こつこつ、しています(超雑読ブログ)

超少数派なスナッグをまといし
シネイド・オコナーの髪型にあこがれる
オトコオンナでございます。

いつもみてくれて、ありがとうすまいる



このブログは無造作に本を紹介しています。

日常も絡むのでどんな本を紹介しているのか

知りたい方は読書メーター


左サイドバーの「ブログ内検索」をご利用ください。

お手数をおかけいたします。

(漠然と調べたいのならば右サイドバーで!)


…リクエストも可能な限り受け付けています。

新刊や過激な小説でない限りは

できるだけ読みます。


注:宣伝系コメントお断り

(訪れませんし、削除が確定します)


それとこのブログには

身体改造ドクロが含まれます。


中の人は、何を間違えたか

キングオブ軟骨のインダストリアル

一番痛くて(私は痛くなかった)、安定困難(これは同意)な

スナッグをまとっております。


特にスナッグは本当に腫れるのと

私は該当しませんでしたが

人によっては激痛らしいので

あける際は覚悟の上で。


blogram投票ボタン ←ポチっとしてやるとテンションが上がります(笑)


ぇ?コソーリブログを読みたいですと。

ならばこちらからどうぞ。

  

RSS

テーマ:

雪は解けたものの、ところどころ危ない危ない。

すっころびはしなかったけれども

大病院の前は悲惨そのもの。

病院前で二次災害だなんて笑えないわよ。

 

 

 

 

及川卓也「挑まなければ、得られない」 挑まなければ、得られない

及川 卓也 インプレス 2012-05-18
売り上げランキング : 30558
by ヨメレバ

 

 

【感想】

彼は3.11に見舞われて、

その情報の無力さを痛感したそうです。

ツイッターでハッシュタグをつけても、

決してそれは助けを求める人や

情報を求める人の元へは届かないわけで。

 

 

SNSの弱さでもありますね。

この時は#sendaiというものを用いたのですが

これでは確かに、情報を用いる

ハッシュタグとしては弱すぎるわけで。

(だからと言って明確にしても変わりがあったかどうか)

 

 

どうやらこの3.11の後にも

災害情報としてのSNS利用ということで

ネットの力を用いたようですが

中にはうまくいかなかったものもあったようです。

 

 

確かに、SNSはこの本中でも指摘されている通りで

今騒がれている某SNS騒動のように

悪く使われてしまえばノイズが多量に乗り

どうにもならなくなります。

(もっともその某SNSもノイズが乗りすぎて

最近は辟易していて利用しているものの、

感情はあまり絡ませない利用にとどまります)

 

 

だけれども、バッテリーがありさえすれば

大切な発信手段になりえます。

状況を動画で配信したり、

どこそこはどうなっているかをリアルで発信できる。

 

 

でも悪いことは上記のノイズですね。

現実にウソ情報をこさえた逮捕者が出たでしょ?

3.11の時だって、うちの身内のところまで

津波が来たっていうウソ情報が流れ

それがこともあろうかラジオで流れてしまったわけ。

だからデマは恐ろしいよ?

 

 

彼らは現地に実際に入り、

時にはその手法により批判も受けつつも

そこを利便化できるんでね?と思ったところは

利便化するように試みたわけです。

 

 

確かに物資の支援と違って、

腹は満たせないですし、金銭授受もない。

ですが、効率化できるということは

目の前にある多くのタスクをよりよく処理できること。

 

 

特に支援が欲しい人にとっての

事務処理の効率化って

とっても大事だと思うんですよね。

どうしても物資支援に目が行きがちだけど

効率化というのは復興を支援する際には大事。

 

 

他には、目に見えない恐怖の放射能を

可視化するためのシステムを提供したりと

本当に被災地に大事なものを

技術面という見えづらいながらも

大事な視点で支えていただきました。

ありがとうございました。

 

 

もう一つ、大事なこととしては

書籍、しいては電子書籍に関して。

これは変わりゆくことであると思います。

 

 

以前自炊業者が

騒動になった時代がありました。

いつの間にか収束してしまいましたが

個人の範疇の場合には

これはどうにもしようがないと思います。

 

 

作家さんたちはおそらく

これがP2P・ファイルストレージに出ることを

恐れたのではないでしょうか。

ええ、残念ながらあります。

現実にあります。

今でも、確実にあります。

 

 

だけれども、それ抜きに

正当に買った人で

それを利用しない人まで咎めるのは

お門違いでしょうね。

 

 

それに、書籍はスペースを食うのですよ。

だから、データにしたりするんですよ。

その方が、スペースを取りませんし。

世の中皆さんがそれ用にスペースを買えるほど

豊かではないですしね。

 

 

恐らく電子書籍は

ある方面の点もあり、

これからも勢力を伸ばしていくでしょう。

それを「否」と言い続けるのは

もう難しい時に来ているのではないでしょうか。

もしくは書籍の細分データ化を

批判する時代は。

 

 

人は、変わらなければいけないし、

いろいろ立ち向かわなければならない。

私もその世界の人だから

なんか耳が痛いかも。

 

 

 

 ←いつも応援ありがとうございます<(_ _)>

            よろしければポチっとお願いします。

 

 

本の詳細に戻る

 

 

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。