Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ

30歳代から釣りを始めた中年アングラーの釣りブログです。釣りを始めるのが遅かったから、若人みたいに
技術が向上する訳でもなく、それでもお魚さんと出会いたいために、頭を使って釣りをしています。


テーマ:
 今日は早朝から、ブログで知り合った、たーさんとwakoさんと沖の一文字でコラボでした。
そして昨日手に入れた魚探の実戦テストです。


  場所:沖の一文字
  天気:晴れ晴れのち曇りくもり
  気温:22~25℃
  水温:22.5~23.5℃
  水質:マッディ


 早朝5時ににゃー漁港でお二人と待ち合わせしました。

 先に着いたので、フローターの準備。そのときにた~さん到着。ご挨拶の後、アプローチポイント
を説明し、準備でき次第、私が先に湖上の人になりました。

 お二人が準備されている間、バイトフィネスタックルでキャスティングの練習。

 お二人のフローターもエレキと搭載に改造されています。お二人が湖上の人になったところで
沖の一文字を目指します。

 10分ほどで一文字に到着。エレキだから楽チンですわ。改造して本当に良かった。ところが、
クリアウォーターを予想していましたが、それに反してだだ濁り

 ここがこれほど濁るのも年に数回経験するくらい。これは厳しいことが予想されましたガーン



 さて、沖の一文字についてごく軽い説明の後、実釣開始。一文字に沿って探っていくと、ギルの
小アタリは頻発しますが、バスのアタリがない。

 これではデモンストレーションになったもんじゃないウワーン


 全然バスのアタリがない中、北端でもたれアタリをとって30㎝のバスをゲット。私だけ何とか
ボウズ逃れしました。

 これ以降も苦戦が続きます。た~さんもwakoさんもそれは同様です。




 ここで、一旦沖の一文字を見切って、別のポイントに移動するかどうか決断に迫られました。

 wakoさんが一文字を離れて、深場に移動。たーさんは北の葦林に移動。

 私はwakoさんと同じく深場を選択。魚探をテストしたかったのも深場を選んだ理由の一つ。



 水深4.5mの深場で急にベイトの群れとその中にフィッシュアラームとともに魚が魚探に映し
出されます。どうやら群れをなして中層(水深2~3m)を泳いでいる魚みたいです。

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-魚探装着


 この魚たちはバスではなかったようで、全くルアーには反応しません。

 しばらく粘ってはいたものの、厳しいことには変わりはなかったので、もう一度、一文字に戻る
ことを決断。

 wakoさんは深場を離れて、浅場と漁港を探りに行きました。



 一文字でも厳しいことは変わりがないですが、いつものパターンで攻めれば苦しいながらも
良型の可能性があると判断。

 一文字を丁寧に探っていると、沖の一文字の沖側、北1/4のポイントでギルのようなコツコツした
小アタリ。ところがロッドティップにギルとは違う重さを感じたので合わせ。ヒット!!


 結構強い引きと重量感です。ラインが引き出されるので良型を確信。こんな状況だからバラしたく
ない。いつも以上に慎重にやり取りして上がってきたのは、


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-44cm,13,6/30

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-44cm,13,6/30-2

 44㎝のヨン様でしたニコニコ

 君を待っていたのだよ。スキニーなのでアフターの雄バスでしょうか、警戒心が強いわけです。

 このバスに出会うまで3時間半かかりました。本当に厳しい状況ですわ。



 また、ギルだけでバスのアタリがない状況が続きます。

         たまにチェイスするバスの姿も見られるのに...



 た~さんもwakoさんも浅場から帰ってきて、3人でコラボです。


 そうこうしているうちに、弱い東風が吹いてきました。これでバスの警戒心が解かれると良いの
ですが。

 一文字南端の近くでチェイスを発見。wakoさんが釣っているごく近くです。お二人にチェイスを
見かけたときに攻め方を簡単に説明し、お手本を示そうとバスの居所をチェック。

 すると、コツコツした小アタリの中にロッドティップに重さを感じました。バスがくえている可能性が
高いので合わせ。すると予想通りにヒット!!


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-130630_48cmバスと小生-2
      (た~さんに撮影していただきました)

 かなり強い引きと重量感です。これは40アップ間違いなし。強い引きを楽しみながらフローター
の側に浮かせて勝負ありパー


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-48cm,13,6/30

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-48cm,13,6/30-2

 48㎝の大ヨン様でしたニコニコチョキ


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-130630_48cmバスと小生
      (た~さんに撮影していただきました)


 ポッドベリーのプリの雌バス。6月下旬だと言うのにプリがいるんですわ、ここには。



 このバスをゲットしたのが11時前。これ以降も厳しい状況は続きます。午前11時半を回った
のでストップフィッシングです。


 た~さんとwakoさんは初めての沖の一文字だったので、厳しさもひとしおだったんじゃない
でしょうか。ひどい状況でコラボしたものです。お誘いしてすみません m(_ _)m

 今度、もっと良い状況でコラボしましょう。


 魚探は結構面白いですね。水深や水温、ボトムの形状なんかが分かったりします。

 沖の一文字は2mほどのシャローで普段はクリアウォーターなので、魚探の必要性は感じま
せんが、いとしの某所のように急なドロップオフや水深があるポイントではもっと活躍してくれる
と思います。

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-NAKI610




   <今日のタックル>
     フェンウィックTAV59SDML
     シマノツインパワーmg1000S
     ヤマトヨスピニングフロロ4lb

     アブ ホーネットキラービーHKC-611LS MGS
     シマノアルデバランBFS-L XG+アベイルスプール+HEDGEHOG BB
     クレハシーガー R18 BASS 7lb

     エレキ搭載ミーヤン3号
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 新しく仲間入りのため注文した、NAKI610 が今日到着しました。

 オーダーしたのは一昨日夜なのに、Fieldさんの対応は早いですね。西濃運輸で今日のお昼に
届きました。


 本体とアクセサリーは白い箱に入っていて、made in chinaって表記がありました。なるほど、
それでお安いんですね。でも性能が良ければそれでもOKです。


 本体はポータブルでフローターにうってつけ。良い感じです。本体は回転式台座に固定され、
本体もティルティングできるようになっています。

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-610本体


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-610本体側面1  Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-610本体側面2



 しかし、フローターにどうやって固定するかが問題ウワーン

 考えたあげく、ロッドホルダーのようにベルトで固定することにしました。

 今度は振動子の問題です。フローターですので、専用のデプスキャッチャーを用意するか、
エレキに装着するかですが、リバレイのロッドホルダーを使うとロッドのおしりが水没することを
思い出し、それなら、自作のロッドホルダーの下に振動子を付けることを考えました。そうして
作ったのがこれ。

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-610と自作ロッドホルダー  Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-ロッドハルダーと振動子

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-610台座




1本のベルトでロッドホルダー兼デプスキャッチャーと魚探本体を固定できるようにしています。
これでうまくいくと良いのですが、実際に使わないと分かりませんね。

 電源はバッテリーからとらなくてはならないタイプ。電源コードに3Aのヒューズを付ける必要が
あります。DIYショップでワニ口クリップとヒューズホルダー、3Aのヒューズを購入し自作です。

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-電源ケーブル

 実際にバッテリーに接続して稼働することを確認しました。明日、実戦投入してみます。
楽しみですわニコニコ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 水没したシマノアルデバランBFS-L XG がどうにも不具合で、リトリーブの時のシャラシャラ音が
気になって仕方ありません。

シマノ(SHIMANO) アルデバラン BFS-L XG
シマノアルデバランBFS-L XG






 新品の頃から、少しはシャラシャラ音があるにはあったのですが、これほどひどくはなかった。
1日間たっぷり水中に没していたのですから、不機嫌なのは仕方ないのですが、駆動部を開けて、
OHしたつもりですがまだまだなのですね。

 それでも48㎝を余裕で釣り上げられたので、強度的には問題はないのでしょう。釣り上げてからも
異音が大きくなった感じはしません。


 そこで今日は釣りはお休みなので、再度OHを試みました。

 前回のOHの時に感じたのは、結構グリスたっぷりだなって。気持ち悪かったので、それらを
ぬぐい取って、少なめにグリスアップしていました。

 今回は各ギヤを掃除した後に、初めて開けたときくらいの量のグリスアップをして終了。

 ハンドルを回してみると、異音が少し減った感じドキッ

 実際にロッドに装着して、ネコリグをキャストしリトリーブ。すると、確実にシャラシャラ音が
減少していますニコニコ
 水没以前の状態まで戻っている訳じゃないけれど...




 良かったのは良かったのですが、各ギヤのかみ合いなどをグリスで押さえているってことに
なりませんか?なんだか微妙な感じ。

 X-SHIP 搭載の13メタニウムにはこんなことはないのでしょうかね。
シマノ(SHIMANO) 13メタニウム XG 左
シマノ13メタニウム XG 左










 それでも、自分でOHできた後、このシマノアルデバランBFS-L XG+アベイルスプル+
HEDGEHOG BB
に余計に愛着がわいてしまいましたテヘッ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 フローターをエレキ化すると、当然移動するフィールドが広がります。自然、初めてアプローチ
するポイントも増えてきます。


 そんなポイントを手早く探ることが大切になりますが、そうなると、ボトムの形状などの情報が
どうしても欲しくなりますよね。

 そんなときに強い味方になってくれるのが魚群探知機です。


 ところが、この魚探って結構お高い。簡易型のものもありますが、性能的に不安があります。

 そりゃHONDEXやLOWRANCEの製品が良いに決まっていますが、フローターで使うのに
これは贅沢すぎるんじゃないかと。そんなお金があるのなら、リールがもう一つ欲しい。


 そんな中、た~さんのブログ からいいものを見つけました。


 ”NAKI610 ” です。

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-NAKI610

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-NAKI610-2


シーカヤックを専門に販売されている、Fieldさんが取り扱っている魚探ですが、HPの説明によると、

 ・画面:4.5 FSTN液晶
 ・解像度:240x128pix
 ・電源:10~18v/2.5A
 ・消費電力:2.4w (0.2A/12v)
 ・防水性能:噴流防水(あらゆる方向からのノズルによる強力な噴流水をうけても有害な影響が
  ない。/IPX6)
 ・出力:200w
 ・水深表示範囲 最大:0~280m/常用:0~100m
 ・スケール 手動/自動 5,10,20,40,60,80,150,220m
 ・振動子:200KHz:20度/83KHz:60度(2周波同時発振・表示可能)
 ・形状機能:スキマー型/ダブルビーム/水温センサー内蔵/ケーブル長6m
 ・バックライト:11段調節
 ・フィッシュマーク:フィッシュID オン/オフ
 ・感度:4段階調整
 ・バックアップメモリ:あり
 ・アラーム機能:水深アラーム(浅瀬警報)/フィッシュアラーム/バッテリー低電圧アラーム
 ・動作温度:-10℃~50℃
 ・固定台座:回転・上下首振り機能
 ・本体サイズ:縦190mmx横111mmx奥行97mm
 ・バッテリー:別売りのバイク用バッテリー等が使えます。(TY4B等の密閉式)
 ・付属品:魚群探知機本体/振動子/本体用台座/振動子用台座/英語説明書

などと、カラーに目をつぶれば、HONDEX PS-500Cより高性能な部分があり、LOWLANCE 
Elite-4Xに迫る内容です。

 ダブルビームで水温計もついて、それで価格が10,500円とは驚きです。

 上級機種のNAKI620もあるので、フローター使用時で問題がないかどうか、Fieldさんに質問
したところ、NAKI610で全く問題ないとのこと。

                思わずポチッとしてしまいましたテヘッ

 これで禁断の魚探の世界に足を踏み入れた感じですわ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 今日のお仕事は午後2時過ぎまででしたので、午後3時には湖上の人になれるので、仕事を終え
たら、急いで琵琶湖に向かいました。



  場所:沖の一文字
  天気:晴れ晴れ時々曇りくもり つよい西風台風
  気温:25℃
  水質:ややマッディ


 午後3時にはフローターで浮かびましたが、西風が強い。岸からの風ですので、波は立ちま
せんがフローターのポジショニングが難しいくらい。


 エレキで沖の一文字に到着。やはり岸からの風が強烈。想像したとおり、風で起こった波が
一文字にぶち当たって、水が濁ってしまっています。

 全開は雨の中でしたが、水深2m以上のボトムまで見えていたのに、今日は水深1mまで見えて
いたかどうか。


 そんな状況ですから、可能性は2つ。

  ・風の影響でバスの活性が上がっている。
  ・濁りと水温低下でバスの活性が下がっている。

さて、どちらでしょうか?

 早速チェックしてみます。結論から言うと、バスの活性は下がっていました。それもかなりウワーン


 一文字の岸側と沖側をぐるっと1周チェックしましたが、バスのアタリはなくギルの小アタリだけ。

 2周目のチェックをすると、岸側の中央部でギルのようなアタリで32㎝のバスをゲット。
北の端付近で24㎝の小バッチをゲットして2周目は終了。

 ボウズ逃れはできたものの、本当にギル以外の活性が低いウワーン



 3周目は沖側を捨てて、岸側をじっくり丁寧に探りました。

 北の1/3付近でギルのような小アタリですが、なんだか重量感があるアタリ。合わせるとヒット!!

 結構強い引きと重量感です。ストラクチャーに逃げ込まれないように、ラインをできるだけ出さず
にやり取りして上がってきたのは、


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-42cm,13,6/27

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-42cm,13,6/27-2


 42㎝のヨン様ニコニコ

 グッドコンディションなので引きは十分強烈です。君を待っていたのだよ!!



 ここまで、主にスピニングタックルのダウンショットでチェックしていたのですが、あまりのギルの
猛攻撃にたえかねて、ここでベイトフィネスタックルに持ち替え、ネコリグをセット。


 ギルはワームの両端のどちらかをくわえることが多いので、ネコリグならアタってきてもフック
アップしてしまう可能性は低くできます。それに、ネコリグは意外に風に強い。


 ボトムまで落とし込んで、ギルのアタリは合わさないようにし、じっくりバスアタリを待っていると
来ました。やや重いアタリがあったので合わせるとヒット!!

 先ほどのバスよりシャープで強い引きですが、タックルはベイトフィネス。安心してやり取りして
上がって来たのは、


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-47cm,13,6/27

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-47cm,13,6/27-2

 47㎝のヨン様でしたニコニコチョキ

 予想的中。ネコリグならバスを選ぶことができました。



 してやったりですが、これに気づくのが遅すぎる。すぐに午後6時になりストップフィッシングパー


 実釣3時間で、4バイト4フィッシュ。2尾がヨン様ですが、厳しかったですね。ちょっとしたことで
状況が激変するのが、ここの特徴ともいえます。



   <今日のタックル>
     フェンウィックTAV59SDML
     シマノツインパワーmg1000S
     ヤマトヨスピニングフロロ4lb

     アブ ホーネットキラービーHKC-611LS MGS
     シマノアルデバランBFS-L XG+アベイルスプール+HEDGEHOG BB
     クレハシーガー R18 BASS 7lb

     エレキ搭載ミーヤン3号
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 今日はあいにくの雨。でも午前中の仕事でむしゃくしゃすることがあったので、お昼から少しだけ
琵琶湖に浮いてきました。

 憂さ晴らしみたいなものですねテヘッ




  場所:沖の一文字
  天気:雨雨
  気温:21℃
  水質:クリアかな?




Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-13,6/25の風景

 雨が降っていて、ミーヤン3号で繰り出したときには、50㎝くらいの波が打ち寄せていました。
エレキ搭載ですので、波をものともせずに沖の一文字に直行グー


 沖の波はやはり高いですね。でも、一文字の岸側の波はややマシ。

 一文字の南端から岸側を探っていきます。

 ところがお魚の気配がない、というよりボトムの感触がなかなかつかめない。どうやら、シンカーが
軽すぎて、リグが中層で浮いてしまっているようです。

 荒れた天候の場合、バスなどのお魚はボトムべったりと言うことが多いので、これでは勝負に
なりません。

 一文字の北1/3くらいでそれに気がついて、シンカーを少しだけ重めにセット。するとボトムの
感じが分かると同時にギルのアタリが頻発し始めました。

 やはり、レンジが合っていなかったガーン

 ボトムを探るように釣っていくと、自然、根掛かりが多くなります。ギルアタリや根掛かりと戦い
ながらバスが来るのを待ちます。

 すると、少し重いアタリがあったので合わせ。すると結構元気な32㎝が上がってきました。

 バスのレンジもボトムべったりですわ。


 北端からUターンして沖側を探っていきます。沖側は波が直撃するので、釣りづらくはありますが、
バスの警戒もその分少ないはず。


 一文字の中央部にさしかかったときに、重いもたれアタリ。バスが加えていることを確信して
合わせ。ヒット!!

 すぐに良型と分かる強い引きです。ドラグをきつめに閉めていますがラインが出ますね。沖に
誘導しながらジャンプをさせないようにロッドワークして勝負ありパー


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-48cm,13,6/25

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-48cm,13,6/25-2

 48㎝の大ヨン様でしたニコニコ

 グッドコンディションのプリバス。良い引きでした。



 一文字の南端近くでまたまた重いもたれアタリ。合わせるとヒット!!
 このバスも結構シャープな引きです。重量感こそそれほどでもないけれど良い引き。

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-40cm,13,6/25

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-40cm,13,6/25-2

 40㎝のヨン様でした。

 グッドコンディションのナイスバスですねぇ。ここのバスは良く引くこと。



 南端をUターンして2周目のチェックに入ります。しかし、岸側はギルのアタリだけでバスの気配は
少ない。

 
 北端でUターンし沖側をチェック。

 北1/3で、引き込むようなアタリ。思わず反射的に合わせ。するとヒット!!

 シャープで強い引きです。沖に誘導しながら勝負しようとするとバスがジャンプ!!

                 元気なバスですニコニコ

数回のジャンプを披露してくれたのは、


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-49cm,13,6/25

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-49cm,13,6/25-2

 49㎝の大ヨン様でしたニコニコ

 スキニーなのでアフターなんでしょうけれど、コンディションは良いバスですので、引きは強烈。


 南端までチェックしてストップフィッシング。後はエレキでアプローチポイントを目指します。


 1時間半で4バイト4フィッシュ。うち3尾は40アップ。数は出ないですが型は出ますね。
沖の一文字は良い感じです。



 そして、今日の49㎝で、今期ゲットした40アップが100尾に達しました。

                      クラッカー祝100クラッカー


 内訳は、

    40アップ: 70尾
    50アップ: 24尾
    55アップ:  5尾
    60アップ:  1尾
        最大65㎝、9.5lb

でした。



   <今日のタックル>
     フェンウィックTAV59SDML
     シマノツインパワーmg1000S
     ヤマトヨスピニングフロロ4lb

     エレキ搭載ミーヤン3号
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 今日は釣りはお休み。職場の機械が壊れてしまったので、修理のために居残りです。

 このところ、機械運がないようで...ガーン


 運と言えば、昨日のタックル回収劇は運良く進んだんですが、またまたトラブル発生ドクロ

 ウェダーがとうとう浸水しました。以前にも軽い浸水があって、2~3回補修したのですが、
今回のは強烈。
 ほんの2時間弱だったのに、片足はブーツの中までグッショリというより水没状態叫び

 予備のウェダーまで浸水しているので、買い換えるしかありません。


 そんな訳で、ウェダーを新調しました。

プロックス(PROX) ブリザテックチェストラジアルウェダー
プロックス(PROX) ブリザテックチェストラジアルウェダー

以前も購入しましたが、ブリザテックはこれが二代目。
値段の割に良かったので再度注文です。




こうなる予感があったので、一昨日注文して今日届きました。大きな変更はありませんでしたが、
カラーがカーキからグレーに変わりました。いずれにしても地味な色で好感が持てます。


これでこの夏も大丈夫ですグッド!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 実を言うと、昨日沖の一文字に出撃したときに思わぬアクシデントが発生していました。


 50㎝を超える波が打ち寄せていたので、気がついたらフローターに乗せていた、ベイトフィネス
専用のロッドとリールの姿がないビックリ

 あまりの波に、水没したときに音も聞こえず、どこで落ちたかすら分からない状況ドクロ

                悲しいお別れになりました叫び

         アブ ホーネットキラービーHKC-611LS MGS
         シマノアルデバランBFS-L XG+アベイルスプール+HEDGEHOG BB
         クレハシーガー R18 BASS 7lb





 いろいろと手を加えていたタックルだったから諦めきれない。そこで、波・風が収まっている
今日のお昼から、急遽、沖の一文字に出撃することになりましたグー



 お供はエレキ搭載ミーヤン3号です。


 エレキの機動性を利して、いきなり沖の一文字に急ぎます。今は風が弱いけれど、いつ強く
吹くか分かりませんし、水がマッディなら万事休すです。


 沖の一文字の南端に到着。風はそれなりに吹いていますが、水質はクリアで、水深3m以上の
ボトムまではっきり見て取ることができます。

                    これなら見つかるかもニコニコ

 落ちたとしたら沖の一文字の沖側のはすなので、沖側を南端からバッシングしながら、ボトムを
探します。いわるる二刀流ですね。


              一文字の中間地点のボトムで発見!!


 ついに見つけました目 愛用タックルは水深3mのボトムに沈んでいましたニコニコ

 運良く、このときには風が止んでくれています。スピニングタックルに重めのテキサスリグ
(ワームなし)を付け、ボトムに沈んでいるタックルを引っかけます。これがなかなか難しい。

 何度も挑戦して、フックがリールの手前を通過したときに引っかけると見事に成功。ゆっくり
巻き上げて救出できましたグッド!


 丸一日水没していた愛用のタックルが戻ってきました。これで、今日の目的は達成チョキ




 これから、沖の一文字を軽くチェックして行きます。でも、今日の目的は達成しているので
ボウズでも気が楽ですわテヘッ


 そう思いながらチェックしていると、北の1/3にさしかかったときに重いもたれアタリ。しかも
ラインがゆっくり横にずれます。

 バスがくわえていることを確信して合わせ。ヒット!!


 想像していたよりかなり強烈な引きです。昨日、ラインの劣化でデカバスを2尾も逃がしている
ので、もちろん、おニューのラインです。


 強い引きに耐えながら沖に誘導すると、バスがジャンプ!!

                  結構デカイ

 何度も突進するのをロッドと上半身、リールのドラグでいなしながら浮かせて勝負ありパー


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-54cm,13,6/24

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-54cm,13,6/24-2

 54㎝、5.2lbの余裕のゴンザレスでしたニコニコチョキ

 ポッドベリーのビッグママ。コンディションが良いプリの雌バス。


 北端でUターンし、今度は岸側をチェックします。良く水中を観察すると、30アップ、40アップが
悠々と回遊していますが、ワームには反応しませんね。


 23㎝と33㎝を追加してストップフィッシング。




 タックル救出作戦と、3バイト3フィッシュのバッシングで1時間半が経過。これで今日は終了。


 ゴンザレスゲットもうれしいですが、愛用タックルに再会できた方がうれしかったですわ。


 夕方の仕事を終えてから、リールのOHです。丸一日、水没していたので、内部は水滴だらけ。
十分に水滴を拭いてグリスアップしてから閉鎖。少し、機嫌が悪いですがその内に馴染んでくる
でしょう。




   <今日のタックル>
     フェンウィックTAV59SDML
     シマノツインパワーmg1000S
     ヤマトヨスピニングフロロ4lb

     アブ ホーネットキラービーHKC-611LS MGS
     シマノアルデバランBFS-L XG+アベイルスプール+HEDGEHOG BB
     クレハシーガー R18 BASS 7lb

     エレキ搭載ミーヤン3号
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
 今日はお昼から、エレキ搭載化したミーヤン3号の進水式を今日とり行いました。

            クラッカーミーヤン1号に続き一人だけの進水式クラッカー


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-エレキ搭載ミーヤン3号進水式

 浮いた感じは全く安定していますね。積載しているエレキマウントとバッテリーが軽量のため、
安定した姿勢で浮くことができます。

    エレキマウント:約3kg
         エレキ:9.1kg
      バッテリー:6.24kg×2個     計 約24.5kg ミーヤン1号より -11kg


 エレキ走行ではさすがにミーヤン1号より水の抵抗が大きいので速くはありませんが、
安定した走行姿勢。オールで進むスピードよりは速いですよ。



 沖の一文字へと向かってみました。さすがにエレキで行くと楽ちんですわ。一文字に到着しても
筋肉痛にはならないしテヘッ


 早速、沖の一文字を探りますが、今日は南風が強く、時には50㎝以上の波は打ち寄せてきます。
しかし、今日はエレキ搭載ミーヤン3号の走行テストを兼ねた釣行ですので、荒れた琵琶湖でどれ
だけ使えるかもチェックです。

 進行方向から波を受けると、さすがにペラが水面より浮いてキャビテーションがでますが、静水時
には問題ありません。

 全開走行時にエレキマウントの沈み込みを心配していたのですが、むしろ前が浮く感じになります。
そのため走行時の方が重量バランスは安定していますねニコニコ

 ただ、難点が一つ。エレキマウントのL字型アームが高圧エアーシートの背もたれを押してしまう
ため、行儀が良い姿勢を強要されます。

 ”釣りするんだったら真剣に釣りなさい”ってエレキマウントに言われているようですテヘッ


 エレキ搭載したために小回りが効きにくくなっていますが、それでもノーマルのZF184Hと同じ
くらいですから、それほど気になりません。


 長距離移動の時は前進5速(全開)。後ろからの風で釣りするときは前進1または2速にすれば、
楽にポジショニングできます。

 前進1速で直進に設定しフィンで舵を取ると、ちょうどフットコンのエレキのような釣りができます。
 (ブログ仲間のた~さん に教えていただきました)

 高速移動時もフィンで舵を取ることを覚えると、移動時もリグをいじったり携帯をさわったり、他の
仕事ができますよ。これは便利ですチョキ



 さて、釣果の方ですが、開始早々、45アップをラインブレイクでバラシ。しばらくアタリがなくて、
やっとのことでかけた50アップをやはりラインブレイクでバラシウワーン

 ラインの端を見ると、フックの結び目から切れていますので、どうやらフロロラインが劣化していた
ようです。昨日は50アップでも問題でなかったのですが、今日は劣化が進んでいて許容範囲を超え
てしまったのでしょう。


 そんなこんなでゲットしたのは、23㎝、39㎝、45㎝の3尾だけ。

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-39cm,13,6/23

          39㎝


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-45cm,13,6/23

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-45cm,13,6/23-2

          45㎝のヨン様



 厳しかったですが、今日はエレキ搭載ミーヤン3号の進水式と走行テストが主体だからこんな
もので許していただきましょう。

 そうそう、今日くらいの釣りであれば、バッテリーは1個でも十分でした。ENDURA30 C2は結構
バッテリーの持ちは良いかもしれません。




   <今日のタックル>
     フェンウィックTAV59SDML
     シマノツインパワーmg1000S
     ヤマトヨスピニングフロロ4lb

     エレキ搭載ミーヤン3号
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
 ミーヤン1号のエレキ搭載化が成功裏を納めましたので、またぞろ工作意欲がわいてきました。

 今回は、ミーヤン3号こと、POPEYE製の Bee BUP-146ST  です。


 オール付きのU型フローターですが、ZF184Hに比べてコンパクト。現在の主力フローターです。

 ただ、エレキ化で問題があります。コンパクトなだけに、後方浮力がZF184Hほど確保できない
ことです。他のバサーのフローター改造のように浮力体を追加したくないので、何とかならないかと
思案。


 最大積載重量だけは、120kg と余裕なので、後方浮力の問題だけです。

 エレキが9.1kgですが、なんと言ってもバッテリーが20kg以上ですので、諦めるしかないのかと
思っていたところ、ネット上で発見。



12V20Ah UPS用バッテリー WP20-12

 容量は20Aで少ないのですが、なんと言っても重量が 6.24Kgびっくり

 これなら、2つ積んでも何とかなりそうです。


 そこで、ミーヤン1号を手本にエレキマウントの製作です。

 マウント固定はゼファー製マルチアダプターを使いますが、Bee BUP-146ST にはZF184H
のようにロックベルトがありません。どうやってマウントの固定を強化するかですが、これが問題。

 そこで考えたのが、マウントの座席側にL字型アームをつけて、U型のチューブに引っかける
ようにしてエレキの推進力をチューブで受けるようにすることです。

 マウント自体もコンパクトに設計。長さ49㎝、横幅55㎝で、重量もミーヤン1号用マウントの
約半分で仕上がったと思います。

 出来上がったのがこちら。


              top view


    side view(L字型のアームが良く分かります)


         back view


 ゼファー製マルチアダプターをマウントの設置場所に合わせて、フローター本体に装着し完成クラッカー



 実際にミーヤン3号にエレキマウントを装着。


                      oblique view


            top view

 で、エレキとバッテリーを搭載するとこんな感じ


                      oblique view



            top view


 装着してみて不具合がいくつかありますが、実際に使ってみないと何ともいえないくらいの
小さな問題です。

 さて、進水式が楽しみですニコニコ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。