よくご質問いただくので、あらためてまとめます。入門編としても、お読みください。





◇スピーチとコミュニケーションのトレーニングってなんですか?



文字通り、話すことのトレーニングですが、発声・発音のテクニックだけではありません。



その人のイメージに合っているか、も重視します。







人からどう見られたいか、どう見せたいのか。

あなたらしさはどういったものなのか、イメージ作り、セルフプロデュースも含めてお手伝いします。





実際の生徒さんの例ですが…、開業されてる方で、喋り方に少しコンプレックスがあり、
堂々と話がしづらいという方がいらっしゃいました。



話をしてみた結果、話しにくい、発声しづらい音などはトレーニングで改善することにしましたが、



その方の良いところ、

一生懸命言葉を紡ぎ出すように話す癖は、

それほど直さないことになりました。



その話し方は、その方らしい、誠実さ溢れるイメージにピッタリだったからです。







◇最初のレッスンは何をするの?



○姿勢や呼吸のチェック、話し方。発声に問題かないかなど見せて(聴かせて)いただきます。





「いい息はいい声のもと」が、持論でもあるので、呼吸にはこだわります。









持って生まれた声帯を、できるだけ無理なく使って傷めないようにしながら、

その人らしさをパワーアップさせていくのが狙いです。





あくびのときや、笑っているときのような、喉に力が入らない状態で、楽に声が出せるように、
身体も変えていきます。







◇なんだか大変そうですが…

○辛い・苦しいことは長続きしません。

生徒さんはいつも、たくさん笑って、楽しかった!と言いながら帰っていかれます。







◇トレーニングってどのくらい種類があるの?



○たくさんあります!
その方に何が必要か、それぞれ違いますので、

レッスンはオーダーメイドです。





できるだけ、その方に合ったものを選んでいただきたいので、ブログでは一般的なものの紹介に留めていますが。





同じ『声が通らない』ってお悩みでも、AさんとBさんでは原因が違うかも知れません。

同じトレーニングをやっても、Aさんには効果があり、Bさんには効果が出にくいことも有り得ます。



それをプロとしてチェックすることも大事な役割だと思っています。







長くなったので今回はこの辺で。もっと知りたい、って方はご質問もお気軽にお寄せください。voicetecホームページ



AD