「こしだミカさんに会えた」

テーマ:
「夢叶う!」
毎月新しい絵本はたくさん出版されるし、僕の大好きで開店当時から懇意にして頂いている絵本専門店、「メルヘンハウス」に行くと、驚くほど多くの絵本が並べられていて、僕が住みたいくらい場所の一つに成ってるくらい。
でも、そのたくさんの絵本の中で僕が「素晴らしい」とか「参ったー」と思える作品には中々出会えない。
絵本だから勿論「ストーリー」が重要だけれども、僕はまず「画力」を観てしまう。
誰かに似ているとか、目先て子どもに受けようとしている絵を見ると、「子どもを見くびるンじゃないよ」、と怒鳴りたくなってしまう。
以前「田島征三」さんから、彼の絵本を観て具合が悪くなった子どもの話しを聞いた事があって、「僕は子ども達か引きつけをを起こすくらいの絵が描きたいんだ」と豪語する征ちゃんを観て「かっこいい」とさえ思った。
絵本は子どものいっしょうに関わる「社会への扉」だと思う。
だからこそ、薄っぺらい仲良しこよしのストーリーやきれいで可愛らしいキャラクターなどもうこれ以上必要無いとさえ声高に言いたい。
「こしだミカ」さんの絵本は、ここ近年で巡り会った最高の絵本で、「アリのさんぽ」(架空社)のページをめくるたびに描かれた生き物達の躍動感溢れる様子が目の前に飛び込んくるし、細かく描かれたパーツや背景は何度めくっても新しい発見がある。
一体何を観てどんな暮らし方をしている人なんだろだろう。
絵本を通して興味やはてながどんどん生まれてくるのだ。

そしてその興味がどんどん転がり始めて、ついには「こしだミカ」さんの絵本原画展(アリのさんぽ他)、講演会、ワークショップマで開催する事になっな。
この秋ながくてアートフェスティバルの協賛でアトリエフラワーチャイルドのギャラリーでの開催。

昨日はその打ち合わせで、名川先生と日帰りて大阪へ。
住宅街の中のアトリエは彼女ワールドに染められていて、憧れの原画や土のオブジェ達にも出会えた。

ワークショップのアイデアを話ながら、徐々に躰が動き始める彼女に、なるほど、だからあの絵本なのかと、妙に納得。
同じ匂いがしてシンパシーを感じた。

あーもう秋まで「待てない」という思いが膨らんだ初顔合わせになった。
お忙しい中、ありがとう。
{6FFF2914-4E24-4BD9-8585-67BE3F164FAA}

{640D3583-A568-4C6E-9ACA-B6682ADD0306}


AD

「第2回ソダテルLABO」

テーマ:
「水のジオラマ」
先週末は「ソダテルLABO」の第二回目。
「ソダテルLABO」はART&LIFE自然学校のものづくりをプログラム内容にした環境教育活動、アトリエフラワーチャイルド造形教室のノウハウ、それに僕が30年に渡って大学や専門学校で研究実施してきた「感性開発メソッド」を組み合わせた全く新しいプログラム
です。
先月「あいち海上の森センター」の共催プログラム内容として、海上の森とセンターをフィールドに、スタートしますしました。
二回目のテーマは「水」。
前回、海上の森の散策の途中て見つけた「小さなせせらぎ」を「川の赤ちゃん」と名づけたことから、水の一生をジオラマにしようとする試みで「水に関するオノマトペ」にこだわりながらワークショップから作品作りにしてみました。
折しも真夏日の午後で、水の音探しに入った「海上の森」や「タライの水を使ったワークショップ」など、涼しさを体感出来るプログラムになりました。
水の旅を白い板に指で描き、そこに当てはまる「オノマトペ」を考え、貼り付けてゆくクラフト。
日本の水に関する「オノマトペ」の多さに改めて感動しました。

次回は「土」をテーマにどこにも無い、新しい、ドギドキするような「ワークショップ」をご披露します。
というか、只今思考錯誤中。(またハードル上げてしまったー、笑)

次回は7月16日土曜日、午後1時より、瀬戸市「あいち海上の森センター」2階工作室。
申し込み、お問い合わせはアトリエフラワーチャイルド造形教室まで。
{FB2F9834-FE0F-4060-B7EC-C91BC97FE7EA}

AD
「大量、自家製トマトソース作り」
昨日は「長久手子ども塾、特別ものづくり講座」今年度スタートの日。
「暮らしの道具作りと料理教室」は好評につき、なんと3倍を超える応募て、泣く泣く抽選で諦めてもらう家族が続出。
子ども塾がスタートして10年。
初年度からART&LIFE自然学校は「ものづくりを手段とした環境教育活動」を毎年担当させていただいて来ました。
そして3.11以降は「食」に対しても内容を拡げ、「暮らしの道具作りと料理教室」というタイトルて、「地産地消」や「四季の旬」や「食の安全」にも拘るプログラムになっています。
おかげさまで評判も上がり、遂には抽選になった、という訳です。

さて一昨日の夜はクラフトの準備と、料理教室の準備てART&LIFE自然学校は不夜城と化していました。
これの原因は例の「ギリギリの神様」の降臨が遅く、「アイデア」が纏まるのが前日まで続いてしまう訳で。
名川先生他スタッフの皆さんには多大なる迷惑をかけています。
「だって良いプログラムにしたいんだもん」という開き直りも、只の「言い訳」に過ぎません。

さて今年第一回は「チーズおろしと、簡単ピザ作り」。
その模様は次回にして、前日夜の仕込みはトマトソース作り。
やっぱピザのおいしさには「トマトソース」が鍵。
とにかく賄いパスタのソースも兼ねて、大量に仕込みました。
やはり市販品に無いおいしさです。
ここは手が抜けない。

さて実施報告は又ね!
{6288FBA2-3779-4119-BC86-94006F768FA9}


AD