2011-03-20 08:31:44

ミラノ~サンレモ 2011

テーマ:レース
2011ミラノ~サンレモ

ミラノのスタート地点、1分間の黙祷は自分にとって一生忘れられない時間だった。
$BRAVO


この日を夢見たのはいつの事だっただろう。
19歳の時イタリアはベルガモのアマチュアチームで、本場イタリアの自転車文化に触れ、プロのレースを見た時には身震いした。
U23の1年目だったが、エリートチームだった自分はシーズン中のほとんどのレースを完走出来なかった。
1度だけプロと混合のレースに出た時は、30kmでレースをリタイアした。
「なんてレベルの高い世界だ!」
いつか自分もあそこで走りたい!絶対に走って見せる!心に誓った。

2011年、イタリアの「ファルネーゼヴィーニ」と契約をした時には、14年の歳月がたっていた。
そしてあの時誓ったレース以上の、ワールドカップ「ミラノ~サンレモ」という夢の舞台に出場するチャンスをつかんだ。


レース前、過去に例を見ない程の震災が日本を襲い、胸が引き裂かれる思いでトレーニングを続け、レース当日を迎えた。
日本の状況は、妻と子供が不安と眠れない日々に心底疲れている事を聞いていたし、被災地の人達の辛さは想像以上だと・・・
そんな中で自分にできる事は?
ティレーノアドレアティコで走るフミの姿を見て、自分も走る事を続けなければ!どんな形でも良いから、それを伝えなければ。

そして3月19日を迎えた。

朝9時のミラノは曇り空、スタート地点では多くの観客に「vai giappone!!(行け日本!)」の声をかけてもらった。
スタート地点では1分間の黙祷をした。
涙が溢れてきた、涙を抑える気持ちにはなれなかった。
今日は震災にあった全ての人達、津波によって家族、友人、愛する人々を失った人達がこれから先、復興という長い道のりの未来に向けて、希望、夢、生きる力を持てる為に自分の夢と共に走る事を誓った。
今回は「cyclists pray for」の頑張れ東日本!のステッカーを腕に貼って走った。
$BRAVO

自転車を愛する皆様、ご協力いただけたら幸いです。


前日のミーティングでは、エースは2人!
(ガットとビスコンティ)自分以外はエースのサポート、自分は逃げに乗る事。
2年前は100km近くアタック合戦が続き、去年はスタート後すぐに逃げが決まった。
そして今年は・・・

10時、298kmのレースが始まった。
アタック合戦が始まりなかなか決まらない中、10km地点、3人が15秒程先行する。
逃げには逃げ屋(イグナチェフ)が乗っている。
得意のスプリントで集団からアタックし、前に追いつくと全開走行!
後ろの集団から追撃が出来るも、なんとか差をつけて4人の逃げが決まった。
逃げ始めは55km/hをキープしていたが、1分40秒の差が出来るとペースを落とし逃げ続ける。
最大12分程の差をつけた。

ミラノ~サンレモは4人の逃げだろうが8人の逃げだろうが、残り50kmくらいには集団に捕まるのが毎年の流れ。
幸也に残り96km地点の7kmの上りがキツイ!と聞いていた。
その上りの前でチームカーから先頭交代をやめるように無線が入り、上りに備えるように!と。
上り始めから10%以上の上りが続き、5kmはついていたがたまらず切れてしまう。
上り始めで後ろとは2分40秒。
上りの途中で捕まったら、ひとたまりもない。
スプリントに持ち込みたくない選手がアタックするからだ。
頂上で後ろから来た追走集団に入るが、ここにジルベールが。
他のチームもジルベールとは行きたくないので、すぐに後ろの集団に捕まる。
集団はリクイガスが引いている。下りでのリスク回避と思い、自分も20番手で下り始める。
この下りは車1台分の細い道な上に、雨で転ぶ選手が続出。
これによって集団が割れてしまい、ビスコンティとガットが後ろに遅れてしまった。
前には自分と去年までガルゼッリのアシストをしていたファイッリの2人だけ。
集団はBMCとカチューシャが50km/h以上で引き続ける。


監督のシントが無線で前に追いつくように怒鳴っている。
ゴールまで残りは90km以上、カベンディッシュも入ってないのでHTCも引いてるのでは?
流石に200km以上逃げてきて、後ろに戻って引き続ける力は残っていない。
ファイッリの可能性を高める為に走ることが今は優先だと感じた。
しかし、チプレッサまで10kmを切って後ろは50秒と聞き、後ろに下がって引く事を決めた。
後ろの集団ではエースのガットが先頭を引いている。
2番手にビスコンティ、もう後が無い状況であることはすぐにわかった。
下りと細い通りの街の通過を全開で引き、流石にもう引く力が残っていない。
後ろに下がるもなんとか集団に入り込み、もう一度引かなくては。
そう、今日は可能性がある限り諦めないと決めたんだ。
日本の人達にどんな厳しい状況でも、諦めない事が未来を切り開く事を伝えなければ!

5番手までなんとか上がって行くも、足に力が入らない。
後ろにビスコンティをつけて切れる訳にはいかない・・・。
でも切れてしまった・・・。
こうなると、ほとんどの選手は海沿いをゴールに向けて近道するわけで、それが当たり前だが、今日は諦めないと決めたのでどんなに遅れてもコースを走り切る事を決めた。
チプレッサの頂上近くで後ろから来た何人かと一緒にゴールを目指した。
次にくる時は、勝負してやる!そんな気持でポッジオを上った。


夢の終わりは、スタートから7時間後にサンレモの街で幕を下ろした。
チームバスではチームメイトが今日の働きを高く評価してくれた。
日本の放送が始まった時には逃げが終わった後だと聞いて、少々残念だった。
しかし、自分が今日という日を日本の人達の将来の為に 自分の夢を乗せて走れた事で十分だった。
こうゆう気持で走る事に意義があり、世界中の1人でも多くの人がそういった気持になる事が、大きな輪を作り大きな力になると信じている。

最後に、多くのメッセージを送っていただいたファンの皆さん。
自分に走る勇気をくれた全ての人達に感謝の気持ちでイッパイです。
まだまだ強くなります!
そして、多くの人々に夢を感じられる走りをこれからも続けて行きたいと思います。


夢は一生、現実は一瞬。
しかし、その一瞬の為に一生という長い年月をかけて命がけで取り組むからこそ、
その一瞬が何ものにも変え難い価値を生み出すのだ。

長いシーズンも始まったばかり!
さぁ、出発だ!



$BRAVO

$BRAVO

$BRAVO
いいね!した人  |  コメント(34)  |  リブログ(0)

宮澤崇史さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

34 ■ありがとう。

 ありがとう。ありがとう。となんと゛もなんどもいいたい。
観ていて体が熱くなりました。勇気も届きました。

よい旅たちに、こころより応援しています。

33 ■TAKASHI MIYAZAWA

崇史が追走集団の先頭でインぺリアの回廊に突入した映像は感動ものでした。
ふつつか者の君が仕事をしているときが、先頭集団との差が一気に詰まった瞬間でした。

崇史!!  ジロに行こうぜ!!

32 ■お疲れ様でした!

放送で観ていました。

宮澤選手の必死の引きがとても印象に残っています。
当方福島ですが、宮澤選手のパワーを胸に復旧に頑張りたいと思います!

このあとのレースも頑張って!

31 ■無題

素晴らしいレース、ありがとうございました。
世界の最高峰のレースで、存在感溢れる走り。自転車レースの真骨頂を目の当たりにし、興奮を隠し切れません。
永年の夢を、今、このタイミングで果たす。必然だと思います。
夢は叶うということ、1歳の息子に教えます。

30 ■無題

宮澤選手の熱い走りはしっかりと日本に届きました。感動をありがとうございます!

29 ■中継拝見しました

宮澤さんの気持ち
伝わったと思います。
かっこよかった!
レース観戦初心者なんですけど
自転車ってすごいのよって
人に言いまくってます。

28 ■お疲れ様でした。

宮澤選手お疲れ様です。
レースの中継観て感動しました。逃げ続けている間に放送が始まらなかったのが残念でしたが、追走集団を引いてる姿を観て涙が止まりませんでした。
これからも日本中に勇気をあたえる走りに期待しています。

27 ■感動しました

自転車の走りで気持ちが表現できるって思ってませんでした!
でも宮澤選手の気持ちはしっかり伝わってきました。そして元気をもらいました。
自分も出来ることをあきらめないで精一杯頑張ろうと思いました。
ありがとうございました。

26 ■無題

宮澤さんありがとう。
またひとつ夢をかなえたことおめでとうございます。
今日のブログ一生忘れないと思います。
頑張れ宮澤崇史、がんばれ東日本。

25 ■無題

丁寧なレースレポートをありがとうございます。こういうレポート期待してました。

バスク語学習中で毎週月曜は作文提出。今回は崇史がどういう選手で、MSRでどういう走りをしたかというのを課題にしました。結構いいのが書けました。

今年をいいシーズンにしてください。

24 ■感動しました

昨日、家に戻れたときに、偶然再放送を観る事ができました。
涙が止まりませんでした。
勇気をありがとうございます!

23 ■無題

宮澤選手の走りから、すごい熱い物を感じる事ができました。キツイ、まだやれる、あきらめない。そんな思いが伝わってくる走りでした。可能性は無限大です、さらに強くなってください。

22 ■bravissimo Takashi !

諦めずに続けることってホントに大事ですね。でも難しい・・・。長い年月をかけてもこんな夢舞台に立つこともできない人が殆どだけど、それを成し遂げ、素晴らしい仕事をしたあなたに脱帽です。また今回の震災に際し、スポーツができることを潔く行動できるあなたはも拍手です!さらに大きな舞台での活躍を期待してます!

21 ■感動しました

中継見てました
感動しました

20 ■想いの力

放送見ました。宮澤選手の想いがこちらに伝わってくるようで、こちらもやる気と勇気を頂きました。
ありがとうございました。そして、これからも私たちに夢を見させて下さい。

19 ■祝、クラッシック

お疲れさまでした。
そして、ありがとう。
気持は色々な人に伝わったことでしょう!

18 ■無題

ありがとう!!!
走りで気持ちが伝わった。

17 ■文句なし 

崇史 すばらしかった。

16 ■無題

宮澤選手の熱い気持ちを沢山貰いましたよ!
表彰式での日の丸も感動しました。

本当にお疲れ様でした。

そして、ありがとう!ありがとう!ありがとう!

15 ■すごい。

約300kmの距離。しかもハイペースなレース。逃げて、引いて。大活躍をされた宮澤選手。
レース映像を見て、びっくりしました。
本当にお疲れ様でした。
テンションを保って、次のレースでもご活躍をされることを祈っております。

14 ■無題

お疲れ様でした。
今シーズンもがんばってください。

13 ■ありがとう

元気でいる⇒ストレス溜めない⇒楽しむこと
当たり前のこと レース観戦して思い出すことができました
ブログに宮澤さんのこと書きましたヨ

12 ■感動しました

ロードレース中継で
鳥肌が立ったことは何度もありますが
目に涙が浮かんだのは初めてです。
気持ちは十分に伝わりました。
もちろん、その仕事ぶりも。

11 ■ありがとうございます!

こういう仕事をできるアスリートって
すばらしい。
逃げの映像が見られなかったのは
残念ですが、その後の曳きは
しっかり拝見しました!
本当に感動しました。
ありがとうございました。

10 ■ありがとう!

涙が出ました。

これからも熱い走りで魅せてください!

9 ■ありがとうございます!

私の住む所は地震と津波と火災で市街地が全滅しました。

被災者として『勇気を頂きました。ありがとうございますm(_ _ )m』と言わせて下さい。

200km逃げ続けるだけでもしんどいのに、吸収後もあの走り、『そこまでやってくれるの?』って泣けてきました。

私も頑張ります。

8 ■ありがとう!!!

本当に感動しました
気持ち みんなにとどいていると確信しています。

7 ■本当に一発きめましたね

次のレースも期待してます。

6 ■凄い!!

テキストライブでしたがレースを見ました!!

エスケープ凄かったです!!
そして集団を牽引。

宮澤選手の力強い走りに感動しまた!!

私も頑張ります!!

5 ■感動しました

素晴らしかったです!!

すごい走りをみせていただいて
日本人であることを誇りに思いました
ありがとうございます
あそこでまた引くなんて・・・ありえん働き・・・
ガーガー泣きました
力が沸いて来ました
本当にありがとうございます

4 ■お疲れ様でした

スタート前に隠すことなく涙を流す姿、逃げが捕まった後も懸命に仕事をする姿に宮澤選手の思いがガンガン伝わってきてTVの前で涙が止まりませんでした。
本当に凄いレースでした。

3 ■無題


今日の宮澤さんの走り、とても感動しました。きっとあの走りに心を動かされた人は少なくないはずです‼まだまだシーズン長いですがこれからも頑張って下さい(^^)

2 ■無題

敬意を込めて言いたいです、ありがとう宮澤選手。
気持ちの伝わる走りでした。

1 ■無題

放送、観てました。
渾身の走りに感動したと同時に気持ちの強さが伝わってきて、勇気をもらいました!

僕は直接被災したわけではないですが、宮澤さんの走りは力を与える走りだったと思います!
お疲れ様でした!これからも応援させていただきます!!

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

    Ameba芸能人・有名人ブログ

    芸能ブログニュース

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。