こんにちは〜
 
今回より私の所属コースであるJGMセベバレステロスGCの攻略法を紹介!
 
記念すべき第1回目はOUTの1番ホールです。
 
{2CA6A1C3-0804-4B15-B622-75D53B1EC76E}
 
ずばり、ティーショットは大きな松の右側を狙っていきましょう。
 
また安全な方法としては松下のバンカー手前にFWやUTなどでティーショットを刻む方法です(白マークからバンカー手前まで200Y)
 
{2659A281-5F09-4B40-A352-035A084021C2}
セカンドショット地点では左右の池に注意していきましょう。
 
木々で池が隠されているので確認しにくくなっています。
 
飛距離は抑えて方向性を重視してスイングをしていきましょう。
 
{C3263ADF-744F-4C5D-8F74-CF573C0BE3A4}
 
グリーン周りです。
 
1番ホールのグリーンは奥から強烈に下り傾斜がきつくなっています。
 
奥からのパッティングでは実際の距離より三分の一くらいの力加減でボールを打っていきましょう。
AD


こんにちは~

 

JGMセベバレステロスGC所属プロの宮下芳雄です。

 

第2回目はOUTの2番ホール!

 

 

{3F57B250-0764-4A8D-9C51-33308802C85A}

 

ティーショットは左右の池に注意していきましょう。

 

白マークから池を越えるにはキャリーで150ヤードの飛距離が必要です。

 

普通にドライバーが当たれば十分に越える距離でよね!

 

力まずにスイングをしていきましょう。


セカンドショット地点です。

 

 

{9631FCAA-B830-4670-90DA-869BA32D07BB}

 

 

 

 

グリーン周りまで緩やかに左足上がり傾斜が続いています。

 

視線が上がってしまい。ついつい、すくい打ちになりがちです。

 

右肩が下がりダフッたり、アッパー軌道でトップのミスが出やすくなります。

 

目線を低くとり、レベルスイングをすることがセカンドショット成功の鍵です。

 

グリーンは二段グリーンになっています。

 

{398BC0A2-DDA3-4A57-8E5F-8644C439F92F}

 

 

 

 

①→②に向かってのパッティングではボールをカラーぐらいに打ち出すくらいのイメージでOK!

 

②→①へ向けては、大げさなくらい、ソフトにパッティングをしていきましょう。

 

AD


こんにちは〜

 

今回は3番の攻略法です!

 

まずはホールティーショットの攻め方をビデオで紹介、

 


飛距離によって狙う場所を変えることが成功の近道です。

 

続いてはセカンドショット地点からの風景です。

 

 

{A95612E1-55B1-4434-A816-15EF57300D77}
右サイドには、こんなに多くのバンカー群が・・・

 

しかもアゴの高いバンカーも多くあります。

 

脱出優先のクラブ選択が大怪我をしないコツですね!

 

 

{0F044C40-B86C-45BA-8FB4-3C5E0BF60744}
写真の通り左右に池、さらにグリーン手前にはあごの高いバンカーもあります。

 

グリーンを狙うショットを打つ際は大き目のクラブを選択することがスコアメイクの近道!

 

3番ホールのグリーン上です。

 

 

{7B9F965F-D4B8-49BD-8EEF-3B909B3A2064}
じつはこのホール、奥にカップ切ることが多いのです。

 

そこで宮下が提案するのはロングパットでは「強くボールをヒットする」です。

 

ほとんどのゴルファーが上り傾斜になっていることに気づくことが出来るのですが、「こんなに上っているとは思わなかった!」と感想を漏らしています。

 

上り傾斜をしっかり意識して3パットを予防しましょう。

 

次回は4番ホールの攻略法を紹介します。

 

お楽しみに〜(*´꒳`*)

 

AD

こんにちは~

 

今回は4番ホールです。

 

 

このホールはティーショットの打ち出しがとても狭くなっています。

 

方向性を重視してスイングすることが上手くプレイすることのコツ!


※方向性を高めるコツは次の写真で紹介

 

 

打ち出しが狭いホールでショットの方向性を高める為に下記の方法をやってみよう!

 

①ゴルフボールのブランドロゴを目標方向へ向ける 

②そのロゴに対してフェース面を直角に向ける。

 

簡単な方法ではありますが、かなり方向性の精度がアップします。

 

パッテイングではすでに多くのゴルファーが行っているこの方法ですが、

 

ぜひティーショットでも行ってみてくださいね!

 

 


セカンドショット地点です。

 

セカンドショット地点での注意点は2つ!

 

一つ目はクロスバンカーにボールが入った場合は、

 

残り距離ではなくアゴの高さを見定めてクラブ選択をする!

 

 

二つ目はグリーン手前の池に注意する。

 

クラブ選択に迷った時は大きめの番手を選んでいきましょう。

 

さらに右側は池が深くまで入り込んでいるので左サイドを狙ってセカンドショットをすることも大切ですね!

 

※次回は5番PAR3の攻略方法です。

 

今回は5番ホールPAR3の攻め方を紹介。

 

このホールもグリーン周りは池&川に囲まれています。

 

とくに左サイドにミスしないことがスコアをまとめるコツ!

 

さらに、このホールはグリーン手前に背丈より高いバンカーがデザインされています。

 

左サイドの池を避けてこのバンカーに入ってしまう方が多いことと思います。

 

 

 

そこで宮下からの提案は・・・、

 

「アゴの高いバンカーは左足へ加重をしてバンカーショットをする」こと!

 

 

 

上の写真のようにならないよう十分に注意していきましょう!