたくさんのサポートの中、

活動していく人もいらっしゃると思います。

 

私の場合、子供の成長と共に、

苦労の種類が変化していくことを味わい、

でも音楽活動は辞めたくないという思いで、

プロの演奏家であるというプライドだけが独り歩きし、

自滅することもしばしばありました。

その中でも、一つ一つ前進できるように

努力を続けていく事が大事なのです。

自分のできる範囲で一生懸命に頑張れば良いのです。

と、わかっていても、結局はなかなか受け入れられずにいます。

演奏も指導も、自分の能力以上の事を

望んでしまう事が多々あります。

本当に人間は欲張りですね。

 

大人になってから、テクニック的に成長することは

なかなか厳しいと思いますが、

音楽の奥深さは、ある程度の年齢にならないと

味わえないと感じます。

あるピアニストさんも、

30代より40、50、60代と、どんどん深まって上手くなっていく。

またそうであるべきだけど、

あたかも20、30代がピークであるかのような発想は

演奏家にとって不幸なことであり、芸術としてもダメになってしまう

と発言していました。

でもまぁこれは、それこそ若い時に大きな実績を持ち、

常にトップを走り続け、挫折も味わい、

努力を重ねてきたからこその発言ですので、

私とは大きく異なります。

 

私の夢は・・・

いつかレッスン室を独立させて、もしくは広くして、

グランドピアノを最低2台を置くことです。

世の中、色々な先生方がいらっしゃるので、

私のこの夢はちっぽけでしょうね・・・

趣味でもグランドピアノを何台も所有している方もいらっしゃるので、

専門家としては本当に最低レベルでお仕事していますが、

環境が整っていない分、内容で勝負するしかありません。

私があと何年ぐらい、演奏家として仕事ができるか、

指導者としてきちんとやっていけるか・・・etc

もう人生折り返していますので、あまり時間もありません。

早くレッスン室を独立させられるように、

夢のままで終わってしまうかもしれませんし、わかりませんが。

 

新春に想う色々でした。