Mist Diary

方向性の定まらないポンコツブログ


                都瀬 舞人のブログへようこそ♪

          何もありませんが、どうぞごゆっくりおくつろぎ下さい。



アメーバブログについて

○ロクな事書いていません。


アメンバー申請について

○僕が限定記事を書かないので、僕から申請することはありません。

  なって欲しいという奇特な方がいた場合は、再三確認を取った上で

  相互アメンバー又は僕のみアメンバー申請をさせていただいております。


FC2ブログについて

生まれた頃からの親友である、クリがやっています。

  いわゆるB級ホラーをメインに取り扱っている映画ブログです。

  まともな記事を読みたい方が訪れると怒り出してしまう可能性があります。

  それでも良いという方はこちら から。


Twitterについて

○呟いています。こちらは業者で無い限り相互フォローさせていただいております。

  随時募集しておりますが、ロクな事は呟かないので、それでも良いという方は

  是非、フォローしてやって下さいませ。フォローはこちら から。


テーマ:
前回の投稿が2014年て!
みなさんお元気なんでしょうか?

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「駄文」 の記事

テーマ:

リフトでな!!


近くに住んでいながら、全く縁のなかった高尾山ですが

先週末に初めて行ってみたのです。


高尾1


YAHOOのトップニュースにも出ていた登山者のマナー低下ですが

山登り自体に縁が無い舞人には理解出来るはずもありません。

皆さん普通に楽しんでいたようでした。

(僕も山では煙草は吸わず、ゴミも一切捨ててませんよ。念のため)


土曜日に加え、気温や風も含めて最高に気持ちが良い天気。

想像通り、とんでもない人の出だったのであまり載せられる

写真はありませんが、景色はやはり良かったです。

(虫の量も凄かったですけど…)


高尾2


高尾3


体力の低下に伴い、午後に予定があったために、今回は中腹の

薬王院までで断念し、頂上は見ることが出来ませんでした。



高尾4


途中途中にお土産や茶屋があるので、休憩がてらソフトクリームや

名物の三福だんご(大福・幸福・裕福の三つの団子串)をいただきました。

(僕は腹ペコだったのか、写真を撮る前に食べてしまいました)


お昼は、これまた中腹辺りのラーメン屋さんで…。

高尾5


高尾6

外の席が空いていたので、絶景を見ながら美味しくいただきました。

(本当はお蕎麦とかが有名らしいので、次はそちらを試してみます)


海外の方も多く、感覚的に二割くらいはそのように感じました。


やはり人が多すぎると、のんびり出来ないというか…。

わがままですけど、今度は人の少ない時にのんびりと登ってみたいものです。



AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:

私の好きなものと言えば


「セックス×ドラッグ×ロッケンロール」


ですが、実はもう一つありまして、それが


「金魚×怪談×酒」


実は、この世にただ一ヶ所だけ、このコラボレーションを可能にする場所が!!


と、言うわけで行って参りました。



Mist Diary-アクアリウム1


数年前から注目を集めている木村英智氏による「アートアクアリウム」ですが

昼の「アートアクアリウム」と夜の「ナイトアクアリウム」に加えて、たった一日のみ

真夜中の開催です。(注:8/9~8/10 コレド室町5F 日本橋三井ホールにて)


まさかの開場が深夜0時。

おまけにビルのセキュリティ上、午前3時までは退館出来ないという

大人の大人による大人のためのスペシャルな催しです。


ホール内には、あらゆる趣向を凝らした金魚アートが展示されています。


Mist Diary-アクアリウム2



Mist Diary-アクアリウム4



Mist Diary-アクアリウム3




Mist Diary-アクアリウム5



Mist Diary-アクアリウム6



Mist Diary-アクアリウム7
↑ゼラチンがお皿に乗っかって顔が変形しても動かない…。

  (すっかりお疲れのようです)



アートアクアリウムとナイトアクアリウムの一番の違いは、お酒が飲めることです。

日本酒の獺祭や、江戸や金魚にモチーフにしたカクテルなどを堪能出来ます。


Mist Diary-アクアリウム10



Mist Diary-アクアリウム12



Mist Diary-アクアリウム11
↑お酒を飲みながら鑑賞も出来ちゃう。


私も獺祭の二割三分や、カクテルの江戸錦などを飲みました。

値段は、大体\1,000~1,500くらいでしょうか。


こちらは、水槽に取り付いた三角窓から覗き込むと、万華鏡の様に見える「カレイドリウム」


Mist Diary-アクアリウム8



美しい金魚が水槽内を泳ぎまわる「エレガンスダンス」


Mist Diary-アクアリウム13



金魚と映像のコラボレーション「水中四季絵巻」


Mist Diary-アクアリウム17



Mist Diary-アクアリウム16



多面体の水槽と光が織り成す美「新江戸金魚錦」


Mist Diary-アクアリウム14



Mist Diary-アクアリウム15
↑これが一番綺麗だった。



まさに豪華絢爛の極致「大奥」


Mist Diary-アクアリウム18

それぞれの金魚を入れた小型の水槽の他、名前の付いた特殊な水槽が、様々な

ライティングで魅せてくれます。



午前1時から3時までは、人間国宝の講釈師「六代目 一龍斎貞水」一門による講談。

一龍斎貞友の一席後に満を持しての師匠登場です。


演目は、大岡政談から「村井長庵・おとせ殺し」の一席。

(村井長庵とは、大岡越前守が認めた、それはそれは極悪な偽医者です)


てっきり怪談と聞いて「真景累ヶ淵」や「四谷怪談」などの有名どころかと

思っていましたが、とても面白かったです。

(ちなみに国宝の一席は照明や音響などを駆使した「立体怪談」というものです)


Mist Diary-アクアリウム19
↑ここの席でお話をしていました。


その後、プロデューサーの木村英智氏が涼しげな浴衣姿で登場し

コレド室町のセキュリティについて恨み節を述べたところで、舞台は終了。

(深夜の開催ということで、随分と双方の意見が衝突したようです)


その後、朝の5時まで、再度展示物を鑑賞。

(もう、地べたに座り込む人や、寝転がる人が続出。耐久戦の様相です)


朝、すっかり明るくなった頃、普段では絶対に通ることの無い

バックヤードを誘導されながら、コレド室町を後にした舞人でした。



9/23(月)までの開催なので、皆さんも足を運んでみては如何ですか?


「アートアクアリウム」




※しかし、金魚に無理を強いているのも事実。

  そのような部分を割り切れる方で無いと、純粋には楽しめないかも…。


※弟子の一龍斎貞友氏は、声優としても大ベテラン。

  彼女が「忍たま乱太郎のしんべえ」や「ちびまる子ちゃんのお母さん」の声色を

  使った時が一番盛り上がっていたのは内緒です。




AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。