みやまの旅と日常

旅行ネタを主に、日常の一コマを記事に


テーマ:

こんにちは、みやまです。

 
冬は基本的に冬眠しているので、旅行などは行っておりません。
 
それでも、日帰りの温泉へ行って、一日中まったりしましたが。
 
 
 
そんな冬に行うことと言えば、雪上トレッキングです。
 
大体、行くところは決まっているのですが、今回は始めていくところで、飯綱町の日向(ひなた)と言う集落です。
 
集落と言っても、最近廃村になったばかりの集落です。
 
 
日向への入り口は何ヵ所あるのですが、今回は飯山よりの北口から入っていきます。
 
雪の量はいつも行っている秋津の山の中に比べて、少ない感じの50センチぐらいでしょうか?
 
非常に歩きやすい雪です。
 
動物たちの足跡がそこらじゅうに
 
 
まず、最初に見えてきたのは日向グラウンド。
 
その側には、雪に埋まって分からないですが、テニス場でしょうか。
 
 
何の施設かわからない日向センターと、日向浄水場が固まって建ってました。
 
 
なんと、この浄水場の前まで、車が走れる道ができている(゜ロ゜;
 
こんな所まで除雪されているとは思ってなかったのビックリですよ。
 
ここからは雪のない車道を歩きます。
 
 
スノーシューを履いているので、なるべく雪の上を歩いていくと、目の前にとんでもないものが。
 
 
大型バスがΣ(゜Д゜)
 
雪山でこんなもの見るのは初めて。
 
あっても乗用車。
 
バスの中はリンゴ箱らしきコンテナが目一杯に入ってました。
 
このバスの次に見えたのは、謎の鉄のフェンス。
 
 
この先は何があるのだろうと裏手に回ってみると、そこは崖になっていて、崖に突き出すように駐車スペースがある。
 
何やら、土砂か何かを捨て場所だと思われる。
 
帰宅後、調べてみると、産業廃棄物の最終処理場を計画していた時期もあったそうだ。
 
もしかしたら、その施設なのもしれない。
 
 
そこからすぐ、日向の集落が望める地点に到着。
 
まだまだ遠いです。
 
 
しばらく歩くと分岐に到着。
 
日向へ行く道と溝口へ行く道の分岐。
 
日向への道までも除雪してあります。
 
 
分岐を日向へ向けると、最初に迎えてくれた建物は、神社。
 
入り口には、真新しい掲揚旗ポールが。
 
 
さらに歩くと、除雪された上の方へ上がっていく道と、除雪していない下る道に分かれている。
 
地図では下の道へ行っても、上の道に繋がっているので、下の道へ行ってみることに。
 
広めの道が著しく狭くなったところで、坂の上に建物が見える。
 
 
雪が積もっているせいか、車が通れるレベルの道幅ではない気がする。
 
 
割と広めの道だったのがぐっと狭くなり、車1台分の道幅に。
 
 
道が途切れたのではないかと思う分かれ道。
 
その周辺に沢山の民家が。
 
 
綺麗に手入れされ、誰か住んでそうだけど、無人のなんですよね。
 
 
 
 
 
 
綺麗な民家と同じぐらい、ボロボロのいかにも廃屋然とした建物も。
 
窓から覗いてみると、2007年のカレンダーが飾っているのが見える。
 
人がいなくなって10年は経過しているんですね。
 
 
 
民家も土蔵も、壁は剥き出しの土壁。
 
漆喰を塗る民家は割と新しい建物で、古めの建物は剥き出しの土壁。
 
ここの集落は漆喰を塗る習慣はなかったのかな?
 
 
日向分教場跡というのを発見。
 
明治19年4月開校、同35年11月閉校と書かれている。
 
随分前に閉校になったようです。
 
 
その場所には半壊した廃屋が。
 
 
 
建物を見て回っていると、なにやらメロディーが。
 
どこかにあるスピーカーから、お昼のチャイムが流れているようだ。
 
それにしても、廃村になってもスピーカーは生きているんですね。
 
 
一通り見て回ったので、上の道を目指して道を探してみると、軽自動車でも通るのには困難な道が。
 
Googleマップに載っている道とはいえ、これは車道と言うより歩道だ。
 
 
上の道に出ると、除雪はされているが、除雪はここまでで、この先の道は雪道だ。
 
雪道には足跡が先行しているが、この足跡を追ってみると、集落の一番上にあるリンゴ畑まで続いていた。
 
 
雪の重みで枝が折れないように支えを施していたようです。
 
 
さて、ここらでお昼に。
 
 
雪上トレッキングでは定番の鍋焼うどんです(*´ω`*)
 
トッピングで卵と太カニかま。
 
雪の上で食べるうどんは、何よりも旨いです(*´ω`*)
 
 
帰りは来た道を戻らず、雪の中を直線の最短ルートを歩くことに。
 
 
さすが最短ルート。
 
日向グラウンドまで、たった17分で帰ってこれた。
 
 
お昼ごろから雪が降り出してきたけど、車まで戻ってきた頃には、いい感じで降ってきてました。
 
 
 
今回、初めての日向へのトレッキングだったけど、初めてのところだけあってとても新鮮でした。
 
いつも訪れる秋津の山の中にある集落は、その殆どの民家は、雪で潰れてしまって見る姿がない程。
 
この日向もあと15年もすれば、見る影もなくなってしまうのでしょうか。
 
 
ただ、個人的に謎が残る集落です。
 
まず、日向から伸びる道がいくつもあること。
 
全ての道を把握したいところです。
 
 
 
以上、冬の定番、雪上トレッキングでした。
 
 
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。