宮崎留美子 ~美しくなりたい女装の私~

女装(ニューハーフ)がまだ認知されていないころ
から女装を続けてきました。美しくなりたい。そん
な気持ちを持ちながら女装の技術を磨いています。
そんな私の女装での散歩と旅、そして美味しいもの
の紹介などをお届けいたします。

NEW !
テーマ:

 お酒に関心がある方ならばご存知の、幻の、というか、なかなか入手困難な宮崎の麦焼酎「百年の孤独」を、偶然、入手しました。
 8000円とか1万円とかプレミア価格で買おうと思えば、ネットでも購入できますが、私はあくまでも定価での購入をめざしています。定価購入だとなかなか手に入らないのです。
 新宿にある宮崎の物産館では、そこで1000円以上物を買ったら、「百年の孤独」の購入抽選の権利が与えられるのですが、この倍率がすごい。何十倍ですから。
 「百年の孤独」を酒造の特約店に注文すると、だいたい、早くて半年、だいたいは8か月待ちというものです。

 今回、日本酒「東洋美人」(プーチンが来たとき提供されたもの)を探しにデパートの酒販コーナーに行ったところ、置いてません。これまで、他にも酒販店をまわったのですがお目にかかれません。
 デパートの担当者曰く、「今年は手に入らないだろう。プーチンに送ったので酒造の樽に原酒がないみたいですよ」 大量にプレゼントということはないでしょうから、日ロ首脳会談の時、プーチンが、このお酒の名称を聞いたというので、たぶん、ロシアから大量の買い付けがあったのではないでしょうか。もともと市場にでまわる量が少なかったお酒ですから。
 しかし念のためと思って、「百年の孤独」を予約したお店にまわって、東洋美人を探しに行きました。もちろんありません。お店の人に聞いても、やはりプーチンがらみということ。
 で、話は変わるけれどということで、以前、電話で「百年の孤独」の予約を入れたのだけど、ちゃんと予約になっていますかと・・・
 帳簿を調べてみて「ありますよ」との回答。そして、少しニャッとして、
「今、本店のイベントで、お得意様にこんなはがきを出しています」と。そこには、「百年の孤独」の購入権が書かれていました。そのはがきをもらえるとのこと。
「せっかくここまで来店していただいたのではがきをお渡しします。このはがきを使われますか?」
まさか、その日に買えるなんて思ってもいないので、私は意味がわかりませんでした。
「ええっ。このはがきを使うということは、今日、買えるんですか」
そうすると、お店の方は、ニャッとして、「そうですよ」と
「そりゃ、願ってもいないこと。もちろん買いますよ」と、喜んで購入してきました。
 こんな顛末なんです。以前に予約していなければ一見の客には売らなかっただろうし、私が予約の確認をしなければこんな展開にはならなかっただろうし。全くの偶然の幸運としかいえません。
 お酒に関心ない方は、「百年の孤独」を定価で入手したすばらしさはわからないかと思いますが、関心ある方は、なかなか手に入らない焼酎だということがおわかりかと思います。
 ちなみに定価は、税込みで、3200円ぐらい。プレミアだと、ネットで安くても6500円プラス送料、だいたいは8000円ぐらい。酒販店でのプレミアだと1万円を超える場合もあります。

 1枚目は、まずは箱を撮影
 2枚目は、箱からおみむろに取り出した未開封の瓶です
 3枚目は、ショットグラスにそそいで、ストレートで飲んでみることに

 美味しいです。焼酎の概念が崩されます。ウイスキーよりはクセがなく、しかし、口に含むと、そのまろやかさは、なんともいえないおいしさです。いやあ、個人的には、ウイスキーの白州12年もの(これもまろやかですがクセは強い・・・9000円以上する)よりも美味しく感じました。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

あなたは、この私のブログの  番目の訪問者です

また、私のホームページ(Since1997)とブログとをあわせて  番目の訪問者となります。 ご訪問、どうもありがとうございます。

 私、宮崎留美子は、1997年から始めたホームページを持っています。途中、2015年から、コンセプトを変更してリニューアルしたことがありますが、1997年からの私のホームページへのアクセス数は200万アクセスを大きく超えました。みなさまに感謝いたします。

 このブログとは別の、私のホームページの方も、よろしければ、ぜひご訪問下さい。

ホームページのURLは、つぎのところです。

http://miyazakirumiko.jp

この文字列をクリックしてくださると、リンクいたします。

-----------------------------------------------------------------------

また、私は、2つの女装関連のランキングに参加しています

下の2つのバナーをそれぞれポチッと押してくだされば幸いです

        にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ

   人気ブログランキング           にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 私の住んでいるところからはちょっとばかり離れています。千葉県にある八千代緑が丘という京葉高速鉄道の駅で降りて、バスで10分ほど。そこに京成バラ園というけっこう大きなバラ園があります。バラの見ごろの時は(今です)入園料が高くて1200円。でも、ICカードで緑が丘駅を利用し、そのICカードを提示すれば(機械で読み取るようです)300円引きの900円で入場できます。
 カメラをもっていって、いろんなバラを背景に撮影していました。たしか、アップした写真の2枚目の写真を撮っているとき、4人ぐらいのおばさんのグループが横を通り、その1人が、
「スタイルいいねえ」
「うらやましいわ。ほれぼれするわ」
と声をかけてくれました。
男性から「きれいだね」と言われるのももちろんうれしいですが、女性の方からこんなふうに言われるのも、とってもうれしいものです。ちょっと快感かなあ(笑)

 

 この日、もうひとつ。男性が英語で何かを話しかけてきました(よく聞きとれなかった)。私は日本語で返事すると、

「日本人の方ですか。外国の人だと思った」

なんて言われました。外国の人だったら、バラの「プリンセスミチコ」を紹介しようとしたとかの話でした。私って外国人に見えますか?

 そういえば、去年、長野県の上田城に行ったとき、

「どこの国から来ましたか?」 たしか、「Where are you come from ?」と言われたかなあ・・・記憶が定かではないですが。そのときの私の様子は、この写真です。

 

 それはさておいて、きれいなバラの花を含めて、京成バラ園をご鑑賞ください。

-------------------------------------------

 このバラ園には、2015年の秋、秋バラを見に行ったことがありました。秋バラより春バラの方がきれいみたいです。そのときの写真を3枚追加します。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

あなたは、この私のブログの  番目の訪問者です

また、私のホームページ(Since1997)とブログとをあわせて  番目の訪問者となります。 ご訪問、どうもありがとうございます。

 私、宮崎留美子は、1997年から始めたホームページを持っています。途中、2015年から、コンセプトを変更してリニューアルしたことがありますが、1997年からの私のホームページへのアクセス数は200万アクセスを大きく超えました。みなさまに感謝いたします。

 このブログとは別の、私のホームページの方も、よろしければ、ぜひご訪問下さい。

ホームページのURLは、つぎのところです。

http://miyazakirumiko.jp

この文字列をクリックしてくださると、リンクいたします。

-----------------------------------------------------------------------

また、私は、2つの女装関連のランキングに参加しています

下の2つのバナーをそれぞれポチッと押してくだされば幸いです

        にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ

   人気ブログランキング           にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 また、お酒の話で恐縮です。でも、美味しいお酒を飲んで、気持ちが豊かになるって、これは「美しくなる」ことにつながるかもね。

 獺祭というお酒は、今、一番、活気があって、売り切れ続出。契約販売店には置いてあるのですが、それ以外のお店ではなかなか見つかりません。あったとしても、定価ではなくプレミア価格がついています。

 東京・日本橋に「おいでませ山口館」というところがあって、ここには山口県のお酒もそろっています。もちろん獺祭もありました。ここは定価販売です。プレミアはついていません。ちなみに、少しでもオトクな買い方は、ビックカメラで買うことかもしれませんね。ビックカメラでも定価で売っていました。2割3分はそのときは気づきませんでしたが3割9分と50%の方はしっかりありました。ただし、家電製品のように10%のポイントではなく、なんと1%しかつかないそうです。これは製造元との契約で1%となっているとのこと。ちなみに、デパートのプレミアカード(たとえば東急デパート)でデパートで購入したとしても1%です。ビックカメラで買おうかとも考えましたが、1%では交通費を使って買いに行くと結局高くつくので、せっかく日本橋にやってきたので、この「おいでませ山口館」で買っちゃいました。

 4合瓶で5297円、1升瓶で10594円。なんとなく買うにはあまりにも高すぎる。1升瓶で3500円ぐらいが限界だあと思いながら、でも飲んでみたい。10分ほど商品の前で逡巡しました。4合瓶の方を買おうか、これだったら5千円ちょっとだし。でも、コスト的には1升瓶の方が割安だし。思い悩んだ末、1升瓶の方を買うことにしたのです。清水の舞台から飛び降りる気持ちで代金を払いました。お酒を買うのにこんなに出したことはありませんでしたから。今までの最高額は、サントリー白州12年もので、9000円ちょっとです。ウイスキーは一度にたくさんは飲めませんから、1本買えばけっこう長持ちしますが、日本酒は1回で1合弱は飲みますから、同じものばかり飲んでいたらすぐになくなってしまうでしょう。日本酒に1万円超はやはり高価すぎます。・・・でも誘惑に負けました。

 

 ワイングラスに注いで、少しばかり口に含みます。

「美味しい!」

 日本酒というよりワインを飲んでいるような、でもワインとはやはりちがう感じ。まろやか。のどをスッと通っていきます。安酒とは全く違うのどごしです。これまでに買ってあった、獺祭50、獺祭39 と飲み比べてみました。けっこうちがいます。まろやかさがぐっといいのです。

 ちょっと特別に美味しい料理と飲むときは2割3分。普通に飲むのは獺祭50でいいかなと思いました。獺祭50と獺祭39はそれほどの違いを感じません。もちろん、39の方がややまろやかだとは思いますが、2倍の金額を払うまでのちがいはなさそうです。獺祭50でも十分に美味しい純米大吟醸なのです。

ちがいは2割3分との間にありました。

 

写真1枚目は、外箱

写真2枚目は、栓を開ける前の1升瓶

写真3枚目は、ワイングラスに注いだ獺祭2割3分

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

あなたは、この私のブログの  番目の訪問者です

また、私のホームページ(Since1997)とブログとをあわせて  番目の訪問者となります。 ご訪問、どうもありがとうございます。

 私、宮崎留美子は、1997年から始めたホームページを持っています。途中、2015年から、コンセプトを変更してリニューアルしたことがありますが、1997年からの私のホームページへのアクセス数は200万アクセスを大きく超えました。みなさまに感謝いたします。

 このブログとは別の、私のホームページの方も、よろしければ、ぜひご訪問下さい。

ホームページのURLは、つぎのところです。

http://miyazakirumiko.jp

この文字列をクリックしてくださると、リンクいたします。

-----------------------------------------------------------------------

また、私は、2つの女装関連のランキングに参加しています

下の2つのバナーをそれぞれポチッと押してくだされば幸いです

        にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ

   人気ブログランキング           にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今回は色っぽい話や写真とはちがって、お酒と料理の話です。

 幻のお酒なんて言葉はときどき聞きます。なかなか手に入らないお酒のことです。手に入れようと思ったら、定価の何倍もの価格設定になったりします。ただ全く手に入らないとなると、一般人には「幻」の領域にすら含まれませんから、すごく努力したり、プレミア価格を出すことを厭わなければ手に入るというものを、ここでは「幻のお酒」としておきます。

 たぶん、幻のお酒の代表的なひとつは、宮崎県の焼酎である「百年の孤独」でしょう。これは手に入ることは手に入りますが、定価で買おうとしたら、予約してから、たぶん6ヶ月以上待つことになるかも。新宿にある宮崎県の物産館では、抽選で購入権が当たるようですが、倍率はすごいでしょうねえ。

 さて、ここまでたいへんではないけれど、そう簡単にいつでも手に入るわけではないお酒として、季節限定発売、購入数量制限(だいたいは1本だけ)などというお酒があります。

 今回、購入した「茜霧島」という焼酎がそれ。芋焼酎で、霧島酒造から発売されます。インターネットで検索してみると、

「茜霧島は霧島酒造の製造する本格芋焼酎で、2014年に発売された新しい銘柄です。茜霧島は、霧島酒造の1916年の創業以来、長きに渡って培ってきた醸造技術をベースにしながら、研究開発から商品化に至るまで約9年の歳月をかけて、これまでの本格焼酎とは異なり、『香りを楽しむ芋焼酎』というコンセプトのもと開発された新商品です!

可愛らしい茜色のラベルをしているのも特徴です。
原料にオレンジ芋「タマアカネ」を使用し、原料芋の収穫量から数量限定とされています。」

 霧島酒造からの限定販売に「赤霧島」というのがありますが、これは、季節限定ながらも、その季節に酒販店に行けば、最近はそれほど苦労して購入するというほどではありません。よりプレミア感を高めた商品が「茜霧島」なのでしょうね。

 メール会員になっている某酒販店からメールがきて、5月20日と21日、24本かぎり、お一人1本で販売するというものです。さっそく買ってきました。

 

 私は、焼酎だからといって、酒の肴と一緒に飲むというよりは、ワイン代わりに飲むというスタイルをとっています。だから今日も、イタリアン料理とコラボです。

 今日のイタリアンは、ペンネの「かつお入りアラビアータ」と「ツナとトマトのマヨネーズ和え」です。つくるときもちょっとひと工夫。オールシーズニングなどというスパイスを加えたり、大分(別府)から取り寄せているフジヨシ醤油の「カトレア」という調味醤油をちょっとばかり落として隠し味にしたりと、味に深みを持たせるようにしているんです。

 このイタリアンとあわせて茜霧島をロックで飲んでみました。

 そうそう、ロックの氷は、まん丸い氷を使ったりして、ちょっとお洒落に。

 けっこう合います。 みなさんもいかが?

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

あなたは、この私のブログの  番目の訪問者です

また、私のホームページ(Since1997)とブログとをあわせて  番目の訪問者となります。 ご訪問、どうもありがとうございます。

 私、宮崎留美子は、1997年から始めたホームページを持っています。途中、2015年から、コンセプトを変更してリニューアルしたことがありますが、1997年からの私のホームページへのアクセス数は200万アクセスを大きく超えました。みなさまに感謝いたします。

 このブログとは別の、私のホームページの方も、よろしければ、ぜひご訪問下さい。

ホームページのURLは、つぎのところです。

http://miyazakirumiko.jp

この文字列をクリックしてくださると、リンクいたします。

-----------------------------------------------------------------------

また、私は、2つの女装関連のランキングに参加しています

下の2つのバナーをそれぞれポチッと押してくだされば幸いです

        にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ

   人気ブログランキング           にほんブログ村

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 部屋を整理していたら、ずーーっと前、私が大学生のころ、札幌にいたとき、ゲイバー(今でいうニューハーフバー)でアルバイトを始めたときの写真がでてきました。
 現在のスキャナーの性能が上がったことと、ソフト的に、長年の写真劣化の褪色補正だとか、デジタルノイズの除去だとかを施すことを行って、また、取り込みサイズも大きくしたことで、古ぼけた写真がよみがえった写真になりました。ちなみに、原版の方はもっと色あせしています。レタッチソフトの褪色補正の威力はすごいですね。

 この写真は、札幌のゲイバー(今はゲイバーは別の意味になる、ニューハーフバーと言うべきか)にアルバイトしだした初期のころのものだと思います。大学1年の終わり頃か2年生になったころでしょうか。
 これを見ると、今よりも脚が細かったのだなあと思いました。ちなみに、このミニスカートは、高校のときに女装しはじめた頃にゲットしたもので、昔のミニスカート全盛期のころのものなんですよ。(歳がわかっちゃいますね)
 ゲイバーのお店のなかでは、私はダントツに若かったです。どうしても若いニューハーフは東京に出て行きますから、当時、札幌のお店にいるニューハーフは、けっこうなお歳でした。なので、若いというだけで、お客さんからはモテました。そして、大学生というのがめずらしかったみたいです(今は大卒のにニューハーフなんて捨てるほどいるのでしょうが、当時は希少価値がありました)。お店のママさんも、商売を心得ていて、私なんかは全然ニューハーフとしての会話術もできなかったのですが、インテリっぽいお客さんに私をつけてくれていました。道庁の役人さんだとか、大学の先生だとか、銀行マン、社長さんや会社役員の人などなど、私に横につくように命じていました。
 男の人は、自分の仕事のことを自慢ぽく言いたがるものです。銀行マンだったら金融のことを話したり、大学の先生だったら、自分の専門のことを話したり。私は、一応、大学生ですから、専門的なことはわからなくても、だいたいの概要ぐらいはうなずくことはできました。内容がよくわからなくても、その方の説明を理解することぐらいはできました。もちろん聞き役になるのですが、ちょっとは質問したりします。そういったお客さんはここぞとばかりに説明してくれて、ニューハーフとしての会話術ができなかった私でも、このようなお客さんにはうまくマッチしたようだったのです。
 おかげで、お店がひけてからのアフター(12時をまわっていましたが)に、私を連れて行ってくれることもあったのです。ときには、ママが、今日はいいからあのお客さんに連れて行ってもらいなさいなどと、早めに店を出させてもらうこともありました。お客さんをお店に引き寄せる手段として、私というホステスを使うのかもしれません。
 ちょっとお金をもっていそうな男性だと、回転寿司ではないお寿司屋さんだとか(当時は回転寿司はなかった)、高級そうなバーなどに連れて行ってもらったこともありました。大学生の身分では行けそうもないお店にご一緒したものです。当時は、石油ショックのあとの不況が回復して、景気も、バブル時代へと向かう途中にあったため、バブルのような黄金時代ではなかったとしても、今とはちがう華やかさがあったようです。
※ 1枚目の写真は、そのころ(初期のころです)のもので、まだ、化粧は下手ですよね。今の私からみると、なんだか、田舎からポッとでてきたお姉ちゃんという感じがしませんか。

 そのうちに、お店のママさんが、「このドレスを着なさい」と渡してくれたものが、2枚目の写真です。純白のドレスでちっょとゴージャスでしょ。
 ニューハーフのお店でのホステスですから、普段着っぽいものより、ゴージャスなほうがいいんでしょうね。それに、ミニスカートも下火になっていたこともあって、こんな服を着てホステスをするようになりました。こんなドレスを着て、お客さんの横に侍って、水割りをつくったり会話の相手になっていました。

 ニューハーフのお店ばかりではつまらないので(だって、お客はニューハーフだと思うわけですから)、普通のバーで、女性の従業員と一緒にカウンターレディとしてアルバイトすることもありました。

 あるとき、ここの従業員の女性に誘われて、その方の家に行くことがありました。そこで、その女性が、私の手をとって、自分のアソコに導いていくんです。このとき、私は初めて、女性のアソコを触るという体験をしたのですが、それで終わり。それ以上は私にはできなかったのです。
 一緒のふとんで朝まで眠りましたが、言葉の通り、眠っただけでなんにもありませんでした。その女性がどう思ったのかはわかりません。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

あなたは、この私のブログの  番目の訪問者です

また、私のホームページ(Since1997)とブログとをあわせて  番目の訪問者となります。 ご訪問、どうもありがとうございます。

 私、宮崎留美子は、1997年から始めたホームページを持っています。途中、2015年から、コンセプトを変更してリニューアルしたことがありますが、1997年からの私のホームページへのアクセス数は200万アクセスを大きく超えました。みなさまに感謝いたします。

 このブログとは別の、私のホームページの方も、よろしければ、ぜひご訪問下さい。

ホームページのURLは、つぎのところです。

http://miyazakirumiko.jp

この文字列をクリックしてくださると、リンクいたします。

-----------------------------------------------------------------------

また、私は、2つの女装関連のランキングに参加しています

下の2つのバナーをそれぞれポチッと押してくだされば幸いです

        にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ

   人気ブログランキング           にほんブログ村

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。