顧問をさせていただいている、株式会社シャーンティさまの訪問日でお伺いしてきました。


マナー研修と、社員さん面談とモチベーションアップ。社内コミュニケーションの向上など。

実はわたしがお教えできるのは、
女王様のお隣に誰を配するのか、国際会議の国旗の順番はどうするのか…などに始まり、各種お料理のテーブルマナーやお酒について、接遇についてやビジネスマナーなども広く含んだ、国際マナーであるプロトコール講師の資格も持っています。


…が、
接遇マナーは基礎一度だけ。
あとは、面談でのカウンセリング&コーチングをベースにした印象改革パーソナルプロデュースがメインです。



リーダーさんには、リーダーシップについても。


とっても嬉しい感想を、印象改革セッション中にご本人からいただきました。

「いままでマナー研修、と名のつくものはいろいろ受けましたが、実用性を感じたことがありませんでした。

先生のはマナー研修と名がつきながらまったく異なったもので、
教えていただいた、『人との接し方』をしてみると、相手の対応が変わることを実感できました。

これは自分も変われるかもしれない、という期待を抱きました。」

というものです。

早速社長とも感想を共有しました。


 

印象改革セッションでは、
おひとりおひとりの個性を生かしつつ、
伝えたい印象を導けるように、調整していきます。
変化に抵抗を抱かず、期待とともに楽しんでいただけるようにしています。

これはどなたについても同じことです。


明日もお会いするのが楽しみな生徒さんとの印象改革セッションです。




AD
司会をさせていたたいた先日のパーティーのとき、主賓でスピーチいただいた方が、
わたしのラジオ番組でご一緒したことのある方でした。

ものすっっっっっごくお話が得意な方なので、
(長い…とも言います、いや、長い…としか言わない笑)

「今日は1時間ほどお話になるご予定でしたかしら?(笑)」

と、あらかじめ尋ねてみたら、


「今日はムリ…」

と、すごい声でお答えが。
パーティーの主賓スピーチでまずそんなに喋る気だったのかい!と思いつつ、

「あら、後頭部のスイッチを叩いて止める役をしようかと思ってましたのに。残念だわ〜(笑)」

とか、軽口も言いつつ。


夏風邪で声やられたそうでした。
森進一のモノマネしようかな…なんてそれでも言われてましたから、どんな余裕のある風邪ひきさんなのか。



そのあともスカイプでの印象改革セッション予定の生徒さんから、風邪で声が出ません、と連絡がきたり。


まわりで、風邪で声が…!と、声にならない声で言われてる方が多いので、やはり今年の夏風邪はのどに来るようですね。




生徒さんには、粘膜の再生作用のあるうがい薬をオススメしました。
わたしもよく使います。
殺菌効果の強いものは、常在菌まで殺菌しちゃうのであんまりオススメしないんですが。

ご家庭でなら塩で十分な効果が見込めます。


無理して話さず休めるのも大事ですよ。
体と同じです。





AD

龍の神社へ

テーマ:
先日、近くまで行ったので、
顔見せがてらお詣りに。

{48B8881F-2A5A-4093-BA8D-32263A9BB2A7}


金運の神様です。
{C9503F34-2857-48A7-9EDE-ACF9C4DBE6FB}

53段ほどですが、けっこうな高さがありますね。

{A18ED0B1-C0CF-4188-8492-B3104E35DE79}


一粒万倍の稲荷神社も境内にあるので、
もちろんそちらにもお伺いしてきましたよ。
{595C5813-3E8F-44F0-A567-023CE1A8E413}



富士塚に登ってみると、さらに高い。
気持ちいい眺めです。

本当の富士山のように五合目から厳しい石段が。
ヒールで登っちゃいました。
 
{10313263-35EC-4A77-8D93-A06B1624768C}



都会にありながら、ちょっと違った雰囲気。
木陰も多くて、境内でひとやすみさせてもらいました。
AD
子供のころ、人格形成期に一番そばにいる大人、親といい関係を築けないまま大人になると、
心に問題を抱えやすい。



わたしのクライアントさんにも何人かいらっしゃいますが。




相手との関係を良くするためなら、怒っていい。
我慢しすぎなくていい。

出し方がわからない間は苦しいですよね。



ちょうど上に書いたことをクライアントさんに伝えたばかりで、わたしの気持ちを代弁してくれてるみたいなタイトルの本があったので読んでみました。


読みやすいし、気持ちがちょっと軽くなります。
{336F5CF5-D1FB-4A1D-B836-8453DA632B58}



今日は大阪駅前で、CEOの印象改革セッション。
2クール目の折り返し。


よく生徒さんと、振り返りをするのです。
スピーチの聞きくらべも。


「機械が喋ってるのかと思った。誰でしょうかこれは…」
と、ご自分の声に絶句。


…たしかに別の人みたいです。



この前東京でも、初期のお写真と最近のものを。
ちょっとしたことだけど、変わりますねー、と実感していただきました。


許可をいただいて、他の生徒さんのお写真をお見せしたり、録音や録画を見てもらうことも。


他の方の変化にもまたびっくり。


自分の変化はなかなか気づきにくいですから。

他の方で驚いていただいてるように、ご自身も変化し続けていただいてるんですよー、と、嬉しい反応にいつも幸せになります。