1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2012年04月09日(月)

中学校入学式

テーマ:日常・報告

三寒四温が続き、季節の変わり目を肌で感じる今日この頃ですが、連日の強風の為桜満開だった景色は少しずつ薄化粧となって参りました。


新しい年度を迎え、本日は市内一円の中学校で入学式が行われました。


私は地元の大塚中学校よりご案内を頂き、新入生211名(男子116名、女子95名)の晴れの門出を祝福してきました。


新入生は2週間前の小学校卒業式とはうって変わり、制服に身を包み、身の引き締まるような表情をしており、成長の階段をまた一段登ったなぁと関心しました。


下村ひろしのブログ


大塚中学校は全校生徒671名で、市内でも昔から生徒数の多い中学校です。

また、部活動も盛んで、九州大会や全国大会にもよく出場する中学校です。


新入生に向けた校長先生の挨拶の中で、「勇気」という言葉が何度も出てきました。

「勇気を持って勉強をする」

「勇気を持って部活動をする」

「勇気を持って挨拶をする」


新入生はこれからの中学校生活に様々な期待と不安が入り混じっている心境だと思います。

何事にも「勇気」を持ってチャレンジしていってもらいたいと思います。


本年度より校長先生と教頭先生が新しく赴任して来られました。

式前にご挨拶をしてびっくり!

なんと教頭先生は私が生目南中学校1年生の時の担任野中先生でした。

当時と比べ少しふっくらとされていましたが、ハキハキと大きな声で話されるところや、キビキビと歩く姿は今もお変わりなく、何だか私が新入生にタイムスリップしたような感覚になりました。

先生は今日の出席者一覧に載っている私の名前を見てそうじゃないかなぁと思ってらしたそうで、私のことを覚えてくださいました。


頼もしい先生が赴任されました。

私もさらに気を引き締めて頑張ってまいります。


新入生のみなさん、そして保護者の皆さま、ご入学おめでとうございます。

将来の日本、宮崎を背負って立つ若者の成長を私も応援しながら、また、時には一緒になって行動して参ります。


輝かしい未来になることを信じて、共に頑張っていきましょう。



AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2012年03月27日(火)

小学校卒業式

テーマ:日常・報告

3月23日は小学校の卒業式が市内各地で行われました。


私は地元大塚町の江南小学校からご案内を頂き、式に出席させて頂きました。


下村ひろしのブログ

江南小では6年生3クラス計111名の生徒が卒業されました。


驚いたのは、式典での配置です。

写真で見てもわかるように、今の卒業式では体育館の元々ある檀上を使わずに体育館中央に小さい檀上を設け、そこで卒業証書の授与が行われるのですね。

その檀上を囲むように体育館の左右対照に卒業生と父兄が座り、在校生は後方に座ります。


下村ひろしのブログ


卒業証書授与式では卒業生が一人ひとり間隔を空けながら檀上をぐるっと歩きます。

父兄はより近くで子どもを見ることが出来、みなさん一生懸命ビデオやデジカメで激写されておられました。


他の小学校でも同じような形体で式が執り行われたとのことです。


最後には卒業生の歌や在校生が贈る歌が歌われ、皆がまるで合唱部であるかのようなすばらしい歌声を披露してくれました。


卒業生はこれから中学へと進み、勉強や部活動等、これまで以上に幅広い活動をしていくことになりますが、それぞれの将来の夢に向かって頑張って頂きたいと思います。


これからの日本を、宮崎を支え創っていくのはあなた達です。

今私たちが出来ることは、各世代が力を合わせて子ども達をサポートし、指導していくことだと思います。


そして皆で一緒になって日本を宮崎を守っていきましょう。



卒業生のみなさん、ご卒業おめでとうございます。

みなさんの輝かしい未来に期待を込めて。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年03月27日(火)

宮崎市議会3月定例議会 閉会

テーマ:日常・報告

宮崎市議会3月の定例議会が16日閉会しました。


平成23年度3月補正予算案の一般会計は8億3,195万7千円。

平成24年度当初予算案の一般会計は1,490億8,700万円。

76議案、12報告の計88件を4つの常任委員会に付託、審議してまいりました。

最終日の16日に本会議にて採決が行われ、すべて可決されました。


また、議員発議による「政治倫理条例案」は私も所属しております総務財政委員会に付託され、議員間討議による審議を行い、同時に本会議にて全会一致で賛成可決されました。

宮崎市議会による条例制定は8年ぶりで、大正13年に市政施行以来2回目のことです。



今回の条例案は党派を超えた若手市議の会「侍miyazaki」のメンバーで協議、先進地視察、勉強会を幾度となく重ね策定し、市議会に上程させて頂きました。



付託された常任委員会での討議の中では、もう少し議論する時間をと継続審議を訴える声や、審査会のメンバーに市民を入れてより厳しい内容にすべきと訴える声もありましたが、結果、提出者である侍miyazakiのメンバーの主張(原案通り)を押し通させて頂き、原案可決となりました。



市民の多くの方からは「この条例に書かれていることは議員である以上当たり前の事が書いてあるだけじゃないか。初めから持っていないといけないことじゃないか。」と言われます。



まさにその通りであります。



宮崎市議会では過去様々な事があり、特に政務調査費の問題では市民に対して大きく信頼を失墜させてしまいました。

また、昨年は心機一転、市議会も改選が行われ、新人議員が18名も当選されましたが、投票率は過去最低の結果となりました。



失った信頼はすぐに取り戻せるとは思いません。

ですが、一日でも早く市民の信頼を取り戻していく為には、今、議員自らが議員とはどうあるべきかを改めて考え直し、しっかりと足元を見つめ直さなければならない。議員の持つべきモラルを今一度確認し、原点に戻らなければならないと思います。



出来るだけ早い段階で基本的な条文、規約等を「条例」という明文化されたもので示して行かなければならないと強く思った為であります。



これからが大事であります。

しっかりと自覚し、行動してまいります。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。