飯田市で外壁塗装・屋根塗装のことなら宮下板金工業有限会社

当社は金属鋼板を使った製品で屋根、壁、雨といの工事を行っている板金屋ですが、従来の仕事は引き継いでいき、新たにお客様が希望する外壁の塗装や屋根の塗装も含めた外廻りの仕事は飯田市を中心に行っている会社が書くブログです。

建物は新築されてから経年変化により、数年経てば直して行かなければなりません。さて、建物すべてがお客様が思うような形で出来ていない事もあるのは実状です。ただしそんな中、世の中では製品や考えからの進歩でどんどん良くなってきています。

現在、ネットで情報が手に入るのも正直ありますが正しくないものもあります。正しいものとは?非常に難しいです。我々も常に勉強はしていますが、情報が遅れてしまうこともあります。ただしこれからできる限り応えて行く為に、自ら情報を発信できるようにしていきます。

今までは雨漏りについてのブログを中心にしてきましたが、これからは外回りのあらゆる事を経験から言葉や写真を用いて説明をさせてもらいます。
タイトルにもありますが、「板金屋から外回り総合工事業」を目指して頑張っていきます。

ちなみに外回り総合工事業はある方に教えてもらいました造語です!

テーマ:
飯田市で屋根の塗装や壁の塗装も含めた
屋根、壁、雨といの改修をします宮下板金工業が
当社の紹介や仕事の内容、お客様にとってお得な
情報を発信していますブログになります。

 

住宅などの建物は時代によって違ってきて
いるのはお客様もお気づきだと思います。
その中で最新の情報や昔の建物の良い部分や
維持するために行う改善方法を色々な角度で
解説をして行きます。

 

屋根の雨漏りの原因を調査して、原因が特定が
出来た後の屋根の葺き替えが完了した後に
軒天井の改修をお客様から依頼を受けました。

 

現状は化粧べニアの板で施工がされていましたが
風化と雨漏りでこれ以上の維持が出来ない
現状でしたので、ケイカル板への貼り換えを
進めて行きました。

 

板金屋さんの仕事!?
通常はそう考えられますが…出来ない事は
ない仕事です。一部板金屋さんらしい工夫は
してあります。壁の際と鼻隠し破風板の際に。

軒天井 改修 解体

 

軒天井 改修 解体中

 

本来塗装が必要ではありますが…この先の
維持管理が決まった状態で進めていく部分が
ありますので、ここまでにしておきました。

軒天井 改修 貼り換え中

 

軒天井 改修 貼り換え後②

 

今回お客様には大変満足の頂けた仕事が
出来たと感じていますし、お言葉も頂けました。

軒天井 改修 完成
お読みになって頂き、ありがとうございました。
当社は本業である屋根、壁、雨といの改修を
含めた、屋根塗装や外壁塗装も行う会社として
お客様の建物を外から守る事を目指して
今後も進めてまいります。

 

宮下板金工業 ロゴ

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行


 

電話番号 0265-23-0224
E-mail  tsm@miyashitabankin.com
〒395-0821 
長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆

 

お客様にはWEBサイトの他に
SNS(アメブロ、FB、twitter、
Google+)、Googleマップマイビジネス
からも当社に関する情報がご覧になる事が
出来ます。

 




引用元:屋根の葺き替えを行ったお客様より追加の要望に応える。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
飯田市で屋根の塗装や壁の塗装も含めた
屋根、壁、雨といの改修をします宮下板金工業が
当社の紹介や仕事の内容、お客様にとってお得な
情報を発信していますブログになります。

 

ブログの内容については、当社が専門的に
行っています事業の紹介、そこに関わります
材料、施工などを紹介すると共に新築から
既存の建物の改修で建物の機能や性能を
変えていきます最新の考え方を詳しく紹介して
いくサイトになります。

 

たまたま通りかかったら雨といの集水桝の端部が
壊れていました。実は当社が数か月前に施工した
お客様の雨といでした。

狭い道 雨とい 当て逃げ
壊した方は車で当て逃げ去れたようです。
本来であれば直すための費用を出すのが
当たり前と考えます。

 

しかし名乗り出るとも思えません!

 

誠に残念な事です。当社としては黙って
見過ごす事が出来ないので、現状の材料を
使い直せる範囲で元通りにしておきました。
たまたまお客様は留守をされていまいしたので
お手紙だけ入れさせてもらいました。

 

完全にとは行きませんが…機能を果たせるように
しておけました。

雨とい 修理
なかなか道が狭いところでのすれ違いや
車種によっては運転される方には注意を
してもらいたい。

 

気の利いた目印になるものが出来たら良いかも。
ただし、道幅が狭い場所では庇の出や雨といは
当てられない工夫や説明は必要になると
思います。これは双方の問題かもしれません!

今後は良くお客様に説明をした上で行う様に
心掛けたいと思います。

 

お読みになって頂き、ありがとうございました。
当社は本業である屋根、壁、雨といの改修を
含めた、屋根塗装や外壁塗装も行う会社として
お客様の建物を外から守る事を目指して
今後も進めてまいります。

 

宮下板金工業 ロゴ

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行


電話番号 0265-23-0224
E-mail  tsm@miyashitabankin.com
〒395-0821 
長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆

 

お客様にはWEBサイトの他に
SNS(アメブロ、FB、twitter、
Google+)、Googleマップマイビジネス
からも当社に関する情報がご覧になる事が
出来ます。

 




引用元:当社が施工した雨とい⇒車に当て逃げされる。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
飯田市で屋根の塗装や壁の塗装も含めた
屋根、壁、雨といの改修をします宮下板金工業が
当社の紹介や仕事の内容、お客様にとってお得な
情報を発信していますブログになります。

 

住宅などの建物は時代によって違ってきて
いるのはお客様もお気づきだと思います。
その中で最新の情報や昔の建物の良い部分や
維持するために行う改善方法を色々な角度で
解説をして行きます。

 

お客様から依頼がありまして、建物の外装部分の
調査を行いまして今後の維持管理に役立てもらう
様にしたいと考えます。

 

その中で事前に建物に関しての話、現在使用を
している建物等の問題について聞き取りを
行います。今回お邪魔しています企業様は
倉庫に品物を預かり、出荷等の管理を行う
業務をされていますが、近年の夏場の暑さが
室内の仕事の環境に影響を与えているようです。

建物 屋根上 状況

 

建物 室内 環境

 

当日は倉庫内を廻る中で屋根の表面温度、
室内側になる屋根の裏面温度、室内で働く
社員の皆様に状況を聞いていきました。
通常我々は外の屋根の上での作業の為に
暑さ自体影響は天候にも大きく左右され
また、屋根の鋼板の色によっても
変わってきます。

 

色の違いによって温度が違う事については
自社で行っています暴露試験のブログを
見て頂けるとわかると思います。
鋼板もそうですが、屋根の素材によっても
温度帯が違います。

 

実際、試験体だけでは室内の環境を測る事は
出来ないわけですが、その細かな条件についても
個別に書いてみたいと思います。

といった事から当社が今後進めていくべき
仕事は屋根も含め、壁や開口部(サッシ)の
暑さ対策ではないかと考えます。
それに、新しい考えや商品の開発も急務に
なると思います。

 

お読みになって頂き、ありがとうございました。
当社は本業である屋根、壁、雨といの改修を
含めた、屋根塗装や外壁塗装も行う会社として
お客様の建物を外から守る事を目指して
今後も進めてまいります。

 

宮下板金工業 ロゴ

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行

 

電話番号 0265-23-0224
E-mail  tsm@miyashitabankin.com

住所 〒395-0821 
長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆

 

お客様にはWEBサイトの他に
SNS(アメブロ、FB、twitter、
Google+)、Googleマップマイビジネス
からも当社に関する情報がご覧になる事が
出来ます。

 




引用元:建物内の環境は…外廻りの考えや工夫
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)