「おいおい!この歯医者だいじょうぶか!?」

 

そう思った人多いんじゃないでしょうか?

 

「決まってるじゃん!?

むし歯にならないようにするためでしょ。

歯周病にならないようにするためでしょ。」

 

本のタイトルなんかはやはり

 

目を引くフレーズを使いたいわけで、

 

斬新なタイトルに惹かれて読んでみると、

 

ああ・・そっちへ持っていきたいのか とか

 

ありゃ(-_-;)・・・着地はそこかいっ! とか

 

そういうのが多いですね。

 

「〇〇しなければいけない」

「〇〇してはいけない」

 

正反対の表現ですが、中身は同じ。

 

なにが同じかというと、

 

「それを言いたい人の都合」という意味で。

 

情報が多すぎてどれがホントかわからないという人の多くは、

 

人の都合に振り回されています。

 

例えば歯みがき。

 

 

こんなイラストよく見ますが、

 

歯がほんとに喜んでるかどうか?(笑)

 

歯のキモチなんて聴いたことないでしょ?

 

歯みがきは、しなきゃむし歯になると思っている。

 

歯みがきをしなかった時期がしばらくあって、

 

その時期にむし歯が多発。みがき出してからむし歯が減った。

 

そんな経験した人いますか?

 

みがき出してむし歯が消えて、再びみがき出したらむし歯が現れ・・・

 

そんな経験を今までの人生で何度も経験した人っています?

 

似たような経験をした人はいるかもしれませんが、

 

むし歯が1本といったって、

 

奥歯のかみ合わせ溝か

前歯の付け根か

歯と歯の間か

初発のむし歯か

銀歯の境い目か

セラミックの詰め物の境い目か・・・・

 

どのむし歯も全部原因は違いますよ。

 

あるいは、歯医者を替えたことで見立てが変わり

 

前の歯医者では軽度の慢性むし歯として

 

「治療するむし歯はありません!」

 

と経過観察してくれていたのに

 

今度の歯医者では全部カウントされて

 

「むし歯5本あります!大きくなる前にやっときましょう」

 

・・・とかね。

 

むし歯が増えた・減ったなんて、人と比べることは不可能だし、

 

同一人物(自分自身)だって、あの時と比べることは不可能。

 

 

思い出せますか?何歳から歯みがきを始めたか?

 

ほとんどの人は思い出せないでしょう?

 

僕だって覚えていません。

 

いつからか?生まれたときから?親から?

 

いつのまにか習慣的に、深く考えることなく

 

身についてしまっていることって多いですよ。

 

当たり前と思っていたこと、あり得ないと思っていたことで

 

案外そうでもないことはたくさんありますよ。

 

だって、2,3か月歯みがきしない試みを

 

人生で何回か試した人、そういないでしょ?

 

案外試してみたら、結構イケるかもしれませんよ。

 

歯みがきをしてもむし歯・歯周病が減らない人

 

歯みがきを熱心にし出してからむし歯が増えた人

 

むし歯はないけど歯周病の人

 

むし歯も歯周病もないけど顎関節症・アレルギー・・

 

ここら辺、全部つながっています。

 

「むし歯より口臭が気になるから・・・」

 

そういう人もいます。

 

 

例えば、体臭や汗の臭いってどうでしょう?

 

僕は臭いフェチでは決してないですが(;^ω^)

 

柔軟剤やシャンプー?リンス?香水?の

 

臭いしかしない人っていうのは、

 

男女問わずあまり魅力を感じません。

 

皮脂や汗だって、食や仕事や趣向で変わってきます。

 

そういうの全部トータルで個性や体質・魅力だと思います。

 

口臭だって、食や生活・行動様式でずいぶん変わります。

 

1日に5回も磨いて口臭のする人も

 

1日1回か、たまに忘れることも・・という人で

 

口臭がない人もいます。

 

 

そこまで掘り下げて考えたうえでもう一度訊きます。

 

あなたは歯みがきを何のためにします?

 

 

 

お話会ではあらゆる疑問にお答えします。

 

「むし歯のキモチ」 歯

どこでもお話させていただきます。

お気軽にご連絡くださいニコニコ

miyahara_dc@yahoo.co.jp

 

ブログランキングに参加しています手紙

よろしければポチッと、お願いいたします土下座

 

 

 

 

AD