========================================================
■今日のテーマ
失敗を恐れ続けた掃除屋が発見した『低コスト』の清掃方法
========================================================



【ついにiTunesで配信開始!】★無料で学べるお掃除ビジネス成功通信--------

【3/21更新】▼お掃除ビジネスをもっと楽しくするラジオ!【CBポッドキャスト】
http://itunes.apple.com/jp/podcast/zhou-kan-o-sao-chubijinesu/id409673056
--------------------------------------------------------------------



いつもお読み頂きありがとうございます!
ダントツ掃除屋プロジェクト・宮本です。


実は先日から、facebookgoogle+
同時に開始いたしました。


とは言っても、まだほとんど手付かずの状態で、
今現在、何をどうすれば???という感じです(笑)


ちょうど、メルマガやブログが登場した時も
同じような『迷走の境地』だったのを思い出しました。


これからいろんな使い方、仕事に役立つ使い方も
使っているうちに徐々に分ってくるのでしょうが、
もうしばらくは修行が必要そうです(笑)


面白い使い方をご存知の方がいらっしゃいましたら、
ぜひ私にもご教示下さい。お礼は成功事例を山盛りで・・・。


http://gplus.to/miyamotoryo 【google+】
http://www.facebook.com/dsp.miyamoto 【facebook】
(これから成功事例も公開して行きますので、良かったら遊びに来てください)




【■失敗を恐れ続けた掃除屋が発見した『低コスト』の清掃方法】


あなたは失敗することが怖いですか?
例えば、期待をこめてダイレクトメールを配布したのに、
誰一人として反応してくれなかった。
そのような状況に直面したら、あなたはどんな気分になるでしょう?


おそらく、自分自身を否定されたようで、
抱いていた淡い希望と自信を、根元からへし折られる、
そのような気分になるのではないでしょうか?


多くの人はこのような『期待が外れた状態』を
失敗と認識しています。


確かに、期待した結果が得られなければ
誰だって気持ちは落ち込みますし、自信も喪失します。
私たちは、子供のころから期待にそぐわない状態の事を『失敗』と教えられてきました。
ですので、そのように判断しても仕方のないことです。


ところが、経営者という仕事から見た場合、
『期待が外れた』という状態は、決して『失敗』ではありません。


なぜならば、経営者の仕事の9割以上は、
『期待はずれの修正』で成り立っているからです。


例えば、あなたの会社で新しいお掃除サービスを開発したとします。
今まで市場に存在しかなった画期的なお掃除サービス。
弊社の事例で言えば『ローコストメンテナンス』がそれになたるでしょう。


ところが、このような真新しいサービスにはある特徴があります。
それは、『無駄な構成要素が多い』というものです。


頭の中で生まれたアイディアを実社会に形作るとき、
そこには必ず『思い込み』という素材が含まれています。


この『思い込み』という素材がアイディアの中に含まれている為に
新しいアイディアの中には『無駄』が多く、その無駄が抵抗となって
思ったような結果が出せないという状況が多々生まれるのです。


今では、30社ほどの会員さんが顧客開拓のキラーブランドとして活用している
ローコストメンテナンス法も、アイディアとして生み出された当初は、
まったく反応のない『見込みのないお掃除サービス』でした。


新しいアイディアを思いついた、そしてそれを売り出してみた。
ところが思ったような反応が生まれない。
普通、そのような状況に陥れば、誰でも生み出したアイディア自体に
問題があると考えがちになります。


そして、多くの人はこれを『失敗』と呼びます。


実は、ここでそのアイディアに『失敗』と名づけることに大きな問題があります。
その問題とは、『失敗と名づけた時点でアイディアの歩みは止まる』ということです。


先にお話したように、生まれたてのアイディアには『思い込み』という
無駄が多くあるものです。その無駄の為に思ったような結果が出ない。


ローコストメンテナンス法で言えば、原価コストを抑えるために
ケミカルの発注ルートや作業の能率化にばかり意識が向いてしまい、
ローコストのコアとなる『顧客の清掃費用の負担軽減』というコンセプトが
埋没してしまっていました。


結論をお話すれば、アイディアに含まれる『思い込み』という不純物を取り除く仕事が、
質量を持たない『アイディア』という思考を実用可能な商品にします。
そして、その不純物を取り除く方法こそ、
『世の中に送り出し正解を探る』という行動にあるのです。



経営者であれば、誰もが正解を欲します。
正解を手に入れることこそが経営者の目的とも言えるでしょう。


ローコストメンテナンス法を生み出した当初、
私もこの新しい清掃方法で『売り上げ増』という正解をつかもうと
必死にもがいていました。


ところが、その清掃法を世に送り出して気づいたのは、この真新しい商品は
掃除屋のための清掃法ではなく、顧客の負担を軽くするためのお掃除商品。
清掃業界初のコンセプトをもった清掃法だという事でした。


このヒントを得て、私たちは商品の切り口を大きく変更しました。
そして、その切り口の変更に『正解』があったのです。


実は、このような『正解』の多くは、
世に言われる『失敗』と『失敗』の間に存在します。



その昔(とはいっても10年ほど前)、ビデオデッキには
『トラッキング』という機能が必ず装備されていました。


トラッキングというダイアルを調整して
ビデオテープごとに異なるノイズを取り除く機能です。


丁度、成功を探す方法も、このノイズを取り除くトラッキング調整に似ています。


新しいアイディアを世に送り出し無反応という状況が生まれる。
次に、そのアイディアに真反対の要素を取り込んで結果の変化を見る。
もし、そこで変化が生まれたら、1回目のテストと2回目のテストの
中間要素を入れたアイディアを、もう一度世の中に投げかけてみる。


つまり、アイディアを成功へと導くためには、その両極端を実施し、
両極端の幅を狭めていくことで、自ずと正解にたどり着くという
『成功へのトラッキング調整』が不可欠なのです。


そして、これが経営者の仕事。
世に新しい価値を生み出す人の仕事術だといえます。


顧客の清掃費用の負担を軽減するためには、清掃を施す清掃業者の
負担を同時に軽減しなければならない。真のローコストを実現するためには、
顧客と業者ともの負担を軽減しなければならないというコンセプトが、
初期のころのローコスト清掃法には大きく欠落していたのです。


しかし、世に送りだし無反応という状況にアイディアを晒すことで、
見えていなかった本当の商品の強みにたどり着いたのです。
そしてその時、まるで部屋の隅に日が差すように
アイディアの一点に光が差し込みました。


ローコストメンテナンスのオプションの一部として用意していた
バーニッシャを使った超ローコストメンテナンス法。
その清掃法には、顧客の負担だけではなく施工する業者の負担をも
同時に軽減し、しかも手元に残る利益は、通常の定期清掃と
ほぼ変わらないという、市場が求めた『正解』に合致していたのです。


そう、アイディアのトラッキングが、ぴたりと噛み合った瞬間でした。


新しいアイディアに練りこまれている不純物を取り除くには、
世の中に放り込んで、期待した結果とのズレを生み出すものを
炙り出すしか方法がありません。


そして、その両極端を試し自ずと残ったものの中に、
経営者であれば誰もが望んで止まない『正解』があるのです。


今では、多くの清掃業者の顧客開拓のキラーブランドとして、
ローコストメンテナンス法が活躍しています。


生まれたときには、『成長の脈なし』と思われていたサービスが、
数多くの窮地に陥った清掃業者を蘇らせてきたのです。


経営者の仕事は、失敗を目印に正解を導き出す『神経衰弱』に似ています。
失敗を恐れる経営者は、間違いをすることを恐れ『パス』をして
みすみすライバルにカードをめくるチャンスを与えているようなものです。


確かに、あなたが望むようにカードを合わせることは出来ないことでしょう。
しかし、それを恐れてカードをめくるチャンスを放棄しては、何の進展も
起こりません。そして、ライバルが失敗を重ねながら、しかし確実に正解を
導き出す様を横目で見るしかなくなってしまいます。


カードをめくりながら正解のトラッキングを調整していく。
正解は失敗と失敗の間にあります。
あなたの今日の失敗は、正解を導き出すための『柵』のようなもの。
その柵で両極端を多い尽くせば、自ずと正解はあなたの手中に落ちたも同然です。
あとは、トラッキング調整を繰り返せば確実にあなたに正解はやってきます。
そう、確実にです。


恐れずに前へ前へ。
その一歩が必ずあなたを正解へと導くはずです。


今日の失敗を成功の目印に。
あなたの『失敗』が成功の糧になるように。
あなたの『正解』に一日でも早くたどり着くように。

  

                               ダントツ掃除屋プロジェクト・宮本



■<google+ページ> http://gplus.to/miyamotoryo 【google+】
■<facebook> http://www.facebook.com/dsp.miyamoto 【facebook】
(『フィード購読』をクリックして頂いた方には掃除屋のSNSマーケティングCDをプレゼント!)



【4月15日まで無料放送中!】-------------------------------------------------------

▼『第31回ニュースレター会員様限定オンラインセミナー』・・・今回のお題は↓

・リピーターを作りだすためのお礼状三段活用法
・お掃除終了証でカフェの定期清掃を獲得する方法・他

今すぐ『ダントツ掃除屋USTREAMチャンネルへGO!(入場パスワードは会員資料に記載しております)』

※あなたもニュースレター会員になってセミナーに参加されませんか? → http://goo.gl/XZLjH
------------------------------------------------------------------------------




AD

コメント(5)