宮川豊史の東久留米ハッスルブログ

東久留米市議会議員・宮川豊史の活動報告です。
目が見えないという障害があるので、画面を読み上げる音声ソフトを使って書いています。
基本的に毎日更新しますので、無党派・無所属、100%市民派の宮川豊史だからこそ出来る本音トークを、どうぞお楽しみください。

NEW !
テーマ:


今月から瓶・缶・ペットボトルの戸別収集が始まりました。
瓶・缶・ペットボトル、それぞれの収集日が違うため、一気にわかりづらく、不便になったと感じる市民のみなさんも多いのではないかと思います。

私は、瓶・缶・ペットボトルの戸別収集は、する必要がなかったと考えています。
なぜならば、今年10月からのごみ有料化以降も、瓶・缶・ペットボトルは無料で収集するからです。
無料で収集するということは、指定されたごみ袋に入れる必要がないわけですから、
これまで通り、集積所での収集でも良かったのです。
それなのに、瓶・缶・ペットボトルも戸別収集にすることによって、
ごみを出す側も、収集する側も、非常に手間がかかるようになってしまいました。

並木市長が十分に議論を尽くすことなくごみ有料化を実施しようとしたため、このような細かいところでいろいろな不備が出て来るのです。
これは並木市政の明らかな失敗だと思います。

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


今年12月24日に行われる東久留米市長選挙まで、あと5か月を切りましたが、
今年10月1日から実施される東久留米市のごみの有料化までは、あとわずか2か月と11日しかありません。
市長任期が終わるギリギリの次期に、すべての市民に関わる重大な問題のごみ有料化を駆け込みで実施するというのは、
改めておかしいと思います。
本来であれば、市長選挙において、きちんと市民の判断を受けてから実施すべきでした。
それを、市長選挙においてごみ有料化を争点にしたくないという並木市長のあくまでも個人的な理由から、
ごみ有料化の実施が早まってしまったことは、本当に残念でなりません。

私は、ごみの有料化そのものに対しては、多くの市民のみなさんが理解してくださっていると思っています。
その一方で、ごみ袋の値段、収集方法、収集回数などの詳細については、市民のみなさんの中にもまだまだ様々な意見があるので、
それらに関しては、私はもっと時間をかけて議論すべきだったと考えています。
ところが並木市長は、市民のみなさんとどころか、議会側とも十分議論をしないまま、ごみ有料化の計画を示して来ました。

私が一番心配しているのは、ごみ有料化実施まであと2か月というこの時期になっても、
10月1日からごみ有料化が実施されるということを知らない市民のみなさんが、まだまだたくさんいるのではないかということです。
もし10月1日からのごみ有料化の実施で、大きな混乱があったとしたら、
それは明らかに並木市長の責任です。
それだけ重大な決定をしてしまったということを、並木市長に改めて認識して欲しいと思います。

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


今年12月24日の東久留米市長選挙と合せて行われる東久留米市議会議員選挙においてのもう一つの注目ポイントは、
都民ファーストの会からの候補者が出るかどうかです。
現在、東久留米市議会に、都民ファーストの会所属の議員はいません。
もし都民ファーストの会の候補が当選することになれば、市議会においても新たな勢力が生まれることになります。

現段階において、補欠選挙の枠は二つです。
その2議席をめぐって、自民、都民ファースト、共産の候補が争うことになれば、
激しい選挙になることは間違いありません。
もちろん、もっと候補者が増える可能性だってありますし、そうなればさらに激しい争いとなります。

市長選挙も、市議会議員補欠選挙も、共に都民ファーストの会からの候補者が出れば、協力して選挙を戦えるわけですから、
これは最有力候補となります。
ただ一方で、都民ファーストの会が「東久留米市」で何をするのかということが、非常に問われて来ると思います。
市政なのに「都民ファースト」という言葉に、違和感を感じる人もたくさん出て来るでしょうね。

私ごとで恐縮ですが、本当に東久留米市のために活動したいのであれば、
「無党派・無所属、100%市民派」に、まさるものはないと思います。

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


こちらのハッスルブログでもこれまで何度も書いている通り、今年の12月24日に東久留米市長選挙が行われます。
市長選挙の告示日は12月17日ですので、あとちょうど5か月ということになりますね。

そしてもう一つ忘れてはいけないのが、この市長選挙と合わせて、東久留米市議会議員の補欠選挙も行われるということです。
先日の都議会議員選挙で、二人の市議会議員が辞職して立候補したため、
少なくとも2名の市議会議員の補欠選挙が行われます。
もし、市長選挙に市議会議員から立候補者が出ることになれば、さらに増える可能性もあります。

補欠選挙ではありますが、今の東久留米市議会にとっては、非常に重要な意味を持ちます。
なぜならば、今の東久留米市議会は与党と野党の議員数が拮抗しているからです。
東久留米市議会議員の定数は22名。
それが現在20名となっています。
そこから議長をひとり除いて19名の議員がいます。
その19名の中に、自民が4名、公明が5名、合わせて9名います。
19名の過半数は10名ですので、自民と公明を合わせても、並木市長を支える立場の与党の議員数は、過半数には達しません。
新しい市長が誰になるのかと合せて、
この2名の議員がどの政党の議員になるかで、市議会の勢力図も大きく変わるというわけです。

衰退傾向の今の自民が、補欠選挙で2議席共獲得するとは極めて考えにくいですが、政治のせ世界は何が起きるか解りません。
これからのそれぞれの政党の動きが注目されます。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


今から8年前の2009年、日本の政界で何が起きたのか。
まず、7月の東京都議会議員選挙で、民主党が圧勝。
次に、8月の衆議院議員選挙でも民主党が圧勝し、政権交代を実現。
そして、12月に行われた東久留米市長選挙においても、民主党推薦の候補が当選しました。
2009年は、国政においても、都政においても、市政においても、政権交代の1年となりました。

今年2017年は、まずは都議選において自民党が第惨敗し、都民ファーストの会が大躍進を遂げました。
今年中に衆議院の解散総選挙があるかどうかは解りませんが、
もしあるとすれば、都民ファーストの会が国政においても何らかの行動を起こすのはほぼ確実です。
そして、12月の東久留米市長選挙においても、都民ファーストの会から候補者が出るかどうかが最大の注目ポイントとなります。

政治というのは、変わらない時は、何をどうしても変わりませんが、
一度変革の流れが生まれたら、一気にガラッと変わるものです。
はたして、2009年の民主党のように、都民ファーストの会が2017年を政権交代の1年にすることが出来るでしょうか。

改革を進める立場である私とすれば、
今の自民党ではこれ以上、歳出削減をともなう改革は出来ないと考えているので、
政権交代が起きることを望んでいます。
しかし、2009年の民主党のように、政権交代は起きたが、実際には何も変わらず、多くの国民・都民・市民の期待を裏切ったという前例もあります。
同じ過ちをくり返してはいけません。
都民ファーストの会が本当に改革に取り組むのかどうか。
今はまだ未知数です。
大切なのは政権交代ではなく、政権交代をして何をするのかということを、常に心がけてほしいと思います。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。