「菌」というと悪いイメージがありますが、




実は身体を守ってくれています。




皮膚上では皮膚常在菌が、腸内では腸内細菌が、

それぞれ感染を防いでくれています。




この常在菌ですが、その数はなんと人間の細胞の数よりも多いのです。




人間の細胞は約60兆個ありますが、




常在菌は腸内細菌だけでも120兆個。




これらが集落を形成して、感染から守ってくれているのです。




そしてこの集落は、




もちろん、「善玉菌」と呼ばれるものや、




身体に良いとされる菌が勢力を持ったものであることが望ましいのですが、




いわゆる「悪玉菌」と呼ばれるものや、




感染症を引き起こす「大腸菌」




なども含まれています。




というのも、これらの菌も、




場合によっては感染症から身体を守ってくれる一方、




「善玉菌」と呼ばれるものや、




身体によいとされる菌が逆に身体に害を及ぼすこともあるからです。




つまり、




同じ菌であっても、




その時その時によって、




身体にとって良い場合も悪い場合もあるのです。







そもそも常在菌はその名の通り、どこかしこにも存在しています。






ですから、いくら「汚い!!」と言って除菌してところで、




また身体に付着しますので、防ぎようがありません。




むしろ、除菌すればするほど、感染症を引き起す可能性が高くなります。




と言うのも、

除菌をすると、すべての菌を排除してしまうため、

その後形成される集落が身体にとって有害な集落になってしまうリスクが高まるのです。




それは抗生物質を服用した後の腸内も同じです







人間は生まれた瞬間から、




お母さんの常在菌をもらい、




それから何人もの人達に抱っこされ触れ合ううちに、

その相手が持っている常在菌をもらうことになります。




それが皮膚で増殖すれば皮膚常在菌に、




胃腸に入って増殖すれば腸内細菌となります。




このように考えてくると、




もちろん清潔であることは必要ですが、




除菌するよりもむしろ、




きちんとした望ましい形での集落を形成するほうがいいのです。




そのためには、皮膚においては、石鹸はなるべく使わないこと。




ホコリにまみれたり、ドロまみれになっての汚れなどは別として、




そのような状況に置かれた場合以外は、皮膚の汚れはお湯だけで十分に落ちます。




石鹸で洗ってしまうと、皮膚常在菌とともに、

その栄養となる皮脂が洗い流されてしまうからです。




尚、そもそも石鹸は固まるものであり、固まらない液体のもの、

いわゆるボディーソープは、固まらないように化学物質が大量に含まれており、

これが皮膚に蓄積しますから、注意が必要です。




また腸内細菌については、




食べ物で形成できます。




消化の悪いものや発酵食品は、それが善玉菌などの栄養になります。




肉類など消化の良いものは、悪玉菌などの栄養になります。




尚、発酵食品と言ってもヨーグルトについては、

集落が望ましいい姿で形成されているならむしろ下痢を引き起こして、

集落を崩壊してしまう可能性がありますので、注意が必要です。




乳製品を摂取しても下痢をしない場合には、腸内細菌はいわゆる悪玉菌が多い状態ですので、一つの指標にはなると思います。




ただしこれらのことも、血液循環も良く、内臓がきちんと機能している状態でないと望めません。




そのためにも、やはり立腰(タテゴシ)体操と立腰ウォークで、

その土台となる身体を作っておくことが重要です。




詳しいことは当院にお尋ねください。

 

 

http://miyamoto.bwmindeyo.com/

AD

腰痛その他の症状に股関節が大きく関与していることが、

施術をしていて最近多いように感じます。

 

洋式トイレやベッドでの生活など、

 

股関節を深く曲げることが少なくなったことや、

 

それに伴って股関節を使って動作することが少なくなったことにも原因がありますが、

 

股関節の形成不全が原因ではないかと疑われることが多くあります

 

そもそも人間の細胞は、新陳代謝によって常に入れ替わっていますが、

 

受けた刺激によって、それに応じた形で組織が形成されていきます

 

それは骨であっても同様です。

 

ですから、骨が変形するのもこれによりますから、

 

股関節を使う動作が少なくなれば当然、

 

股関節もそれに応じた形で変形したり、大腿骨を受ける骨盤側の臼の部分が浅くなったりすることもあるでしょう。

 

しかし実際は、そもそも成長過程において、

きちんと形成されていないのではないかと思うようなケースが多いように感じます。

 

股関節は、手足のように、

 

生まれた時の形がそのまま維持されて大きくなるのではなく、

 

成長の課程で、特にハイハイの時期に本来の形が出来上がっていきます。

 

生まれた時には、骨盤側の臼は浅く、ハイハイによって後ろの部分が出来上がって、本来の深い臼状の形になるのです。

 

しかし、一つ一つの部屋が狭くなっている最近の住宅事情からすると、

 

ハイハイの時期をろくに経験しないまま、

 

すぐにつかまり立ちから二足歩行へと移行することが多いのが現状です。

 

その後の時期に、よく動き回って遊んだりしていればこれをカバーできますが、

 

そうでない場合には、そのまま形成不全になっていることがあります。

 

また、年代によっては、

 

親御さんの都合で歩行器に座らせていたこともあって、

 

形成不全になっていることも多く見られます。

 

ですから、現在お子さんがいらっしゃる親御さんにあっては、

 

十分ハイハイをしていないのに、すぐにつかまり立ちや歩き出すのを喜ぶのではなく、

 

ハイハイも身体、特に股関節を形成するのに大事な時期と捉えて、

 

じっくり見守るのが良いでしょう。

 

もし既にその時期を過ぎてしまっているのなら、

 

外で沢山遊ばせるのが良いでしょう。

 

大人になっても形成不全が残っているなら、

 

股関節を再度形成し直す気持ちで、

 

よくハイハイと歩くことをするのが良いでしょう。

 

その際には、股関節その他身体が正しく使えていること、

そして重心が整っている状態で行う必要があります。

 

そのためには、立腰(タテゴシ)体操をしっかり行った上で、

ハイハイや立腰ウォークをするのが望ましいでしょう。

 

詳しくは当院にお尋ねください。
 

 

宮本ケアセンター

http://miyamoto.bwmindeyo.com/

 

AD