Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ

30歳代から釣りを始めた中年アングラーの釣りブログです。釣りを始めるのが遅かったから、若人みたいに
技術が向上する訳でもなく、それでもお魚さんと出会いたいために、頭を使って釣りをしています。


テーマ:
 今日はお仕事も半ドン。夜から仕事仲間と検討会があるだけだから、
夕方6時まではフリーです。

 最近の暑さに耐えかねて、さすがに真っ昼間からの出撃は避けて、
といっても、午後2時から琵琶湖に向かいました走る人



 場所:北の葦林、沖の一文字
 天気:晴れ晴れ、始めは無風、午後4時頃から西風
 気温:33℃29℃、暑いあせる
 水質:クリア


 相棒のミーヤン3号に乗り込んで、まずは北の葦林を探ってみます。
しかし、ここはまだ本格的には回復していないようで、小バッチのアタ
リはありますが、良型の気配無しダウン

 結構丁寧に探ったはずですが、22㎝の小バッチだけで、ここには
見切りを付けました。

 30㎝までなら、見えバスもいましたが、あくまでも良型狙いです
ので、あえてスルー。


 沖の一文字に到着してすぐに気がついたのは、水質が良い。

     かなりクリアです。

 水深3mでもボトムがハッキリ見えましたよ。


 バスからもこちらが丸見えってことですから、今日は良型が連発するか、
全く釣れないかのどちらかですね。


 さて、一文字の端から探っていくと、一番端に、45アップと50アップ
のつがいがウロウロしていましたビックリ

 こちらにも気がついているようで、全く反応無し。産卵体勢に入って
いるのでしょうかね。


 ギルのアタリをかわしながら探っていると、一文字の沖側の中央付近で、
重いもたれアタリビックリ

 あわせると小気味良い引きと重量感です。

 ドラグを少し鳴らして上がった来たのは、

 40㎝、1.7lbの良型バスでしたニコニコ


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-40cm,11,6/30

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-40cm,11,6/30-2

元気が良い、綺麗なバスでしたうお座 プリなんでしょうか。


 同じポイントで、34㎝を1尾追加して、少しずつ移動です。


 もちろん、ギル天国には違いないのですが、今日はあちこちに40
アップの姿が見られます。勿論ランカーと思われるバスもいますが、
全くの無反応ですねウワーン

        見えバスを釣るのは難しいガーン

 途中から西風が吹いてきたのでちょっと釣りづらい。風がバスの活性を
上げてくれるのなら良いのですが、今日はダメ叫び


 一文字を2周して、始めにつがいを見かけたポイントに戻って、ロング
ディスタンス・フィネスでめめてみると、突然重いもたれアタリビックリ


 合わせると先程の40㎝より確実に強い引きと重量感ですグーあせる

 久しぶりにバスの強い引きを楽しみながらやり取りし上がって来たのは、

 45㎝、2.5lbの良型バスでしたニコニコチョキ


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-45cm,11,6/30

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-45cm,11,6/30-2

結構良い引きでしたね。プリの雄バスでしょうかうお座


 同じポイントで同じ攻め方をすると、またまたもたれアタリニコッ

 あのランカーが喰ったのかと合わせると、思ったより強くない引きですムカッ

 少しドラグを鳴らして上がって来たのは、

 43㎝、2lbの良型バスでしたテヘッ


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-43cm,11,6/30

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-43cm,11,6/30-2

尾ビレが傷んだ、アフターの雄バスのようですうお座

 みかけたランカーじゃなかったのは残念ですが、また違う群が来たの
でしょうね。



 数尾の小バッチを追加してストップフィッシング。


 3時間、琵琶湖に浮いて、

 20~28㎝×10尾、30㎝、34㎝、
 40㎝、43㎝、45㎝各1尾、計15尾


の釣果でした。


 3尾の40アップがでましたし、ランカーの姿も見かけましたから、
沖の一文字はひとまず回復ですグッド!


 <今日のタックル>
  ロビンソン ビゴットBGS-511SL1
  シマノ ツインパワー 2500S
  ヤマトヨテグス スピニングフロロ 4lb
  Bee BUP-146ST (ミーヤン3号)



さて、2011年上半期の総括ですが、
 30アップ:157尾
 40アップ: 64尾
 50アップ: 19尾
 60アップ:  2尾(最大63㎝
      釣り上げ総数:630尾

 でした。去年に比べて、40㎝以上が多く、30㎝台が
極端に少ないですね。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今日は久しぶりのオカッパリ釣行です。いつもなら浮いている所なん
ですが、ちょっと志向を変えて。


 まずは、いえおおさんが良い思いをされているポイントに向かいま
したが、小バッチの姿は見えど、デカバスの気配無し。30アップの
姿も見かけないくらいガーン

 ここのお昼帯は厳しいですね。1時間半でギブアップダウン


 距離はありますがホームのネコ漁港に向かうことにしました。

 途中のローソンで、ペプシNEXを購入し、喉を潤して、琵琶湖岸に
沿って車を走らせます。
(コカコーラ・ゼロより、ペプシNEXの方がお気に入り)

 北の方では風はなかったのに、南下するほど風が強くなります台風台風波

 ネコ漁港に着いた頃には結構な風になっていました。
 (フローターで浮いてなくて良かった)


 先行者のバサーも数人いましたが、ノーバイトのようですダウン

 ただ、ヘラ釣りのオッチャンは寄せに成功したようで、尺越えの
フナを立て続けに上げていましたビックリ


 沖の堤防、沖テトラ、手前テトラ、ワンドのウィード等結構探ったの
ですが、ギルが1尾のみ叫び


 小バッチの姿もあちこちに見かけましたが、ボウズ覚悟で40アップ
狙いです。

 全然アタリがないので、仕方なく、手前に係留している漁船の影に、
ブルーシートが浮いているポイントで、何とかワームをシートの下に
送り込むと、重いもたれアタリビックリ


 当然、根掛かりしたのかと思い、ラインを少し張るとロッドティップに

生命観ニコッ

 アタって来たお魚が何か分からないながらも合わせグービックリマーク

 すると、結構良い引きと重量感です。

 ドラグが鳴るほどでもないので、30アップかなって勝手に考えて
いると、上がって来たのは、

 42㎝の良型バスでしたニコニコ


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-42cm,11,6/24

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-42cm,11,6/24-2

体高はありますが、お腹ペッタンコのアフターの雄バスうお座


 この貴重な1尾を上げてストップフィッシング。

 なんとかボウズ逃れはできました。

 ネコ漁港に感謝。



  <本日のタックル>
  ダイコーコブレッティUnderPressure(カスタムメイド)
  シマノツインパワーMg1000S
  ヤマトヨスピニングフロロ4lb

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日・今日とフローターバッシングしてきましたので、
ご報告です。


〈6月21日(火)〉

 お昼から少しだけ自由な期間が捕れましたので、2時間
フィッシングです。

 場所は最近、釣れなくなってきている北の葦林と沖の一文字
です。

 結論からいうと、撃沈の部類ですガーン

 沖の一文字では、20㎝の小バッチ1尾だけ。

 なんとかクリーク南側のパラ葦で30アップのバスを
確保。

 20~23㎝×3尾、30㎝、32㎝、35㎝各1尾、
 計6尾


の釣果でした。これじゃ、嫁(ツインパ)イビリにもなりゃしない(笑)



〈6月22日(水)〉

 という訳で、どうにもこうにも欲求不満。柄にもなく朝練を
してきました。リベンジなるか?


 場所:北の葦林、沖の一文字
 天気:曇りくもり ほぼ無風
 気温:21℃、さすがに涼しい
 水質:ややマッディ


 昨日、バスの反応があったクリーク南側のパラ葦ではギルの
アタリのみ。ここは早朝は駄目なようです。

 北の葦林もバスの反応はなく、やはりギルのアタリのみガーン

       回復にはまだ時間がかかりそう


 そこで、沖の一文字に大移動。

 ここではいつものように、ギル天国叫び それは朝も昼も夕も
変わりがないようで...

 沢山のギルアタリの中で、たま~に、バスのアタリがまざるって
いう感じですね。

 35㎝と36㎝を一尾ずつゲット。


 あちこちではベイトのライズと、それを追いかけるプレデターの
水紋がたま~にあります。


 一文字の端に来たところで、デカバスがベイトをチェイスする姿を
発見ビックリ

 しかし、こちらはライトリグのみ、トップウォーター・プラグは
持ち合わせていませんウワーン

 さて、どう攻めたものかと思いましたが、ある方法を試すと狙い通り
重いもたれアタリニコッ

 バスがくわえていることを確信して合わせグー
 
 すると、予想通り、かなりの重量感と強い引きです。

 ドラグが鳴り、ラインが出て行きますグーあせる

           楽し~い!!

 
沖に誘導し、バスをジャンプさせないようにロッドで操作し、
バスの疲れを待ちます。

 浮いてきた姿を見て、デカ!!

 
疲れてきたところをフローターの側に寄せてハンドランディンググー

 52㎝、4.5lbのランカーバスでしたニコニコチョキ


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-52cm,11,6/22

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-52cm,11,6/22-2

お腹プリップリのプリの雌バスですうお座

 クラッカー今期21尾目のランカーバスクラッカー


ここはまだプリとアフターのバスが交ざりますね目


 バスボが近づいてきて、攻め始めたので、葦林をもう一度
チェックして、ストップフィッシング。


 実質1時間半の朝練で、

 35㎝、36㎝、52㎝、各1尾、計3尾

の釣果でした。


 朝練でランカーが来ましたから、昨日のリベンジ成功。
朝練大成功でした。

 さて、仕事頑張るぞ!!


 <2日間のタックル>
  ロビンソン ビゴットBGS-511SL1
  シマノ ツインパワー 2500S
  ヤマトヨテグス スピニングフロロ 4lb
  Bee BUP-146ST (ミーヤン3号)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 なかなか釣果が上がらないので、その日にブログアップできません。

 今回は2日間の釣果報告です。



〈6月17日(金)〉

 北の葦林と沖の一文字で、2時間フィッシングしましたが、
このところの低活性のため、

 沖の一文字は全滅ガーン

 北の葦林でかろうじて、

 20~25㎝×4尾、30㎝×2尾、計6

の釣果でした。

 本当、どうしちゃったんでしょうね...


 6月18日(土)は大津に学会出張でしたので釣りはお休み。

 帰りの国道161号線で、コンテナを積んだトレーラーが田んぼに
落ちる事故があって大渋滞ムカッ

 帰ってくるのに苦労しました(あ~、しんど)ガーン



〈6月19日(日)〉

 昨日は午前中に家の用事を済ませて、午後2時半から琵琶湖に
向かいました走る人


 場所:北の葦林と沖の一文字
 天気:曇りくもり ほぼ無風(ほんと、久しぶりの凪)
 気温:21℃
 水質:ややマッディ



 さすが日曜日とあって、葦林にも一文字にも多数のバスボが入って
います。

 カヌーでバス釣りを楽しむ年配の方も見かけました。

 しかし、どなたもアタリには恵まれていないようでしたね。


    やはり低活性が続いているのか...


 まず、初夏に良くなるクリーク南側のパラ葦から探ると、ここには
小バッチですが、バスの活性があります。

 22~30㎝を6尾ほどゲットして、ここを後にします。


 バスボがいなくなったので、いつもの葦林に向かい、葦際を探って
みましたが、なかなかバスのアタリはありませんウワーン

 20~32㎝を4尾ゲットしたところで、ここを見切りました。


 沖の一文字に大移動です。

 多数のバスボが入れ替わり立ち替わり攻めていたので、バスたちも
スレスレの可能性大ムカッ


 しかし、私は私の釣り方をするだけですグー


 一文字の際を丹念に探ると、先日ほどではないですが、ギルの
活性だけは高い



 一文字の端で、反対側から一文字の死角になるように、キャスト
すると、ギルとは違うコツコツした小アタリビックリ

 あわせると、思ったより良い引きです。

 ドラグを少し鳴らして上がって来たのは、38㎝のバスでしたニコニコ


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-38cm,11,6/19

良い引きの、ポッコリお腹の雌バスうお座 プリのバスでしょうね。


 同じ攻め方で35㎝を1尾追加して移動していきます。


 そういえば、あるバスボの二人が一文字の端にバスを停めて、結構
長時間ライトリグで攻めていました。

 結局、その二人はノーバイトだったみたいですが、そのポイントには
何かいるのかと、探ってみます。

 一文字の際にワームをフォーリングさせ、着底すると同時に重いもたれ
アタリビックリ

 ラインもゆっくり横に走ります。

 バスがくわえていることを確信してあわせグー

 すると、思ったよりもズッと強い引きと重量感です。

 ドラグは鳴り、ラインも出て行きますグーあせる

       良型間違いなし!!

         嬉し~い!

 なんとか沖に誘導して勝負です。ジャンプする姿をみて、

             デカ!!

 バスが疲れてきたのを見計らって、フローターの側に寄せて
ハンドランディンググー

 51㎝、3.8lbのランカーバスでしたニコニコチョキ


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-56cm,11,6/11

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-51cm,11,6/19-2

デップリしたお腹のプリの雌バスうお座グッド!

 クラッカー今期20尾目のランカーバスですクラッカー


 この後、アタリが止まったので、葦林に戻って夕間詰めを狙いました。

 しかし、昨日は良型バスが回遊しては来なかったみたいで、小バッチ
のみでストップフィッシング。


 3時間強、琵琶湖に浮かんで、

 20㎝~25㎝×8尾、30㎝×2尾、33㎝×1尾、
 35㎝×1尾、38㎝×1尾、51㎝×1尾、計14尾


の釣果でした。


 このポイントはまだまだ回復してはいませんね。もう少し
時間がかかりそうです。



 <2日間のタックル>
  ロビンソン ビゴットBGS-511SL1
  シマノ ツインパワー 2500S
  ヤマトヨテグス スピニングフロロ 4lb
  Bee BUP-146ST (ミーヤン3号)

  新しく嫁入りしてくれた、ツインパはよく働いてくれます。
ややドラグを強めにしていても、滑り出しがスムーズだから、
安心してやり取りができますよ。

  まだまだ嫁イビリは続きそうです(笑)
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
 なかなか思うような釣果が得られていませんので、報告が遅れ気味。
3日分まとめて報告です。


【6月13日(月)】

 北の葦林沖の一文字を2時間フィッシングしましたが、
バスの活性が異常に低いガーン

 あちこち探り回って、

 20㎝前後×4尾、26㎝×1尾、30㎝×1尾、計6尾

の貧果。

 40アップを1尾かけたのですが、ジャンプ一発、フックアウト叫び
あ~あ、勿体ないことをしましたガーン


 どうしたことでしょうね。あれほど調子が良かったのに...


【6月15日(水)】

 先日のリベンジのために北の葦林沖の一文字をまたまた2時間
フィッシングです。

 沖の一文字は、ギル天国でバスの気配は全く無しウワーン

 北の葦林で、葦際を丹念に探って、35㎝×3尾の釣果でした。

 なかなか40アップが出ないし、数もでませんね...ガーン


【6月16日(木)】

 そして今日はお昼から比較的長い時間がとれたので、ゆっくりと
フローターに乗ってきました。

 しかし、お昼過ぎから生憎の雨雨。風も出てきています台風

    梅雨前線が発達しているそうな...

 もともと、ウェダーを履いているので、後はレインウェアーの上だけを
着れば、雨対策はバッチリですチョキ


 ミーヤン3号に乗り込んで琵琶湖に出撃したまでは良かったのですが、
思ったより波が大きくて激しい波

 50㎝を越える波もひっきりなしです波波波

 意を決して、北の葦林に向かいましたが、波のために葦林一帯の水が
濁ってしまって、釣りになりませんガーン

 30分程探ってはみたものの、当然、お魚の気配はありません。


 またまた意を決して、沖の一文字に向かいましたが、さすがに波が
きつくて大変でした叫び

 フローターのチューブの上まで波が上がってくるといえばお分かりに
なるでしょうか。


 沖の一文字ではお魚の気配はあります。でも、それはバスじゃなくて
ギル軍団です。

 ギルのアタリをかわすなんてことはできないくらいアタって来ます
ので大変。

 一文字の北の端でなんとか、35㎝、30㎝をゲットできましたが、
40アップは難しいかと...


 一文字の沖側に波がぶち当たって荒れていますが、思い切って沖側を
攻めてみました。

 すると、一文字の中央付近で、コツコツした小アタリビックリ

 ギルのアタリかと思いましたが、ギルならプルプルしながら横に走る
のに、ゆっくりと横に動くだけなので、バスがくわえていることを確信
してあわせ。

        キタ~!!

 直ぐに良型と分かる強い引きですグー

 リールは新しく導入した、08ツインパ2500Sだから、結構余裕ですグッド!

 ドラグの滑り出しが柔らかくてしなやかです。ラインブレイクの心配は
なかったですね。

 結構引きを楽しんで上がって来たのは、

 42㎝の良型バスでしたニコニコチョキ


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-42cm,11,6/16

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-42cm,11,6/16-2

この状況だから嬉しい1尾ですうお座


 今日の沖の一文字ではこれが限界。


 やや波が収まってきたので、もう一度葦林を探りましたが、やはり
不発でした。


 波波・風台風・雨雨の三重苦の中、3時間強粘って、

 20㎝、30㎝、35㎝、42㎝各1尾、計4尾

の釣果でした。


 この状況で40アップ1尾なら悪くないと思います。ようやくツインパ
にも入魂できましたよニコッ


 さて、北の葦林と沖の一文字は少し休憩状態ですね。

 毎年、一度は釣れなくなって、暫くすると復活するというパターン
ですから、今後良くなってくるはずです。


 <3日間のタックル>
  ロビンソン ビゴットBGS-511SL1
  シマノ ツインパワー 2500S
  ヤマトヨテグス スピニングフロロ 4lb
  Bee BUP-146ST (ミーヤン3号)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日はブログ仲間のブルマンさんが沖の一文字の夕間詰めで良い

思いをされたとのこと。

 そうなると、居ても立ってもいられないのがバサーの性テヘッ

 本当は今日明日は釣りをお休みする予定でしたが、夕間詰め狙いで
琵琶湖に出撃ですグー



 場所:北の葦林・沖の一文字
 天気:晴れ晴れ しかし西風強し台風台風台風
 気温:23℃、風が強いから体感温度は20℃以下
 水質:ややマッディ、でもかなりクリアになって来ています



 ミーヤン3号を用意し、北の葦林でフィッシング開始したのが、
午後4時を回っていました。

 浜から琵琶湖に吹く風なので、波はたいしたことないのですが、
フローターのポジショニングには苦労します。

 昨日、5連発した葦際をせめるとワームが着底と同時にラインが
ゆっくり横走りしますビックリ

 あわせると結構強い引きです。

 ドラグを少し鳴らして上がって来たのは、

 43㎝、2lbの良型バスでしたニコニコ


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-43cm,11,6/11

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-43cm,11,6/11-2

やはりまだ居付いていましたねグッド!

 
 この後、30㎝と35㎝をゲットしてアタリが止まりました。


 強風の中、葦際を順に探っていきましたが、なかなかバスのアタリは
ありません。


 強風なので迷ったのですが、思い切って沖の一文字を目指すことに
しました。

 行きは追い風ですが、帰りは向かい風

      “行きは良い良い帰りは怖い”ドクロ


 それでも沖の一文字に移動して正解。これからがクライマックスです。


 強風なので、風上から一文字に向けてキャストして探ります。

 着底と同時に、コツッとした小アタリビックリ

 ラインを少し張って聞きあわせをすると、ロッドティップに重みを
感じます。

 魚がくわえていることを確信して本あわせグー


 すると、想像よりかなり強い引きと重量感です。

 ラインが出続けてドラグが悲鳴を上げます。グーあせる

 大型間違いなしドキッ

 ラインが出る、巻き戻すを繰り返していると、バスが浮いてきてジャンプうお座

            デカ!!

 疲れを待って、フローターの側に寄せてきてハンドランディング。

 50㎝、4.5lbのランカーバスでしたニコニコチョキ


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-50cm,11,6/11

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-50cm,11,6/11

お腹プリップリのプリの雌バスうお座 良い引きでしたよ!!

 クラッカー今期18尾目のランカーバスクラッカー



 少し離れたところに同じようにキャストすると、今度は重いもたれアタリビックリ

 あわせると、先程と変わらないくらいの強い引きですグーあせる

 これも大型確実ドキッ

           嬉し~い!!

 ドラグが悲鳴を上げながらやり取りして上がって来たのは、

 56㎝、4lbのスーパーランカーでしたニコニコチョキ


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-56cm,11,6/11

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-56cm,11,6/11-2

見ての通りのスリムなボディ。雄バスで先程のランカーとつがいだった
のでしょうね。
痩せているというより、もとからスリムだったようなバスですうお座

 クラッカー今期19尾目のランカーバスクラッカー


 ちょっと出来過ぎですねテヘッ


 この後、1時間弱、一文字を探りますが、35㎝1尾だけで、後はランカー
クラスのギルばかりです叫び




 最後の半時間は葦林を試すつもりで再度、探りを入れます。


 やはり最初に43㎝をあげたポイントではバスの気配があります。


 葦際を攻めて、コツコツした小アタリ。小気味良い引きで上がって
来たのは、39㎝のバスでした。


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-39cm,11,6/11

後1㎝足りない...


 同じように、アプローチの角度を変えてキャストすると、重いもたれ
アタリニコッ

 あわせると、強烈な引きに重量感です。ランカーほどではないけれど
良い引きで上がって来たのは、

 48㎝、4lbの良型バスでしたニコニコ


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-48cm,11,6/11

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-48cm,11,6/11-2

この子もプリの雌バスですね。お腹プリップリうお座



 48㎝を上げて暫くして2時間経過したので、ストップフィッシング。



 強風の中、正味2時間頑張って

 30㎝×1尾、35㎝×2尾、39㎝×1尾、43㎝×1尾、
 48㎝×1尾、50㎝×1尾、56㎝×1尾、計8尾


の釣果でした。


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-48,50,56cm,11,6/11

上から、48㎝、50㎝、56㎝。56㎝のスリムさが
目立ちますね


 強風の中、出動し、沖の一文字まで攻めて大正解でした。

 明日はさすがに一休み。福井の息子の所に顔を出しに
行きます。





  <本日のタックル>
  ロビンソン ビゴットBGS-511SL1
  シマノ バイオマスター 2000S
  ヤマトヨテグス スピニングフロロ 4lb
  Bee BUP-146ST (ミーヤン3号)

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今日はゼブラさんブルマンさんがこちらに遠征に来られるとのことで、
午前中の仕事を終えてら急いで琵琶湖に向かいました走る人



 場所:北の葦林・沖の一文字
 天気:曇りくもり 時々雷様雷
 気温:25℃
 水質:ややマッディ


 急いで用意したつもりですが、琵琶湖に浮いた時には午後1時20分
くらいになっていました。


 葦林に到着すると、ブルマンさんの姿はなく、ゼブラさんは遠く沖の一
文字
を釣っているところでした。


 一応、葦林の状態をチェック知るために一通り探ります。

 パラ葦を探っていると、もたれアタリビックリ

 あわせると、結構強い引きです。

 ドラグを少し鳴らして上がって来たのは、

 42㎝、1.8lbの良型バスでしたニコニコ


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-42cm,11,6/10

これでボウスも無し、ヨンマルもゲットグッド!


 35㎝を追加して、葦林から沖の一文字に移動しました。



 沖の一文字を順に攻めていきましたが、今日はギルの猛攻ばかりで、
30㎝が1尾ヒットしただけですダウン

 ゼブラさんに話を聞くと、3尾もヨンマルを上げているようなので、
良型のバスは釣られてしまった後のようですガーン


 もう一度、葦林に戻った頃に、ブルマンさんが参加。

     沖の一文字はもう遅かったようですよ...


 そこで、葦林でも夕方から良くなりそうなポイントを攻めずにおいて
いたので、そこを探りますグー


 すると、いきなりラインがゆっくり横走りビックリ

 あわせると、良型の強い引きです。

 少しドラグを鳴らして上がって来たのは、

 44㎝、2lbの良型バスでしたニコニコ


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-44cm,11,6/10

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-44cm,11,6/10-2

アフターのヤセバスですが引きは良かったですようお座


     やはりこのポイントにはいましたねグッド!


 続けざまに重いもたれアタリニコッ

 あわせると、先程のバスよりパワフルな引きビックリ

 ドラグを鳴らして上がって来たのは、

 42㎝、2.2lbの良型バスでしたニコニコ


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-42cm,11,6/10-1

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-42cm,11,6/10-2

お腹がふくれたプリの雌バスですねうお座 元気いっぱいの引きでしたチョキ



 ブルマンさんをお呼びして、少し説明をしてポイントを譲りました。


 小生は少しずらして、葦際を攻めて、32㎝1尾の後、

 41㎝の良型バスを2尾追加して、ストップフィッシング。


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-41cm,11,6/10-1  Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-41cm,11,6/10-2



 ほんの20分間に5連発してしまいました。


 正味2時間半の釣りで、

 30㎝×2尾、32㎝×1尾、35㎝×1尾、
 41㎝×2尾、42㎝×2尾、44㎝×1尾、計9尾


の釣果でした。


 短時間にランカーや45アップには恵まれませんでしたが、
40アップ×5尾は上出来でした。


 夕方からの仕事があったので、お先に失礼して帰りましたが、
ブルマンさん、ゼブラさん、あの後、いかがでしたでしょうか。



 追伸

 今日で今期上げた30㎝以上のバスが203尾に達しました。
去年に比べるとかなり遅いですね。型狙いばかりしているから
数が伸びません。

 ま、とにかく
          祝200クラッカー                  です。


     内訳は
       30アップ:129尾
       40アップ: 57尾
       50アップ: 15尾
       60アップ:  2尾
           総数542尾




  <本日のタックル>
  ロビンソン ビゴットBGS-511SL1
  シマノ バイオマスター 2000S
  ヤマトヨテグス スピニングフロロ 4lb
  Bee BUP-146ST (ミーヤン3号)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今日のお仕事は午後2時前には終了。

 つまり、夕間詰めまで釣りができるということです。明日はブロク仲間も
遠征に来られるかも知れないので、下調べの意味も込めて、琵琶湖に浮き
ました。



 場所:北の葦林・沖の一文字
 天気:曇りくもり 強~い東風台風波
 気温:25℃
 水質:葦林はマッディ、一文字はややマッディ


 自宅を出発するときにも風が吹いていたから心配でしたが、現地に着いて
みてやっぱり東風が強く、波もやや高い状態です台風波

 釣りができないほどの波風ではないので、ミーヤン3号を用意してフィッ
シング開始ですグー


 まずは北の葦林の葦際を南の端から北の端まで順に探っていきますが、
昨日にひい続いてバスの気配が少ないガーン

 なんとか風表をせめて、36㎝のバスを2尾ゲットしました。

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-36cm,11,6/9  Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-36cm,11,6/9-2




 半時間流してみましたが、40アップの気配がないので、思い切って
沖の一文字に大移動です。

 このときには波の高さも30㎝位だったので、なんとかなると判断。


 ところが到着したときには波の高さは50㎝を越えてきています波波

 沖から波が押し寄せてくるので、一文字の沖側は全く釣りになりませんドクロ

 そこで一文字の岸側でなんとか釣り開始。

 一文字になるべくフローターをよせて、一文字に平行にキャストして
探ります。


 ファースト・ヒットは20㎝の小バッチ

           狙っているのは君じゃないムカッ


 荒れていても、ギルは元気。ギルのアタリをあわせないように注意して
いると、ロッドティップを押さえ込むようなアタリビックリ

 あわせると、良型と分かる強い引きと重量感です。

 バラさないように慎重にやり取りして上がって来たのは、

 42㎝、2lbの良型バスでしたニコニコ


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-42cm,11,6/9

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-42cm,11,6/9-2

さすが沖バス、良い引きですうお座


 一文字の端まで探ったときにまたまた押さえ込みアタリビックリ

 この子は36㎝の元気なバスでした。

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-36cm,11,6/9-3



 同じ場所を探ると、重いもたれアタリニコッ

 あわせると、先程よりも確実に強い引きです。

 ドラグが鳴り、ラインが出て行きます。

 ここは、魚礁のようなマンメイド・ストラクチャーが沈んでいますので、
それに巻き込まれたらラインブレイクは必至ムカッ

 なんとか深く潜らないようにやり取りして上がって来たのは、

 47㎝、3lbの良型バスでしたニコニコ


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-47cm,11,6/8

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-47cm,11,6/8-2

強烈な引きで楽しませてくれた、プリスポーンの雌バスですうお座



 でも、クライマックスはここからです。

 全く同じポイントを攻めていると、またまた押さえ込みアタリニコニコ

 あわせると、47㎝のバスよりも重く強烈な引きです。

 ラインが出続けるし、ドラグは悲鳴を上げっぱなしグーあせる

 なかなか浮いてくれないので、できるだけ魚礁から離すために、一文字の
方向に誘導します。


 ラインが一文字に擦れる感じがしますが、魚礁よりマシ。

       頑張れ、フロロ4lbライン!!

 暫くして疲れたのかバスが浮いてきた姿を見て

          デカ!!

 51㎝のランカーバスでしたニコニコチョキ



Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-51cm,11,6/9


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-51cm,11,6/9-2

強烈な引きのプリの雌バス。お腹プリプリ。ラインは結構傷んでいました。

                                  (あ~、危な...)

 クラッカー今期17尾目のランカーバスクラッカー



 この後、お愛想のような20㎝1尾、30㎝2尾をゲットしたところで、
いよいよ琵琶湖に不穏な感じ。

 波も1mを超えてきて結構危険波波波



 急いで、葦際に戻りましたが、葦際は1mの波で濁りきっていて、
釣りになる状況ではありません叫び

 ランカーをゲットしたこともありますし、安全のため、アプローチ・
ポイント近くのワンドを遊びがてらにチェックすると、コツコツした
小アタリビックリ

 結構良い引きで上がって来たのは、39㎝のバスでした。


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-39cm,11,6/9


 これでストップフィッシング。


 葦林に半時間強、一文字に1時間半弱の実質2時間がんばって、

 20㎝×2尾、30㎝×2尾、36㎝×3尾、39㎝×1尾、
 42㎝×1尾、47㎝×1尾、51㎝×1尾、計11尾
の釣果でした。


 荒れて危険な状況でしたが、その分、バスの警戒心も薄れたんで
しょうね。

 今日のランカーバスで17尾(すべてブロクに載せてます)。
去年の実績を超えました。

      Viva!沖の一文字
です。




  <本日のタックル>
  ロビンソン ビゴットBGS-511SL1
  シマノ バイオマスター 2000S
  ヤマトヨテグス スピニングフロロ 4lb
  Bee BUP-146ST (ミーヤン3号)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 今日も、お仕事の合間の2時間だけ琵琶湖に浮いてきました。
相棒は勿論、ミーヤン3号です。



 場所:北の葦林、沖の一文字
 天気:晴れ晴れ
 気温:26℃、暑いあせる
 水質:ややマッディ


 ずいぶんと琵琶湖の水位も下がってきて、今は例年くらいの水位です。
風もあまりないから、水はよどんでいますが、濁りは少しましになって
来ています。


 まずは、北の葦林の葦際を順に探っていきますが、昨日とは打って
変わって、魚の気配がないガーン

 一日でこうも状況が変わってしまうものなんですね。

 しかもランドマーク代わりに見ていた流木も無くなっています。

    漁師さんが掃除もしたんでしょうかシーッ

 30アップをヒットさせましたがフックオフウワーン


 どうも葦林にはバスの気配が少ないので、沖の一文字に大移動です。

 ここは前回ギル天国だったので、始めから厳しいのは覚悟の上グッド!

 しかし、それでもファーストヒットはバスでした。

 結構元気が良い引きで、40アップかと思いましたが、計測すると
39㎝のバスニコッ


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-39cm,11,6/8

沖のバスは元気が良いですねうお座


 ここからが、ギルとの戦いです。ギルを嫌がっていたのではバスも
ゲットできないから、ここは忍耐ですムカッ

 すると、一文字の際に40アップが3尾ほどうろついているのを
見かけましたが、こちらに気がついたようで、逃げられてしまいま
したビックリ

           しくじった...


 気を取り直して探り続け、一文字の端で、重いもたれアタリビックリ

 あわせると、直ぐに良型と分かる重量感に強い引きです。

 ドラグが鳴ってラインが結構出ますので、結構良い型のはずグーあせる

 十分に引きを楽しんで上がって来たのは、

 47㎝、3.5lbの良型バスでしたニコニコチョキ


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-47cm,11,6/8

Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-47cm,11,6/8-2

長さより重量があるプレの雌バスです。お腹パンパンうお座


 沖の一文字をグルッと一通り回って、再び葦林にもどります。

 少し風が出てきているので、状況も変わったかと、葦際を探ると、
コツコツした小アタリ。

 あわせると、これも元気な引き。

 上がって来たのは、37㎝のバスでした。


Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ-37cm,11,6/8



 この後、34㎝を1尾追加してストップフィッシング。


 正味、2時間の釣行で、

 34㎝、37㎝、39㎝、47㎝、各1尾、計4尾

の釣果でした。


 葦林がもう一つだったので、沖の一文字に移動して正解でしたニコニコ

 沖の一文字にもバスが付いてきているので、葦林もこれから
下り坂かも知れません。でも、沖の一文字が上向いてきました
から、今後期待できますね。


 さて、沖の一文字の47㎝で、今期の40アップが50尾に
なりました。

        クラッカー祝50ですクラッカー

 内訳は、
    30アップ:119尾
    40アップ: 50尾
    50アップ: 14尾
    60アップ:  2尾
        総計532尾





  <本日のタックル>
  ロビンソン ビゴットBGS-511SL1
  シマノ バイオマスター 2000S
  ヤマトヨテグス スピニングフロロ 4lb
  Bee BUP-146ST (ミーヤン3号)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 最近、デカバス狙いのラインとして、PEラインを使用しましたが、
その功罪について考えてみました。


 さて、私が使用しているラインは、

    PEライン:シマノ パワープロ0.8号

  フロロライン:ヤマトヨテグス スピニングフロロ 4lb (1号)

です。

 パワープロは0.8号ながら、18lbとかなり強靱で、根ズレに対する強度、
結節時の強度も従来のPEよりもはるかに強くなっているハイテクラインです。

 そこそこの張りもあり、スプールへの馴染みも良く、スピニングリールでも
ライントラブルはかなり少なくなっています。確かに扱いやすい。



 ところが、実際にライトリグ、特にダウンショットで使用すると、1号の
フロロラインより釣果が落ちてしまいます



 どうやら、0.8号という細さにもかかわらず、バスはこのラインの気配を
感じているようです。

 細いラインなのになぜ見抜かれるのか。


 2つの可能性があると思います。


 一つ目が、伸縮性の問題です。

 あまりに伸びがないので、ロッドの動作が思った以上にワームに伝わって、
オーバー・アクションになっているという可能性です。

 しかし、私はフリー・フォーリングで喰わすことが多いし、派手なアク
ションは付けないようにしていますので、これはそれほど問題じゃないでは
ないかと個人的には思います。

 二つ目が表面構造の問題です。

 PEラインの特徴ですが、ポリエステルの糸を編み込んでいる以上、表面が
ざらざらしています。ワームにアクションを付けるときに微妙な水流が生じて
バスがこれを感じ取ってしまうんではないかと思います。

 巻き取りの時にも、シュルシュルとガイドに擦れる音が結構大きい。

 現在通っている北の葦林の今は、結構マッディなことが多く、ワームも表面に
リブが付いているワームの方が、リブが付いていないワームよりアタリが多い様
に思います。

 結構、バスって水の振動に敏感です。

 これは結構大きな問題かも知れません。


 PEラインとオキアミの出現が釣りを大きく変えたとも言われていますが、
ライトリグ、特にダウンショットのようにシェイキングを多用するリグには
向いていないように感じました。


 そこで、今後、PEラインは封印しようかと思います。4lbフロロライン
でもロクマルをとることはできますしね。



 さて、今日の釣行ですが、

 場所:北の葦林
 天気:曇りくもり
 気温:22℃
 水質:マッディ


 2時間弱フィッシングで、

 32㎝×1尾、34㎝×2尾、35㎝×1尾、40㎝×1尾、計5尾

の釣果でした。

 携帯を忘れたので、写真はありません。

 迫力が無くてスミマセンm(_ _)m



  <本日のタックル>
  ロビンソン ビゴットBGS-511SL1
  シマノ バイオマスター 2000S
  ヤマトヨテグス スピニングフロロ 4lb
  Bee BUP-146ST (ミーヤン3号)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。