先日銀座での印象改革セッションの前に、

とっても久しぶり!の再会してました。
Trickstar photographyのUmeda Atsukiさんと。



気づけばもう1年前。

京都植物園と、隣接するカフェin the greenでのバイリンガルでのウェディングレセプション。


この時のフォトグラファーがAtsukiさんだったのです。



ギャラリーなど見ていただくとわかりますが、
なんてビビッドな写真!息をのむほど美しいです。
アーティストの写真も撮っているし、腕には定評があります。


その日わたしは日➕英での司会をしていましたが、
Atsukiさんも英語がナチュラル。




ご本人のブログで、とっても褒めていただいてしまいました。







やはり銀座でアンジェリーナに来たら
{7CC4AD52-C615-449B-ABE8-7F78ED44074F}


モンブランですよね。
わたしのは小さめデミサイズ。
{EE002316-BF2B-4565-8E3A-92904D50664C}

フルだとかなりのボリュームです。
甘さは日本向けに控えめ。


気づけば2時間以上話し込んでしまいました。



そのうちポートレートも撮っていただけるそうです
AD
先日の銀座レッスンは、外資系エグゼクティブさんでした。


日本ではまだ一般的とまでは言えませんが、
欧米ではエリートは当たり前にコーチやトレーナーなどをつけています。


リーダーに必要とされるスキルの1つ。
「自己認識力」。


この自己認識力を高めるために、主観的でも感情的でもない指摘をもらうこと。
弱点の克服をとても重要視するからです。




先日、2クール目の延長をしていただいたCEOに、延長にあたって、わたしの印象改革パーソナルプロデュースのセッションの魅力をお伺いしてみました。


・自分の知らなかったクセや傾向を認識できる。

・いつも気づきを得られる。

・自己分析ができる
・自己認識力が高まる


というまさに狙い通りの感想をいただけて大満足です。

知らない自分を発見できるところが楽しい、とも答えていただいています。


知らない自分、とは、いまの自分。
そして、これから変わってゆく先の自分。
どちらもを指していますね。




わたしの場合はほかに、
グローバルな視点が必要な方。
日本語だけでないコミュニケーションや魅せ方を必要とされている方からも多くご依頼をいただきます。





AD
大阪駅前レッスンルームで、CEOの印象改革セッション。

2クール目ご継続いただきました!ヽ(^ω^)ノ


今日からスタート。




「これからもよろしくお願いします」
という嬉しい言葉とともに。

今日は一コマの日でした。
AD
「吉凶は人にありて日にあらず。」

わたしの好きな言葉です。




物事の良し悪しを決めるのは人である。
ついてる日やついてない日なども、
心の持ちようでいくらでも変わるもの。





兼好法師の、徒然草の一文です。
横恋慕して恋文をしたためてしまったりする、
粋な人であったそうですね。



徒然草にはほかにも、いいな、と思える言葉がいろいろあるのですが、迷ったときなどによく思い出すのはこの言葉です。






ここからはわたしの思うことですが。
生きていれば突発的な事情もあるけれど、
基本的には自分の人生、自分の責任。


選択の繰り返しが今を作るのなら、いい気分を常に選択したほうがいい。


運がいい、と思い込む人は、それだけでも行動が変わるので、ツキを見つけやすい。
(実験でも実証されてます。
セッションでもよく話すことですが。)



不運だと思い込む人は、やはり不運だという証拠を見つけやすい。
イコール、アンラッキーになりがちってことですね。




呼吸で気分をニュートラルに戻して。
ラッキーなこと探しも、してみましょうか。