2011年01月30日(日) 04時48分49秒

昨日今日でおもうこと

テーマ:ブログ
おお。

よく観れば、5人のうちの一人は千葉のカンタじゃないか。


これで山口県庁前でハンストやってる5人中3人はよく知ってる若者だということが解った。

ツアー先でこっちも忙しい時にエレキから
「明日からやりまーす♪よろしくお願いしまーす♪」みたいな軽いメール一本着て、
突然始めたから何がなんだか。。びっくりしたけれども。

しかし、結局、国会議員一人挨拶に来させるんだから、大したもんです。




ネット観てると、色んな反応。

ガンバレーってのが圧倒的に多いけれど、
推進派や研究者側の人には不評。シラケた反応が多い。

「原子力についてちゃんと勉強してから、反対して欲しい」

でもさー。
原子力工学なんて、まともに向き合ってたら、一生じゃ足りないんだよ。
それを、全ての人に求めるってのは、如何なものか。
むしろ、ミナに解りやすく説明する義務を果たせてないのに強引に推し進める側に責任があるでしょ。

或いは、
めっこり飯くってゲップしながら温いお家で眠たい批判を繰り広げてる大人たちも居るけれど、
結局この人たち、何にもしてないじゃんか。

ホントに、何もしてないんだよ。

テレビのナイター中継観ながら「アホー、打たんかーい」云うてるのと変わらない。

中立じみたエアポケットから世の中をのぞいてるだけで、
それは現状の「消極的肯定」でしかない。

そして世の中は、動かぬ大衆の「消極的肯定」のパワーに押し流されて、
今こうして僕らの目に映るようなものとして、存在している。

「とりあえず仕事があるから」「くっていかなくちゃ」
逞しき生活者の論理があらゆる理想を崩して、生き残って行く。



今も、田の浦じゃ作業台船と住民の漁船が闘っていて、(台船は今年に入って既に13回出動したらしい、その度に漁船は漁を中止して駆けつけなければならない。何故、30年ものアイダ、こんなにも反対している住民を無視して中国電力は工事を進めようとするのか?再度、公正な世論を問うべき問題なのは明白であるし、それまでは工事は中止すべきだ。中電はもとい、経産省も、海上保安庁も、裁判所も、原発の味方であり続けた。)
今も、53基の原発が53本の四万十川くらいの水量で温排水を吐き出して海を温め続けていて、
今も、高江のヘリパッドに反対する数世帯の住民が苦しい阻止活動と共に生活を送っていて、
今も、高尾の山は愚かしい環状道路の犠牲となって土手っ腹に穴を掘られて生態系を失おうとしていて、
今も、大間の原発は今にも、まさに今にも動き出そうとしていて、
挙げ句、東通原には新しいのが建設されようとしていて、
今も、六ヶ所には数百万年の害悪たる核廃棄物が溢れ出さんばかりに保管されていて、
今も、三沢の上空を米軍の戦闘機が飛び回り、
今も、岩国の開発問題は米軍の住居の問題であり、
今も、嘉手納の弾薬庫には無いはずの核弾頭が厳然と存在し、
沖縄という沖縄に大人の玩具のような殺戮兵器たちがびっしりと配置されていて
アフガニスタンやイラクへ連日、ただただ、人を殺しに出かけて行く。

そして今も、殆どの日本人が、日本は平和だと思っている。


いつも紛争の口火を切る「テロ事件」なんて一体、
誰が実行犯だか解りゃしない。
兎に角、いつも何処かの少数民族が「テロリスト」に指名され、
ボコボコにされる。

本当に「テロ」と呼ばれる事件を起こしたのが誰かは、いつも永遠の謎だが、
こうした「対テロ戦争」が起こると誰が儲かるかは、毎回決まっている。

全ては、世界を握る300人ほどの大富豪の「儲け」のためだ。
彼らの財界とその政府。そしてメディア。 


多くの場合、「米国」として非難されるそれは、厳密には「米国政府」であり、「それを支える財界」である。その裏には実は、欧州の古豪たちも密接に絡まっていて、ユダヤ財閥の存在も密接に存在する。

彼らは別に隠れてもいないし、フリーメイソンだって名簿が存在する。
坂本龍馬も、石原慎太郎も、森ビルの一族だって、厳然と其処に名前があるというハナシだ。
彼らは堂々と、政治や経済の世界を闊歩している。
そして人々の「国家意識」とか「購買意識」、「上昇志向」などを巧みに操ってきた貴族たちだ。


なんだか、そういう事を知り始めると、エジプトで今起きている暴動なんかの意味が、少し解ってくる。エジプトの米国傀儡政権への不満が、爆発したのだ。爆発していないだけで、日本人の多くが感じているのと同じ感覚なのだ。

インターネットを通じてミナが本当の事を知り始めた。


そして知った人から動き始めた。
それは、まだ「覚醒」してない人に、伝えることなんだが、それが結構難しい。

それぞれが手段を模索しているのが、現代だ。
みんな、腹の中に、遺伝子レベルで知ってる答えがある。

それを、かたくなにココロ閉ざしてしまった現代の奴隷たちに、否、自分自身に教えようとしている。

音楽ひっしでやったり。
ハンストやって訴えてみたり。
それで、あなたは自分が食べて行く、っていう事以上に、本当に何を出来ているだろう。
俺も、それを考える。つねづね、考えて、罪な現代の申し子として生まれ育った罪滅ぼしを探して歩いてる。


ああ。
電気を消して眠ろう。

すまない。山口県庁前のハンストの若者たち。

俺は今日も安穏と飯を食い、ただ此の身のために電気を使い、電力会社に加担してしまったヨ。。

日々の運動と、自家発電を結びつけたり、
トイレから出た肥料で育った林檎を食って育つような、
森の中で木の実を喰って、自然農法的な自活をしながら、知恵をつかって豊かに生きるような、
そんなビジョンに人生をちかづけていきたいな。

あ、そして。

電力源を選択できる社会を望みます。
電力会社を、自由化しよう。

難しい論理じゃなくて、電力会社を自由化すれば、人々の選択の結果、何が残り何が残らないかは、ハッキリするでしょう。消費動向という名の国民投票は毎日、行われているんだからね。



*明日は、横浜GRASSROOTSでJIZUEのライブの前に弾き語ります。
2月3月と、関東でのライブは予定していませんので、1月11本目の唄い納めへ是非いらしてください。


虹のカヤック隊 公式ブログ



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2011年01月29日(土) 03時51分31秒

山口県庁前ハンガーストライキ

テーマ:ブログ
山口県上関町で30年近く、原発の建設に反対し続けている祝島のことは、昨年7月に島を訪れて以来、再三再四書いてきたように思う。

此処で起きていることは、日本という国の在り方を問う問題である。

ある大規模開発に対して、数百人の住民が「嫌だ」と云っても、必ずそれをひねりつぶして来たのが、日本という国である。その最たる例が原発であり、国と電力界社とメディアは、権力と金の限りを尽くして「国民の理解」という名の「洗脳」を施す。選挙すら操作する。建設阻止活動にまつわるニュースは徹底的に排除され、それはほとんどの国民が何も知らないうちに、実行される。

僕らが安穏と都会の暮らしを享受しているアイダにも、中国電力の工事台船は、埋め立て作業の強制施行を狙ってはやってきてジリジリと境界線を押し広げて行く。この28年間そうしてきたやり方をひたすら推し進める。田の浦を守るバリケードも撤去されてしまったようだ。

20歳前後の若ものたちが、大学や社会に閉じ込められた人生をきっちりドロップアウトして、そこの浜で抗議活動に身を投じていた。心の底からケラケラとよく笑う子たちだった。青いビニールシートの屋根の下で僕が唄うと、みんなじいーっと聴いてくれてた。「変な唄」とかいいながら。

もう理屈や複雑な論理で何を語り尽くそうが、解決しないことをよく知っている彼らはピュアでシンプルな思いと言葉で問題に向き合っていこうとしていた。



彼らが8日前に山口県庁前で、ハンガーストライキを始めた。



浅間山山荘事件に結びつく、連合赤軍の稚拙で頭でっかちな論理と規則と総括と粛正よりも、
100倍かがやしい、現代の若者たちの訴えかけだと思うよ。
どーよ?

メディアの先や、PCの向こうや、携帯の先で
意を同じくしながらも、何故か彼らの純粋さだけが受け入れられない多くの大人たちの反応。

他人をイタい目で観る自分のイタさに気づいてほしい。

どれだけ想像力が欠如しているのか。
食べないことの苦しみと、それと引き換えに訴えている内容の貴さを。




バンドで身を切る様なライブしてのたうちまわって俺が何かを世間に問うていた20歳そこそこの頃。
今、同じ様な年ごろの彼らが、もっとずっと明確に、シャープに、現実を問うているよ。


「馬鹿じゃん」っていう反応も、ホント多いんだよね、こういうのって。
twitterとか観ててもね。

だがねしかし。

彼らは、賢い子たちだよ。

俺は知ってる。
会ったから知ってる。

あの田の浦の浜で、一夜を共にしたんだから。知ってる。のです。


エレキ、金、なかまたち。
凄いぞ!
びしばし伝わってるぞ!
ありがとう!




知ることから、始める。
それは、一日のたった5分でも10分でも、其の事に対して時間を割くということです。
待っていてもやってこない情報は、自分からDIGるしかないのです。

その一人の関心と行動が、間違いなく、唯一の地球の特効薬だと断言します。





東京・三軒茶屋にあるオーガニックカフェ・雑貨屋さん「ふろむあーす」の店主のブログ
「もう一週間が経ちました」http://ameblo.jp/fromearth1/entry-10782204191.html
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2011年01月28日(金) 21時11分25秒

nbsa+×÷mtg

テーマ:ブログ
本日の会議で、横須賀開催を主眼においたリサーチの結果などを吟味して、
意外な形での開催に決着する方向で、ハナシが進みました。

来年の開催まで含めた、ビジョンがまた、新たに浮き彫りになってきた感じです。


今後、詳報をお伝えしていきますので、を愉しみに!
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2011年01月28日(金) 04時21分52秒

KLP

テーマ:ブログ
諸方面へ

やまんです。

うかうかしてるうちに、マレーシア行きの手はずが整わず
2月末に行く予定でしたが4月に打ち直すことになりました。

やまんです。


MKY
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年01月27日(木) 04時30分44秒

原子力立国政策

テーマ:ブログ
三宅洋平オフィシャルブログ「三宅日記」Powered by Ameba-atom


こういうフザケたものを平気でつくり、
ただでさえ就活などという、
特定の人達が、意図的に作り出した不足状態の中で、
明らかに異常な集団パラノイアに駆立てられてしまった学生たちにエサのように突きつける。

しかも彼らの殆どが、原発の実態などまるで知らされていないのだ。


これが、この國の財界やその政府が、我々の子どもたちに用意した未来なのだ。


クソ喰らえです。

俺は音楽で、それとは全く違う価値観を提示し続けるよ。

生き様で、もっと面白くて愉快なBLUESを奏でるね。




エジプトやチュニジアの民衆が蜂起した。
(だが、日本のメディアでは触れられていない模様。世界ではこのニュースが飛び交っている模様。俺はtwitterでフォローしているモーリー・ロバートソンの呟きから知った。日本のマスメディアは、思想的に、干されたお公家さんみたいな状態の人達によって運営されている。言論統制以前の問題。)

EGYPTIAN RIOTのきっかけは、twitterやfacebookなどの市民メディアから、日本のような米国傀儡政権の不正義が明るみに出た事らしい。

そもそも、世界の殆どは、米国の皮を被った一握りの財界に支配されている。実に様々な形で。

日本経済が最近どんどん窮屈なのも、東アジアの国々が一斉に軍事モードに入ってしまったのも、全て
彼らのシナリオである。

バカ高い武器がよく売れ、バカ高い薬品が高く売れ、ミナが勝つまでは幾らでも借金をしてくれ、
さらに戦後復興事業の名の下に、賠償金も補償金も援助金もすべて吸い込めるのだ。
価値のつきそうな土地や油田、ありとあらゆる利権をモノポリー(独占)しておけば将来安泰だ。

よしんば、賢い民が戦争を避けたとしても、
不安にあおられて軍事予算が5兆円から6兆円になるだけで、1兆円儲かる人たちがいる。


そうした世界の構造のイビツさは、究極のねじれ状態を引き起こして、限界にきていると思う。
バーチャル経済だって、もう宇宙にはみ出しそうだ。
ドルなんか実はとっくに崩壊してるじゃないか。何故誰もそう云わない?


で、抑圧された民衆の不満が世界中で爆発し始めた。

インターネットは、彼らの誤算だっただろう。
そもそも「デマ」と「テレビと新聞による洗脳」が彼らの主たる武器だったのだが。
人々はインターネットで本当のことを知り始めてしまった。
言論統制は、もう効かない。


これから、世界は国家主義を一足飛びに超越した、真の市民政治の時代を標榜するだろう。

ユーモアに満ちた、トンチの効いた、BLUESの解った奴らの愛ある「まつりごと」。

って、ナンだ。俺たちがいつも知恵と血の限りにやってることじゃんか!


viva party people
viva cosmic children
run riot
with music, dance, and love

nobody can stop us
never again

peace.
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み