2011-01-30 21:54:01

近藤氏「抗がん剤は効かない」への反論II-⑦またもデマと印象操作

テーマ:近藤誠氏への反論
週刊文春1月27日号の記事に移動します。
まずは例によって臨床試験の生存曲線が上に凸の形を勝手に奇妙な形で人為的作為が入っている所見だと勝手に言っています。その例として転移性腎細胞癌に対する新規分子標的薬エベロリムス(製品名アフィニトール)の投与群、非投与群の曲線を挙げています。
Lancet. 2008 Aug 9;372(9637):449-56. Epub 2008 Jul 22.
Efficacy of everolimus in advanced renal cell carcinoma: a double-blind, randomised, placebo-controlled phase III trial.

上に凸なので奇妙な形と主張し、研究者の熱意が失せた後の最終結果では人為的操作が減るため素直な指数関数的(下に凸と言いたいのでしょう)な曲線になり人為的操作が減っていると言っています。
Cancer. 2010 Sep 15;116(18):4256-65.
Phase 3 trial of everolimus for metastatic renal cell carcinoma : final results and analysis of prognostic factors.

そして投与群と非投与群の生存曲線はぴったり重なっている(つまり投与してもしなくても延命に関係ないと言いたいらしい)。それなのに認可されたのは文藝春秋2月号での対談で述べていたようにあやふやなのに研究者と官僚、製薬会社が結託しているからだと言いたいらしい。

元の論文を調べたところ、呆れた事に前回までにここで指摘した誤謬をそのまま繰り返している。

まずこの最初の上に凸の生存曲線が発表された論文はその臨床試験の第2中間解析でPFS(無増悪生存期間)がエベロリムス投与群のほうが明らかに長く、試験を終了する前に決着がついてしまったという論文で、あとの下の凸の生存曲線を乗せた論文はその最終報告だ。

研究者の熱意も何も、患者さんに被害を与えない為、効果の差が早期に判明した場合には途中で中止するという試験デザインが最初から組まれていたのだ。

しかも初回にプラセボ(偽薬)を投与された非投与群の80%はそのあとエベロリムスが投与されているのだから二つの生存曲線が重なるのは全く不思議ではない。それをもって投与しても延命効果無しとしたベクティビックスと同じとするのはデマそのものだ。

さらにこの試験は元々効果的な抗がん剤がない腎癌に対して比較的近年開発され、かなりの効果を上げたスニチニブやソラフェニブといった分子標的薬さえ効かなくなった患者さんたちを対象としていたのだ。

ここにおいて、もはや抗がん剤は効かないという前提では成り立たない試験を例に挙げ印象操作するとは近藤理論の破綻と終焉を感じざるを得ない。
いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)

Sho(がん治療の虚実)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

18 ■私もステージⅣ

私もステージⅣ大腸癌
昨年告知され 23箇所転移あり、埼玉県の某大学病院でもうダメだと言われ、抗がん剤で延命を勧められましたが、拒否。
逃げ出して、他の自然療法の病院で、あっという間に腫瘍は消え、しかもその先生は、あなたは、p53抗体が400というとんでもない数字だから、抗がん剤をやっても効きません。とはっきり言われました。
大学病院に通ったら私も今頃死んでました。

うちのご近所、年も同じく40代
同じ頃発病して、某大学に通い続けて抗がん剤やりつづけた人は骸骨のようになり、抗がん剤の副作用で先週亡くなりました。

某大学に戻ったら、その医師たちは私が他の病院で受けた治療方法や遺伝子治療薬を知らず、癌が消えているのに感心持たず、逆ギレされて怒ってきました。本当に人を抗がん剤で殺してしまう、バカな医者が多いのは残念です。

17 ■Re:Re:Re:無題

>・…・さん
表現が不十分で悪印象をもたれたことにお詫び申し上げます。おそらく今までひどい目に遭い、現在の治療がかなりつらい状況なのだろうと思います。
《治らないとなるとどうしてもモチベーションが下がってしまう傾向があります。》というのは当然ながらホスピス、いわゆる緩和療法医や腫瘍内科医には当てはまらないとは思います。もちろん他科の医師にも当てはまらないことのほうが多いとは思いますよ。例えば糖尿病や脳梗塞、腎不全など治らない病気はたくさんあります。ではなぜ治療するかというとそのメリットがちゃんとあるからです。
がん治療でモチベーションが下がるという意味は医師自身が無力感に苛まれることから発生します。
これは医師のやりがいには治すことに並んで苦痛緩和と希望を与えるというものがあることをはっきり意識されていない現実を憂えているというメッセージでした。
治すことに一生懸命になりすぎ、治らない場合の対処方法や苦痛緩和、希望を与える方法論が充分学習されていないがために医師自身がどうすればいいのか悩むケースはたくさんあります。それはがん緩和療法を教育してもらう機会、あるいはその存在を知らないがために起こるものなのです。
実際経験の浅い研修医の中にはがんばって治療しても、受け持ち患者さんが亡くなることが続き鬱病になる人もいます。
また今は緩和療法についての認知が進んできてはいても、ちゃんと学習してくれるのを待ちましょうというのは今がんと戦っている患者さんには遅すぎます。
しかし患者さん自身が主体的動くことにより状況を改善することも可能ですよということを伝えるためにこのブログは存在すると言っても過言ではありません。
医療において患者さんたちが知らない方がいいことについては医療従事者向けの裏サイトに分けて記事を載せています(あえて希望している人にはリンク先を通知していますが)。
しかし医師側の考え方やその背景については ある程度患者さんにも知らせていた方が誤解を解き、治療を受ける側の戦略を考えるために有用だと判断してこのブログに記載しました。
これからも医療側、患者さん側に治らない場合のモチベーションのあげ方などの方法論をブログで紹介していきたいと思います。

16 ■Re:Re:無題

>Sho(がん治療の虚実)さん
《治らないとなるとどうしてもモチベーションが下がってしまう傾向があります。》
これを読み患者の立場として治療意欲を無くしました。やる気無しの医者に話しをするのも面倒だし、やる気無いなら楽に死ねる薬でも処方してほしいし、自殺したいとさえ思ってしまいました。医者としては正直な意見かもしれませんが、正直に話すことが全て患者の為だとは思いません。現に先生は私の生きる気力をこの文章で無くしてしまった訳ですから。もし私が自殺したら、先生にも責任があること、お忘れなく。

15 ■もちろん

>・…・さん
学会活動などの啓蒙で若い医師は化学療法にあまり抵抗感がなくなってきています。
ただ医師不足の余波を受けているので絶対数がどうしても足りませんね。
そうはいっても改善されるの待ってられないので患者さん側からできることを探索する方法論も必要かと思っているところです。

14 ■Re:Re:無題

なるほど…ではその古い体質を何とかしないと話は先に進みまなしい、医療関係の体質はこのままのようなので進歩なさそうですね。

13 ■Re:無題

>・…・さん
これについては、いつか記事にしようと思っていたのですが、医師になりたい人は、病気を治したいからと言う理由が多いのです。つまり患者さんに喜んで欲しいからなんです。それはそれでいいのですが、治らないとなるとどうしてもモチベーションが下がってしまう傾向があります。
外科では特に手術による短期決戦で治療出来ますから、患者さんに貢献できたと言う実感が湧きます。
ところが、再発や転移が生じたときは手術による治癒が不可能となり、その場合の対処方法は教育されていませんので戸惑いが大きくなります。
じゃあ内科がやればとなりそうですがそうはいきません。もともとがんは切らなきゃ治らないという概念がありましたので、内科の病気じゃない、抗がん剤なんてもっと疎いのでとんでもないという考えが染み付いているのです。こういった歴史的な経緯から現在の日本のがん難民発生につながっていると考えられます。

12 ■無題

腫瘍内科になる、ならないは個人の自由ですが、なりてが少ないならあまり意味のない科であるように思います。

11 ■Re:Re:Re:無題

>・…・さん
おっしゃる通り、抗がん剤の専門医は腫瘍内科医は抗がん剤治療に携わる治療医のうち一割程度しかいません。
もともと外科医は手術で病気を治すことために外科医になった人が多いので、抗がん剤治療は得意でないことが多いのです。これは手術件数の多い大病院ほどその傾向が強くなります。
理由としてはがんは切らないと治らないと言われていたからで、腫瘍内科の講座は全国80大学医学部のなかで十数個しかありません。
抗がん剤の勉強したくても教えてくれる人がいないのです。
ところが近藤誠氏は腫瘍内科医だけはならないほうが言いと主張しているのだから困ってしまいますね。

10 ■Re:Re:無題

国立病院程度の外科医だと治療も専門外だし、いい加減なんでしょう。近藤氏の発言が嘘か真わかりませんが、そんないい加減な治療している医者ばかりだから、指摘されても仕方ないところもあるのではないでしょうか。国立大卒なのに手抜きばかりで患者も辟易してます。

9 ■Re:Re:無題

国立病院程度の外科医だと治療も専門外だし、いい加減なんでしょう。近藤氏の発言が嘘か真わかりませんが、そんないい加減な治療している医者ばかりだから、指摘されても仕方ないところもあるのではないでしょうか。国立大卒なのに手抜きばかりで患者も辟易してます。

8 ■無題

我慢などしておりせん。毎回外来で「副作用の有無」を報告してますが、副作用があって経口抗がん剤を飲まないと、露骨に嫌な顔されます。嫌な顔されても私の命なので辛ければ飲みませんが、抗がん剤治療なんてこんないい加減なものなんですよ。私は痛み苦しみは我慢しません。はっきり報告しています。我慢させてるのは医者の方です。

7 ■Re:無題

>・…・さん
以下を参考にしてください
がん化学療法の常識⑤主治医に言いたいことを言う人ほど治療はうまくいく
http://ameblo.jp/miyazakigkkb/entry-10713439235.html

6 ■当方

>・…・さん
500人以上のstage IV患者さんを受け持ち、年間30人ほど失っていますから、その方々がどんな状況かよくわかっているつもりです(本人の心情まではわからなくても)。つねづね感じているのは治療や癌による苦痛の訴え方がうまくいっていないあるいはそのルートが完備されていないがためにさけられる苦痛を受けてしまうことが多いことを危惧しています。どうもがん患者さんたちはまじめで我慢強い人が多すぎるような気がします。
フランスなどでは胃カメラさえ全身麻酔ですよ。
その改善策をこのブログでは研究、啓蒙し、患者共同勉強会で広く意見を募っています。

5 ■無題

日常生活副作用で苦しんでる人の方が多いのご存知ないようですね。長生きしていても、抗がん剤治療する為に生きてるようなもの。誰でもいつかは死ぬなら、抗がん剤で苦しまない治療で死にたいものです。

4 ■Re:無題

>・…・さん
人生100年でどんな病気が治ってもいつかは寿命はつきます。人生は時間そのものです。糖尿病も高血圧もなおりません。ではなぜ治療するかというと動脈硬化の進行を遅らせ将来的に脳梗塞や心筋梗塞などの悲惨な病気の確率を減らすだけです。それによりなおらず治療は継続しても普通の人と同じ日常生活を送れることに意義がある訳です。
治癒不能のがん患者さんとってこの苦痛がなく日常生活ができるかどうかが大きな焦点となります。昔のドラマのように病院に入院したまま人生を終えるのではなく、仕事、家庭生活を普通の人と同じように日々送れることがかけがえのないことになってくる訳です。
今日一日は苦痛さえなければ一般人もがん患者さんにとっても同じ活用できる時間だと言うことに気づいていない人も多いのではないかと思います。

3 ■無題

延命だけで治らない=効果無し。と言うことですね。

2 ■Re:無題

>・…・さん
単純化して説明すると抗がん剤で1%の人は副作用で死にますが胃癌では半分以上の人は4ヶ月の命が13か月に伸び、2割の患者さんは2年後も生きています。これを副作用が激しいからやりたくないという人、多少きつくてもなんとしても生き延びたいという人考え方はそれぞれ。でも実績のある選択肢はあることを知らなければ本人の意思は尊重できないということです。

1 ■無題

抗がん剤が効くなら医者も治療すすめるのではないですか。効かないから患者の価値観でどちらでもと言うのはないですか。

コメント投稿