Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ

30歳代から釣りを始めた中年アングラーの釣りブログです。釣りを始めるのが遅かったから、若人みたいに
技術が向上する訳でもなく、それでもお魚さんと出会いたいために、頭を使って釣りをしています。


テーマ:
ミッチェル408はアンティーク・リールでも小型スピニングリールとして有名ですが、
手持ちにある一番小さな、ツインパワーmg1000Sと比較してみました。

このツインパmgも結構古いリール(ARCも搭載していない)ですが、まだまだ現役で
去年は65㎝の超デカバスをプレゼントしてくれた優秀な愛リールです。


ツインパmgをコブレッティUnderpressure、ミッチェル408をアディクト63ULSに
装着して比較です。

ツインパmg1000S比較1

ツインパmg1000S比較2
どちらも収まりが良い感じ。若干ミッチェルの方が大きいですかね。
重心はミッチェルが中間、ツインパが前のめりな感じです。実際ロッドとのバランスを
考えると、ミッチェルの方が先重りな感じは少ないでしょうね。

フェザーリングはミッチェルの方が優秀。
ツインパmg1000S比較5 ツインパmg1000S比較4
         (スプールを一番上まで出した状態で比較)

巻き心地、スムーズネス、ドラグどれをとってもツインパmgが圧倒しています。
やはり設計時点の半世紀の差は大きいですよテヘッ

工業製品とだけ比べたら、ミッチェルが勝てる要素は重量バランスとフェザーリング
しかありません。


しかし、デザインを含めた、愛機としては意味が変わりますね。ツインパmgが50年後も
現役のリールとして活躍できるでしょうか?若き日の想い出として、大切に保管してもら
えるでしょうか?

それがミッチェルのミッチェルたる所以、偉大なところであると思います。


ツインパのことは後の世が証明してくれるでしょう。小生はこの世にはいませんが...

ツインパmg1000S比較3


AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近、フランスの熟女にはまっています。今日もそのネタテヘッ



ミッチェル408をロッドに装着して、ロッドを持つと感じることですが、

         実にフェザーリングし易い

ことです。



最近のアングラーはそれほど重要視しないみたいですが、スピニングタックルの場合、
フェザーリングをすることは、キャスティングの精度の向上だけでなく、ライントラブルの
減少、大物とのやり取りにも役立つテクニックです。

フェザーリングを実践するだけで、テクニックが2段階くらい上がると思ってください。




ただ、リールによってはフェザーリングし易いリールとしにくいリールがあります。


ミッチェルはフェザーリング前提のリールですから、そのセッティングが素晴らしいグッド!

教科書的なグリップをして人差し指を伸ばせば、指の腹側がスプールの上から横に
自然に触れるように出来ています。

mitchell408 9


これは本体から脚にかけての設計が優れているからでしょう。

横から見ると、フットから垂直に延びた脚が中間で微妙に後に折れ曲がっています。
これによって、ロッドとスプールまでの距離を調節し、人差し指を伸ばした位置にス
プールが来るように設計されているのです。

mitchell408 2



私がよく使うツインパmg1000Sでも、こんなにすんなりフェザーリング出来ません。
手の小さな女性など不可能に近い叫び
(アウトスプールのリールは手でベールを返すことが出来るので、ハンドルを持つ方の
手でラインの出を調節すればすむことですが、ちょっと面倒ですね)



50年前の設計とはとても思えないくらい、人間工学を考えて設計されているのですね。

      フランスの熟女は実は釣り人に優しい...


現在のメーカーも見習って欲しいところです。






ただし、実際にキャスティング→リトリーブ→合わせ→ファイト→取り込み
では、現代のリールとは違う手順が必要になります。

まず、ベールの返しは手で行ってはいけません。必ずハンドルを回してベールを返してください。
インスプール構造のため仕方ないことですが、これを守らないとベールが歪んでしまいます。

次に、最後の取り込み以外はアンチリバースはoffにしてください。ミッチェル社がそう勧めて
いるので、たぶんアンチリバーズ・システムの強度に問題があるのでしょう。

取り込み直前にアンチリバースをonにしてください。ハンドルを握ったままでもonできる位置に
スイッチが配置されていますので、戸惑うことは無いと思います。


現在とは違う考えの下、設計されていますので、この辺は慣れるしかないですね。特に、
ベールを手で返してはいけないのはなかなか慣れないですけれど...


   優しいはずのフランスの貴婦人も対応が悪いと
   不機嫌になりますよ
テヘッ





しかし、見れば見るほどスタイルが良い。この佇まいに惚れてしまうとミチェリストなんて
呼ばれるようになるんでしょうね(笑)
AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
フランスの貴婦人、ミッチェル408弐号機を手に入れたにも関わらず、ベールの
トラブルがあり、ベールスプリングやベールストッパー、ストッパースプリングの交換など、
いろいろな対処をしましたが、何とか使える状況にはなっています。

組み直し7



本当はベールスプリングを新調すればいいのですが、1970年代の壱号機のベールスプリングを
弐号機に移植しましたが、上手くいきません叫び



よくよく観察したり、ネット で調べると、ベールスプリングは1960年代製と1970年代製とでは
異なることが判明ビックリ


ローター自体もスプリングケースの深さが違うとのこと。
1960年代製の408用は4重巻コイル、1970年代製408用は5重巻コイルガーン


ネットで販売されいるベールスプリングは1970年代製の408用ばかりでした。

408ベイルスプリング1960年代用   408ベイルスプリング1970年代用
  弐号機のスプリング     ネット販売のスプリング
    (4重巻き)            (5重巻き)


あ~あ、そうなんだ...修復不能なんだ...ガーン



傷心もまま、part1 のように、ベールストッパー全体を入れ替えたり、ベイルストッパーの
バネを変更したりして対処していました。



そんな時、ネットオークションで4重巻コイルの408用ベールスプリングを見つけました。

408ベイルスプリング1960年代用net


速攻で入札・落札して、届き次第、弐号機に装着しベールストッパーのバネも元からのものに
戻しました。



408ベイrスプリング2 408ベイrスプリング1

左がネットで注文したもベールスプリング、右がトラブル起こした元のスプリング。
どちらも4重巻のコイルです。古い方はヘタってますねぇテヘッ



すると、新しいベールスプリングに取り替えた効果は抜群!!

全く問題なく機能しています。ベールの戻りも良好グッド!



ラインローラーが『付いている1970年代製のベールに交換してからトラブル続きですが、
問題はベールスプリングのヘタレだったようですテヘッ


紆余曲折があったものの、ミッチェル408弐号機のベール修復は一旦終了です。

        フランスの貴婦人にはご機嫌麗しゅうニコニコ


このベールスプリング、まだまだヤフオクで手に入ります(在庫がまだあるそうです)。
やや高価ですが、名機である1960年代の408のオーナーにとって朗報であることは
間違いなし!!

小生も予備でもう一つ頼みましたテヘッ

1960年代製の408オーナーの参考になれば良いですね。
AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今年こそは、筏の掛かり釣りを再開しようかと考えています。

短い竿で駈けたときのチヌの引きを一度味わうと、なかなか抜け出せない世界。



先日のフィッシングショー大阪2014で、心の師匠・工藤昇司さんにお会いしてから
チヌ釣り熱が再発してしまいました。

それは女流名人の嫁さんも同じテヘッ

フィッングショー2014 11 工藤昇司氏と






同じフィッシングショー大阪2014のダイワのブースで面白い素材の紹介がありました。

               “スーパーメタルトップ”

です。

掛かり竿の場合、穂先はグラスファイバーで作ることが多いのですが、感度がやや悪い。

ダイワの場合、以前カーボウィスカーいかだ飛龍シリーズ(古~)を出していましたが、
穂先がカーボンだったので、グラスファイバーより感度は良いのですが、すぐに折れました叫び

折れるという意味ではグラスファイバーも同様に良く折れますので、私の場合は自作して
いました。今も自作の穂先を使っています。

自作 竿2 自作 竿1





そこで、スーパーメタルトップですが、

   ・感度はカーボンよりは上
   ・耐久性は遙かに上で折れにくい

これは筏竿では都合が良い素材ニコニコ


このメタルトップを使っているダイワ製筏竿が


   “ブラックジャック イカダ メタルチューン”


blackjackikada



ダイワのHPによると、

今や船竿・磯上物竿・ルアーロッドと様々なシチュエーションで活躍するスーパーメタルトップ。カーボンを超える感度そしてグラスソリッドに匹敵する柔軟さ を併せ持つダイワ独自のテクノロジーを初めて搭載したのは2004年に発売された「極覇光」だった。この竿の穂先に採用されているスーパーメタルトップ は、その金属という素材の特性から、とにかくカーボンでは非常に折れやすい穂先が、巻き込んでも折れないという点で、それまでにないメリットをもたらし た。

そして「釣り」という点では、感度と柔軟性を兼ね備えた穂先が、チヌとの出会いをさらに魅力的なものにした。「ブラックジャック イカダ メタルチュー ン」においては、極覇光で使用したスーパーメタルトップの素材自体は変わらないものの、処理の仕方を更に進化させ、スーパーメタルトップの感度を大幅に増 幅させるショートコンセプトを採用。これにより操作性の向上も図られた。ショートコンセプトにすることで心配されるパワーへの不安は、節にV-ジョイント を使用したことで、むしろパワーの向上すら図られている。さらにタメが効き、驚くほどチヌの引きを感じさせず、大チヌでも暴れずにジワリ、ジワリと浮かせ ることのできるX45構造をブランクスに配置。
blackjackikada2 blackjackikada3

blackjackikada4

blackjackikada5


とのこと。



う~ん、これは欲しいですね。

ああ、困ったガーン

ワールドシャウラ以外に欲しいロッドが出てきてしまった...




嫁さん用に127とバイキング筏44を、ポチッしてしまいましたテヘッ




ダイワ(Daiwa) ブラックジャックイカダ メタルチューン 127 861755/ダイワ(Daiwa)
ダイワ(Daiwa) BJイカダ メタルチューン140/ダイワ(Daiwa)
ダイワ(Daiwa) BJイカダ メタルT 145M/ダイワ(Daiwa)
ダイワ(Daiwa) バイキング筏 44/ダイワ(Daiwa)



ダイワ(Daiwa) ブラックジャックイカダ メタルチューン 127
ダイワ(Daiwa) ブラックジャックイカダ メタルチューン 127






ダイワ(Daiwa) ブラックジャックイカダ メタルチューン 140
ダイワ(Daiwa) ブラックジャックイカダ メタルチューン 140






ダイワ(Daiwa) ブラックジャックイカダ メタルチューン 140B
ダイワ(Daiwa) ブラックジャックイカダ メタルチューン 140B






ダイワ(Daiwa) ブラックジャックイカダ メタルチューン 145M
ダイワ(Daiwa) ブラックジャックイカダ メタルチューン 145M

いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日、私の誕生日に長女がプレゼントしてくれましたクラッカー


セイコーの腕時計です。

長女の真心1 長女の真心2




チタン製の電波時計・パーペチュアルカレンダー付きで、ソーラー発電ですから、
電池交換も時間・カレンダー合わせも必要ありません。

高かったでしょうに、少ない給料を工面してプレゼントしてくれるとは...

良い子に育ちました。
いいね!(2)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日は管釣りに行きました。最近はバスフィッシングよりエリアフィッシングに傾いていますね。

それを後押ししているのがこれ、

 フランスの貴婦人、ミッチェル408弐号機

組み直し7


ですね。当然、連れ出してますよ。

意識なの道はこんな感じ。雪は両脇に寄せられていますよ。

14140223 雪道






  場所:朽木渓流魚センター・ルアーフィールド
  天気:曇くもりのち晴れ晴れ 風強し台風
  気温:0~3℃
  水質:クリア



スプーニングもプラッギングも試しましたが、やはり最終兵器しか釣果は出せませんねテヘッ

昨日も40アップのニジマスやロックトラウトはボチボチとアタっては来ますが、爆釣には
ほど遠いですガーン

午前7時スタートで、午前11時までの4時間でポイントを回りながら、40アップのニジマス
を中心に15尾程度
ですから、喰いは悪いウワーン






そうしているうちに午前11時過ぎ。普通じゃない感じの魚がヒットビックリ

重量感はそれほどではないけれど、強い引きを披露してくれたのは、32㎝のイワナでした。
(HP公開サイズだったのでキープ)


続いて、同じような感じの魚がヒット。少しドラグをならしながら上がってきたのは、

140223 36cmイワナ

36㎝のイワナグッド!
結構大きいですわ。

140223 36cmイワナと自分

これはネットに載せて頂きました。






その後、すこしずらしたポイントで、大きな魚影がルアーにアタックしてくるので、慎重に
タイミング見ながら合わせグー

かなり強い引きと重量感です。ドラグを鳴らしてラインを引き出しながら、あちこち逃げ
回ろうとしますが、何とかコントロールしてネットイン!!

140223 53cmニジマス

53㎝のニジマスでしたニコニコチョキ

     “やっりぃ!やり、やり、やっりぃ!”

140223 53cmニジマスと自分

久しぶりのニジマスの50アップ。最近、50アップというとロックばっかりだったので
嬉しいですね。
長さより体高が素晴らしい魚体でしたグッド!





この後も少ないながらアタリを取りながら釣り続け、8時間で

     ニジマス・ロックトラウト
        32~38㎝× 5尾
        40~54㎝×20尾
     イワナ
        32・36㎝各1尾


の釣果でした。




140223 1 140223 2

140223 3 140223 4

140223 5 140223 6

140223 7 140223 8



フランスの貴婦人も活躍してくれましたが、綺麗に写ってますか?

数には不満がありますが、型が出ましたので、まずは成功と言ったところでしょうかテヘッ

  <今日のタックル>
     スピニング
       ・DAIKO Addict 63ULS SOLID TIP
        ミッチェル408弐号機
        デュエルX-TEX COBRA 4lb
       ・ダイコー コブレッティUnderpressure 壱号機
        シマノ 10コンプレックスCI4 2500HGS F4
        ヤマトヨスピニングフロロ4lb
     ベイト
        アブ ホーネットキラービーHKC-631LS MGS
        シマノ 13メタニウムXG-L+Availスプール+HEDGEHOG BB
        クレハシーガー R18 BASS 7lb
いいね!(2)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日の釣行の後、ミッチェル408弐号機の整備をしました。


釣行中、気になったのがベールの戻りが悪いことです叫び

やはり、1960年代の408に1970年代のラインローラー月のベイルに変更するのには
問題があるのでしょうかはてなマーク



前回の整備 の時に、

①1960年代製のベールと1978年製のベールとでは形状が違い、1960年代製のベールの
 方が、ストッパーと接触する部分の幅が広いこと。


組み直し11 組み直し12
      1978年製のベール                   1960年代のベール
     (本体は1960年代製)                  (本体は1978年製)

②ローター内のベールストッパーの構造もそれに併せて、1960年代製の方がバネが強力で
 シッカリしたものが与えられていることが判明していました。


組み直し13 組み直し14
      1960年製のローター内                1978年代のローター内






ベールの戻りを良くする方法としての対策として、
 ①にはベールの幅を1960年代のものに合わせて削る。
 ②にはベールと同時にベイルストッパーのシステム全体を入れ替える。

ですが、①対策はベール自体を痛めてしまう可能性があるため却下。

すると、②対策しかありません。



調べてみると、ローター自体には特に変わりはありません。ベイルストッパーのシステムを
改造せずに交換できそうです。
(厳密に言うと、ベールスプリングのケースの深さが違いますが)


そこで、壱号機(1978年製)弐号機(1960年代製)のベールストッパーのシステムを
総入れ替えましたグー


組み直し13
              
408ベイルストッパー


すると、ベールの戻りが俄然良くなって、問題はなくなりましたニコニコチョキ



これは竹中さんのHP にも記載がなかったのですが、上手く行ったはず。


私の弐号機の場合、1960年代のタングステンカーバイドの固定ガイドが付いているベールを
そのままラインローラーが付いている1970年代のベールに入れ替えても上手く行きません。


これで一件落着かと思いきや...




ここで新たな問題が発覚ビックリマークハンドルを回すとローターから異音が鳴り出しましたビックリ
もう一度、ベールストッパーを元に戻すと異音は収まりますが、ベールの戻りが悪くなる叫び


                   これは困った...ガーン



壱号機弐号機のベールストッパーをよくよく比較すると一つの差を発見目

ベールストッパーのバネが壱号機の方が細く華奢なものが付いています。形状は全く同じ
ですが、鋼線の太さが違います!!

408ストッパースプリング2 408ストッパースプリング1
 左は弐号機のもの、左は壱号機のものです。


そこで元の状態に戻し、弐号機のストッパーはそのままに、鋼線だけ壱号機のものを移植。

組み直し13
              

408ベイルストッパー2


すると、ベールの戻りが良くなって、ハンドルを回しても異音はなくなり、問題は解決グッド!



                いや~、意外な問題の解決ニコニコ


フランスの熟女はこちらを思いっきり惑わせてくれますねテヘッ





part2 に続く...
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
前回のpart1 は、1960年代ミッチェル408弐号機を分解洗浄するところまででしたが、
今回は組み直しです。


解体洗浄16


十分に乾燥させたパーツを点検。

分解したのと逆に組み直します。もちろん、グリスアップすることは忘れません。

グリスは、IOS GEAR GREASEで、一般的なスプレー式のグリスではなく、少しずつ
刷毛で薄く塗るタイプです。
IOS ファクトリー(IOS FACTORY) GEAR GREASE (ギア グリス)
IOSファクトリー GEAR GREASE









さて、組み直し開始。

鳥の形をしたストッパーとバネを戻します。
組み直し1


スパイラルベベルギアを戻します。
組み直し2


プラナマティックギアを戻します。
組み直し3


ボディにローターを戻して、ピニオンギヤとベベルギアを噛み合わせてネジ止めします。
その後、オシレートスライダーを戻して、メインシャフトを通します。
組み直し4 組み直し5



オシレートスライダーロックを戻して、オシレーションシステムとドライブシャフトをつなぎます。
組み直し6


ハンドルをつないで、実際に回してみて、プラナマティックが問題なく動くことを確認して、
ボディの蓋を戻して、終了。

実際にハンドルを回してみてOK。あまりスムーズネスには変化なし。




ところが、ここで問題が発覚ドクロ

分解するまでは、ラチェット音が鳴らないのに、アンチリバースが作動している状態だったので、
たぶん、グリスのつけすぎだと考えていましたが、組み直して試してみると、ラチェットが鳴らない
だけじゃなく、アンチリバースが働きません
叫び

もう一度開けてチェックしてみると、鳥形のストッパーのバネが駄目になっていたようです。


仕方なく、同時進行していた、1978年製の408のバネを使うと、問題なくラチェット音もアンチ
リバースも働くようになりました。

あのまま使い続けていたら、近い将来、アンチリバースが効かなくなるだけでなく、内部の
ギアの損傷にもつながった可能性が高いですね爆弾

           分解して良かった...




あ~あ。でも、スカイブルーの熟女(壱号機)は部品取りになっていまいました叫び
復活させるためには、ジャンク品をどこかで見つけてくる必要がありますね。

とはいえ、前回の管釣り釣行でアンチリバースはほとんど使わなかったから、
408壱号機もまだまだ使えますよ、ご安心をグッド!





さて、仕上げに1978年製の408のベールを1960年代製の408に移植です。


しかし、ここでも問題が発覚ドクロ
ベールスプリングが悪くなっていて、スプリングの端がベールの穴に引っかかるものの、
ベールを起こすと外れてしまいます叫び
組み直し10


これは、バネの形をペンチで調節してなんとか機能するようになりました。


シッカリ組み合ってから、ベールを起こしてベールストッパーが問題なく働くかをチェック。

しかし、どういうわけか摩擦が大きく、ベールは中途半端の位置で止まってしまいます叫び
ミッチェルを専門に紹介している竹中氏のHP によると、バネに原因があるのではなく、
ベールにゆがみが生じて、それが摩擦になっているとのこと。


ベールを外して、チェックすると確かにゆがみがあります。
ゆがみを直してから、装着しましたが、やはりベールの戻りが悪い叫び

ベールストッパーを解除してフリーにした状態なら、結構勢いよくベールが戻ります。


よくよく観察すると、ベールストッパーとベールは常時接触していて、そこで摩擦が起こる
ようです!?

元から付いていた1960年代製のベールと1978年製のベールとでは形状が違い、1960年代
製のベールの方が、ストッパーと接触する部分の幅が広いのです。

組み直し11 組み直し12
     1978年製のベール                   1960年代のベール
    (本体は1960年代製)                  (本体は1978年製)

   ネジ(ネジは同じ大きさ)から、はみ出したベールの幅を比べると一目瞭然。


ローター内のベールストッパーの構造もそれに併せて、1960年代製の方がバネが強力で
シッカリしたものが与えられています。

組み直し13 組み直し14
     1960年製のローター内                1978年代のローター内


これじゃ、ベールのゆがみを直しても仕方ないですよ。



対策は三つ。

  ①元のベールに戻す。
    これが一番無難ですが、やはりラインローラーが欲しい。

  ②ベールを削って、幅を1960年代のベールに合わせる。
    これは危険が大きすぎる...

  ③竹中氏のHPにありましたが、ベールを止めるネジを締めすぎない。

という訳で、実現可能な③を選び、ベールは確実に返るがネジは緩まないベストな状態を
探しました。


何とかベールが戻るセッティングを見つけ出し、今は無難に動いています。


組み直し7 組み直し9





1960年代と1970年代の408でベールの構造だけでなく、ローターの中のストッパーの
構造まで変えていたんですね。


いや~、実際にバラして組み直さなければ分からないことだらけでした。

やっぱり、フランスの熟女は一筋縄ではいかないですしょぼん

勉強になりましたわ。

いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
さてさて、ナチュラムさんから洗浄液とギアグリスが届いたので、ミッチェル408
分解洗浄を試みました。

もちろん、1960年代の本命リール弐号機です。

mitchell408 1





ハンドルを外した後、ボディの蓋を開けて中を観察。
解体洗浄1
見た目は結構綺麗。


オシレートスライダーロック外します。
解体洗浄2


スプールを外して、メインシャフトを抜き取ります。
解体洗浄3 解体洗浄4


オシレートスライダーを外すと、プラナマテックギアの全体が見えます。
解体洗浄5


プラナマテックギアを2つとも外します。すると、スパイラルベベルギアとピニオンギアの
全体が見えますね。
解体洗浄6 解体洗浄7


ここまではネジ止めしていないのでフリーハンドで外せます。


ここで、ボディとローターをつないでいる小さなスクリューを外し、ボディからローターを
引き抜きます。
解体洗浄8 解体洗浄10


今回はローターからピニオンギヤを外すことはしません。
解体洗浄11


ピニオンギヤが外れると、スパイラルベベルギアが外れます。
解体洗浄12


その下には古い黒くなったグリスがべったり。
これをぬぐい取ると、鳥のような形をしたラチェット兼ストッパーが出ています。

解体洗浄13 解体洗浄14


ストッパーを動かしているバネも取り出すと、これでほとんどのパーツが外れた
ことになります。
解体洗浄15



各パーツは、IOS パーツクリーナーescapeの中に暫く浸けておいて、汚れがひどいところは
ブラッシングします。

これで、各パーツが洗浄できました。

良く乾燥させて、組み立てに備えます。

解体洗浄16



どうですが、このスパイラルベベルギア。本当に凝ったカッティングが施してありますね。
鋳造ではなく無垢の塊から切り出した懲りようです。
解体洗浄17



part2 に続く...



IOS ファクトリー(IOS FACTORY) パーツクリーナー escape (エスケープ)
IOSファクトリー パーツクリーナーescape
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ヤフオクで落とした2つのアンティーク・リール。

製作年代は違うものの、名前は同じ、


            ミッチェル408


フランスのミッチェル社が製作した小型スピニングリールで、名機の呼び声が高い。

made in Franceですよ。




2つのリールは作られた年代が違い、

古い方が、1960年代の製作。黒に近いネイビーブルーの筐体。得も言われぬエレガントな
姿をしています。こちらが弐号機
mitchell408 1



この年代の408はスパイラルベベルギアという凝ったギヤとプラナマティックギアを使った
オシレーションシステムで有名。ファン垂涎もののシステムを搭載しています。

特にグリーソンカッターによるスパイラルベベルギアは本当に優れもので、ファインピッチで
素晴らしく凝ったカッティングをしているギアです。新型ステラのmmgでもこれほど見事では
ないと思います。見ていて惚れ惚れしますねドキッ




新しい方が、1978年から1979年くらいに製作された408。スカイブルーの筐体はレア。
こちらが壱号機
mitchell B1

しかし、このリールはミッチェル社が破綻した不幸な時代に生まれましたウワーン
これ以降、ミッチェル社は迷走を繰り返すようになります。その影響がリールにも出ていて、
このリールも名前こそ408でハイスピードになっていますが、既にスパイラルベベルギアは
廃止されて、ストレートベベルギアになっています。そのため、上記の古い408のようには
スムーズではありませんガーン
それでもミッチェルはミッチェル。美しい筐体をしていますし、プラナマティックギアによる
ラインの巻き取りも優雅。ギヤのゴリ感はありますが、いいリールですニコニコ





さて、直接比較です。

外観は、色の違いだけ。シックで優美なネイビーブルーの弐号機と、軽快で闊達な
スカイブルーの壱号機

淑女がいいのか、活発な女性がいいのか...

mitchell408 2 mitchell B2

mitchell408 3 mitchell B3

mitchell408 4 mitchell B4







ただ、やはり気になるのがこれ、
408in mitchell B gear




プラナマティックギヤの妖艶なオシレーションは同じなんですが、ベベルギアに違いが
あるばかりに巻き心地の大きな差が出ます。
また、原因は不明ですがハンドルを回すと1978年の408はローターが結構ブレるのに、
1960年代の408はブレが少ない。これは308にも共通していえるそうなので、1960年
代と1970年代ではローターとボディのバランスの取り方やローターとボディの接合も違い
かもしれません。



それに対してベイルは、

mitchell408 5 mitchell B5



1960年代の408ははタングステンカーバイドの超硬固定ガイドで、1978年の408は
ラインローラーが付いています。



また、リールフットの大きさが違います。

mitchell408 12
1960年代のフットの方が長く横幅もあり、セットするロッドを選んでしまいますね。
淑女の方が足が大きいなんて...テヘッ

コブレッティUnderpressure壱号機にはセットできません。アディクト63ULSには
装着できました。

ツインパmg1000S比較6 mitchell B6






筐体が一緒なので、サミングがしやすいのは変わりなし。

ツインパmg1000S比較5 mitchell B7









最後に、一緒に並べるとこんな感じ。

mitchell408 10

mitchell408 11







さて、対決だと言ってもただの比較ですが、どちらも立派なミッチェル408。

         妖艶なフランスの熟女



これからの予定は、1978年のベールを1960年代のミッチェルに移植しようかと思います。

さてさて、長い付き合いになりそうですが、どうなることやらテヘッ
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。