みやこのこのみ

ライター&ライフスタイルコーディネーター、前川みやこのブログです。
日々の生活の中で、心にピピッと響いたもの、こと、ひと、ことばなどを
つれづれなるままに書き綴ります。


テーマ:

食物アレルギー……最近では当たり前に耳にする言葉だ。

今の時代、ほとんどの人が何かしらの食べ物に

アレルギーを持っている

 

でも私は何を食べても大丈夫!

と言いたいのだが、

実は私もエビ・カニにちょっとだけ弱い。

 

生のエビやカニの甲羅付近にある何か

私の体が敵対視するらしく、

中学校の家庭科の授業中

エビの殻をむいた手で目をこすって

目の周りが真っ赤に腫れ上がったことがある。

 

また、生のワタリガニを辛いタレに漬け込んだ

『ケジャン』を食べると、喉が痒くなる

でも、ウグググ……と思いながら食べ続けるうちに

痒くなくなるので、一時の我慢と平気で食べていたのだが

あるとき友達に

「ヘタすると、喉が腫れて窒息死するよ!」

と脅かされて、控えることにした。

大好物だったので、辛い……汗

 

それでも、日常生活に支障はないから

幸せだと思う。

 

我が妹は、アレルギーの宝庫だ。

うちは父親がいろいろなアレルギー持ちだったので

「親の悪い部分が、全部私に来てる」

と、姉妹の不公平さにブツクサ文句を言っている。

 

小さい頃は、生卵チョコレートがダメで

ちょっと食べると、腕や足に湿疹が出る。

病院で塗り薬を塗りたくられ、

掻かないように包帯をぐるぐる巻きにさせられた姿

子供心に、かわいそうだなあと思った。

 

大人になるに連れて、かなり改善はされたが

それでも、乾燥する冬の時期

どこかが必ず痒くなっていて、塗り薬が手放せない。

 

で、この際、食べ物の何がいけないのか

ちゃんと調べてみようという話になった。

子供の頃と違って

今は、アレルギーの研究も進み

アレルゲンの検査自体もかなり正確になったと聞く。

 

たまたま、アレルギー専門のクリニック

紹介してくださる方がいて

さっそくそこで検査してもらうことになった。

といっても、要は血液検査である。

採血して、それをアメリカの専門機関に送り

3週間ほどで結果が来る。

 

 

96項目の食物に関しての結果が出るそうで、

そのアレルギー度によって、

しばらくの間は食べてはいけないもの

量を減らせば、少しだけなら食べていいもの

など、その度合がグラフで出てくるのだという。

 

年末に、結果が出てきました!

 

いやあ、びっくり!

卵は、白身も黄身も全卵NGビックリマーク

牛乳のみならず、乳製品NGビックリマーク

きのこ類NGビックリマーク

これらは、最低でも3ヶ月は食べちゃダメと言われたそうだ。

 

 

でもまあ、このあたりはこれまでの経験値から

ある程度予想はできた

 

問題は、小麦がかなりの度合いでNGだということ。

我が家は子供の頃から、朝はパン食。

いきなり小麦アレルギーと宣告されて

パンは食べちゃダメと言われるのは

まさに青天の霹靂である。

 

 

落ち込む妹。

「パンはダメだし、乳製品がダメってことは、

バターもヨーグルトもダメってことでしょ?

これまでの朝ごはんを全否定された〜〜〜!」

 

いやいや、それだけじゃない。

クッキーやらケーキやらのお菓子類もダメ

ラーメンうどん、パスタもダメ

蕎麦だって、十割そば以外はつなぎに小麦が入ってるし

とんかつのころもをつける前に、

卵と小麦を使う。

天ぷらのころもも、卵と小麦だ。

まんじゅうも、餃子も……。

 

改めて食品の成分表をまじまじと見てみると、

おでんのはんぺん練り物類にも

卵白や小麦が使われているし、

とにかく、小麦と卵の入った食品のなんと多いこと!

 

いろいろ上げていったら、

我が妹の食生活は、悲劇のどん底となった。

 

この検査は

遅延型アレルギー検査というものだ。

少しずつ体内に溜まってアレルギー症状をひこ起こすもの

調べる検査なので、

ちょっと口にしただけで

アナフィラキシーを引き起こしたり

最悪、死に至ったりするくらいシリアスな人が多い今、

それに比べればまだいいほうではある。

 

 

妹は、翌日成城石井

「コシヒカリパン」という米粉100%のパンを見つけてきた。

ネットで探すと、麺類もすべて米粉のものがあるらしく

数日後には、こんなものが一箱届いた。

 

 

母親は

「今まで食べても大丈夫だったんだから

別に気にしなければいいんじゃない?」

と、のんきなことを言っているが、

とりあえずは小麦断ちで何かが改善されるかも?

と、事実を知ってしまった妹は必死だ。

 

砂糖も、サトウキビから作られたものは避けるように言われ

『きのこの山』『ポッキー』『かりんとう』

といった、袋菓子大好きのお子ちゃま嗜好を封印。

そばで見てるだけでも、不憫な生活がスタートした。

 

その結果、

「なんだか体に力が入らない」

「頭がぼ〜っとする」

と、痩せていた体がますますやせ細り、

「非結核性抗酸菌症」で定期的に行っている検査で

今度は『低血糖』あせると言われて帰ってきた。

 

あきらかに栄養失調糖分不足である

 

というわけで、

今は米粉のパンにはこだわりながらも

甘味料に制限は無視し、

大福などのもち米系の和菓子

カカオの分量の高いチョコレートなどを食べたり

ときどきルールを破ることを良しとして

なんとか平和に暮らしている。

 

私も試しに一度

遅延型アレルギー検査をしてみようかと思っていたが、

やめておくことにした。

 

知らないほうが幸せなことドキドキって

……ありますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

宝石緑前川みやこはリーン・ロゼ社のブランドアンバサダーです。

 http://www.ligne-roset.jp

 

ベル『NEW YEAR SALE 2017』1月6日〜31日まで(各ショールームにて)

 

 

本前川みやこの本本

Amazon、楽天、Yahoo!ブックストア

Google Play、iBooks、ニコニコ動画

などで発売中です。

 

『なるほど・ザ・ニュース《今地球が危ない!災害編》』

天災編表紙

 

『なるほど・ザ・ニュース《男の美容と健康編》』

なるほど・ザ・ニュース

 

『使っちゃいけない 使うと危ない このばの毒』

ことばの毒表紙

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。