日本の伝統の心・大阪発!まつる心 自由自在

形にとらわれることなく「まつる心」を大切にした情報などを
お届けしています。【大阪・今宮戎駅前・宮岸仏具】


テーマ:
こんにちは、宮岸です。

地蔵尊提灯を飾る時期になりましたね。

今年の地蔵尊提灯の承りは終了いたしましたこと

お知らせ致します。


お子様の健やかな成長をお祈りいたします。






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お地蔵さんの日にお子様やお孫さんを連れて行かれたことがありますでしょうかはてなマーク

昔からお地蔵さんは、子供を守り育て見守る仏様として

地蔵盆や地蔵講や地蔵祭が行なわれています。

とくに、関西が盛んだったようで、町々に

地蔵尊を安置して、お供え物やお灯明をかかげて

ところによっては一晩中祭ったそうです。




お寺や地域で地蔵尊提灯をかかげてお祭する提灯は

こちらの3種類がございます。
これに、お子様の名前を書きます。


$日本の伝統の心・大阪発!まつる心 自由自在

九長ビニール・白 直径24cm・長さ55cm
九長ビニール・ピンク 直径24cm・長さ55cm 
九長ビニール・蓮彩色 直径24cm・長さ48cm



「お地蔵さんの豆知識」

地蔵菩薩は、釈尊の没後から弥勒菩薩が現れるまでの
56億7千万年の間の無仏の時代に、六道の衆生を救済する
菩薩であるといわれています。

閻魔大王との関係や餓鬼界の主などと言われるのも
この六道からきているのかもしれません。

元々胎蔵界曼荼羅の地蔵院の主尊ですが
お坊さんのようなお姿(比丘形)で現れるようになったのは
いつの頃からかは、はっきりしません。

中国で、まだ宗派が形成される前から信仰されていたようで
人々にとってもっとも親しい姿で現れるようになった
と考えられています。

日本でも平安時代中期から、末法思想とともに広く信仰され
鎌倉時代以後は、民間信仰と結びついて、賽の河原では
童子の救済者として和讃にまで、唱えられるようになりました。





店舗案内
店舗案内
営業時間:平日AM 9:30~PM 6:00   
日曜日・祝日 AM 10:00~PM 5:00
定休日:水曜日


アクセス
アクセス
【駐車場完備】
お車でお越しの折は、駐車場までご案内いたします。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。