Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ

30歳代から釣りを始めた中年アングラーの釣りブログです。釣りを始めるのが遅かったから、若人みたいに
技術が向上する訳でもなく、それでもお魚さんと出会いたいために、頭を使って釣りをしています。


テーマ:
昨日は夕方から出張だったので、午前の仕事を終えてからの少しの時間、琵琶湖に浮いて
サクッとチェックしてきました。


    場所:いとしの某所
    天気:晴れ晴れ ほぼ無風(一昨日と大違い)
    気温:21℃あせる
    水質:クリア

一昨日と違って、琵琶湖は無風で凪っています。

これは釣りやすい。バスのご機嫌はどうか...



さて、短時間ですので、ミーヤン3号にはエレキを搭載せず、魚探もなく、経験から水深2~6mの
ポイントをサクッとチェックです。

水深2mのポイントいきなり元気が良い引きのバスがヒット! そしていきなりフックオフ叫び

引きからすると35㎝くらいだった感じ...べーっだ!

ま、喰いが浅かったのでしょう。これは放っておいて次々チェックしないと時間がないグー



各水深で元気なのは小バッチばかり。それもフックアップしない小バッチが多いですね。
小バッチが釣りたいわけじゃないからフックアップしない方が時間短縮になりますべーっだ!



さて、水深3mのボトムで重いもたれアタリ。根掛かりかと思いましたがロッドティップに
生命感があったため合わせ、ヒット!!

結構強い引きと重量感です。それでもドラグは働かないくらい。
あちこち逃げ回って楽しませてくれたのは、



141030 40cmバスいとしの某所1 141030 40cmバスいとしの某所2


40㎝のヨン様ニコニコ

グッドコンディションのバスです。嬉しいですね。早いうちの40アップは勇気が出ますわグッド!



それからも小バッチ攻撃の中、たまに30アップがヒットします。



水深4mのポイントでまたまた重いもたれアタリ。 合わせるとヒット!!

始めは30アップかと思ったのですが、いきなり良い引きに早変わりして、ラインを引き出して
くれます。
良い感じの強い引きを披露してくれたのは、



141030 41cmバスいとしの某所1 141030 41cmバスいとしの某所2


41㎝のヨン様ニコニコ

このバスも秋バスらしいグッドコンディション。



これからしばらく小バッチ攻撃が続く中、たまの30アップというパターンは続きます。



そろそろタイムアップかなって考えて、一番最初に30アップをバラしたポイントを探っていると
重いもたれアタリビックリ 合わせるとヒット!?

これは先ほどの40アップよりも強い引きと重量感です。ドラグが鳴りラインが引き出されるので
かなり強い引きですね。ウィードに逃げ込まれたらラインブレイク必至なので、慎重にやり取りして
勝負ありパー





141030 48cmバスいとしの某所1

141030 48cmバスいとしの某所2

141030 48cmバスいとしの某所


48㎝・3lbの大ヨン様でしたニコニコチョキ

ゴンザレスにはあと少しでしたが、さすがにこのサイズになると引きが強いですね。


このバスを最後にストップフィッシング。



1時間40分、サクッと回って、

小バッチ×15尾以上、30㎝、32㎝、34㎝、40㎝、41㎝、48㎝

の釣果でした。


もともとの予定が短時間だったのですが、結構良い思いができました。

いとしの某所、いいですねグッド!





  <昨日のタックル>
   シマノ ワールドシャウラ 2651F-2
   シマノ ツインパワー2500S+夢屋スプールF6
   サンヨーナイロン GT-R F.C 6lb
   ミーヤン3号(Bee BUP-146ST)
AD
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
寒くなりましたねぇ。いよいよ冬の気配がしてきました。

そんな中、昨日のお昼からいとしの某所をチェックしてきました。




    場所:いとしの某所
    天気:晴れ晴れ 強い北風台風
    気温:17℃
    水質:ややマッディ


一昨日・一昨昨日に強風のため荒れてしまったためか、水質はややマッディで、千切れた
ウィードと岸で刈り取ったはずの草が多数浮いています。

昨日も強い北風で、50㎝クラスの並みが引っ切りなしに押し寄せてきていました波波波




まずは前回デカバスが出た水深2m弱のポイントをチェック。
小バッチのみ...



少しずつ移動しながら水深6mのポイントまで探ります。



水深2.5mのポイントで重いもたれアタリ、合わせるとヒット!!

141029 36cmバス いとしの某所

元気な引きの36㎝のバスをゲット。

秋のこのサイズは良く引きます



小バッチのアタリがあるものの、デカバスの気配はないですね。



水深3mのポイントでボトムのウィードに引っかかったのが外れた瞬間、重いもたれアタリ。
合わせるとヒット!?

先ほどの36㎝より明らかに強い引きですが重量感は今ひとつ。
あちこち逃げ回るものの直ぐに浮かせて勝負ありパー


141029 40cmバス いとしの某所 141029 40cmバス いとしの某所2

40㎝のヨン様でしたグッド!

ロッドがワールドシャウラ2651F-2ですので、このくらいの引きならリールのドラグは鳴きませんべーっだ!





水深5mのポイントでまたまた重いもたれアタリ、合わせるとヒット!!

141029 38cmバス いとしの某所

結構元気な引きをしてくれた38㎝のバスをゲット。




これ以降も一向に風が止む気配なし。

夕方からの仕事があるために実釣2時間弱でストップフィッシング。

小バッチ×15尾以上、30㎝×2尾、32㎝、36㎝、38㎝、40㎝の釣果でした。



う~ん、やっぱりムラがあり、当たり外れの差が大きいですね。
今後、どうなることやら...ガーン





  <昨日のタックル>
   シマノ ワールドシャウラ 2651F-2
   シマノ ツインパワー2500S+夢屋スプールF6
   サンヨーナイロン GT-R F.C 6lb
   エレキ搭載ミーヤン3号(Bee BUP-146ST)
AD
いいね!(3)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
ワールドシャウラ2650FF-2 を使っていて、ティップにラインが絡んたときに接続部を外して
ラインの修復をしていると、コラボしている大概のバサーは、ワールドシャウラって2piece
だったんだと驚きます。


ws2650ff2 19



バスロッドの世界では、

1piece = スペシャリティロッド。高性能。高級品。
2piece = モバイル優先の安価なロッド。高性能とは言えない。高性能であっても
       海外などの釣行時に携行しやすいように2pieceにしている。


というイメージがありますね。



確かにこのイメージは間違ってないと思います。
入門用の安価なロッドは大概2pieceですもの。



しかし、ワールドシャウラは高級・高性能ロッドでもほとんど2pieceなんです。
一番短い、5ft 8inchの1581F-2でも2piece(一部モデルは3piece)。



また、2pieceといっても一部モデル以外はセンターカットではなく、かなりバット寄りで
カットされています。

ws2650ff2 2

いわゆる、

               “ワン・アンド・ハーフ”

ってヤツです。


そうなると、携行性を考えて、2pieceにしたのではなく、別の目的があって2pieceにしている
のですね。





開発者の村田基氏によると (動画はこちら )、

 高弾性カーボン→感度が上がる反面折れやすい。
 低弾性カーボン→反発力が強く折れにくくなるが、感度は劣る。

1pieceでロッドを作ると、高弾性カーボンか低弾性カーボンのどちらかを使うことになり、
必ず利点・欠点が出てしまう。
自然、高弾性カーボン・ロッドはワーミングやジグなど底物のスローテンポな釣り用。低弾性
カーボン・ロッドは巻物中心となり、ワーミングにも巻物にも使えるオールラウンドなロッドとは
なりづらいガーン


そこで考え出されたのが、ワン・アンド・ハーフです。


ティップからベリーは低弾性カーボンで、バットは高弾性カーボンで作り、食い込みが良い
ティップと粘りがあるベリー、パワーのあり高感度のバットというロッドができあがった訳です。


しかし、これだけでは感度が犠牲になりがちなので、

・通常される塗装した上でウレタン樹脂等で厚塗りコートするのではなく、チタンセラミックコート
 をすることにより、感度と同時に高級感を与える。
レインボーチタンセラミックコート
ハイパワーXとスパイラルXを採用することで、圧倒的なパワーとトルクと粘りをブランクスに
 与え、細身にすることで繊細な感度を向上。
スパイラルX・ハイパワーX
・ブランクスシャフトを細いものから太いものまで各部で分け専用のグリップで完成。ブランクス
 とグリップの間に大量の接着樹脂を挟まないことで、ブランクスで得たストライクをそのまま
 シートに伝えるだけではなく、さらに増幅させ、グリップに伝える。
WSグリップ


という工夫がなされています。

いくつもの独創的で贅沢な工夫の上に、スローテンポでもハイテンポでも高レベルでこなすこと
ができる真のオールラウンドなロッドが出来上がったということでしょう。

そのための、

               “ワン・アンド・ハーフ”

だった訳ですね。






ワールドシャウラ2650FF-2は堂々、今のメインロッドです。

そうなると同じスピニングでももう1本欲しくなりますが、何せ高級ロッドですので、
先立つものが...ガーン
同じ金額を出すのであれば、新しいフローターも手に入るし... うぅ...悩ましい叫び


なんていってても、もう1本、ワールドシャウラ2651F-2を手に入れてしまいましたからべーっだ!



   関連記事:ワールドシャウラ 2650FF-2来ました (^o^)V
          真・衝撃のメガポンドpart3 今年もモンスター出現(ロクマル捕獲)
          ワールドシャウラ2650 FF-2短期インプレッション
          ワールドシャウラ2650FF-2に対する考察(中間インプレ)
          ワールドシャウラ 2651F-2 来ました
          Viva!いとしの某所 衝撃のWS2651F-2入魂






シマノ ワールドシャウラ 2651F-2/株式会社シマノ
Amazon.co.jp

シマノ(SHIMANO) ワールドシャウラ レッドタイプ スピニング 2650FF-2/シマノ(SHIMANO)
Amazon.co.jp



シマノ(SHIMANO) ワールドシャウラ 2651F-2
シマノ ワールドシャウラ 2651F-2







シマノ(SHIMANO) ワールドシャウラ 2650FF-2
シマノ ワールドシャウラ 2650FF-2




AD
いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
以前から気になっていましたが、ここに来てお調子乗りが過ぎましたね。

テレ朝「報ステ」プロデューサーら7人処分へ 川内原発報道の
不適切編集



報道ステーションは反原発の報道を繰り返していましたが、ここまで来ると異常としか
言いようがない。

吉田証言の問題であれほど叩かれた朝日新聞グループだったのに、全然反省の色が
ない。

古舘伊知郎氏が意図的に反原発発言を繰り返していたのを苦々しい思いで見ていま
したが、事実誤認の報道ではなく、故意に事実を曲げて報道をしたんじゃ、もうマスコミ
としての体を成していないと思いますよ。


なぜ、プロデューサーら7人の処分だけで、声高に報道していたキャスターには責任が
ないのでしょうか?

報ステ・古舘氏「大きな間違いをした」と謝罪 規制委が「偏向編集」
と抗議

以前から気になっていたのですが、古舘伊知郎氏はキャスターでありながら自分の
意見を主張しすぎる。それは解説者がすれば良いことであって、キャスターは公明正大
な立場を貫くべきです。ゴメンナサイを言えば良いだけでは済まされないはず。


昔、中学校の授業で、報道は自分の意見を入れずに正確な情報を伝えなければなら
ないと教わった記憶があります。そんな義務教育でも教える報道の倫理を踏みにじって
いる報道ステーションにはもっと厳罰があってしかるべきだと個人的に思います。
いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
BackLash に注文していたフィッシング・ツール


フーターズ タングステンブレード PEシザーズ

フッターズ PEシザース フッターズ PEシザース2



が届きましたので、早速チェックです。

台紙がそのまま説明書になっています。

フッターズ PEシザース

ナイロン、フロロカーボン、PE専用のハサミとなっています。


中身を取り出すとこんな感じ。


フッターズ PEシザース1

何の変哲もないただのハサミですが、結構ズッシリと重量感がありますね。
これには正直驚きましたビックリ


作りは丁寧で、刃先は尖らさずに丸めているので、バッグに入れていてもクロスを傷める心配は
なさそうです。


フッターズ PEシザース2 フッターズ PEシザース3


刃を開いてみても、どこがタングステンブレードが分からないくらいの加工がされています。

PEシザーズによくある、刃にギサギザ加工されているので、PEがカットできるんですね。
実際にPowerPro 0.8号をカットしてみると、テンションをかけていないのに、結構スパスパ
切れますね。これは凄い!!


でも、耐久性などは不明で、口コミなんか全くないので、どう判断したモノやら。


小生はPEを使うことはほとんどありませんので、ナイロンとフロロカーボン糸が問題なく
切れて耐久性があればそれでいいんですべーっだ!

そういう意味ではこのハサミは及第点を付けられそうですグッド!
いいね!(5)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日、

     洋風居酒屋 おばんざいバイキング& BAR  ひげ
           

で開催された元ダウンタウンブキウギバンド(Guitar)の和田静雄さんのライブ
参加して来ました。

和田静雄さんライブ ひげ



こぢんまりした店内の一角で、和田静雄さんのギターを始めとする、ベース、ドラム、
キーボードのカルテット(?)構成での1時間弱のライブでした。


和田静雄さんライブ1

和田静雄さんライブ2


“サクセス”や“スモーキング・ブギ”など、ダウンタウンブギウギバンドのヒットチャートを
迫力あるバンドの大音量で楽しめるライブ。
同じ時代に青春を送ってきた年齢層の方々には良かったみたいですね。

私には時代が合わなかったのか、やや感銘に薄い感じでした。

今聞き直すと、確かにロック調ではあるものの、いかにも日本人特有の湿度が高い
ワルの青春賛歌、もしくは恨み節的な暗さを持った曲がほとんどですね。
これが好きな人には堪らないようで...

結局、演歌をロック調に仕立てた音楽というのが最も適しているでしょか?

欧州のロックのように、軽快なビートで心も軽くなるって音楽ではありません。
ま、その時代背景を色濃く残していると言えばいいのでしょうね。
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日は早朝から、いとしの某所のチェックをしてみました。

数日厳しい状況が続いていますので、朝間詰めはどうなのか確かめたくなったわけです。



    場所:いとしの某所
    天気:晴れ晴れ
    気温:12℃
    水温:17℃
    水質:クリア


東の空が明るくなってくる頃、現地に到着。既に沢山のクルマが駐車されています。
急いで出撃の準備、愛艇ミーヤン3号にエレキと魚探を装着。早々に出航。



午前6時から実釣開始グー



一昨日に41㎝をゲットしたポイントが気になるので、昨日もまずはここをチェック。
数投しているうちに、重いもたれアタリビックリ 合わせるとヒット!?

一昨日にゲットした41㎝より明らかにパワフル。これは大型に間違いなしラブラブ!

近くにストラクチャーがあるため、そちらに逃げるとラインブレイクは必至あせる
ワールドシャウラ2651F-2 の性能を信じ、リールのドラグは締めたままでラインをできるだけ
出さないように、上半身とロッドのストロークでバスの強烈な引きに耐えます。

何度もロッドの半分以上が水中に引き込まれながらスリリングなやり取りをして浮いて
きた姿を見て、

                  “デカ!”

それでも水中に突っ込もうとしますが、何とか弱らせてフローターの側に寄せて勝負ありパー





141026 56cmバス いとしの某所2
141026 56cmバス いとしの某所3




56㎝、6lbのスーパーゴンザレスでしたニコニコチョキ

“やっりぃ、やりっ、やりっ、やっりぃ~!”

ロクマルとはいきませんでしたが、体高があってブリブリのグッドコンディションです。
ファーストヒットはこれですから、たまりませんねべーっだ!

でも、ロッドの性能で上げさせてもらったようなデカバスですわあせる





もう一度同じポイントを探ると、コツッとしたアタリでこんなバスがヒットニコニコ






18㎝の小バッチですビックリマーク くわえているスパテラ4インチがでっかく見えますねにひひ

56㎝と18㎝が同居する、そんなポイントですわ汗









しか~し、これからがいけません叫び

40アップが複数釣れるかと思いきや小バッチ天国です。極たまに30アップが交ざる程度。

いろいろな水深を探ってみましたが、状況は変わらずガーン



午前8時から、市あげてのイベントがあり、近くの漁港もそのイベントの一つを予定していて、
より沢山のクルマが集まってきましたので、ワタシはストップフィッシングパー
早く駐車スペースを開けてあげなきゃ!



2時間粘って、小バッチ×15尾、30~33㎝×3尾、56㎝の釣果でした。



デカバスはゲットできましたが、出会い頭の事故みたいなものですから、厳しい状況には
かわりありませんね。


ま、デカバスをゲットできただけでも大成功ですがねべーっだ!


141026 56cmバス いとしの某所1

141026 56cmバス いとしの某所

イベントに来ていた子供達に56㎝を見せてあげたらビックリしていましたよ(笑)




  <昨日のタックル>
   シマノ ワールドシャウラ 2651F-2
   シマノ ツインパワー2500S+夢屋スプールF6
   サンヨーナイロン GT-R F.C 6lb

   アブ ホーネットキラービーHKC-611LS MGS
   シマノ ラルデバランBFS XG-L+Availスプール
   サンヨーナイロン GT-R F.C 6lb

   エレキ搭載ミーヤン3号(Bee BUP-146ST)
いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日は土曜日、仕事も午前中で終わり。夕方5時から近くのホテルで学術講演会があり、
それまでの時間、琵琶湖に浮いてきました。



    場所:いとしの某所
    天気:晴れ晴れ
    気温:21℃
    水質:クリア


一昨日の時点ではややマッディだった水質も1日だけで改善。
やや千切れた水草が浮いていましたが、一昨日よりずいぶんマシ。

時間もないのでできるだけ準備に時間をかけたくなかったので、エレキ装着はなし。
フィンだけの移動ですので良い運動にはなりますよべーっだ!



まずは水深2mのポイントからチェック。

ウィードに合わせて小バッチのアタリはあるものの、よほど小さいのかフックアップせず。

そうしているうちに、コツコツしたアタリの後、ロッドティップに重みを感じたので合わせグー
ヒット!?

小バッチかと思っていたのに、結構強い引きです。
ドラグを緩めるといきなりラインを引き出すので、小バッチじゃないラブラブ!

元気の良い引きであちこち逃げ回った後に浮いてきたところをゲット。



141025 41cmバス  いとしの某所1 141025 41cmバス  いとしの某所2


41㎝の良型バスでしたニコニコ

幸先良い40アップグッド!







しか~し、これ以降が厳しい...ガーン


水深7mのポイントまで探りましたが、小バッチ以外は30アップがたまにアタる程度。


風も弱かったので各ポイントをじっくりチェックしたのですが、なかなか良型の気配なし。


何とか水深5mのポイントで38㎝のバスをゲット。

141025 38cmバス  いとしの某所



これが精一杯。


実釣2時間半弱で、小バッチ×15尾以上、30~35㎝×6尾、38㎝、41㎝の釣果。



惨敗ではないけれど、厳しいことには変わりなし。

回復には今少し時間がかかりそう...ガーン



  <昨日のタックル>
   シマノ ワールドシャウラ 2651F-2
   シマノ ツインパワー2500S+夢屋スプールF6
   サンヨーナイロン GT-R F.C 6lb
   ミーヤン3号(Bee BUP-146ST)
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近に連続で良い思いをしたフローターバッシングですが、昨日は惨敗でしたガーン



   場所:いとしの某所
   天気:晴れ晴れ
   気温:21℃ダウン
   水質:ややマッディ


昨日のお昼から2時間だけフローターに乗ったのですが、水質は明らかにマッディになっているし、
あちこちに千切れたウィードが浮いています。

どうやら昨日一昨日とかなり荒れた後ですね。しかも前回よりも気温が4℃ほど下がっているので、
厳しい状況かもしれないことはすぐに分かりました。



そうも言っていられないので、水深2mのポイントから順に水深7mのポイントまで探りましたが、
デカバスの気配は全く消えていました。

小バッチはそれなりにアタってくるのですが、40アップは難しいですね。


水深6mのポイントで37㎝のバスをゲットしたのが精一杯ショック!

141024 37cmバス  いとしの某所




2時間頑張って探って、小バッチ×10尾以上、30~37㎝×5尾の釣果でした。

141024 34cmバス  いとしの某所 141024 35cmバス  いとしの某所
  (写真は34㎝.35㎝)



う~ん、惨敗でしたね。水温低下や水質の悪化が原因でしょうか。

水質はここ数日で回復してくれるとは思います。




  <昨日のタックル>
   シマノ ワールドシャウラ 2651F-2
   シマノ ツインパワー2500S+夢屋スプールF6
   サンヨーナイロン GT-R F.C 6lb
   エレキ搭載ミーヤン3号(Bee BUP-146ST)
いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
楽天ショップに注文していた、


EVERGREEN リトルモンスター


リトルモンスター


が届きました。





LM

カラーはアユとパッションオレンジ。


早速、パッケージから取り出してみると、


LM ayu1 LM ayu2

LM ayu3


LM po1 LM po2
LM po3




さすがに天然素材、マラブーフェザー。柔らかくてフワフワですよ。パッケージの袋に
入れ戻すのが大変なくらい。このマラブーのおかげでトレーラーが不要なんですね。


清水盛三プロの説明では小さいとありましたが、想像していたより大きいです。


ジグヘッドマラブーと言えば、エリアフィッシングのルアーですが、有名どころでは
今は生産中止された、ATTIC うさちゃんじぐ です。

うさちゃんじぐ


これと比較すると、


LM po4

リトルモンスターの方が圧倒的に大きいのが分かります。




さて、このリトルモンスターをどんなタックルで使うかですが、3.5gなら普通は
スピニング・タックルでしょうね。





でも、ベイトフィネス・タックルで使ってみました。

   アブ ホーネットキラービーHKC-611LS MGS
   シマノ ラルデバランBFS XG-L+Availスプール
   サンヨーナイロン GT-R F.C 6lb

というバランスで。


バスの喰いどうこうではなく、キャスト練習と水中の感じを見たかったのですが、
上記のタックルなら全く問題なくキャストできますね。

水中で泳ぐ様はまんま小魚って感じ。ストップするとマラブーが少し開いて別の生物の
感じが出ます。どうも二面性を持ち合わせたルアーのようです。



まずはバスフィッシングで本格的に使った後で、エリアフィッシングにも試してみるつもり。

さて、どうなることやら...




エバーグリーン リトルモンスター 3.5g
¥756
楽天

【メール便可】【釣り】【EVERGREEN】リトルモンスター 5g【110】
¥728
楽天


いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。