豆の話2

テーマ:
ここ数日は春のお天気が続きます。みなさんのところはいかがですか?

農道を歩くと、





土筆が顔を出しています。

さて、スナップえんどうは、

一気に背丈が伸びて、ネットを頼りに上へ上へと着々と成長中です。





この時期、放任している方が多いようですが、みやもと農園では、腋芽を取り除いています。

写真では分かりにくいでしょうか?


こちらは処理後の写真です。

わざと、主の枝を倒すことで、根元から立ち上がる腋芽を捌き安くしています。

さらに、作の終盤に丈が高くなりすぎて、実が劣化するのを防いでいます。



厳しい冬

テーマ:



雪が積もり始めて1週間、そこここに雪は塊になって、


白菜の畑もようやく緑が見えて来ました!
2月半ば、全国的な白菜の端境期狙いの作型は、温度が足りずに敗色濃厚です。

ハウス内も気温が低く、無傷とは言えません。

寒波は全国的、来週も寒さが続く予報です。

出荷すれば高値、だけど2~3週間先さえ露地栽培は見え辛い。

寒さが緩む3月半ばには、びっしりするほど値が下がることだけはわかっています。それまでの工夫が腕の見せどころですね♪ 

豆の話

テーマ:




何度かブログに書いていますが、今年もスナップえんどうの苗を植えました。

豆を育てた方なら、必ず浮かぶ疑問点、


今頃植えて大丈夫?いつ頃収穫出来るの?

当地の本来の露地栽培では、11月上旬直蒔き5月中下旬からの収穫が一般的です。

人より先に収穫しようとはや蒔きすると、秋のうちに大きくなりすぎて、雪害や低温障害で溶けてしまうことも、

さて、ハウス栽培のみやもと農園は、


苗は本葉3~4枚。10㎝くらい。極普通です。

ポットに3粒蒔き、株間は27~30㎝、特別はどこにもありません。

ただ、今年はハウスに3畝を2畝にしました。ハウスは3a 弱、630ポットに1890苗、収穫は800kg を目指します。


続きはまた、