2016年08月08日(月) 14時30分19秒

安倍昭恵さんの高江来訪について

テーマ:ブログ

総理夫人の高江来訪について、経緯の説明を試みたいと思います。


・8/5 高江へ向かい集会に参加
多くの人々が沿道で車中泊して工事や機動隊の来襲に備える

・8/6 早朝、抗議テントの強制撤去に備える現場

前日から1000人近い人々が集まっていたこともあり、
この日の工事は中止との知らせ



10時の集会をもって、一度散会した現場にて、
とある重要な相談を現場をリードする山城ヒロジさんに持ちかけました。

「安倍昭恵さんが、今日の夕方頃に現場を見たいと沖縄に向かっているが、どう対応したら良いか、現場判断を仰ぎたい」


7月に「ぜひお会いしたい」というFBでの呼びかけに応じ、昭恵さんと会食。
その後、LINEでのやり取りにおいて、高江の問題を捉えたドキュメンタリー『標的の村』を見てもらいました。また、高江の友人にも直接、状況を説明してもらう機会も設けました。

想像以上にショックを受けた様子で、
「率直に言って、そうした実態を知らなかった。現場に行って、自分の目で見てみたいが、果たして自分は受け入れられるだろうか?混乱を招くだけだろうか..」

7月に機動隊500人、警官隊1000人が動員されて、抗議の住民、市民を強制排除。肋骨を折るなどのけが人も出ている。沖縄戦や米兵による暴行事件、長い沖縄の抑圧の歴史の中で、怒りの感情が現場ではピークに達している。辺野古や高江の基地建設は選挙などで繰り返し示された県民の意思を無視して、合意形成なく強行されている。
そんな状況下にあって、昭恵さんが現場に行くことは可能なのだろうか?

高江の住民である友人へ相談するなどして、何か現場に取り継ぐことはできないか、と試みましたが、相当厳しい状況であることは伝えられました。

しかし、自分たちが支持する政党の政策のもとで、苦しんでいる人たちがいる実態を「知らない」人たちに伝えることができる。政策の是非、合意形成のあり方、について新たに議論を深めるきっかけを作ることができる。機動隊がどんな顔をしてそこに立っているか、その顔つきだけでも実際に見てもらいたい。何より、彼女が現場を訪れること自体が、問題に関心を持つ人を増やすことができる。そう考えました。

「相当に、歓迎されないであろう現地の雰囲気」を繰り返しお伝えした上で、直前まで悩みながら、それでも昭恵さんは「やはり、映画だけではなくて、この目で起きていることを確認したい」と、高江を訪れることを決意。

8/6、前日ウズベキスタンから戻ってきた昭恵さんは、ご主人にも秘書にも内緒で、2名の友人(SPではない一般人)を帯同して羽田を発ち沖縄入り。夕方頃に高江へ到着する予定で動いていました。



山城ヒロジさんの見解としては
「いかなる人でも、現場を見たいという人を拒むことは我々としてはしない姿勢だ。だが、現場の感情も踏まえて、なるべく目立たない格好でお忍びで来ていただき、私がどこかでお話しをする、ということは可能です。」

とのことでした。

しかし、前夜から雨の中、徹夜で集会や来訪者をリードしてきたヒロジさんも体力的に厳しく、午後に一度、帰宅。急遽、事務局長の朴さんが引き継いで、昭恵さんの応対をする、と伝えられました。

18時過ぎ、現場に到着した昭恵さんをテント前に帯同。朴さんがテント内を案内しました。

しかしここで、テント内では「感情を抑えて、迎えいれよう」という意見と「来訪自体、受け入れられない」という意見が同時に発生しました。

事前に来訪をお伝えして、現場の合意形成をなす猶予を皆さんに作れなかったのは、「主人にも内緒」という行動を、どこまでのラインに伝えるべきかの判断が難しく、結局はどこまでのレベルで「お忍び」なのかも曖昧なまま、NAUの記録撮影クルーを同行して前触れなくテントに入ってしまったため、物々しい雰囲気によって現場の皆さんを驚かせてしまう結果になりました。

また、情報出しをどこまでして良いのか、という判断が非常に難しく、中途半端なメディア規制を皆さんに依頼したことは、適切ではなかったと反省しています。


本日、東京へ戻ってから改めて高江の山城さん、朴さんと電話で話し、事前のやりとりの事実確認をさせていただきました。

お二人の間で、「どこか裏で応対」から「N1裏テントを案内」といった伝言の食い違いが存在したことが分かり、それが現場の混乱を生み出す一因ともなっていたことが確認されました。

最後に、山城さんの方からは
「しかしこの件は、起きてしまったこと、終わったこととして、なるべく早くまとめて、今、現場で起きていることに対応していくことを優先したい」と伝えられました。



取り急ぎ、
今の時点でできる経緯の説明をここに記しました。


乱文、最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

そして高江の緊迫はたった今も続いている状況です。
引き続き、全国の皆さまの注目と支援が必要な状況です。


当日の様子を伝えるIWJの記事
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/323920

三宅洋平★(仮)ALBATRUSさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

リブログ(8)

  • 三宅洋平は裏切り者なのか?

    私は山本太郎を支持しています。彼こそが本物の政治家だと信じています。 山本太郎は昨年夏の国会で永田町のタブー、「アーミテージ・ナイレポート」を暴露し、安倍政権の米国隷属政策を厳しく批判しました。 私は「虎の尾を踏んだ!」と思うと同時に、勇気ある言動に真の政治家魂を見た気がしまし…

    HARUKI

    2016-09-28 22:44:20

リブログ一覧を見る

コメント

[コメントをする]

23 ■お疲れ様でした。

昭恵夫人がお怪我されなくて良かったですね。

22 ■無題

三宅洋平さん、本当にお疲れ様です
洋平さんの実行と行動力、
この世に使命、役目がなければ動けません
願い、祈り、水行———本当に凄いと感じます
向かう方向は見失っていないですね!
僕も負けずに頑張ります!
三宅洋平さん
窪塚洋介さん
向かう方向を同じ道に進ませて下さい
僕は裏の世界から攻めて行きます!

21 ■無題

私もそう思います!意味があった!!
感謝です。

20 ■無題

私は安倍総理の支持者です。
2008年夏の敗北は、私をどん底に落としましたが、私は日本を諦めませんでした。
今では、あの三年余月は、無党派層と呼ばれるふんわりした人達に、左派には日本を任せる事は出来ないと気付かせてくれた、必要悪であったと感謝すらしています。
また、所謂左派にも、危機感を持って真剣に日本の為の政治と言うものに取り組もうという人が現れてくれるのでは、との淡い期待も持ちましたが未だその期待は裏切られ続けています。

しかし、今回の参院選で知った三宅氏には明らかに一縷の煌めきを感じる事が出来ました。
今までの彼らとは違う、しなやかさを持ち合わせていられる。
片側しか見ることが出来ない人ではない。と思わせる何かをお持ちの方と考えます。

ぜひ、今日本で起きている様々な事象を様々な角度から検証して下さい。
そして、ご自分の出した結論を信じて進んで行かれる様に、強い、野の政治家となって下さい。

期待しています。

19 ■さらに応援します

私は ただ 素晴らしい!と思った。
こうやって 恐れずに真正面から、 垣根を超えて
人と話し合い理解し合おうとする 馬鹿正直な人間が大好き!

日本中で 心痛めてるけれど 行けない人がたくさんいる。
その前の現場のビデオで
「現場にコレない人のほうがはるかに多い

運動の現場にお前はきてるのか? で断裂が生まれる。

世代間抗争を平和に解決する 

喧嘩上等ですよ!戦争は最悪です!」

三宅くんの言葉に救われた気がした。

行かれないから 何もできないんじゃないんだと思う。
自分が現実に起こっている事と向き合い、
そして伝えることだって 少しは応援になる。できれば現場に行って自分の目で見て肌で感じてきたい、、と私ですら思った。

敵と見なされている総理夫人の立場での訪問はどれほどの勇気がいっただろう?

言葉だけじゃない
三宅くんの行動と勇気にも拍手を送りたい。

時期が遅すぎるとか 現場の人の心を踏みにじるとか 騙され利用されてるとか
批判はあるけれど、
影響力がある人が現場に行くことは意味がある。
高江が注目されることはいいこと。

もし支援者の中で、批判してる人は、三宅くんの言葉の何に共感してきたのか?
本当は、敵なんかいないんじゃないの?

1回行って終わりじゃない、、きっとココから始まる、

18 ■自分らしい生き方

賛否両論かなりあるみたいですね。それがあって当たり前じゃないかな?皆んなが同じ考えを持つ方が恐い。ただ、洋平さんの演説聞いて賛同した人(俺もそう)は今の政治に息苦しさを感じてるじゃないかな。
何故?なんか今の世の中ヤバイ!このままじゃ自分が壊される!
個人的には昭恵夫人は勇気ある行動取ったと思う、でも中にはそんな事しても何も変わらない、ただのパフォーマンス、何か裏で取り引きでも?って。
でも自分らしく生きるってことは必ずそれが気に入らない人もいる。一番恐いのは自分の意思を押し付けて強制的に従わせること。喧嘩をしても最後は仲直り、そしてお互いの価値を認め合うこと。どんな形であろうが昭恵夫人がFBでコメント出してくれたのは少しでも前進。でないと犠牲者だけが増え権力が何も伝えないまま握りつぶしていく。
自分も仕事でどうしても沖縄には行けません。偉そうなことは言えないが、この先この日本で自分らしく生きたい、だからせめて高江の事を知らない人に伝えていきたいと思います。そうすれば必ずどこかで爆発するでしょう!一人一人が希望を持って。

17 ■こうしてみると・・・

選挙のときはすごく応援していたけど、洋平さんが国会議員にならなかったことにものすごく意味があったと思いました。
もし議員になっていたら今回のアクションはできなかったですよね。個人、三宅洋平としてフルに動かれていることに感謝、応援します。

16 ■「敵」との対話

洋平さんは、以前から「敵」とも対話すると言っていました。すっと聞けば、「それはそうだね」と思えますが、実際には、それはとても難しいことなのだと分かりました。
「敵」とは敵対しなければいけない。「敵」と対話するのは裏切り行為だ。そう受け取られるのが普通だということでしょう。しかし、洋平さんのスタンスは、そういうものではありません。
洋平さんが目標とするのは、ヘリパッドの建設を阻止すること、高江の人々の苦しみを軽減することですよね。昭恵さんと対話するのは互いの理解を深めるためだけれども、だからといって安倍政権の不正を認めるわけでも、懐柔されるわけでもない。
洋平さん、チャランケしたいんですよね。

15 ■洋平さんは間違っていない

IWJ読みました。洋平さんの気持ちよくわかります。相手側にすぐにはわかってもらえなくても、時間をかけて許し合って、認め合っていただきたいですね。

14 ■昭恵さん

昭恵さんの勇気をかってほしいです。
橋渡しが出来るのは昭恵さんだけです、今の所。
実際、総理一人ではどうにもならないのでしょうが、初めの一歩はどんなことにも必ずあるように、今回の昭恵さんの訪問が初めの一歩かもしれません。
昭恵さんもメッセージしてしまいましたが、自分は本当はこっち側の人間なのに、あっちにいなければならない。正しいと思うことを発言できない!辛い立場だと思います。
総理も早く、こっち側にくればいいのにと思います。
洋平さんも間に立ち、大変ですね
でも、まだ始まったばかり頑張って下さい。
昭恵さんと洋平さん、この先も一緒に活動されるように感じます。それは私が望んでたことなので、この流れがシナリオがあったかのようで嬉しいです。
応援してしてます。

13 ■気づかせよう

三宅さんなら私の言いたい事が分かるはず。
あの2人の存在、世の中流れ方、メディア、監視、心臓移植6回成功、行方不明者など

私は三宅さんを命をかけて守る
あなたの力があれば私を特定できるはず、一度お会いしたい。

12 ■無題

昨日もコメントさせていただきました、ルーナです。
まずは、昭恵さんの高江訪問の件洋平さんからの報告を待っていたのでブログ更新ありがとうございます。
ほんとうは、昨日コメントせず友人に洋平さんへの手紙を託けようかと思っていたんです。
11日お会いしたかった。
都合つかず行けません。
迷いはありますか?
私は私の立ち位置で、前に進めそうです。
洋平さんも進んで下さい。

世界の未来は私たち心の中にある。

11 ■無題

人それぞれのできることを尊重しあうことが大切だと思います。私も、高江のことは三宅さんのネットで初めて知りました。そして、都民ではないですが、選挙フェスに行って応援しました。初めて寄付ということもしました。ただこれが私のできることです。高江にも行ってませんが、私も実際に行ってみたいという気持ちです。でも明日から孫が遊びに来ますのでいけません。それぞれの人生のなかでできることを尊重しあわないと運動は長続きしないし、支援する仲間が増えていかないと思います。

10 ■無題

昭恵さんのFBに「高江の人たちが苦しんでいます。行ってあげてください。」って私も書き込みしました。
沖縄の人たちの苦しみは、当事者でないと100%分かりません。ただ、とても悲しくって、苦しくって、やるせない思いが、怒りに変わっていることは理解できます。
昭恵さんの立場で、高江に行ってみたい!とおっしゃられた勇気に私は感謝したいと思います。自分の目で確かめたいとおっしゃられた気持ちに感謝したいと思います。
昭恵さんも、なんらかの使命を持って生まれているはずです。洋平さんも昭恵さんの魂を感じているのかもしれません。それぞれがいろんな思いがあり、使命があるものだと思っています。ただただ、その使命を果たそうと動いているのだと思います。昭恵さんの行動が、思いが沖縄の人たちの苦しみをなくすためであるなら、きっといつか実を結んで、沖縄の人たちに届くことでしょう。
洋平さん、昭恵さん、ありがとうございました。いつでも応援しています。
そして、沖縄の皆さんがいつでも幸せでありますように。

9 ■自分らしく

三宅さんの勇気、昭恵夫人の勇気。
このどうしようもない日本の現状から抜け出せる1歩になりますように。

8 ■三宅洋平さんのこと

ニッチもサッチもいかない状況で、藁をも掴む思いで洋平さんは苦渋の決断をしたのだと思います。それでいいんじゃない?アントニオ

7 ■無題

賛否両論あるでしょうが、私は洋平さんと昭恵さんの行動に賛同します。
多くの問題はお互いの気持ちを十分に理解しないまま、偏見が生み出され、対立、憎しみへと発展していきます。
その真逆の行為をお二人はされました。
どのような成果があるかはわかりません。
多くの国会議員が現場へ来て、地元の人たちと真剣に議論すべきではないでしょうか?
首相の奥様が自分の意志で行動したのであれば、私はとても素晴らしいことだと思います。

6 ■逆風は。。。

すべて天の思し召し。がんばれ!

5 ■現状打破

・・・現在の状況は、いつもとは違っていて。世界も歴史的転換点に入っている。今まで通りのことをやっていては、歴史を繰り返す今の流れに飲み込まれるだけである・・・

4 ■無題

洋平くんおつかれさまです。

洋平くんのおかけで選挙で政治に興味をもったけれど、段々いやな、暗い、絶望的な現実がわかるとほとほといやになります。

ひっくり返そうと斬新で、ユーモアがあって今の現実と未来を冷静に見てる洋平くんのやり方を、それもありだ!そんなやり方すげー!と思えない風潮や揶揄するこの空気。出るものはたたけ。
いつからこんな風なんでしょうこの国は。
高江の方ならわかります。
でも、涼しい部屋でネット上でポチッと批判だけしてる人がたくさん。乗っかって批判するのは楽ですよね。

洋平さんが、今回の件でどれだけ考えて汗流して緊張して行動されたか…

わたしは、いつも、洋平さんの動きをウォッチして考えさせられます。
自分は何ができるか?

わたしは洋平くんの信者ではありません。

個人を尊重する、個体の自分でいたいだけで、洋平くんはそれをすごく大事にしているから!

そんな人がたくさんいることを忘れないでください。

組織したり、群がったり、宗教団体に入ったり、ここに書き込んだり、そういうのが苦手なわたしたち。
でも、洋平くんを応援してるひと、意識が変わったひと、動いてるひともたくさんいる。

いつもありがとう!

3 ■お疲れ様です!

様々な非難もあるかと思いますが、応援しています!
三宅さんのこと祈っています!!
私も自分ができることをしていこうと思います!!!

2 ■お疲れ様です

高江訪問お疲れさまです。すべての物事を単純に、良いか悪いかに分けて如何に素早くコメントしなければならないかのごとき風潮にはうんざりですね。これからも明恵夫人や意見の違う人達との対話に期待してます。

1 ■難しい問題ですね

誰を責めても何も解決しない。
複雑な問題を抱えながらも、現場の空気を知ろうとしたこと、それを援助したこと。
百聞は一件にしかずと云う言葉もあります。
決して昭恵さんの自己満足に終わらず、何かのきっかけに
なればと思います。
現場の方々のこのタイミング来て欲しくないという人がおられるのも仕方ないことですが、三宅さんの
行動もきっと何か物事が前進するきっかけとなりますように。

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み