レッスン回数について

テーマ:

2017年のレッスンがスタートしました。

今年も、それぞれの目標に向かって頑張りましょうアップ
皆さんのお顔を見れるのが楽しみですラブラブ

 

今日は、年間回数についてのおさらいをしたいと思います。

現在、当教室ではレギュラーレッスン生は

年間44回レッスンとしております。

ここには、発表会やお勉強会も回数に含まれています。

よそのお教室では、年間40~42回が多いように思いますが、

そこには発表会などは含まれていません。

ですから、トータル的には同じ感じですね。

皆さんが回数を把握されているかどうかはわかりかねますが、

私の方ではきちんとカウントしております。

本来ならば、スタート時期をそろえて、5月からとしたいのですが、

色々な事情で、皆さんバラバラの時期に入会されています。

ですから、レッスンスタート月からカウントするようにしています。

でもそれは、人数が少ないからできることであり、

たくさんの生徒さんを抱えているお教室にとっては、

統一する必要があると思います。

また当日欠席の場合は、一回に数えています。

余裕があれば補講をしています。

前もってお休みのご連絡ご相談があった場合は、

振替レッスンなど調整の努力をしております。

また、コンクールや発表会前などは、

追加レッスンをする事もあります。

なるべくは年間回数内で補えるようにしていますが、

追加レッスン代をお願いする場合もあります。

お月謝は、年間回数で割った金額を毎月頂いていますので、

例えば、月に2回だったり5回だったりしても

同じ金額を頂いています。

お月謝というぐらいですから、年間回数ではなく、

月に4回あるいは3回、というように

きちんと月の回数を決めて

レッスンされている先生もいらっしゃいます。

 

今のところ、回数やお月謝についてのトラブルはありませんが、

色々なお教室で色々な状況を耳にします。

指導者と保護者様との間で、きちんと理解し合っていないと

トラブルにもなりかねませんね。

 

今年も、一人一人と向き合い、

丁寧にレッスンをしていきたいと思います音譜

AD

新春に想う・・・

テーマ:

私の音楽人生を振り返ると、本当に色々ありましたが、

やはり、若い時に努力して身体に染み込ませたものは、

生涯の宝物になると感じています。

ある時期を一緒に乗り越えた友人とは、

たくさんの想い出があります。

海外にいる友人も多いのですが、

最近はSNSで簡単に繋がります。

留学時代の友人とも、Facebookという画期的なツールで、

簡単に近況がわかります。

皆さん様々ですが、本当に色々と頑張っていらして

励みになります。

ある程度の年齢を重ねてからですと、ピアノに限らず、

いくら頑張ってもなかなか身につかず

苦しい点もたくさんあります。

そもそも大人になればなるほど、

様々な事と戦わなければ生きていけなくなります。

女性の場合、結婚をして子供が産まれて・・・という場合には、

家事や育児をしながら、仕事との両立はとても大変です。

もちろん、結婚はせずに音楽を深く深く

追求し続ける人も多くいますし、

結婚しても子供はいないご家庭もありますし、

様々なパターンがあります。

いずれにしても、

音楽だけに集中できる時間は減っていきます。

中には、全ての事をやり遂げるパワーを

持ち合わせている人もいると思います。

もちろん世界的にも有名な方々には、

周りのたくさんのサポートの中、

活動していく人もいらっしゃると思います。

 

私の場合、子供の成長と共に、

苦労の種類が変化していくことを味わい、

でも音楽活動は辞めたくないという思いで、

プロの演奏家であるというプライドだけが独り歩きし、

自滅することもしばしばありました。

その中でも、一つ一つ前進できるように

努力を続けていく事が大事なのです。

自分のできる範囲で一生懸命に頑張れば良いのです。

と、わかっていても、結局はなかなか受け入れられずにいます。

演奏も指導も、自分の能力以上の事を

望んでしまう事が多々あります。

本当に人間は欲張りですね。

 

大人になってから、テクニック的に成長することは

なかなか厳しいと思いますが、

音楽の奥深さは、ある程度の年齢にならないと

味わえないと感じます。

あるピアニストさんも、

30代より40、50、60代と、どんどん深まって上手くなっていく。

またそうであるべきだけど、

あたかも20、30代がピークであるかのような発想は

演奏家にとって不幸なことであり、芸術としてもダメになってしまう

と発言していました。

でもまぁこれは、それこそ若い時に大きな実績を持ち、

常にトップを走り続け、挫折も味わい、

努力を重ねてきたからこその発言ですので、

私とは大きく異なります。

 

私の夢は・・・

いつかレッスン室を独立させて、もしくは広くして、

グランドピアノを最低2台を置くことです。

世の中、色々な先生方がいらっしゃるので、

私のこの夢はちっぽけでしょうね・・・

趣味でもグランドピアノを何台も所有している方もいらっしゃるので、

専門家としては本当に最低レベルでお仕事していますが、

環境が整っていない分、内容で勝負するしかありません。

私があと何年ぐらい、演奏家として仕事ができるか、

指導者としてきちんとやっていけるか・・・etc

もう人生折り返していますので、あまり時間もありません。

早くレッスン室を独立させられるように、

夢のままで終わってしまうかもしれませんし、わかりませんが。

 

新春に想う色々でした。

AD

2017年♪

テーマ:

明けましておめでとうございます

お年賀状を頂きました方、ありがとうございます

今年も、素敵な音にたくさん出会えますように

音楽いっぱい笑顔いっぱい

今年も頑張りましょうラブラブ

 

今年のレッスンは、1/6(金)からです。

ビシビシにひひいきたいと思います。

 

今年は、HPの方も充実させていきたいと思っています。


保護者の皆様、
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

AD

ピアノサークルの定期演奏会

テーマ:

以前も記事にしましたが、

一般大学のピアノサークルに入っている生徒がいます。

12/26&27に、定期演奏会があるとのことで、

聴きに行ってきました。

二日間ビッシリ、13部まで・・・

80曲を超えるエントリーがあったのだそうです!!

私の生徒は、ソロ演奏の他に、

連弾をしたり、2台4手・8手などなど、

アンサンブルも多く、いったい出番はいくつあったのかしら!?

練習も大変だったと思います。

私は最後の部だけにお邪魔したのですが、

皆さん大曲に挑戦し、本当に大したもんです。

ピアノのサークルは、ピアノが好きな人が集まっていて、
選曲も自由に楽しくやっているのかな~と感じました音譜

 

私は、大曲をなんとなく弾けるようにって弾いた気でいる人や、

それをわけもわからず褒め称える人は苦手です。

専門家の耳には、ごまかしは許せませんから・・・

ピアノサークルの学生は、音大生ではないので、

レッスンを受けている人もいれば、

自己流の人もいるのではないかと思います。

ですから、内容は「あれ?」と思う演奏でもあるのですが、

大学生が勉強の傍ら、好きで弾いているのですから

素晴らしい事ですねグッド!

そう思えるように、

私の頭を柔らかくする必要がありそうです。

 

二日間朝から夕方まで

ずら~っと並んだプログラムにも驚きましたが、

それより何より、音大ではないのに

素晴らしいホールがある事にビックリですカナヘイハート

趣味とは言え、あんなステキなホールで演奏できるなんて

恵まれているな~と思いました。

 

今回、彼女の演奏を聴きに行って下さった

教室の生徒さんもいました。

これからもずっと、皆の憧れの先輩でいてくれると

いいな~と思いますラブラブ

学校や学年も全く違いますが、

こうやって生徒さん同士の繋がりも

とても嬉しく思いました。

保護者の方々に感謝です。

 

 

12/18 冬のお勉強会(クリスマスコンサート)が、終わりましたクリスマスツリー
皆さんお疲れ様でした音譜
今回は、ソロ演奏の他に

クリスマスソングをハンドベルで演奏しましたベル

先週、全体練習をしましたので、とっても楽しみにしていました。

ソロがメインですが、なんとなくベルの方が

ワクワクしていた子もいたと思いますにひひ

いつもは、お母様方にコメントの記入をお願いするのですが、

今回はママベル隊も控えていましたので、カットしました。

ゆっくり聴いて頂けたと思いますラブラブ

 

参加予定だった中1のMちゃん、

お家のご都合で急に欠席となってしまいました。
ベル隊の一人が抜けてしまいましたが、

大学生にお手伝い頂き、助かりました。

ソロでは、クレメンティのソナチネの他に、

中島みゆきさんの「糸」の伴奏を弾いてもらう予定でした。

そしてそして、メロディを私が鍵盤ハーモニカで

演奏する準備をしていました。

最近、色々なピアノ教室で、

フレーズ感を養うためでしょうか、

アンサンブルの楽しみを知ってもらうためでしょうか、

鍵盤ハーモニカを活用しているお話をよく聞きますので、

まずは私自身がやってみようと思いまして・・・カナヘイハート

大して上手くはないのですが、聴いて頂いて、

ついでに、ピアノを演奏するにあたり息使いが大事だという話を、

するつもりでいました。
鍵ハモデビューできず残念でしたが、

また機会があれば、色々お話させて頂きたいと思います。

 

 

さてソロの演奏順は⇓です。

練習通り上手く弾けたり、

失敗があったり・・・etc
でも全体を通して、緊張やプレッシャーのある中で、

皆が丁寧な演奏をしてくれて

とても嬉しく思いましたグッド!

 

①Aちゃん

きよしこの夜

サンタが街にやってくる

 

②Kちゃん(小2)

ヤマハ曲:インディアンのたいこ

ギロック:おもちゃのダンス

 

③Yちゃん(小4)
ブルグミュラー:おしゃべり

ギロック:雨の日のふんすい

 

④Hちゃん(小3)

ギロック:女王様のメヌエット

ストリーボック:小さなようせいのワルツ

 

⑤Lちゃん(小4)

ディアベリ:ソナチネ Op.151-1 より 第三楽章

湯山 昭:バウムクーヘン

 

⑥Rくん(年長)

スコット:かめ

ボヘミア民謡:気のいいアヒル

⑦Kちゃん(中1)

ショパン:ノクターン Op.9-2

松谷 卓:匠

 

⑧Mちゃん(中1)

ランゲ:花の歌

 

⑨Sちゃん(大2)

ウェーバー:舞踏への勧誘

お楽しみのハンドベルベル

 

〈幼稚園・小学生〉 赤鼻のトナカイ
〈中学生〉 We wish you a Merry Christmas
〈お母様〉 White Christmas

 

お母様方、緊張感たっぷりでした~ニコニコ
でも、本番前の子供達の緊張感を味わって頂けて、

良い機会だったかもしれません。

お疲れ様でした。

ありがとうございました合格

 

 

 

冬のお勉強会は12/18クリスマスツリーですが、

今回は、ハンドベルもやってみることにしましたので、

来週に先立ちまして、全体練習を行いました。

今回は、参加者を募り、

ママさんベル隊もできましたベル

 

普段は、子供達のレッスン時間にお母様達にもいらして頂き、

自分のパートだけは練習してきましたが、

いざ皆さん集まると、色々な音が聞こえてきて、
ベルを鳴らすタイミングも難しいです。

やはリ、大切なのは呼吸です。

何度か練習していくうちに、だんだんステキになっていきました。

身体の力を抜いて、音を楽しんでくだされば嬉しいです音譜
 

子供達は、何度かベルを経験してきましたので、

心配はしていないのですが、

あと一週間ありますので、

今日うまくいかなかったところなど、

自分の音の確認をしてもらいたいな~と思いました。

 

ベルはお楽しみですラブラブ

メインはそれぞれのソロ演奏ですので、

頑張りましょうアップ

来週が楽しみです!!

 

 

お教室色々

テーマ:

いつもお世話になっているたんぽぽ先生のブログで、

お教室を探されている方へ向けてのメッセージがありましたので、

ご紹介させていただきたいと思います。

ピアノ教室を探されている方へ

どうぞご参考にして頂きたいです。

 

時代の変化と共に、ピアノ指導者も色々な考え方を

持つようになってきていると思います。

「先生」と言われる方も多くいらっしゃり、

それぞれのお教室の特色があります。

私も、たんぽぽ先生と同じ意見で、

お教室を探している方は、タイミングが合えば、

発表会を聴きに行かれる事をオススメしたいです音譜
そのお教室のカラーが見られると思うので。

様々な考え方がありますので、
ご自分と先生とのお考えが、

同じもしくは近いと感じるお教室に
出会える事が一番良いと思います。

 

私がピアノの指導をはじめて、もう30年近くになりますニコニコ

留学先では、赴任している日本人家庭のお子さん達にも

ピアノを教えていましたし、

大手音楽教室の幼児科などのグループレッスンや、

個人宅の出張レッスンも経験し、

今のように、自宅を教室として始めたのは結婚をしてからです。

出産し、育児もありましたので、

生徒さんが1~3人時代もありました。

それでも、他の仕事と両立をしながら、

細々と続ける事を目標とし、頑張ってきました。

そうこうしているうちに、ネット社会になり、

習い事もネットで探す時代になりました。

 

私のこんな気まぐれHP・ブログでも

生徒さんのみならず、お教室を探している方が、

ご覧になっている場合も多くあります。

今のところ、色々な事情から

たくさんの生徒さんを受け入れる事ができず、

お問合わせがありましても、

条件が合わずにお受け出来ていない方もおります。

とても残念ですが、これもご縁だと思っています。

 

きちんと勉強を続けながら、細々とでも丁寧な音楽指導を

続けていきたいと思っています。

一時、息子の問題で

全て辞めたくなってしまった時もありましたが・・・にひひ

よそのお教室の発表会

テーマ:

姪っ子が通っているピアノ教室の発表会を
聴きに行ってきました音譜
高1になっても、毎週レッスンに通い、

発表会でも演奏し、本当にエライと思っています。
このお教室は、中高生が多くいて、

皆さん大きな曲にチャレンジしていて素晴らしいですクラッカー

先生はもちろん、お家の方も生徒さん達も、

意識が高いのですアップ

姪っ子も、とてもとても難しくステキな曲

ショパン作曲のバラード1番を演奏しました音譜

もちろん、テクニック的にも音楽的にも、
実力をはるかに上回った難曲で、

ショパン様に大変申し訳ありませんが、
最後までなんとか弾ききりました。

チャレンジできる子とできない子がいると思うので、
その中で、チャレンジさせてもらえるというのは

スゴイことだと思います。


よそのお教室の発表会に足を運ぶのは、

私自身とても勉強になります。
生徒さんの選曲も、興味深いです。
知らない曲もあると、まだまだ勉強不足なんだな~

と思いますダウン

同時に、聴いた事のないステキな曲に出会えると、

とても嬉しく思いますし、

自分の生徒達の中では、誰に似合うかしらはてなマーク

なんて考えてしまいますニコニコ

職業病です・・・ショック!

色々な演奏を聴きながら、

次回の発表会の妄想をしておりましたにひひ
しばらく妄想が続きそうですラブラブ

その前に、冬のお勉強会を頑張りましょうグッド!

 

学生オケ

テーマ:

学生オケの定期演奏会を聴いてきました音譜
夏前に行われた、コンチェルトのソリストオーディションで、

私が副科ピアノを担当しているホルンの学生が、

見事合格し、今回ソリストとして舞台に立ちましたクラッカー
2月の教室発表会にも出演してくれましたので、

生徒さん達や保護者の皆様にも、聴いて頂いた事があります。

 

満席のお客様の前で、ソリストとしてゴージャスなドレスで

ステージに現れた時は、涙が出そうでした。

普段、わりとボーイッシュな学生なので、

キラキラアクセサリーをつけて、髪型も可愛らしくて、

まずはその姿だけで感動してしまいました。

フランツ・シュトラウス:ホルン協奏曲 Op.8
少し緊張気味ではありましたが、

ギネスにも難しい楽器としてのるホルンの柔らかい音色を、

さらに美しく表現できていて、

本当にステキでしたラブラブ

その他の、プログラムもものすごい難曲ばかりでした。

ベートーヴェン:レオノーレ序曲

テーリヒェン:ティンパニ協奏曲

シェーンベルグ:主題と変奏

ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲

ラヴェル:ラ・ヴァルス

 

楽器によっては、

人数が少なく全曲出番だったりして、

体力と気力の限界ではないかと思いました。

副科ピアノ担当の学生もたくさん出ていたので、

真剣に音楽に向かっている姿を感じられ、

次回のピアノのレッスンでは、叱らずに!?

たくさん褒めてあげたいと思いましたにひひ
学生達の活躍が本当に素晴らしかったです。

 

とても嬉しい時間でしたキラキラ