突きーなんか眠くてわからん

テーマ:
こんな時間に。

構え、前腕に重心置く。胸のセンターにも置く。
手から先動く。
しっかり握りながら突く。握りで身体を導くように意識する。
肩を落として脇を締める。突く時点で握る前腕と繋げる。
肩甲骨で身体を押す。
脇の締めと重ねて腰の結合。
一連の動きのなか、重心移動を意識する。胸のセンターから拳へ流れるように。

あれ、下半身の動きがない。

やってて武装色の覇気と波紋が重なってイメージ。

武装色の覇気って変換するんや、すげー。

この突きを連打出来るようにならんとあかんなぁ。
AD

笑福亭鶴瓶

テーマ:

(1)

これだっという道にこだわる。

余計な計算はせず、まっすぐ進む。


(2)
自分の型を作り、それにこだわり続けること。
あきらめずに自分を変えないで頑張っていると、ちゃんとだれかが見てくれてるもんなんです。

(3)
どんな小さな世界でも、中心人物でないと注目はしてもらえない。
そうなるためには、自分の世界を持ち、自分の型を持たないとダメ。

(4)
準備が出来ているから、チャンスをつかめる。

(5)
神様から
「お前もなんかせい」
と言われて人は生まれてきてるんや。 
だから、自分を信じるべきや。


(6)
人の心を開かせる魔法があるのだとしたら、 それは「笑わせること」に尽きる。 

(7)
別にゴールデンタイムみたいな仕事だけが、偉いんやないんです。

小さな世界でも、そこで必要とされることに意味がある。
そこから始まっていくんですよ。

(8)
人気は高さじゃない、大事なのは長さ。

(9)
二足のわらじを履くな、じゃなくて、いろんなわらじを履いた方がいい。

(10)
みじかい人生、自分で自分の責任をとる覚悟をしたらいいんや。

- 笑福亭鶴瓶 -

AD

突き-今気を付けるべきこと

テーマ:

最近、発見が少ない。

まともに練習できている日も少ないし、ある程度仕方なし。


ま、それならそれで、改めて気を付けるべきことを挙げておく。


・構えをきちんとする、体勢、姿勢を整える。

・手に重心を置いて構える。

 手に武器を握っている意識、手自体が武器の感覚。

・脱力。

・手から先に動かす。

・相手を触りに行く感覚で手を出す。米粒を取るように。

 手に握った武器で相手に触る。

・肩は落とす。

 背中、広背筋で下に引っ張る感覚。

・しっかり握る。

 しっかり握ることで拳が身体を引っ張るようにする。

 持っている武器の重さに身体が引っ張られる感覚。

・肩甲骨発動。

 肩甲骨を動かし、先に動いた拳を身体が追うようにする。

・胸のセンターの重心を拳に向けて流し込む。

・頭の重心も使う。

・腰の結合。

 身体自体を纏める。

・膝抜き。

・触れた拳が少しだけ相手にめり込むように重心を流し込む。

 触れた武器が自分の重心移動で相手の身体にめり込む、斬りこむように。

 身体を入れる。

 

とりあえず。

 

特に意識すべきは指先から動かして握りこむことで身体全体を纏める意識。

武器をもっている意識。

脱力。

重心を流し込む意識。

拳(武器)を相手にめり込ませる意識。

 

もっと核になる何かが決定的に欠けている気がするけど、今は仕方ない。

練習を積んで気づいていくしかない。

またそれが合っているかどうかが問題なんだが。