病院好きです♥

テーマ:

・・・意外ですか?

今月のGW前から体調不良でした。
かなり久しぶりに、かなりきつくて、

いろんなことを考えました。

病気や行き詰まりをきっかけに自分と向き合う時間というのは

何物にも代えがたい貴重な時間。

もちろん、その真っただ中は貴重なんて思う余裕はありません。

少し時間がたって、こんな風に発信のネタにできるというのは

狙って得られる時間ではないですからね。

 

 

体調が悪く起きれない、

頭と目が割れるように痛い

めまいと気が遠くなる感じ

動悸と息切れ

消化管からの出血

手足のしびれと痙攣・・・もろもろ。

 

そうなると大体察しの付く人も多いと思います(;^_^A。

 

「あー、何度も胃と十二指腸潰瘍繰り返した痕がありますね」

と過去の健康診断で言われたことがあるため、

(20代のころ思い当たるフシあり)

今回、ひどい出血であればその場所を特定したい、と。

大きな病院にほんっとに数年ぶりに行きました。

そんで、ブログに書かずにいられない体験をしたので

久しぶりに・・・・。

(おそらく、一般の多くのかたにはフツーの体験かも)

 

 

まず総合受付に行きました。

受付「何科を受診なさいますか?」

私「消化器内科を」

(消化管出血とひどい貧血なので)

昔は、内科・外科・皮膚科くらいだったのに、今は

循環器内科とかアレルギー科とか呼吸器外科とか

・・・難しいんだよな・・・💦

この時点で、お年寄りは返答に困る。

「〇〇科」と答えられなければ、混雑した受付で

つらつらと症状を説明しなきゃならんのかな?

あちこちに症状があった場合、最初に通された科の

ドクターが主治医ってことになるのかな?

副院長とかが内科の出だったら内科が・・・?

 

んで次に、消化器内科の窓口で症状を説明。

そんで、問診票記入。

身長・体重・血圧測定(セルフ)。
予想通り、血圧激低・・・。

・・・あれ?体温は測んないでいいのかな?

待つことしばし・・・・
受付「今朝は食事は?」

私「7時頃に味噌汁とバナナを一口」

受付「でしたら、滑り込みで胃カメラできそうです」

(正直、体力気力的にキツかったが、どうせ出血場所確認したいし、

日を改めるのも仕事休まなきゃだし、この際ついでに・・・)

私「はい、わかりました」

 

6、7年前に別の病院で、生まれて初めて胃カメラ検査して、

パ二くる程の恐怖と苦痛を経験したので、

金輪際一生胃カメラ飲むまじ・・・と思っていたのですが。

「まあ、あの時よりは進化してるかも?違う病院だし」

そう言い聞かせて腹を決めました( ;∀;)

 

頭が痺れ、頭痛とめまいの中、皆さんもご承知の

胃カメラによる内視鏡検査( ;∀;)

6・7年前と何ら変わりも進化もありませんでした。

ついでに言うと、検査中の技師さん達の冷静(冷酷?)沈着さも。
あの時と違う病院なのに・・・。

内視鏡検査技師さんってみんなドSなのか?

それとも感情を出さぬ教育を受けているのか?
(国家機密を扱うスパイになれそう・・・)

 

昼休みに食い込んでいたせいか?

カメラを抜いてもらった直後、涙とヨダレとエアーによる超膨満感

に動けない患者への放置プレー感が侘しかったです( ;∀;)

受付で待っておくように言われたので膨満感を越した痛みと

ゲップとガスに耐えながら長いこと待っていましたが、

その間も一人放置プレーでした。

(もしかして、ホントに昼休みか?と疑いました)

 

表面麻酔とカメラ挿入で声帯にキテるのか、

声も出ない状態でしたが、診察でお話です。

 

Dr.「十二指腸に少し出血があります。

それと、過去に潰瘍を繰り返した痕。

胃の入り口が開き気味で、逆流性食道炎起こしやすいですね。

ゲップとか胃もたれとか起こしやすいでしょう?

ピロリ菌も陽性ですからね・・・」

・・・と言いつつ、テーブルにはすでにピロリ菌除菌治療のパンフが!
Dr.「3週間除菌のお薬を飲んで・・云々・・・」

私「いや、除菌はいいです」

Dr.「え!?」

私「僕は菌については独自の見解を持ってまして。

そもそも、僕は歯医者なんですが、保険医を辞退していまして。

むし歯菌も歯周病菌も除菌を念頭においてはいませんで。」

 

(・・・この状況、そいういえば、6年前にも同じ記憶が!!)

 

6年前の他院での出来事とはっきりリンクしました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初めての胃カメラで不安と苦痛に耐える数十分・・・
にこやかに談笑する技師や医師・看護師に

うっすらと殺意を感じた6年ほど前・・・

午後からさらに検査しましょうとか、再検査の日程を勝手に決め出し、

「こっちだって診察のアポがあるから無理です」との僕の返事に

検査後の診察ではじめて僕の職業を知る医師。

(要するに患者の職業や生活習慣から指導をしていない証拠)

歯周病菌はじめ、常在菌についての僕の見解を少し話したが

聞いていない様子でPC画面を見ながらキーをカチャカチャやっとるし。

聴診器も顔色を診ることもない。

そもそも、こちら(患者)向きではなく、PCデスク向きに座っている。

再検査も除菌の投薬も丁寧にお断りしたら、帰り際看護師ともども

「お大事に」と声かけてもらえず( ;∀;)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

もう一生胃カメラは飲むまいと心に決めたはずだったのに。

 

Dr.「ピロリ菌除菌しないと治らないから。」

私「いや、僕は今回の原因と現状を知りたかっただけで、

これから先は自分で対応しますから大丈夫です。」

Dr.「大事になったら、あなたは良くてもご家族が困りますよ」

私「いや、家族も僕の考えは承知してますから」

Dr.「うーん、困ったなぁ💦」

私「いや、先生が困ることはないですよ。

これは僕の生き方の問題ですから。

病院で症状を治したい!という人や、

僕みたいに原因だけ知りたい、という人やいろいろいるでしょう?

僕は病気をそうとらえているし、歯の患者さんにも同じこと言ってますよ」

 

・・・この不穏な空気漂い出したあたりで、

後ろにいた妻がうまく仲裁に入ってくれました(;^ω^)

(ナイスフォロー! と感心しました)

 

 

【今回の件で気付いた点アレコレ】


・病院はやるべきことが決まっているので、どうあってもその方向へ持って行く。

(それこそが患者の為、と教育を受けている)


・世の中に多様な健康観や死生観がある事を知らない?知っててもそれは正しくないと認めない。

 

・主訴が「貧血」だったら、ピロリ菌のパンフは出てこなかった?

というか、患者が痛みを伴わない「血便」を伝えなかったとしたら、体調不良の患者に当日胃カメラを飲ませたり放置プレーはなかったのか??

 

・「ピロリ菌は常在菌じゃないですからね」の吐露するような言葉は置いといて、常在菌という定義・見解を押し付けてくる押しの強さ

 

・今どきは、聴診器や脈診や体温測定はやらんのかな?

 

・医師は「症状が消えた」というところに着地させたいのであって患者の意思・人生・死生観は無視できる特権を持っている?

 

・問診票の「お酒」欄に、正直に「週7日」と書いたのに、消化管潰瘍・出血、貧血、逆流性食道炎(ないけどね)、ピロリ菌除菌(カワイイピロリ君に何すんねん!)患者に対してツッコミなし、生活・食指導なし、って何をしようとしてるの?

 

・ガリガリガリクソン似で、口臭のある医師に歯周病菌の除菌と糖質摂取指導と運動指導をしてあげたくなってしまったこと

 

・自分の専門分野で加療をする方向にもっていくためには主訴と現症以外の、既往や生活習慣は喋ってくれるなオーラをマスク越しにビシビシ発すること。

 

何よりも、「医療の充実した街」というのは、

そんな無神経で上から目線の医療機関でも存続できるんだなぁ

大病院の医療従事者って、視線が冷え切ってる人多い?
そんな街で生まれ育った人々は、

「病院って、病気ってそういうもんでしょ?」と思ってる?

 

 

大きな力、大きな組織がしっかり機能できてる街というのは

安心して住みやすいという感想になるのだろうか。

これは、いち地方都市の姿というより、この国の姿そのもの。

今回のブログ、かなりネガティブにボヤいたように思う人もいるでしょう。

けど、ボヤキでは決してないのです。

ボヤいても始まらない。

ボヤいても変わらない。

変えようとしても変わらない。

 

こういう空しい思いを感じるたびに、同時に

「だからもっと自分らしく!」

「自分だけの、自分オンリー!」

「だからあなたもあなたオンリー!」と、

気持ちがリフレッシュされるのです。

 

ご心配には及びません。

先週末の午前9時半ピッタリに

「治った瞬間!」は実感しましたウインク

 

ちなみに、

「読脳で治せばいいじゃん!?」と思う方も多いでしょう。

「読脳」は病気症状を治すものではありません。

病気症状の原因に対し、自分がどう向き合うのか?を探求するためのもの。

人生を深め、自分と向き合うためのもの。

 

あらためて気付かせてくれて

病院大好き♥  病院有難う♡ゲラゲラ

 

 

 

 

 

次回の医院でのお話会(定員5名)

むし歯のキモチお話会@宮原歯科医院
6月1日(木) 13:00~

参加費3,000円

     下矢印下矢印下矢印

お申込みはこちらからどうぞ

 

「むし歯のキモチ」 歯

どこでもお話させていただきます。

お気軽にご連絡くださいニコニコ

miyahara_dc@yahoo.co.jp

 

ブログランキングに参加しています手紙

よろしければポチッと、お願いいたします土下座

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD