第49回きさらぎ賞(15日、京都11R、GIII、3歳オープン国際、別定、芝・外1800メートル、1着本賞金4000万円=出走10頭)2戦2勝で重賞初Vが期待されたキタサンガイセンは4番手の好位を追走したが、直線で自慢の末脚を発揮できず5着に敗れた。手綱を取った安藤勝己騎手は「3コーナーで少しバランスを崩したが、あまり影響はなかった。だいぶトモがしっかりして、馬はすごく良くなっている。最後にもうひと脚使ってくれればよかったけどね」と敗戦の中にも馬の成長は感じ取っていた。

 京都競馬場で観戦した北島三郎さん(72)は、「3コーナーで少しゴチャついていたね。あれがなかったら3着はあったのではないか。でも、それが競馬。次はどこを使うか分かりませんが、キャリアはまだ3戦。これから伸びていくと思うので、そこで期待しましょう」とリベンジを誓って足早に競馬場をあとにした。01年のGIIニュージーランドT(キタサンチャンネル)、GIIIファンタジーS(キタサンヒボタン)に次ぐ重賞制覇は持越しとなった。


出典:サンスポ

AD

第49回きさらぎ賞(15日、京都11R、GIII、3歳オープン国際、別定、芝・外1800メートル、1着本賞金4000万円=出走10頭)ただ1頭の関東馬で最低10番人気のエンブリオが3着に食い込んだ。ゴチャついてポジションを下げながら、直線でしぶとく伸び、ゴール寸前でベストメンバーをかわした。「陣営から“しまいは伸びる”と聞いていたので、それを信じてしっかり追いました」と、安部幸夫騎手は力を出し切って満足の表情だった。


出典:サンスポ

AD

2度目のスプリント戦で復活を遂げたい。昨年の朝日杯FSの覇者ゴスホークケンは、函館SSでは掛かり気味に前半3ハロン32秒8のハイペースで飛ばして、5着に失速。「ハミを噛んで走ってしまった。ああなるとどうしようもない」と長峰調教助手は振り返る。それでも、1200メートルでも通用するスピードは示しただけに、「この中間は、テンションを保つように調整しています。落ち着いて走って、もうひと踏ん張りしてくれれば」と長峰助手は精神面の変わり身を見込んでいる。


出典:SANSPO.COM

AD