Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ

30歳代から釣りを始めた中年アングラーの釣りブログです。釣りを始めるのが遅かったから、若人みたいに
技術が向上する訳でもなく、それでもお魚さんと出会いたいために、頭を使って釣りをしています。


テーマ:
 毎日暑いですねあせるあせる暑がりの私にとって暑さ対策は重要です。

 直射日光晴れ晴れ晴れを遮るのは、やはり帽子が有効。

 今までは、釣り用のキャップや麦わら帽子をかぶっていましたが、
どうも具合が悪いガーン


 夏の釣りと言えば、アユの友釣り。友釣りの皆さんが竹笠
かぶっておられます。これは夏の日差しに良さそう。

 竹笠は重くて収納が大変だとのことで、他を探していて、見つ
けたのがこれニコニコ


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-クーリーハット1

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-クーリーハット2

クーリーハットと言うそうな。Yahooオークションで、送料込みで
3000円でした。

 クーリーハットとはもともとベトナムの農民が働くときにかぶる
笠のことで、日本の竹笠とほぼ同じものです。

 本製品は、株式会社コヒナタ製で、100%ナイロン製で撥水加工。


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-クーリーハット3  Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-クーリーハット4
 内部は総メッシュで通気性も良好。重量も69gと本当に軽い。


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-クーリーハット5  Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-クーリーハット6
 収納は折りたためるのでコンパクトです。


 色はグリーン、カーキー、ネイビー、迷彩があり、私が購入したのは
グリーンです。


 今度のフローターバッシングで実戦投入してみるつもりですグッド!
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今日の午後は出撃の許可が出ましたので、ゆるりと平日釣行するつもりで
琵琶湖に向かいました。



 場所:北の葦林・沖の一文字
 天気:曇りくもり→雨雨 東風台風 → 北風
 気温:27℃
 水質:ややマッディ~マッディ



 アプローチポイントに到着したのが、午後2時。ミーヤン3号を準備し、
ゆるりと湖上の人へニコニコ

 平日の午後、天気も曇りで暑くもなく、ゆったりと釣りをしようと思った
のも束の間。
 強い東風のため、50㎝クラスの波が沖からやってきます波波波


 予想通り、北の葦林は波のため釣りになりません。それよりも枯れた葦
などのゴミが大量に流されてきています
ガーン


 沖の一文字に移動しても、ゴミの状況は変わらず。それに水もかなり
濁りが入ってきています。


 こんな状況なので、お魚さん達の活性が気になりますね。


 いつものように、一文字を南から北に向かって探っていきます。

 沖から波が入っているので、まずは沖側を中心に攻めてみますが、
予想通り、お魚の活性が低いダウン

 大量のゴミも手伝って、なかなか釣りになりませんウワーン


 一文字の北の端近くは比較的ゴミが少なかったので、じっくり探ると、
小バッチがアタって来ます。

 33㎝の元気なバスをゲットした後、北の端にキャストすると、着底と
同時にラインがゆっくり横走りビックリ

 合わせると、直ぐに良型と分かる強い引きです。

 一文字に逃げ込もうとするバスを沖に誘導し、勝負グー

 若嫁さん(ツインパ)を泣かせて汗上がって来たのは、

 45㎝、2.5lbの良型バスでしたチョキ


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-45cm,11,7/27

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-45cm,11,7/27-2

重量はないけれど、良い引きのアフターの雄バスでしたうお座
(バックの琵琶湖が荒れているのが分かると思います)



 暫くすると、東の風が収まってきて、北風に変化しました。

 北風はそれほど強くないので、波も低くなり、釣りやすい状況に。

 一文字の岸側をじっくり探っていきましたが、30㎝のバスや小バッチ
アタリしかないので、一文字には見切りを付けます。


 波が収まったので、北の葦林に移動。夏の時期に良型がステイするポイント
ですが、そこを攻めると、いきなり重いもたれアタリビックリ

 合わせると、始めは30アップくらいかと思いましたが、いきなり強い引きで
葦林に逃げ込もうとしますあせる

 徐々に沖に誘導してゲットしたのは、

 42㎝、2.2lbの良型バスでしたチョキ


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-42cm,11,7/27

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-42cm,11,7/27

この子はプリプリの綺麗なバスでしたねうお座


 この40アップを最後にストップフィッシング。


 正味1時間半の釣行で、

 20~25㎝×13尾、30×㎝3尾、33㎝×1尾、
 42㎝×1尾、45㎝×1尾、計19尾


の釣果でした。


 のんびりと湖上の人になろうとしたのに、強い風と波でゆっくりなんて全く
できませんでした。

 釣りの神様は、いつも攻めの釣りをしないと承知しないのでしょうか叫び




  <今日のタックル>
  ロビンソン ビゴットBGS-511SL1
  シマノ ツインパワー 2500S
  ヤマトヨテグス スピニングフロロ 4lb
  Bee BUP-146ST (ミーヤン3号)

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
 待ちに待った日曜日(まるで子供です)。お天気も良いので、
午前と午後の部で琵琶湖に出撃してきましたグー


<午前の部>

 早朝から琵琶湖に出撃です。ミーヤン3号を用意して浮いたのが、
午前5時過ぎです。


 場所:北の葦林・沖の一文字
 天気:曇りくもり 西風→東風
 気温:20℃ → 28℃、朝は寒いくらいでした
 水質:ややマッディ

 午前5時の気温が20℃で肌寒いくらいでしたが、水温も低下して
いたみたいで、釣り始めはバスの活性も低いガーン


 北の葦林で空振りだったので、沖の一文字に大移動グー

 ところが、ここもお魚の活性が低いガーン

 午前7時を回った頃から、水温が上昇してきたのでしょうか、お魚の
活性が上昇アップ

 ぼちぼち小バッチがアタって来ます。

 すると、どこからともなくいつものゴムボの2人組がやってきました。
相変わらず、ビックベイトやバイブレーションを投げまくっています。

 ところが午前7時過ぎから、あちこちでバスがベイトをチェイスする
姿が見られました。


 一文字の南の端で、以前のチェイスするバスをワームで釣る方法で、
重いもたれアタリビックリ

 あわせると、直ぐに良型と分かる強い引きです。

 若嫁さん(ツインパ)も機嫌良く泣いてくれます汗

 強い非違を楽しんで上がって来たのは、

 47㎝、3lbの良型バスでしたチョキ


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-47cm,11,7/23

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-47cm,11,7/23-2

結構お腹が膨らんだ雌バスうお座


 同じ方法で、コツコツした小アタリビックリ

 合わせると、またまた強い引きと重量感ですあせる

 若嫁さんを泣かせて上がって来たのは、

 47㎝、2.6lbの良型バスでしたニコニコ


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-47cm,11,7/23-3

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-47cm,11,7/23-4

お腹がペッタンコのアフターの雄バスですうお座


 今日はどういう訳かあちこちでライズが起こります。


 ゴムボの二人組の一人が、ボイルを直接狙って、良型のバスを
連発していました。


 小生も試しにライズリングにワームを落とし込んだところ、もたれ
アタリニコニコ

 しかし、かけたのが一文字の反対側近くだったので、ラインが一文字
に擦れてブレイクウワーン

             痛恨のバラシです叫び

 慣れないことはしない方が良いガーン


 午前9時前からライズは全くなくなってしまいましたが、なんとか
もたれアタリをとって、

 40㎝、1.7lbの良型バスをゲットチョキ


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-40cm,11,7/23

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-40cm,11,7/23-2


 一文字では小バッチのアタリはありますが、良型の気配が無くなった
ので、北の葦林に戻りましたが、ここも小バッチのアタリのみ。



 お日様も高くなってきたので、夏の定番、県道の橋脚を攻めてみました。
すると、コツコツした小アタリビックリ

 合わせると結構良い引きで、

 40㎝、1.6lbの良型バスをゲットチョキ


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-40cm,11,7/23-3

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-40cm,11,7/23-4


 この1尾を最後に午前部を終了。

 私にしては珍しく、5時間近くの長時間、琵琶湖に浮いて、

 22~25㎝×12尾、30㎝×1尾、32㎝×1尾、40㎝×2尾、
 47㎝×2尾、計18尾


の釣果でした。



<午後の部>

 午前、沖の一文字で良型が釣れたので、気をよくして、お昼からは別の
ポイントを探ってきました。



 場所:今津某所
 天気:晴れ晴れ
 気温:28~29℃、暑いあせる
 水質:ややマッディ


 午後3時から少しだけのつもりで浮いてきました。


 先日、浅場で良い思いをしたので、今日も浅場から探りを入れていると、
いきなり重いもたれアタリビックリ


 あわせると、強烈な引きと重量感ですニコニコ

 若嫁さんのドラグは泣いてラインが出て行きますグーあせる

 強烈な引きを楽しんで上がって来たのは、

 49㎝、3.5lbの良型バスでしたチョキ


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-49cm,11,7/23

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-49cm,11,7/23-2

ここでもファーストヒットがこの子とはさい先が良いグッド!

なんて考えていると後が続きませんガーン


 水深を変えて攻めますが、アタリは続かず、結局浅場で小バッチが
アタって来るだけ。

 1時間半の釣りで、

 23~30㎝×6尾、49㎝×1尾、計7尾

の釣果でした。

 今津某所では今日も良型が上がりましたが、いつも良い思いができる
とは限りませんね。




 さて、今日の午前午後と頑張って、

 22~25㎝×17尾、30㎝×2尾、32㎝×1尾、40㎝×2尾、
 47㎝×2尾、49㎝×1尾、計25尾


の釣果でした。



 今日で、今期にゲットした40㎝以上のバスの数が、101尾に達しました。

今年初めに密かに立てた目標が、

 ・ロクマルを釣る
 ・ランカーバスを20尾以上釣る
 ・40㎝以上のバスを100尾釣る

でしたので、最後の100尾ゲットを成功し、今年の目標達成ですクラッカー

    101尾の内訳
     40アップ:78尾
     50アップ:21尾
     60アップ: 2尾






  <今日のタックル>
  ロビンソン ビゴットBGS-511SL1
  シマノ ツインパワー 2500S
  ヤマトヨテグス スピニングフロロ 4lb
  Bee BUP-146ST (ミーヤン3号)

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 野分けのまたの日(台風の翌日、枕草子の一節です)です。

 台風のために昨日、一昨日と西日本は大変な状況でしたね。滋賀県
北部は山間部を除くとそれほどの被害はありませんでしたが、さすが
に河川は増水し、大量の流木やゴミが琵琶湖の流れ込んでいます。


 そんな中、バスフィッシングに出るとすると、どこのポイントが良い
か思案しました。

 実は昨日の午後、ホームグラウンドのネコ漁港を覗いてきたのですが、
漁港の入り口まで大量の流木やゴミが流れ込んできていて、水も完全に
マッディでしたウワーン

 たぶん、安曇川から流れ込んできたものでしょうね。30㎝を1尾釣る
のが精一杯。



 そこで、釣れそうなポイントの条件として、

 ・水通しが良くて水質が改善しやすい。
 ・フローターのアプローチポイントから実釣ポイントまでが近い。
  (強い北風が吹いていて、いつ撤収になるのか分からないので...)
 ・バスが強風や波を避けるためのストラクチャーがあること。

と考えると、

 沖の一文字や北の葦林は、近くにクリークがあり、北に安曇川河口が
あるため、水質が良い訳がない。
 また、アプローチ・ポイントから遠いとくれば、すぐに候補から落ち
ますウワーン


 よくよく考えると、秋まで封印したはずの今津某所が有望に思えて
きました。

 そこで、午後3時から、今津某所でフローターバッシングです。

 天気:曇りくもり 強い北風台風台風
 気温:27℃、涼しい
 水質:結構クリア


 現地に到着してみて、水質は合格。波は50㎝も満たないので釣りは
できます波


 後は、喰い気があるバスがいるかどうかですが、とにかく出撃ですグー


 台風が来る前に比べて水位が50㎝以上も上昇している感じ。

 手前のテトラから順に水深6mのポイントを探りましたが、テトラの
近くで、30㎝、32㎝をゲットしたのみです。


 水深3m以上の所ではお魚の気配はありません。


 どうやら、バスの魚影は薄いものの、喰い気があるバスが浅場に移動
しているみたいです。

 そこで、水深2mのポイントを中心に探っていると、重いもたれアタリビックリ


 合わせると、結構強い引きで、ドラグが気持ちよく鳴りますニコッ

 強い引きを楽しんで上がって来たのは、

 45㎝、2.2lbの良型バスでしたニコニコ


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-45cm,11,7/21

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-45cm,11,7/21-2

お腹が凹んだアフターの雄バスですうお座


 ということは、続いてヒットする可能性は低いと予想したら、その通り。

 これ以降は、小バッチやギルのアタリだけになりましたので、ストップ
フィッシング。


 荒れ気味の中、2時間浮いて、

 30㎝、32㎝、45㎝各1尾、計3尾

の釣果でした。


 40アップに出会えたのですから、成功の部類ですね。


 週末までは予定があるので、日曜日までは釣りは封印です。




  <今日のタックル>
  ロビンソン ビゴットBGS-511SL1
  シマノ ツインパワー 2500S
  ヤマトヨテグス スピニングフロロ 4lb
  Bee BUP-146ST (ミーヤン3号)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 昨日、短時間で良い思いができたので、2匹目の泥鰌を狙って
琵琶湖に出撃しました。



 場所:北の葦林・沖の一文字
 天気:曇りくもり 時折雷鳴雷 強い東風台風
 気温:25℃~29℃(風があるので涼しい)
 水質:ややマッディ


 琵琶湖に向かったのは良いのですが、琵琶湖はちょっと荒れ気味。
かまわずミーヤン3号で出撃。午前5時半には琵琶湖の上です。

 アプローチ・ポイントではそれほどではなかった波風が、北の葦林
に到着する頃には強くなっています。

 50㎝以上の波がひっきりなしに押し寄せてくるし、時には1m
クラスの波も襲ってきます波波波


 当然、葦林は大荒れ状態ですので、魚の気配無しガーン


 荒れているのは承知で沖の一文字に大移動ですグー

 オールが着いているフローターじゃないと怖くて沖には行けない
状態。

          当然、先行者はなしテヘッ


 沖の一文字の南端から探りを入れますが、クライマックスは直ぐに
やって来ましたニコニコ


 強風の中、なんとかボトムまで沈めたところ、根がかりをしたよう
な状態。

 ハードボトムなので、根掛かりが多く、一旦引っかかるとロッドで
煽るくらいでは外れません。

 そんな根掛かりかと思い、ラインを手で引くと何だか生命観ありビックリ

 直ぐに、ラインスラックを巻き取りロッドを煽ると、いきなり強い強い
引きと重量感です。

     これは40アップどころじゃない!

 若嫁さん(ツインパ)は気持ちよく泣き続けるし、お魚は暴れる
しで、やり取りが大変グーあせる

           楽し~い!!

 なかなか水面まで上がってこなかったのですが、いきなり浮いてきて
ジャンプうお座

            デカ!!

 それからもラインを出されたり巻き取ったりを続けて上がって
来たのは、

 54㎝、4lbのランカーバスでしたニコニコチョキ


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-54cm,11,7/18

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-54cm,11,7/18-2

重量的には大したことはないですが、かなり強烈な引きでしたね。
すっかりスポーニングより回復しているので良く引くことグッド!


     クラッカー今期23尾目のランカーバスですクラッカー



 同じポイントを探って、今度は35㎝の元気者バス


 柳の下の3匹目の泥鰌を狙って、またまたキャスト。

 すると、3度目の重いもたれアタリニコッ

 合わせると、先程のランカーほどではないけれど、強い引きと
重量感ですグー

 若嫁さんを泣かして上がって来たのは、

 45㎝、3lbの良型バスでしたニコニコ


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-45cm,11,7/18

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-45cm,11,7/18-2

この子は体高があって、おデブでしたね。いい引きですグッド!


 ここまでが、何と開始から約半時間。


 波がいよいよ強くなっては来ていますが、一文字の岸側・沖側を
満遍なく探って、1周したところで、雷鳴が近くなってきました雷雷

 雨の気配はありませんが、さすがに雷は怖いので、ストップフィッ
シングパー


 大荒れの琵琶湖に1時間半浮いて、

 35㎝、45㎝、54㎝、各1尾、計3尾

の釣果でした。


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-45,54cm,11,7/18

(写真は45㎝と54㎝ 波がきついので、アプローチポイントに
 帰ってきてからの写真です)


 始めからこんなに荒れてるのを知っていたら、出撃しなかったと
思われるくらいの荒れようでした。そんな中、ランカーに出会えた
のはラッキーでしたよ。




  <今日のタックル>
  ロビンソン ビゴットBGS-511SL1
  シマノ ツインパワー 2500S
  ヤマトヨテグス スピニングフロロ 4lb
  Bee BUP-146ST (ミーヤン3号)



追伸

今日のランカーで、生涯獲得ランカー数が50尾に達しましたクラッカー

一昨昨年までは通算2尾しかゲットできていなかったランカーが

一昨年からフローターに乗って、
一昨年は9尾、昨年は16尾、今年は既に23尾ゲットです。

フローターの威力をまざまざ思い知らされています。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
 このところ、平日はピーカンの午後しか釣行できなかったので、
深場を狙いに、7月13日、15日と今津某所を探ってきました。


 ここはマンメイドストラクチャーが多数ある、岸から急峻に深く
なるポイントです。
(いとしの●△って呼んでいたポイントですが、なにかと物議を醸し
たので某所と表現します)


 秋から初秋に良くなるポイントなので、2日間合わせて、

 20~28㎝×11尾、30㎝×4尾、35㎝×1尾、37㎝×1尾
 計17尾


の釣果でした。


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-37cm,11,7/13

写真は37㎝


 今日は早朝から時間がとれたので、久しぶりにホームの北の葦林
沖の一文字に出撃しましたあし


 天気:晴れ晴れ
 気温:24℃28℃
 水質:クリア ただし風もないのにうねりは強い波波波



 フローターで琵琶湖に浮いたのが、午前5時過ぎ。さすがに涼しい
ですねニコッ


 まずは北の葦林を探ります。

 この時期はクリークに近い、最も南側しかバスの気配はありません。

 2尾の小バッチをゲットした後、ラインが横に走るアタリビックリ

 合わせると結構強い引きと重量感です。

 若嫁さん(ツインパ)を軽く鳴かして上がって来たのは、

 40㎝、1.7lbの良型バスでしたニコニコ


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-40cm,11,7/17

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-40cm,11,7/17-2

40には届かないかと思いましたが、ギリ40でしたうお座



 アタリが無くなったので、沖の一文字に大移動。


 沖の一文字には先客あり。先週も釣りをしていたゴムボの2人組
でした。

 このお二人、またしてもビッグベイトを投げまくった後、魚礁に
根掛かりさせたルアーの回収のため、琵琶湖に潜り始める始末。

    こんなところで琵琶湖開きしないでくれ~叫び

 当然、ノーバイトなので、どこかに去っていきました。


 小生は沖の一文字を、南の沖側から探っていきます。

 南の端で重いもたれアタリビックリ

 合わせると強い引きと重量感で40アップ間違いないって喜んで
いたら、突然のラインブレイク。痛恨のバラシウワーン

 やり取りが下手くそなところにラインが劣化しているようです。


 琵琶湖の上でライン交換とも行きませんので、リールのドラグを
許される限界まで緩めて、釣り再開。


 一文字の沖側、北の端近くで重いもたれアタリビックリ

 合わせるとバスには間違い引きですが、重量感は今ひとつ?

 ところが、少しやり取りしていると、突然強い引きに変化ビックリ

 これは40アップは十分ある引きです。

 若嫁さんにかなり泣いてもらって、上がって来たのは、

 48㎝、3lbの良型バスでしたニコニコチョキ


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-48cm,11,7/17

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-48cm,11,7/17-2






 沖の一文字を1周半回って、ギルアタリしか無くなったので、
ここでストップフィッシング。


 1時間半探って、

 22~24㎝×5尾、40㎝×1尾、48㎝×1尾、計7尾

の釣果でした。

 やはりホームグラウンドですね。2尾の40アップに出会えました。



 この後、片付けをして急いで今津某所に向かいます。


 午前7時から2時間だけフローターで探ってみました。

 ところがやはりバスの活性は低かったですね。

 25㎝、32㎝、34㎝各1尾、計3尾

の釣果でした。

 ここは秋までお預けですね。




 <3日間のタックル>
  ロビンソン ビゴットBGS-511SL1
  シマノ ツインパワー 2500S
  ヤマトヨテグス スピニングフロロ 4lb
  Bee BUP-146ST (ミーヤン3号
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
 今日はピーカンにかかわらず、お昼から2時間だけ琵琶湖に
浮いてきました。

 場所:北の葦林・沖の一文字
 天気:快晴晴れ
 気温:34℃、暑い暑いあせる
 水質:ややマッディ



 さすがに午後2時からの出撃ですので暑いこと暑いことあせるあせるあせる


 シェードを狙ったり、一文字で粘ったりしましたが、良型の
ヒットはなく、


 20㎝~28㎝×10尾、30㎝×2尾、35㎝×1尾、
 計13尾


の釣果でした。


 さすがにピーカンでのフローターは厳しい...テヘッ汗



 <今日のタックル>
  ロビンソン ビゴットBGS-511SL1
  シマノ ツインパワー 2500S
  ヤマトヨテグス スピニングフロロ 4lb
  Bee BUP-146ST (ミーヤン3号)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 昨日、フローターで浮いて見て、腰痛が再発しなかったので、
嫁さんから今日の出撃許可がでましたグッド!

 という訳で、今日は早朝からリハビリ・フィッシング part2
です。



 場所:北の葦林・沖の一文字
 天気:快晴晴れ ほぼ無風
 気温:25℃ → 31℃、暑いあせる
 水質:ややマッディ、昨日よりは回復


 準備ができて、琵琶湖に浮いたのが早朝5時15分。さすがに
涼しいですね。

 水質はパッと見たところ、昨日よりは改善している様子ニコッ


 まずはアプローチポイントにほど近い、県道の橋脚を探ります。
夏には良いシェードになっているポイントなんですが、不発でし
た。


 北の葦林に移動して探りを入れますが、葦際でベイトが跳ねる
ところを発見。すかざず同じポイントにキャストすると、いきなり
もたれアタリビックリ

 合わせると、重量感はないものの、強い引きで楽しませてくれ
ます。

 35㎝の元気なバスをゲット。


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-35cm,11,7/10

このサイズは引きが良いですねうお座


 この後は、20㎝の超小バッチがアタって来たので、葦林には
見切りを付けます。


 沖の一文字に大移動。


 一文字にはゴムボの2人組が先に入っていましたが、移動して
くれたので、丁度良い感じでポイントに入れましたグッド!


 まず一文字の岸側を攻めますが、小バッチのアタリが少しと大量
のギルのアタリで、良型の気配無し。

 今度は沖側を探ると、ギルのアタリがチラホラある程度。

        う~ん、厳しい...ガーン


 そうこうしているうちに、ゴムボの2人組が戻ってきました。

 バイブレーションやビッグベイトをガンガン投げまくっているので、
ポイントには人為的なプレッシャーがかかりまくり。

 あれじゃ、余程バスの喰いが立っていないと、釣れる訳がない...


 なるべく、2人組から離れて、一文字の南の端で重いもたれアタリビックリ

 合わせると、直ぐに良型と分かる強い引きと重量感グーあせる

 若嫁さん(ツインパ)機嫌良く鳴いてくれますにひひ

 強い引きを楽しんで上がって来たのは、

 45㎝、2.5lbの良型バスでしたニコニコ


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-45cm,11,7/10

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-45cm,11,7/10-2

アフターのバスですが結構回復しているのでしょうね。強い引きです。



 2人組が、一文字の近くの魚礁で、良型がいると興奮気味で話して
います(湖上って結構声が通るんですよね)。

 あの手この手で探ってみてもノーフィッシュみたいで、暫くすると
移動していきました。


 今まで、魚礁ではあまり良い思いをしたことがなかったのですが、
一文字にはギルのアタリしか無くなったので、魚礁を攻めてみます。

 魚礁の近くで、数尾の40アップの姿を確認できました。

 ギルのアタリはありますが、バスはアタって来そうにもなかったので、
シンカーを0.5gにし、ボトムすれすれをスイミングさせると、コツコツ
した小アタリビックリ

 合わせると、強い引きと重量感です。

 姿を見ると、40アップは間違いないのですが、魚礁の中に逃げ込もう
とします。ドラグを緩める訳にはいかないので、バスの突然の引きには上
半身と手首を柔らかくして対処するしかありませんあせるあせるあせる

 なんとか強い引きをいなして上がって来たのは、

 42㎝、2lbの良型バスでしたニコニコ


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-42cm,11,7/10

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-42cm,11,7/10-2

この子もアフターのバスうお座 あの二人組が話していたのはこの子のことで
しょうか。


 この後は沖の一文字も魚礁にも良型バスの気配が無くなってしまった
のと、気温が上がって来て、暑くてしかたがなくなったので、ストップ
フィッシング。


 久しぶりに、私としては長時間の4時間、琵琶湖に浮いて、


 20~25㎝×5尾、30㎝、35㎝、42㎝、45㎝各1尾、
 計9尾


の釣果でした。


 昨日よりは釣果は上がりませんでしたが、長時間でも腰痛は無し。本格
回復のようです。




 <今日のタックル>
  ロビンソン ビゴットBGS-511SL1
  シマノ ツインパワー 2500S
  ヤマトヨテグス スピニングフロロ 4lb
  Bee BUP-146ST (ミーヤン3号)

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
 久しぶりの更新です。

 実を言うと、今週の水曜日の昼から釣行する予定でしたが、持病の
腰痛が出て、自宅謹慎になっていまいましたウワーン

 コルセット着用の上、安静と鎮痛剤の服用で、昨日ぐらいから回復チョキ

 そこで、今日はリハビリを兼ねて、お昼から琵琶湖に出撃ですグー




 場所:北の葦林・沖の一文字
 天気:晴れ晴れのち曇りくもり 東風
 気温:35℃→30℃
 水質:マッディ+腐敗した水草ガーン



 準備を整えて、琵琶湖に浮いたのが午後3時半。夕間詰めまで3時間
予定でフィッシング開始です。

 午後3時半を回っているとはいえ、日が照っていると暑いこと暑いことあせる

 東風があるのが助けと言えば助けです。

 しかし、そんな状態なのに、琵琶湖には結構なうねりがあります波



 葦林に到着して水を見ると、かなりマッディ。その上、水面には腐敗
した苔のような水草が浮いていますガーン

 どうやら、荒れたために、湖底で腐敗した水草がはがれて浮いてきて
いる見たいです。

 そうなると、水の酸素濃度が心配です。ただでさえ、炎天下。その上
マッディで腐敗した水草が浮いているとは、水質はかなり悪い部類ですね。

 苦戦を覚悟で、葦際を探っていきますが、予想通り、ギルのアタリが
少しある程度で、魚の気配がほとんどないウワーン



 ここは夕方にとっておくことにして、沖の一文字に大移動です。

      うねりがあるので、移動がしにくい...


 沖の一文字でも水質は悪く、腐敗した水草はここでも浮いています。


 一文字の沖側では、ギルのアタリすら無い状態でしたが、真ん中まで
探ってきたときに、突然重いもたれアタリビックリ

 根掛かりもことも多いので聞き合わせすると、ラインがゆっくり横に
走りますニコッ

 バスがくわえていることを確信して本合わせグー

 すると、直ぐに良型と分かる重量感と強い引きです。

 ラインを出されながらでも沖に誘導していざ勝負ビックリマーク

 ところが沖にはカナダモのウィードが生えていて、そこに潜られて
しまいましたウワーン

 どうしようもないので、ラインのテンションを掛けたままで待って
いると、ゆっくりとバスが浮いてきました。

 カナダモまみれになった姿を見て、

         デカ!!

 なんと、50㎝、3.5lbのランカーバスでしたニコニコチョキ


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-50cm,11,7/9

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-50cm,11,7/9-2

お腹ペッタンコのアフターの雄バスですねうお座

 クラッカー今期22尾目のランカーですクラッカー


 一文字の反対側の端で、バスの気配があり、32㎝と35㎝のバス
ゲット。


 一文字の岸側に移動すると、ギルのアタリの中に小バッチのアタリが
交ざりますが、良型の気配無し。

 もう一度、沖側を探ってみましたが、良型のバスの気配はありません。


 そうこうしているうちに、うねりが50㎝を越えてきていますので
沖の一文字に見切りを付けて、葦林に戻ります。


 夕間詰め近くになって、バスの活性が上がってきているはずですが、
うねりが強くて、なかなか思うように攻めにくい状況ウワーン

 そんな中でも、20㎝位の小バッチと30㎝をゲット。


 今日は諦めるしかないかと思い始めたときに、重いもたれアタリビックリ

 合わせると、思ったより強い引きと重量感です。

 ラインの出方を見ると良型間違いなしグッド!

 沖の誘導して勝負してゲットしたのは、

 47㎝、2.8lbの良型バスでしたニコニコ


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-47cm,11,7/9

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-47cm,11,7/9-2

尾ビレがボロボロでお腹が凹んだアフターの雄ですうお座


 この1尾を釣ってから、うねりが1m近くになって来たので、ストッ
プフィッシング        波波波


 2時間半の釣行で、

 20~25㎝×6尾、30㎝、32㎝、35㎝、47㎝、50㎝各1尾、
 計11尾


の釣果でした。

 腰痛後のリハビリとしては十分な結果となりました。

 水の状態は良くないのに結構釣れたんで我ながらビックリです。




 <今日のタックル>
  ロビンソン ビゴットBGS-511SL1
  シマノ ツインパワー 2500S
  ヤマトヨテグス スピニングフロロ 4lb
  Bee BUP-146ST (ミーヤン3号)

今日も若嫁(ツインパ)イビリができました。よく働いてくれます。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 2011年度下半期初のフローターです。

 早朝から準備し、琵琶湖に浮いたものの、結論から言うと
激シブでしたガーン



 場所:北の葦林、沖の一文字
 天気:曇りくもり、のち晴れ晴れ
 気温:24℃→27℃
 水質:ややマッディ



 早朝5時半フィッシング開始ですから、涼しくて気持ちいいですね。


 まずは、北の葦林を探りますが、ギルっぽいアタリがあるだけで、
バスの気配はありませんウワーン


 すぐに沖の一文字に移動グー


 一文字の端から探りを入れますが、第一投から重いもたれアタリビックリ

 モーニングバスだと合わせを入れると、結構強い引きと重量感ですグーあせる

 ドラグは鳴りラインは出ますので、良型間違いなしドキッ

 強い引きをいなして上がって来たのは、

 45㎝、2.7lbの良型バスでしたニコニコ


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-45cm,11,7/3

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-45cm,11,7/3

プリの雌バスですねうお座  まだプリのバスがいるのがここの特徴グッド!


 これはさい先が良いと、喜んだのですが、これからがいけません。

 バスのアタリがパタッと止まってしまいました。

 一文字を3往復半、2時間半以上も粘ってはみたものの、あとは
小バッチ2尾だけガーン

 依然として、ギル天国には変わりはありません叫び




 3隻のバスボも来ましたが、ノーバイトだったみたいです。

 ガイドが乗ったバスボも粘っていましたが、思うようなアタリはな
かったみたいですね。カワイソー汗


 傷心もまま、北の葦林に戻ってみると、小バッチが元気にアタって
来ます。

 小バッチとギルのアタリだけで良型の気配がないため、3時間半で
ストップフィッシング。


 20~24㎝×7尾、45㎝×1尾、計8尾

の釣果でした。


 ま、他のバサーに比べたら優秀だったし、激シブの中、若嫁(ツインパ)
イビリもできたから、それなりに良かったのでしょうか。



 <今日のタックル>
  ロビンソン ビゴットBGS-511SL1
  シマノ ツインパワー 2500S
  ヤマトヨテグス スピニングフロロ 4lb
  Bee BUP-146ST (ミーヤン3号)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。