2010-12-21 01:46:40

文藝春秋2011年1月号近藤誠氏の記事「抗がん剤は効かない」に対する反論②

テーマ:近藤誠氏への反論

・抗がん剤に患者を延命させる力はない←大嘘
近藤氏は抗がん剤の効きにくい固形癌(胃がん、乳がん、大腸がんなど)は完治させることが出来ないことと言う意味で延命させることは出来ないと言っているようだ。
肺がんの無治療例と抗がん剤治療例の比較試験は生存期間中央値は4ヶ月対8ヶ月で治療群の方が良いように見えるが抗がん剤治療例の生存曲線のグラフの形が上に凸でおかしいから人為的操作が加わっていると主張しています。
治らないという意味では高血圧、糖尿病も治らない。しかし治療を継続するのは将来の合併症を予防できる確率が高まるからだ。とするとこれらの病気は治療しても延命させる力はないと言う表現が適切であろうか?
・抗がん剤治療の最重要事項である生存曲線の形がおかしいものは人為的操作の可能性が高い、と言う1986年の古い論文を根拠に主張しています(古い論文は間違いも多い)。
例外はないと決めつけていますが、そういうイメージで生存曲線の真偽を判定するというのは学会などでも聞いたこともありません。
また肺がん抗がん剤のどれを組み合わせても生存曲線は重なりたいして改善しないと紹介している論文の生存曲線グラフがあります。
ところが生存期間中央値はどの治療もちゃんと8ヶ月で全て下向きの凸のグラフになっているのですから前述の生存期間中央値は4ヶ月対8ヶ月と主張したわざわざ自己矛盾となるデータの紹介となっています。本人は気づいていないのでしょうか?(むしろ編集者のチェックミス?)
肺がんの別の臨床試験で延命効果のあったものなかったものを紹介していても効果のなかったものだけをとりあげて無意味だというのはナンセンスです。
複数の臨床試験で一つの治療法を評価しても結論が分かれるのは良くあることで、試験デザインの不備、患者背景の違いなどを分析して次の試験の教訓に生かすのが本来の筋です。それにより効果を上下させるいろんな原因を探ることが出来るのですから。
つづく
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

Sho(がん治療の虚実)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

11 ■Re:結局

>がんさん
当方のブログでは語り尽くしているテーマですが、簡潔に回答します。
抗がん剤は
「間接的な痛み止め」
です。
その意味から副作用が主作用を上回る使い方は意図しないし、症状緩和の結果として延命効果が得られると考えて良いかと思います。

10 ■結局

患者本人の生活の質については見ないで比較しているだけでは?と感じました。
今さらのコメントですみません。
話に出てくる糖尿病などの方は、治療している間は普通の生活ができるようになりますよね?
対する抗がん剤はまるでその逆で、抗がん剤投与中や直後は酷く、その後も末梢神経に副作用が残るなど生活が変わりますよね?
国立がんセンターのページにも、がん細胞は複数種類から構成されていて、抗がん剤が効くがん細胞だけ死滅するので一時的に縮小したように見えるが、残った部分は抗がん剤が効かないがん細胞で、抗がん剤自体を解毒するようになったり、吸収しないから効かないという説明すらあります。
肺がんの腺癌など、シスプラチンとか投与する意味があるのでしょうか?投与中は結局入院しますし、その後苦しくて、体力も落ちて動けなくなることに意義が見出せないです。
単に訴えられるのが怖くてガイドラインに従っているだけでは?

9 ■わかりにくくてすみません

>あじさん
効果を示す論文の生存曲線はたくさんありますが、それぞれ完璧で理想的な試験デザインとは言えません。その不備な点を専門家同士がつつき合っているため比較しても単純明快な結論が出ないのです。
信頼度はエビデンスとも言えますがそのレベルは6段階にも分けられ(ちなみに専門家の意見はレベル6で最も信頼性が低いとされています)、前提条件もエビデンスレベルも違う試験結果は単純比較しにくいのです。追求すると統計研究者を含む専門家同士の議論まで突入してしまいます。
科学的根拠についての超初心者向け解説⑤-1エビデンスレベルとは
http://ameblo.jp/miyazakigkkb/entry-10702941542.html
ここは一般向けのブログなのであまり難しい話は避けたいとたとえ話として高血圧、糖尿病を挙げました。
近藤誠氏の言葉が曖昧で、延命効果という用語の意味を生存期間中央値が伸びないことを指すのか、根治しないことを意味するのが記事中でも固定されていません。そこで根治しないことを延命効果無しと仮定すると、治療やめると元通りになり動脈硬化→脳梗塞となる高血圧、糖尿病の治療も延命効果無しと言えるのだろうかと記載しました。

もちろん同じ対象例に同じ治療しても必ずしも同じ生存期間中央値になるとは限りません。背景要因の違いからむしろ少しずれるのが普通です。しかし2つめのグラフは見事に8ヶ月で一致してかつ下向きの凸となっており、前述の主張とは正反対になっていたため記載しました。

8 ■つづき

効果が示せる生存曲線が載っている信頼にたる論文のリファレンスを示せば良いだけなのでは?
高血圧、糖尿病とか、のくだりが反論として何の意味があるのかわからんです。
2つめの、異なる論文で生存期間中央値はいつも同じにならないといけないとお考えですか?試験条件は世界共通だれがやっても同じなんですか?

7 ■Re:あほか

>あじさん
こめんとありがとうございます。
色々な意見があり、それはそれとして参考になります。可能ならばご自身のご意見を拝聴させていただけるとありがたいです。

6 ■あほか

あんたのかいていることの方がまったく反論になってませんね!

5 ■Re:無題

>mapさん
近藤氏は研究者というより評論家として発言している方です。本当の議論をするのなら学会で発言すべきと思うのですが、幾多の論文の自分の意に沿った部分のみを採用して正面からの医学論争を避けられる一般誌に寄稿していると考えられます。つまりはマーケティング(商売)としてやっていて、それが癌治療医と患者さんの誤解を助長しています。癌治療発展の恩恵を受けられない患者さんが増えることは避けるべきだという意味で情報発信力のあるブログで解説しております。
また患者共同勉強会では例の記事を持ってきて不安を訴える患者さんたちが出てきており、それに対するアドバイス集としてブログを活用しています。

4 ■無題

ここでごちゃごちゃ書くよりも、近藤先生に直接話したほうが良いのではないですか?

3 ■ビヨンドさん、ミカさん

コメントありがとうございます。
雑誌、テレビの影響は大きいですし、治療法は進歩すれども逆に理解することが難しくなってきています。ここではブログを活用することでどこまで個人が社会貢献できるか研究実験の場です。また色々ご意見いただけるとありがたいです。

2 ■無題

先生、分かりやすいブログをいつもありがとうございます☆

そこまで医療知識のないガン患者が、こんなん知ったら生きる希望もなくなりますね。

医学の進歩はまだあるんだから、大嘘はつかないでほしいもんですよ。

1 ■無題

こういう記事を一般人…素人が読むと、東洋医学、民間療法に目がいくでしょうね。特に抗がん剤治療しても、すでに効果がみえない患者や、これから治療に入る患者は今の医療に不安をいだきます。私の身近にも抗がん剤治療を拒否した患者さんもいます。医師に詰めより、西洋医学と東洋医学の比較データを作ってほしいと。知識のない一般人が、中学生にも理解できるような言葉で説明されると、分かりやすく間違ったことでも理論立ててられると納得すると思います。
先生、間違った報道な記事に対して私達は無知だし、先の不安を抱えていると、医師との信頼関係が崩れるでしょう。先生のブログ記事に邪魔が入らないといいのですが…。私、応援します。

コメント投稿