1 | 2 次ページ >> ▼ /
2009年09月22日(火)

友達と2人ネイル~ヴィトン風ネイル~

テーマ:ネイル

土曜日は友達と2人ネイルでした。


◆コタチョコ写真集◆

友達作eriネイル

いつものシンプルネイルです。。。

カルジェル37番でのグラデーション。


◆コタチョコ写真集◆

eri作友達ネイル

ベースはアイシャドウを混ぜたベージュ。

そしてシールを貼りました。


◆コタチョコ写真集◆

ヴィトン!

◆コタチョコ写真集◆
ヴィトン!!


可愛いでしょう~。

(※海外で購入したもので、正規品ではありません)

シンプルだけどゴージャスなネイルですラブラブ!

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2009年09月08日(火)

富士山登頂記⑦

テーマ:国内旅行

富士山のお鉢めぐりは一周約90分。

実は、富士山頂はこのお鉢めぐりの途中にある観測所の3776mらしいです。

一番頂上を目指していざ再出発!



◆コタチョコ写真集◆

富士山の火口はとても大きく深いです。


◆コタチョコ写真集◆

道のりは平たんだったり、岩場だったり。

観測所付近はさらに急勾配の上り坂で本当に辛かったです。

eriは大丈夫でしたが、友達が高山病でダウン寸前でした。

途中にはポストがあり、そこから手紙を出すことが出来ます。

eri達も、本八合目の山小屋で富士山絵葉書を購入し、投函しました。

富士山の大きな消印を押してくれるんですよ。


◆コタチョコ写真集◆

頂上からの風景。

下まで一望出来ます。


お鉢めぐりをどうにか終え、休憩する間もなく下山です。

登りも辛いが下山はもっと辛いと聞いていましたが、

変化のない砂礫の道を延々と下り続けるのは予想以上に大変でした。


◆コタチョコ写真集◆
下山時間は全部で4時間以上かかったと思います。


1泊2日の富士山登山、予想以上に辛く険しい道のりで、何度も諦めかけましたが

こうして無事に下山出来て、満足です!

月並みですが、やれば出来るんだなぁ・・・としみじみと感じました。


皆さんも、機会があれば富士登山にチャレンジしてみてくださいね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年09月07日(月)

富士山登頂記⑥

テーマ:国内旅行

8月16日のご来光時間は4:53。

山小屋で暖をとった後は、ご来光が拝める場所で待機です。

やはりじっとしていると外は寒い・・・。

でも、だんだんと明るくなる空を眺めているとご来光への期待が高まります。


そして・・・

◆コタチョコ写真集◆
ついに、ご来光登場!!

◆コタチョコ写真集◆

雲の隙間からだんだんと太陽が昇ってきています。


◆コタチョコ写真集◆

綺麗だぁ~

◆コタチョコ写真集◆

これが、日本一の富士山から拝むご来光。


とても綺麗で感動的でした。

絶対に登れないと思った頂上。

さらに、天候次第では頂上に登っても見ることが出来ないので

本当に本当に良かったです。


ご来光の後は、富士山の火口を周るお鉢めぐりへ・・・。

これは、オプションで希望者だけが参加します。

eri達は、せっかくここまで来たから悔いが残らないようやれることは全て

やろう!ということで参加しました。

「ま、これまでの道のりに比べればそんなに苦労はしないでしょ」

なんて思って参加したのが間違いでした・・・。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年09月06日(日)

アップルパイ

テーマ:日記
◆コタチョコ写真集◆-090905_164334.jpg
アイスのせアップルパイ。
パイがサクサクして美味しいです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年09月06日(日)

富士山登頂記⑤

テーマ:国内旅行

0:30過ぎに本八合目を出発。

富士山の寒さは過酷だよ~と聞いていたため、

ユニクロのヒートテックインナー

Tシャツ

長そでシャツ

カーディガン

フリース

ウィンドブレーカー

ホッカイロ2個

と、出発から着込んでいましたが・・・暑いあせる


この日は、雨も風もなく絶好の富士山日和でしたので

耐えられる程度の寒さで、むしろホッカイロのせいで汗だくになるくらいでした。

天候に恵まれて本当に良かった・・・。

富士山登頂は天候次第だと、本当に実感しました。


本八合目から頂上までは険しい岩場が続きます。

しかし、山小屋で高山病を克服し、体力を回復したeriにとっては

これまでの道のりに比べれば気分も晴れ、きついけれど体は軽く感じました。

でも、友達の高山病は治らず辛そうだったな~しょぼん


九合目の鳥居を通過し、いよいよ見えてきた頂上の鳥居。

「あれそうかな~?」

「いや、ガッカリトラップがあるからあれは違うんじゃない?」

(※ガッカリトラップとは、TVで放送されていた富士登山特集で出てきたものです)

なんて会話を交わしながら、

「やっぱりここだよ~」

「じゃあ皆で!!」

と、4人で手をつないでせーの!で頂上へ到達しました!


頂上~!!

ついた~!!

やった~!!


本八合目から頂上までは約3時間。

富士山渋滞を計算して早めに山小屋を出発しましたが、予定よりも早く着いたようです。


八合目あたりで高山病を発症し、普段の体力不足を痛感し、

絶対にたどり着けないと思っていた頂上。

本当に本当に4人揃って登頂出来て良かったと思います。


富士山のご来光予定時間は4:53。

それまでは頂上の山小屋で1杯500円の缶のコーンスープを飲んで暖をとります。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年09月05日(土)

富士山登頂記④

テーマ:国内旅行

七合目から八合目も距離が長く辛い道のりでしたが、

八合目から山小屋のある本八合目までもかなり長く辛い道のりでした。


登山を後悔する余裕もなく、無心で登り続けるeri・・・。

スティックを1本しか持参していませんでしたが、もう自分の体を支える事もできず、

旦那のスティックを借りて、スティックでどうにか体を支えながらの登山。

本格的な高山病が始まり、頭痛と気持ち悪さからダウン寸前でしたが、

「とにかく酸素を吸おう」

とだけ思い、スー・ハーと、呼吸だけに意識を集中しました。


その時のeriはまったく気づいていませんでしたが、友人から

「eriを追い越していくひと皆が、eriの顔を覗いて行ってたよ~」

と(笑)

友人曰く

「ロードオブザリングのゴラムみたいだったよ」

と(笑)

確かにそんな感じだったと思う。


旦那にeriのリュックを持ってもらい、無心で登り続け

ようやく宿泊場所である山小屋に到着!!!

絶対にたどり着けないと思っていた山小屋に到着です~!!

◆コタチョコ写真集◆

この時の写真は笑顔いっぱいピースサイン。

「トモエ館」という山小屋でしたが、思わず

「トモエ~!!!」

と叫んでいました(笑)

不思議と、本八合目に着くと高山病がかなり楽になってました。

12時くらいに五合目を出発し、山小屋のある本八合目に到着したのが19時前。

途中、休憩を挟みながら5時間の道のりでした。


eriは潔癖症までいきませんが、少し気を使うタイプ。

「山小屋には出来れば泊まりたくないな・・・」

「山小屋で絶対寝れないよ~」

と思っていましたが、この日ばかりは山小屋が天国に見えました(^^;

山小屋でハンバーグカレーの夕食を頂いた後は、念のため頭痛薬を飲用し、

少し仮眠をした後は0:30に頂上へ向けて出発です!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年09月04日(金)

富士山登頂記③

テーマ:国内旅行

七合目の山小屋に到着すると、貧血を起こしたeri。

少し頭痛がしていましたが、これは高山病よりも貧血だ!と思い、

持参していたキットカットとゼリー飲料で急いで糖分補給。

暫くすると貧血は納まりましたが、頭痛は取れず。

それでも、短い休憩後に八合目を目指し出発しました。


ちなみに、私達を頂上まで案内してくれるガイドさんは

週に5回前後も富士山に登頂しているらしいです!

私達を案内する時も、その日の午前中に下山したばかりでした。

見た目はとてもお若く見えましたが、40代だったらしいです。

凄いなぁ~。


七合目から八合目も岩場よりも砂れきの坂。

ここから段々と高山病がひどくなり、頭痛と胸焼け?と酸素不足で

辛かった・・・。

途中なんども

「どうして富士登山なんて考えたんだろう・・・」

「もう下山したい・・・」

「もうヤダ・・・」

と後悔の嵐。


頂上に行ける気なんて、100%していませんでした。


◆コタチョコ写真集◆
八合目の山小屋にて。

うっすらと夕焼けが始まり、景色は綺麗ですね~。

しかし、この時はもう景色を楽しむ余裕なんて無し。

この時の写真も笑顔はなく、友達には「亡霊がいる」と言われたほど(笑)


少しの休憩後、宿泊予定の山小屋を目指し出発です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年09月03日(木)

富士山登頂記②

テーマ:国内旅行

六合目から七合目までは1時間ちょっと。

七合目までも急な岩場などはなく、比較的登りやすい行程でした。

ちなみに富士山には水がないため、トイレは有料です。

場所によって100円~200円の使用料を支払います。

しかし、水がないため有料でも綺麗とは言えず・・・。

しかし、お手洗いを我慢するとなかなか行ける機会がありません。

eriはそれで少し苦労しましたあせる


七合目を過ぎると深い霧が晴れて、少しずつ景色を楽しめるようになりました。

◆コタチョコ写真集◆
霧が深いの分かりますか??

こんな行列が頂上までずっと続いていました。

◆コタチョコ写真集◆

雲上です。

◆コタチョコ写真集◆
見事な景色でした~。

しかし・・・霧が晴れてスッキリしたのと反対に、eriの体調は急下降・・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年09月02日(水)

富士山登頂記①

テーマ:国内旅行

8月15日から16日にかけて、富士山に登ってきました。

遅くなりましたが、富士山登頂記を書きたいと思います。

本当は登頂の感動と苦労が消えないうちに書きたかったのですが、

少々忙しい日々が続き遅くなってしまいました。

頑張って色々思い出しながらアップしますね。


登頂したのは、友人2人と旦那・eriの4人。

頂上まで登山ガイドが付く1泊2日のツアーです。


出発は新宿駅西口、午前7:30。

集合場所に着くと、物凄い人!!

ここ数年の富士山ブームのせいか、若い女性グループが多々いました。

新宿から富士山五合目までは高速バスで移動です。

富士山五合目に到着したのは10:30過ぎ。

ここも凄い人・人・人~!!!

そして肌寒い!!!

この日の五合目は凄い霧で、ひんやりとしていました。

五合目で既に標高2000m以上はあるため、本来ならばここでゆっくりと体を慣らす

のですが、この日は登山渋滞のため、休憩時間を短くして早めに登山が開始されました。


五合目の休憩所から、なだらかな下りがしばらく続きます。

10分程するとやっと登山口が見え、ここから本格的な富士山登山が始まります。


五合目から六合目までは、岩場となだらかな上り坂です。

この段階ではキツイと感じることはなく、楽しく会話をしながら登山が出来ました。

ただ、霧が凄く、髪から滴が落ちるほどでした。

友達はてるてる坊主をリュックから下げていましたが、湿ってすでにヨレヨレ(笑)

六合目までは1時間ほどで到着し、休憩しながら

「全然余裕だね~」

「富士山ってこんなもん?」

「すっごいキツイって聞いてたけど、大丈夫じゃない?」

と、友人と旦那は甘い会話を交わしていました。

eriは日頃の運動不足を密かに感じ、心の中に不安を抱いていましたが・・・。


ちなみにeriは2度目の富士山登山です。

1度目は、小学校5年生か6年生の時で、家族と親戚と登りました。

その時は親戚のお兄ちゃん達は頂上まですんなりと登りましたが、

eriは親戚の叔母さんが八合目で高山病に掛かり、母と姉が八合目半で断念し、

しばらくeri一人で頂上を目指したものの、寂しくなり九合目手前で断念したのです。


その時の頂上まで行けなかった悔しさがあり、いつかは頂上まで登りたいと思い、

今回、「私、登山は嫌いだけど有名な山は制覇したいの」と言う友達と富士山登山を発起し、

4人で登る事になりました。


休憩のペースはガイドさんが管理します。

手短な休憩の後、いざ六合目から七合目を目指します!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年09月02日(水)

おはにゃ〜

テーマ:日記
◆コタチョコ写真集◆-090901_120657.jpg
今朝も涼しくて過ごしやすい一日になりそうですね。
腰はだいぶ良くなりました~。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。