■■お掃除ビジネス★成功通信 2017/11/18号■■
=================================================
【今日のテーマ】:お金を稼ぐ前に清掃起業家が絶対にやっておくべきこと
=================================================


いつもお読みいただきありがとうございます!
ダントツ掃除屋プロジェクト・宮本です。


起業家の多くは、『お金を稼ぐ』ことを日夜考えている生き物ですが、
実は、お金をたくさん稼ぐ前に、やっておかなければならないことがあります。
それは『お金が残る体質』に体質改善しておくということです。


この体質改善を行わずに、売り上げだけを拡大させてしまうと、
より複雑になった「金欠問題」で苦境に立たされるという
とてもマズイ事態に陥ってしまいます。


例えば、お客様からお代を集金したその足で
買い物に直行してしまう。または、気分良く外食に行ってしまう。
『稼ぐ』と『使う』が直結している起業家は、
今すぐその体質を改善しておかなければなりません。


お金をうまく扱えないという問題は、
お金を沢山稼ぐことでは克服できません。
お金を稼ぐということは、あくまで流れ込んでくるお金の量を増やすだけで、
そのお金は意図して保存しないと、そのまま右から左に、
入ってきたのと同じ勢いで目の前を通り過ぎるだけだからです。


稼いでも稼いでも会社が成長しない掃除屋が少なくないのは、
稼ぐ量が増えれば金持ちになれるという幻想を抱いているからなのです。


稼ぐのと同時に、お金が流れ出さない体質に自らを改造しなければ、
お金の問題は、稼ぐほどに、規模を拡大するごとに、業歴が長くなるごとに、
より複雑になりながら進行するということを忘れないでください。


では具体的に、体質を変えるために何をすれば良いのでしょうか?
それはズバリ『お金を貯めること』です。


お金の額はどうでも良いのです。
それよりも、お金を貯めるという行動で、
お金を使いたいという衝動を消すのです。


お金がない人ほど、お金を使いたい衝動は強くなります。
だから、お金のない人ほど、使いもしないものを買い、
見栄のために大きな借金を背負い、
ローンの額をどんどん増やしてしまうのです。


なぜお金が無い人ほど、お金を使いたくなるのか?
それは、お金の無さで被っている不満感を発散するためです。
常にお金のない現実に直面しているので、
お金を使って『気分を高揚させる』ことばかりを
無意識のうちに考えてしまうのです。


これが無駄使いの正体であり、
会社を成長させるための『タネ銭』がないという
問題の原因なのです。


これは、本能からくる欲求なので、とても強い衝動をもっています。
そのため、無駄使いを直そう、お金を節約しようとしても、
目の前にお金を使って気分を高揚させるチャンスがやってくると、
その気持ちはすぐに吹っ飛んで、またお金のない現実を手繰り寄せてしまうのです。


これを克服するには、先にお話した『お金を貯める』ことが唯一の治療法です。
お金を貯めることで、それがどんなに少額であっても、
それを減らしたくないという欲求が生まれます。
そして、その額が多くなるほどに、守りたい欲求が強くなり、
ある時点を境に、使いたい欲求に味方していた本能が、
いつの間にか、貯めたお金を守りたいという気持ちの味方になってくれるのです。


お金を稼げるようになってから貯蓄をはじめる。
そう考えている人が多いと思いますが、
それではいつまでも、お金を使いたい欲求から抜け出すことはできません。
大切なことは、今この瞬間から、意図的に貯蓄を始めて
守るべきお金の砦を築くことです。


起業家にとって、貯蓄は最高の精神安定剤になります。
どんな嵐が襲ってきても、軍資金とマーケティング力があれば
そこから必ず復活することができるという安心感があるからです。


浪費グセを克服したい。
いつもお金がなくてチャンスを逃している。
会社を成長させるためのタネ銭がいつも足りない。
そんな悩みがあるのであれば、今すぐお金の砦を作ることです。
最初は吹けば飛ぶような『掘っ建て小屋』かも知れません。
もしかしたら、干し草を積んだだけの穴倉かもしれません。
しかし、そこからはじめるのです。
守るべき場所をつくることが何よりも大切で、
守る場所が、お金を失うプログラムからあなたを解放してくれます。


お金を貯め始めましょう。
そして、それを守りたくなるまで成長させるのです。
そうすれば、すぐにあなたは浪費グセから解放されることでしょう。
そして、そのお金のバックボーンが、さらなる挑戦に
あなたを駆り立ててくれるはずです。


お金がなくても、赤字でも、そんな時ほど
爪に火を灯し、食費を削り、無駄を排してお金を貯めるのです。
それが最初の一歩となって、あなたをお金持ちの体質に生まれ変わらせてくれます。


この体質改善を、お金のないうちから取り組んでおけば、
マーケティングの実力があがるとともに、
お金に関する問題は、どんどん小さくなっていくことでしょう。
マーケティングの結果を生かすも潰すもお金を扱う知恵次第。
ぜひ今日から、さらなる貯蓄にとりくまれてみてください。


あなたならきっとやり遂げられます。
頑張ってくださいね!





-ダントツ掃除屋プロジェクト・宮本






□■編集後記■□


今月の2日、ついに私も40代の仲間入りをしました。
40歳という数字、思っていたよりも衝撃が大きい(笑)


子供のころ、40歳の男性といえば
間違いなく『おじさん』。
しかも、結構なレベルでの『おじさん』
そして今、自分がその年齢に到達している・・・。


孔子曰く『四十にして惑わず』
そんな不惑の入り口にありながら、小物の私は
そのイメージとのギャップに思い切り惑わされております(笑)
いや~、それにしても40歳という言葉は、想像以上に重い。
いまだに実感無く、40歳の人生を彷徨っている今日このごろです。


いや、こんなことではいかん。
一刻も早く40歳の渋い男のオーラを手に入れなければ・・・


・・・


・・・


でも悲しいかな、私の風貌とキャラでは
40代の渋い男のオーラを醸し出すなんて
到底無理のような気がする・・・(涙)





★【只今、書籍を無料プレゼント中!】--------------------------------------------

▼売り込まずに定期清掃の契約を獲得する方法(シービー出版 A5版 134頁 第10版増刷中)
http://soujiya.sakura.ne.jp/<wbr>teikikakutoku.pdf
---------------------------------------------------------------------------------

 

AD

 

【テーマ】:『掃除屋のための最新のFAX活用法』



今回のポッドキャストは、会員さんからお寄せ頂いた
『掃除屋にとってFAXの機械と回線は必要ですか?』
というご相談をもとにお送りいたします。




■メールがあるからFAXは不要?


あなたの会社にFAXはありますか?
または、FAXの専用回線を引かれているでしょうか?


インターネットの登場で様々に発展した通信手段。
その陰に隠れて、FAXという通信手段は
無用の長物になったと思われている方も少なくないようです。


ところが、儲かっている掃除屋ほど
FAXを徹底活用しているということをご存知でしょうか?
また、FAXによる販促活動の反応率が、
ここ5年間で約2倍ほど高まっていることをご存知でしょうか?


インターネットの陰に隠れて
見過ごされてしまった前世代の通信機器。
しかし、インターネット時代に合わせた最適な活用方法を
知っている人だけが、FAXから現金をコッソリ引き出しているのです。


何を隠そう、私自身もその一人。
FAXが無ければ、私の会社の売上は20%ほど
簡単に失われてしまうでしょう。


その意味からお話すれば、FAXが無いなんて現金を溝に
捨てているのと同じ行動。今すぐ回線を引くべきです。


では、どう活用すればFAXから現金を引き出せるのでしょうか?
掃除屋に最適なFAXの活用方法とは?


今回のポッドキャストでは、インターネット時代に合わせた
最新のFAX活用法をご紹介します。

 

 

 


■今週の放送はこちら・・・ http://soujiya.sakura.ne.jp/pod20171111.mp3

■バックナンバーはこちら・・・ http://ameblo.jp/miyamoto-ryo/theme-10009716907.html

■140文字で学べる『掃除屋成功の掟』・・・ https://twitter.com/miyamotoryo




★【只今、書籍を無料プレゼント中!】--------------------------------------------

▼売り込まずに定期清掃の契約を獲得する方法(シービー出版 A5版 134頁 第8版増刷中)
http://soujiya.sakura.ne.jp/teikikakutoku.pdf
----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

AD

 


【テーマ】:『はじめての人と会うストレスを最小限にする方法』



今回のポッドキャストは、会員さんからお寄せ頂いた
『はじめての人と緊張せずにお会いする秘訣を教えてください』
というご相談をもとにお送りいたします。




■人と会うほどチャンスに恵まれる



清掃起業家の重要な仕事の一つに
『人と会う』というものがあります。


清掃を発注してくれるお客との出会いだったり、
一緒に働いてくれるスタッフとの出会いだったり、
仕事を請け負ってくれる協力業者との出会いだったり、
『人と会う』という行為無しには
会社を運営・発展させていくことはできません。


ところが、程度の差こそあれ
『人と会う』という行為には、多少の恐怖心や
緊張感が伴うものです。
とくに、初めて会う方や、初めて会う見込み客に対しては
誰でも大きなプレッシャーを感じることでしょう。


そして、このストレスがあるばかりに、
せっかく素晴らしい才能を持っていても、
人に会うことを避けてしまい、
その才能やチャンスを開花させられない清掃起業家が
本当に数多くいらっしゃいます。


優秀な清掃起業家ほど、人に会うことを苦手としていることが
多いものです。そして、それで多くのチャンスを逃しています。
人と会うことは、そのまま『チャンスを増やす行動』となります。
どれだけ多くの人と出会い、どれだけの人に存在を知ってもらえるか、
それは業績に直結してくるのです。


では、『人に会う』というストレスを軽減する方法はないのでしょうか?
実は、とても簡単な方法で、そのストレスを軽減することができます。


今回のポッドキャストでは、人と会うストレスを
大幅に軽減してくれる事前の準備法をご紹介します。

 

 



■今週の放送はこちら・・・ http://soujiya.sakura.ne.jp/pod20171104.mp3

■バックナンバーはこちら・・・ http://ameblo.jp/miyamoto-ryo/theme-10009716907.html

■140文字で学べる『掃除屋成功の掟』・・・ https://twitter.com/miyamotoryo




★【只今、書籍を無料プレゼント中!】--------------------------------------------

▼売り込まずに定期清掃の契約を獲得する方法(シービー出版 A5版 134頁 第8版増刷中)
http://soujiya.sakura.ne.jp/teikikakutoku.pdf
----------------------------------------------------------------------------


 

 

AD

 

【テーマ】:『チラシやDMの作成が進まないときの対処法』



今回のポッドキャストは、会員さんからお寄せ頂いた
『営業で使う資料の作成が遅々として進みません』
というお悩みをもとにお送りいたします。




■原因は資料不足


営業や顧客開拓をするとき、
私たちの強い味方になってくれるのが
販促資料と呼ばれるチラシやDM、パンフレットです。


経験不足で緊張し、
お客の前で言葉足らずになってしまったとしても、
しっかりと作りこまれたチラシやDM、
パンフレットがあれば、足りない言葉を補ってくれる
とてもありがたい存在です。


しかし、一口に『資料作り』といっても
その作成の手順を知らなければ
簡単に完成するものではありません。


パソコンと格闘し、時間をかけて作ったとしても、
理想とは程遠い、悲しくなるほどの素人デザイン。
気力を振り絞って再挑戦するものの、
今度は一向にキーボードを叩く手が進まない。


どんなに良い企画やアイディアが浮かんでも、
それを資料という形にすることができず、
営業や顧客開拓そのものが頓挫している方も
けっして少なくないはずです。


実は、資料作りにはコツがあります。
プロのコピーライターや資料のデザイナーには、
秘密にしている『秘伝の作成方法』があるのです。


その秘密とは『資料集め』
実は、次々に資料をつくり上げるプロたちは、
事前の資料集めに、作成にかかる時間の
9割以上を使っているのです。


そして、資料集めを事前に行なうからこそ、
短時間で資料を作成し、次々に顧客を開拓するアイディアを
実践することができるのです。


では具体的に、どうやって資料集めをするのか?
集めた資料を、どうやってチラシやDMに形作っていくのか?


今回のポッドキャストでは、プロのコピーライターが実践する
資料集めの方法から、資料作成の手順をご紹介します。

 

 

■今週の放送はこちら・・・ http://soujiya.sakura.ne.jp/pod20171028.mp3

■バックナンバーはこちら・・・ http://ameblo.jp/miyamoto-ryo/theme-10009716907.html

■140文字で学べる『掃除屋成功の掟』・・・ https://twitter.com/miyamotoryo




★【只今、書籍を無料プレゼント中!】--------------------------------------------

▼売り込まずに定期清掃の契約を獲得する方法(シービー出版 A5版 134頁 第8版増刷中)
http://soujiya.sakura.ne.jp/teikikakutoku.pdf
----------------------------------------------------------------------------
 

 

 


------------------------------------------------------------
【残席1】11月21日(火)紹介営業マスターセミナーin広島
------------------------------------------------------------
最新の紹介営業をマスターして
毎月5件の定期清掃を自動操縦で
開拓する方法を学びたい方はこちら↓

(お申込みフォーム)http://bit.ly/dsp2018f

(ご案内)http://soujiseminr.web.fc2.com/nagoya.pdf
(音声案内)http://bit.ly/dsp2018
(実践者の推薦)http://soujiseminr.web.fc2.com/takahasi.pdf
------------------------------------------------------------



■■お掃除ビジネス★成功通信 2017/10/19号■■
=================================================
【今日のテーマ】:あなたの会社を年商一億円にする方法
=================================================


いつもお読みいただきありがとうございます!
ダントツ掃除屋プロジェクト・宮本です。


清掃起業家であれば、誰でも漠然と「年商一億」
という数字を夢に描くものです。


そして、実際に会社を経営してみて、
年商一億なんて絶対に到達できないと
現実の厳しさを味わうことになります。


しかし、やり方さえ知っていれば
あなたの会社も年商一億に到達できると言ったら
信じてもらえるでしょうか?


実は、年商一億に到達するのは
それほど難しいことではありません。


多くの清掃起業家が、年商一億円に到達できない理由。
それは、どうすれば年商一億に到達できるのか?
その具体的な方法を知らないだけなのです。


具体的な方法を知らないからこそ、
何をやれば良いのかが分からないだけ。
けっして才能がないとか、チャンスがなかったわけではなく、
方法を知らなかっただけなのです。


では、年商一億円を達成するために必要な行動とは
何なのでしょうか?


それは、毎月5件の定期清掃を積み上げていくだけです。
そして、それを約20年続けることができれば、
どんな人でも、会社を年商一億円規模まで
成長させることができるのです。


あなたの周りにもいませんか?
「そんなにパッとしない社長なのに・・・」
と感じる掃除屋なのに、会社は結構儲かっている。


実は、そのトリックはとても単純です。
定期収入の発生する定期清掃、もしくは日常清掃を
毎月少しずつ積み上げていっただけなのです。


にわかに信じられない人のために
数字を使ってお話します。


毎月5件の定期清掃を20年間積み上げると
約1200件の物件数になります。


そして、小規模定期清掃の平均施工回数は年に4回。
つまり、年平均4800回の施工回数となります。
それに小規模定期清掃の平均価格20,000円をかけると
合計9800万円、おおよそ一億円の売上となるのです。


もちろん、この計算には失注率を加味していませんし、
単純に一番小さな顧客層だけをターゲットにした場合の数値ですので、
数値の正確性という点では参考にしかならないかもしれません。


しかし、ここで重要なのは、この数値の正確性ではなく、
ほとんどの清掃起業家が、地道な顧客開拓さえやっていれば
たった20年で驚くような結果を残すことが誰にでもできるということ。
そうであるにも関わらず、ほとんどの起業家は、その理想値の
10分の1の結果すら手にすることができていません。


チャンスは十二分にあり、やることはとても単純なのに
それを手にしている人がほとんどいないという現実に
気付いていただきたいのです。


「でも、5件の定期を取っていくこと自体が難しいんだよ」
と思われたかもしれません。


しかし、それは間違いです。
毎月5件の定期を獲得するために唯一必要なのは
既存客から「ご紹介」をもらうスキルだけで十分なのです。


自分ひとりの力で定期を開拓しようと思えば、
それは一筋縄ではいきません。


見知らぬ相手に契約を促す技術をマスターする必要がありますし、
忙しい現場作業の合間を縫って営業時間を確保しなければならないという
マネジメントの問題も発生してきます。お客が増えるほどに顧客開拓が
どんどん難しくなっていくのです。


これが、多くの掃除屋が伸び悩む原因です。


しかし、紹介営業をマスターした清掃起業家は
この問題を簡単に乗り越えてしまいます。
なぜならば、紹介でやってくる見込み客のほとんどは、
『あなたのことを信頼している状態』であなたの前に現れるからです。


説得の必要も、関係構築のための時間も、ほとんど必要ありません。
定期清掃を契約できるまでの時間が圧倒的に短いのが
紹介営業によって獲得した見込み客の特性だからです。


しかも、紹介営業は、既存客があなたの代わりに営業をしてくれる仕組みです。
つまり、あなたは既存客に無給の営業マンとして働いてもらいながら、
やってきた見込み客をクロージングをするだけ。


あなたが仕事をしていても、休暇を楽しんでいても、寝ている間にさえも、
見込み客開拓は既存客がやってくれるのです。


これを実行したダントツ掃除屋プロジェクトの会員さんの多くが、
「営業の自動操縦」という言葉をよく口にされます。


まさに、自動操縦状態で顧客があなたに向かってどんどん流れ込んでくる。
あとは、あなたが出向いて契約を促すだけ。
この営業をやっているだけで、一億とまではいかなくても、
間違いなく、地元ではダントツの業績を誇る掃除屋になっているのは間違いないでしょう。


やり方さえ分かれば、人は結果を出せるものです。
しかし、やり方が分からないからこそ、最初からできないとあきらめてしまう。
掃除屋にとって年商一億というのは、とても大きな結果の一つだと思います。
それを達成する方法は、とてつもなく大変なことのように思えるものです。
しかし、そう思っているだけで、真実はそれほど複雑なものではありません。
たった5件の定期を、ご紹介によって積み上げていくだけなのです。


しかも、無理な力を加えた上での急成長ではなく、
今やっていることに、あとほんの少し力を加えてやるだけなので、
じっくり腰をすえて取り組むことができる。
地に足をつけて成功したいと考えている人には、ピッタリの方法だと思います。


たった5件の積み重ねが、20年後には一億の会社をつくります。
あなたに必要なのは、既存客から紹介をもらうスキルだけ。
その仕組みさえ作ってしまえば、あとは時間の問題です。


そして、以下で毎月5件の定期清掃の開拓を実現させる
紹介営業のすべてを学ぶことができます↓

※あと一名で受付終了 http://soujiseminr.web.fc2.com/nagoya.pdf

(お申込みフォーム)http://bit.ly/dsp2018f
(音声案内)http://bit.ly/dsp2018
(実践者の推薦http://soujiseminr.web.fc2.com/takahasi.pdf


たった5件の定期清掃を積み上げていくことができるかどうか。
清掃業の成功は、その小さな違いにあるのです。



-ダントツ掃除屋プロジェクト・宮本




★【只今、書籍を無料プレゼント中!】--------------------------------------------

▼売り込まずに定期清掃の契約を獲得する方法(シービー出版 A5版 134頁 第10版増刷中)
http://soujiya.sakura.ne.jp/teikikakutoku.pdf
---------------------------------------------------------------------------------