【玄米食べる方には、必要な知識だと思われます】

玄米菜食やマクロビオティックをやればやるほど、痩せて黒ずみ、体力が低下している人、けっこうみかけます。自分にも、思い当たる時期や体調があります。

玄米の胚芽に含まれるフィチン酸がミネラルをキュレート排出するため、という説などいろいろ玄米のデメリットは語られているのですが、
(下のリンクを読んでもらえると分かりますが、玄米にはフィチンは含まれているがフィチン酸は含まれていないようです)
実はその原因が、玄米の炊き方、そして生産地での玄米の乾かし方にあったのかもしれません。

発芽玄米が良いとされるのは、玄米に含まれる発芽抑制因子(アブシジン)が細胞のミトコンドリアを攻撃するのを防ぐことができるから。というブログ記事に出会い、大きな衝撃を受けています。
玄米を食べたあとにダルくなったりするのは、食べ過ぎや消化不良ではなく、このアブシジンという毒素にあたっている状態の可能性がある、ということです。

食べ物から得た栄養を、細胞のエネルギーにするダイナモの係りであるミトコンドリアが攻撃されるということは気力・体力も低下し、筋力なども落ちるということです。

米(白米、玄米問わず)食べるひとはみんな必読
「5年以上再発なしのガン患者が明かす!玄米食のデメリットとは?」

http://大腸がん闘病記.jp/dietetic_treatment_of_large_intestine__cancer/the-demerit-of-a-diet-on-brown-rice.html


そこで、「発芽玄米」なのです。
発芽させることで、発芽抑制因子を働かせて消化します。
また、固いセルロースの殻に守られた種子の栄養と旨みを、吸収しやすくします。

我が家でも、最近、着目して実践している最中なので、
まだまだ研究余地はありますが、それぞれの実践の中で必ずコツがつかめてくることでしょう。
ぜひお試しください。

白米(胚乳)には、お米の栄養の5%しか含まれていません。
正しく天日干しされて、正しく炊いた無農薬玄米を食べることのメリットは、かなり大きいということです。
*市販の「発芽させてから乾燥させた」発芽玄米は、乾燥させることで、不活化した発芽抑制因子が以前より強く再活性化してしまうということも分かっています。意味がないようです。


正しい炊き方を今朝、簡単にまとめて連続tweet、FB投稿したのでここに掲載しておきます。
ぜひ、ご参考にどうぞ。

三宅商店で扱っている熊本・菊地村の自然玄米の発芽率も、今度確かめてみようと思います。


1・玄米は「発芽玄米」にしてたべるよし。40度の圧力鍋に4-5時間(鍋半分以上のお湯)つけ置いて「発芽抑制因子」の毒素を除くことができるそうです。

2・発芽玄米にしてから、お湯を捨てて水から炊くなら大体1.2-1.5倍の水量でそれぞれのやり方で炊いてください。(参考:土鍋に入れ替えて30分弱火→10分強火→15分蒸らし

3・発芽玄米にしてからそのまま圧力鍋で炊く場合は、余分なお湯を捨てて湯量を1.2-1.5倍に調整してから15分中火→5分弱火→20分ごく弱火→15分蒸らし、てください。

4・「正しい玄米食」を行うには、「生きた玄米(=発芽する玄米)を選ぶこと」と「正しい調理を(炊き方)行うこと」に、行き着きます。

5・マクロビや玄米菜食によって好転反応の域をこえて黒ゴボウのように痩せてしまう人がいますが、それは玄米の炊き方の問題なのかもしれません。

6・排出力の強い玄米はごま塩でミネラルの補給が必須。また、発芽抑制因子(アブシジン)の毒素を取り除くために「発芽玄米」の状態にすることが重要。

7・そして何より、100回噛む意識で最低30-50回は噛むことで胃腸のダメージを防ぐことができます。正しい炊き方の玄米をたべると驚くほど便が安定します。

8・発芽玄米の炊き方に関する参考サイト:「大腸がん闘病記.jp」
http://大腸がん闘病記.jp/dietetic_treatment_of_large_intestine__cancer/the-way-of-cooking-with-right-brown-rice.html

追記:市販の玄米や、発芽率100%をうたっている玄米でも、実際水に浸けてみると全然発芽しなかったり率が低かったりするそうです。僕は、無農薬・無施肥はキーポイントなんじゃないかと思っていますが、それだけとも言い切れず乾燥のさせ方など研究の余地がありそうです。とにかく、実際に水につければわかることです。

とりあえず、このサイト主さんの「玄米博士」っぷりとその貴重な実践データには脱帽です。
ぜひ、1時間ほど時間をとって、読んでみてください。

(了)


熊本県菊鹿町産 無施肥・無農薬玄米『鞠智城』1kg 850円
http://miyakeshoten.shop-pro.jp/?pid=88356822

Presented By
消費動向で世界を変える
三宅商店


お味噌2
AD