こつこつ、しています(超雑読ブログ)

超少数派なスナッグをまといし
シネイド・オコナーの髪型にあこがれる
オトコオンナでございます。


テーマ:

ついに読み終わりました(´・ω・`;)

今回は終わるといった割にはものすごく展開が遅かったです。

ごめんなさい。



それでは、本の紹介の開始であります。

クレームはなしよ。





白夜の弔鐘/田中 芳樹
田中芳樹 「白夜の弔鐘」
¥900
Amazon.co.jp


リクエストに答えて、田中芳樹氏の作品であります。

あれ~?「アルスラーン戦記」や「銀河英雄伝説」じゃないの~

と言う声が聞こえてきそうです。

どちらも巻数が10巻超えているのでしばらく読めそうもありません。

あしからず。



【ストーリー】

パリに住む傭兵、古郷は、組織のボスオルソップの仲介である依頼を引き受けます。

そして、一方KGBの幹部マリノフはある事件により妻を惨殺されてしまいます。

その事件には謎の人物「コーリャ」の関わりがあるようですが…



私が読む作品には珍しい、組織ものであります。

古郷とマリノフとの関係は後半になって明らかになってきます。

前半は古郷と依頼主、クラリスとの駆け引き、

そして依頼を遂行するための計画が練られていきます。

しかーし…



この本、意外な展開が多いのです。

コーリャの正体も実は早いうちに明らかになってしまいますし、

古郷とクラリスに協力するシャウロ博士も、実はクラリスとの間にとんでもない秘密がありますし、

さらにシャウロ博士も…なのです。

意外な展開が多くてなかなか面白かったです。

あとは古郷が変人度100点と言う点もd(。ゝω・´)イイ!!のであります。



ただ、残念だったのがマリノフがコーリャに殺されてしまうこと。

マリノフにはサーシャがいるのに…

それだけが心残りであります。

せめてハッピーエンドにして欲しかったな。

でも、組織の人だからそういう運命なのかもしれません。



さて、次も非ハヤカワ文庫です。

この本は映画化されているので有名です。

コメント(6)  |  リブログ(0)

miyanさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。