論語ブログ

ブログの説明を入力します。

NEW !
テーマ:

男の風格をつくる論語(4

 

孔子の人間的魅力をつくったもの ②夫子は聖者か。何ぞ其れ多能なるやⅰ

 

大宰、子貢に問うて曰わく、夫子は聖者か。何ぞ其れ多能なるや。

   子貢曰わく、固(まこと)に天之を縦(ゆる)して将(まさ)に聖(せい)たらしめんとす。又多能なり。

子之を聞きて曰わく、大宰我を知れるか。

吾少(わか)かりしとき、賎(いや)し。故に鄙事(ひじ)に多能なり。

君子は多からんや。多からざるなり。

子罕第九   仮名論語1134行目です。

伊與田覺先生の解釈です。

大宰(呉の大臣か)「孔先生は聖人なのでしょうか。何という多能な方でありましょうか」

子貢はそれに対して言った。「勿論天が生まれながらに聖人となることを許しているのです。しかもその上に多能でもあられます」

先師はこれを聞かれて言われた。「大宰は私をよく知っているものであろうか。私は若い頃、地位も低く貧しかったので、つまらないことがいろいろ出来るのだ。君子は多能であることが必要だろうか。いや多能なことなどいらない」

 

早くして父を亡くし、喪礼の儀式を担当する母に育てられた孔子は、ある意味では学ぶ環境に恵まれていたといって良いでしょう。

「史記」には、児(じ)たりしとき嬉戯(きぎ)するに、常に俎豆(そとう)を陳(つら)ね、礼容を説(もう)く。と記されています。儀式に用いる道具を並べたり、礼儀作法のまねをしたりして遊んでいたのです。

嬉戯:遊び戯れる、の漢語的表現。

俎 :神に供える犠牲(いけにえ)などを載せる祭器。お盆のような形の台。

豆 :同じく、神に供える肉類、穀類などを盛る祭器。たかつき。上部に蓋つき の椀があり、足で支えて下部に台がつく。高さ27センチほど。

この時代、祈祷(きとう)や葬儀などを職業とする「儒」という、宗教的な小集団が存在していました。

祈祷師あるいは呪術師は、儀式の作法に通じていました。

又、文字に記録しておく事柄も多く、その意味では、知識階級でした。

孔子の母・顔徴在(がんちょうざい)はこの儒に属していたとされています。

ただし、生活は苦しかったようです。

「吾少かりしとき、賎し。故に鄙事に多能なり」・・・賎は、卑賤ということで、身分や地位の低いことです。使い走りとか荷物運びとか、草むしり、家畜の見張り、水汲みとか、子供でもできる、こまごまとした、頼まれ仕事をこなしていたのです。

現在の感覚では分かりにくいのですが、この背景には、大人物・上に立つ者はこまごましたことはやらないとする当時の価値観があったのです。多芸なのは才子にすぎないというのです。

「子貢曰わく、固に天之を縦して将に聖たらしめんとす。又多能なり」・・・子貢はそれに対して、勿論、天が生まれながらに聖人となることを許しているのです。しかもその上に多能でもあられます。とその場を切り抜けますが。

「吾少かりしとき、賎し。故に鄙事に多能なり。君子は多からんや。多からざるなり」・・・私は若い頃、地位も低く貧しかったので、つまらないことがいろいろ出来るのだ。君子は多能であることなど必要ではない。

孔子は悪びれず言い切っています。

孔子は三歳の頃父を亡くし、十七歳の頃母を亡くすまで、孔家からは認知されませんでした。母と子の二人の生活は大変貧しいものだったようです。

孔子は悲惨な少年時代をすごしたのです。若い頃は貧困で、生活のためにさまざまな仕事をせざるを得なかった。そのために、つまらぬ仕事をいろいろ覚えてしまったのですね。

 

つづく

宮 武 清 寛

論語普及会                       

http://rongo-fukyukai.jp/

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。