宮川豊史の東久留米ハッスルブログ

東久留米市議会議員・宮川豊史の活動報告です。
目が見えないという障害があるので、画面を読み上げる音声ソフトを使って書いています。
基本的に毎日更新しますので、無党派・無所属、100%市民派の宮川豊史だからこそ出来る本音トークを、どうぞお楽しみください。


テーマ:

小池百合子都知事が、東京オリンピックの経費を出来るだけ削減するために、懸命の努力を続けています。
普通の都民の立場から、小池都知事を全力で応援します。
しかしながら、都民から預かる税金を節約するという都知事として当たり前のことをしているにも関わらず、
なぜこうも協力的でない人が多いのか、全く理解出来ません。
マスコミはそれを「劇場型政治」として、おもしろおかしく報道していますが、
普通の都民の立場からすれば、とても笑っていられません。
税金の節約の邪魔をしようとする人達に対して、みなさんもっと怒っていいと思います。

税金を節約するのは、いつも「本気の戦い」であるのは、東久留米市でも同様です。
残念ながら、今の東久留米市議会に税金の節約に全く興味がない議員がいるのは事実です。
先日もそのような議員と一触即発の事態になりかけましたが、そんな議員と言い争っても意味がないので自分の感情をきちんと押さえ込みました。
ですが、議会の場では一切遠慮するつもりはありません。
明日からいよいよその「本気の戦い」が始まります。
東久留米市のさらなる改革を求める市民のみなさんの代表として、全力で頑張ります。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

非常に重要な議案が、あっさり通ってしまいました。
もちろん、私は大反対です。
理由は二つ、ギャンブル依存症と治安維持です。

ギャンブルは、一度はまってしまったら、簡単に抜け出すことは出来ません。
だからカジノはもうかるのです。
安易な金儲けに手を出せば、その裏で多くの人の人生を狂わせます。

そして、カジノ運営には、さまざまな犯罪集団が入り込もうとして来ます。
今の日本にそれらをすべて排除する治安維持能力などないと私は考えています。

メリットとデメリットを比べた場合、カジノは明らかにデメリットが大きい。
カジノ法案に賛成したすべての議員は、そのことがわかっていないのです。
彼らの良識を、私は疑わざるをえません。
公明も、自民党のブレーキ役になると言いながら、その機能を全く果たすことが出来ず、本当に残念です。

カジノに手を出さなければいけないほど、日本経済は深刻だということかもしれませんが、
そのカジノに依存してしまえば、日本の経済は二度と立ち直ることはないでしょう。
決して踏み込んではいけない領域に、踏み込んでしまったというわけです。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

いよいよ12月議会が始まります。
今年も残りあと一ヶ月になりましたね。
今年の締め括りとして、今年最後の議会、全力で取り組みたいと思います。

12月議会の一般質問の通告は、すでに提出しました。
今回の私の一般質問は
「このまま並木市政が続けば、市民の負担は増え、行政の仕事は増え、予算の歳出は増え続ける。みなさん、それでいいんですか?」
と題して、8項目質問する予定です。

東久留米市は、来年の12月に市長選挙が行われる予定です。
ということで、来年3月議会に提出される平成29年度予算案は、市長選挙直前ということからも重要な意味を持ちます。
私はこれまで、並木市政に対峙する立場を示して来たつもりですが、
そう思っていない人がまだいるようなので、
今回の一般質問で、並木市長への対立姿勢を明確にしたいと考えています。

私の一般質問の順番は10番目です。
順調に行けば、12月8日の木曜日、午後3時40分から行われます。
私宮川豊史の意見に賛同する方もそうでない方も
並木市長を応援する方もそうでない方も
私が何を言うのか
それに大して並木市長がどう答弁するのか
ぜひ傍聴に来ていただきたいと思います。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日、12月議会の議案説明会がありました。
あと2週間後の12月5日の月曜日から、いよいよ12月議会が始まります。

早速、図書館に関するパブリックコメントで、大きなミスが発覚しました。
これにより今後の教育委員会の決定が、年内から年明けにずれ込むことが確定的となりました。

男女平等推進センター移転に関する議案も突然出て来ました。
現在、イトーヨカドー前の男女平等推進センターを借りている場所は、
今年度限りで返却しなければいけないとのことです。
その話は、事前に聞いてはいましたが、
その男女平等推進センターを市役所のどこに持って来るのか、詳しい説明は何もありませんでしたし、
そもそも12月議会に議案を提出するなどという話は、初めて聞きました。

並木市長は、緊急事態で説明する時間がなかったと言い訳しましたが、
議案説明会で議案としてすでに整っているということは、少なくとも一ヶ月前には男女平等推進センターの返却が決まっていたはずです。
そういう緊急事態が発生したら、まずはすぐ議会に報告すべきです。
その後の対応は、それから考えればいいのですが、
議会には何も報告せず、議会の意見も聞こうとせず、すべて自分で勝手に決めたことを、議会側に押し付ける。
こういう並木市政の議会無視の強引で傲慢なやりかたは、これまでと何も変わっていません。

それでいて、議会側と信頼関係を築きたいと平気で口にするわけですから、
並木市長の政治的資質を心の底から疑わざるを得ません。

私は9月議会で、「並木市政はブラックボックスだらけ」と散々言い続けました。
今月市民のみなさんに配られた市議会だよりでも、そのことを書きました。
ですが、これまで行政側からも、議会側からも、誰一人反論して来た人はいません。
並木市政、相変わらずブラックボックスだらけです。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

アメリカ大統領選挙で共和党のドナルド・トランプ候補が勝ちましたね。
どんなに巨大な権力を握っていたとしても、選挙によって一瞬で引き釣り下ろすことが出来る。
それが民主主義の最大の利点かもしれません。

トップが替われば、政治は大きく変わります。
東久留米市も、来年に市長選挙が行われる予定です。
ブラックボックスだらけの並木市政を変える大きなチャンスです。

昨日、東久留米市議会の大ベテラン政党所属一人会派議員から、市長選挙に出ないのかと聞かれました。
私は、これは冗談ではなく、真面目に聞いているなと感じたので、
「私は前市長のように器用に共産党から民進党までの支持を受けることは出来ないので無理ですよ」
と真面目に応えました。

もちろん、無所属でも市長選挙に立候補することは、不可能ではありません。
しかし、自民・公明という巨大勢力の支援を受ける候補者に対抗するためには、それ以外の勢力が結集しなければかなり厳しいというのが現実です。
そして、私のような自分の主義主張を貫くタイプの人間は、その旗頭にはなれないというわけです。

ただ、私もまだあきらめたわけではありません。
自分が立候補出来なくても、並木市政を変えるために、自分が出来ることは何かを、考え続けたいと思います。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。