My New-Yoku Life

私の生活の一部である銭湯・スパ巡りのレポや応援している女子プロレス団体アイスリボンなどの展望&観戦記などを中心にした気ままなブログ。とりあえず毎日更新中。

NEW !
テーマ:

昨夜は舞台『リング・リング・リング2016』を観劇。まだ今日の昼公演まであるので感想等は明日にも書きますが、今回の観劇はラジオのチケットプレゼントに当選してのものでした。その際の応募フォームに日時指定がありアイスリボンver.の最終回を指定。その為エンディングのカーテンコールで藤本つかさ選手が代表で挨拶をしたのですが、その中でこの言葉が印象に残っています。

 

「私達は喜怒哀楽をプロレスで出しています。」

 

多少表現は違ったかも知れませんが、趣旨はこんな感じでした。以前団体のトップに立った時から藤本選手は日常の喜怒哀楽をリングに持ち込んで戦ってもいいのではと言っていた事がありました。

 

実際最近のアイスリボンの試合は他団体以上に喜怒哀楽を戦いでぶつける事が多いように思えます。昨年物議を交わした『人毛デスマッチ』にしたって元々世羅りさ選手の『怒』の部分と『』哀』の部分の感情が爆発した結果がッタわけでしたからね(余談ですがどうやら世羅選手が次にデスマッチを行うならと言っていた蛍光灯をREINAの元小波選手が花月選手を巻き込み行う事が決まったようです)。

 

一昨日の道場マッチでも、分析で予想した通り北沢大会での藤本選手の「今度のベルトの挑戦は世羅に全てを任せたいから」という発言に反発したつくし選手が感情を爆発させた内容になったようです。プロレス社会は縦社会と言われてますが、異業種参入をした藤本選手からすれば企業としてのアイスリボン(有限会社ネオプラスの事業部)全体を考えた時の意味合いがあっての事だとは思いますが。

 

何も怒りや哀しみだけを試合にぶつけるだけではないでしょう。プライベートの喜びや楽しみを試合にぶつける事は良くあるケースです。ただその場合手荒い反撃を受けるのがお決まりになってはいますけど。

 

少し前まではこのような喜怒哀楽を試合で引き出すのが上手い選手がいたのですが、最近は選手単位ではなくなってきました。団体としてはアイスリボンが1番それを表現出来ていると思えます。だから他団体よりも楽しめるのかも知れないと感じていますけど。

 

今度の後楽園大会。藤田あかね選手が水波綾選手と暑苦しい位のタッグを組んだり、くるみ選手がつくし選手とのシングルを気持ちの面で万全ではなく怖くなったとタッグに変更を申し出たりとまさに喜怒哀楽のプロレスが楽しめる興行になりそうです。勿論メインもその部類になると思われます。それだけに北側やバルコニー開放までは難しいかも知れませんが、等身大の10代から30代の女性の喜怒哀楽をリング上での戦いに込めた勝負を昨年の大晦日並みの大観衆で見守れればと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日は夜のアイスリボン道場マッチ観戦を回避しました。理由は金銭的体力が落ちているのが大きいです。プライベートで知り合いに誰も合わない日々が続くと精神面まで病んでします性格なのでなるべく観戦するようにしていますが、失業して2ヶ月でそろそろ週2回も蕨に行くのは負担がかかるようになってきました。

 

失業手当の期間は障がい者事情もあり健常者よりも長いのですが、このままでは生活にも負担がかかるし、早期の再就職を決めて親のラジオや自分の洋服を買い換えたり、遠征に行ったりと3年前のような事をしたい。そう考えて障がい者の就職支援を行っている自治体の外郭団体に相談したところ、スキルアップの為の教育を行っている機関があるからハローワークで問合せてみたらとの回答。

 

この再就職支援の教育には幾つかパターンがあるのですが、ハローワークで斡旋しているのは、しごと財団という組織が外部の聴覚障がい者のセラピーや障がい者にパソコン教育をしている業者に委託しているもの。勿論他の業者に別の分野の教育をしているものもありますが、ハローワークで相談して視覚障がい者用の音声ソフトを利用したPCの基礎を学ぶよりもPCをより実務で生かすためのトレーニングをした方がいいとの結論になり立川で講習を2ヶ月受ける事になりました。

 

実は教育機関の本部のある世田谷区豪徳寺の方が面接等が入った時楽だったのですが、面接を受けまくっている頃に開講してしまい、ぎりぎりスタートの間に合った立川へ。ただこれを受講するにも面接があり、なんとかマウスパフォーマンスをして受講が許されました。

 

nするとの事で当初はルーペ式の拡大装置が用意されていたのですが、私の目の場合むしろピントが合わない為、裸眼に見辛い箇所をipadの拡大鏡ルーペアプリ(大学病院の非常勤医師が開発したもの)を併用してなんとか喰らいついていっています。

 

実は先日面接を受けた企業の不採用理由になっていたのが『業務上支障があると思われる』との内容。拡大鏡ソフトや拡大読書器を使えば問題ないとアピールしたのにも関わらずです。もしこの方式でも講習が続けられれば不採用理由は不適当なものだという証明にもなりますから意地でもクリアしていきたいですね。

 

本日は休講日。大大週4日で1,2回週5日ぶっ通しがあり2ヶ月の長丁場。其れ迄に別件で良い話があればですが、明日から本格的なカリキュラムになりますし、周りの人に取り残されないように頑張ってこれまでの評価を覆すように50の手習いで覚えていきたいと思っています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今月最後のアイスリボン道場マッチ。8月の道場マッチチケットの発売開始もあるのですが、舞台『リング・リング・リング2016』の最中の平日興行で、しかも所属選手14名の内半分が欠場というのは半ば強引な日程だったかなとも思えてしまいます。かくいう私も現在失業中で詳しくは別途書きますが再就職支援の講習を昨日から受け始め、移動時間とお金の事を考えて観戦を断念しました。もう少しメンバーが多ければ明日が休講なので考えたのですが、舞台に行く予定と失業手当を考えると無理が出来ないのも事実。ハッシュタグを追って楽しみたいと思います。

 

 

◆第1試合 シングルマッチ10分1本勝負
長崎まる子 vs 松屋うの

 

うののファーストシングルはトライアングル挑戦で勢いに乗っているまる子との対戦。まる子にとってはテキーラ沙弥のデビュー戦のような丸め込みに注意は必要ですが、ここは状況的に負けてはいけない試合です。基準になるのはこの後登場する結奈相手に先週行った試合のスコア。まる投げでフォールを取っている訳ですが、うのにそれで勝てるかがポイントになりそうです。うのもデビュー戦を終えた事で変化が起きるかも注目したいところです。

 


◆第2試合 シングルマッチ10分1本勝負
雪妃真矢 vs 結奈(REINA)

 

本音を言えば歳2、第3は所属選手を入れ替えても面白そうなカードだと思うのですが・・・。最近真琴の戦線離脱もあってか他団体参戦が増えてきた結奈が雪妃にどこまで攻め込めばかに期待のかかるところ。雪妃も最近好調なのですが、パワー勝負もさることながら個人的には結奈クラスで蹴りで勝負をつけられるかを狙っていくのも1つの考えだと思えます。結奈も団体にこの手の選手がいなくなってしまったので経験値を積んでほしいです。

 

 

◆第3試合 シングルマッチ10分1本勝負
勝愛実(JWP) vs 藤田あかね

 

一度引退し4月に復帰した勝が久しぶりにアイスのリングに登場。最近力を付けてきたあかねとの対戦となります。この2人は先月の大型連休にタッグで当たっていますから、お互いの状況は把握している筈です。復帰といっても引退期間は短かったですからあかねの苦戦は免れそうにはありませんが、ここのところかなりの試合をこなしているあかねがどれだけ肉迫出来るかが大いに見所になると思います。

 


◆第4試合 タッグマッチ20分1本勝負
世羅りさ&つくし vs 藤本つかさ&ラビット美兎(JWP)

 

基本的には世羅と藤本の前哨戦で、前回ほぼ持ち技を使い切った世羅がどう仕掛けるかだと思われますが、今回のカードの流れを考えればキーパーソンとなるのはつくしと観ています。世羅とのタッグ自体不安材料がある上に、北沢で藤本が『世羅に全てを任せたい』と発言した事に「ガッカリした」と公言していますから、その思いをどうぶつけていくか。そして藤本の横には元パートナーの美兎がいるのですからライバル対決も楽しみな1つです。北沢のような展開にならない限りはつくしがフィニッシャーになる可能性十分と見ています。

 

 

メンバーは少ないですが、見所は意外と多い今回の大会。天候も1日悪そうですから、雨の日の寄せ書きプレゼントもあると思われます。試合中の撮影も可能ですし、観戦可能な方は選手の成長を観に行って欲しいと思っています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

そうやら大会後の物販が終ってから後楽園の記者会見があり色んな動きがあったようですが、今回の表記は旧来の形として文中で触れていきます。この記者会見恐らく今日のサムライTVでさわりの場面は流れるのでしょうが、是非前編を動画配信してほしいです。かなり後半は衝撃なコメントや混乱の場面もあったようですから。

 

◆第4試合 ハードコアリボン タッグマッチ30分1本勝負
○葛西純(FREEDOMS)&松本都(崖のふち)(17分24秒 パールハーバー・スプラッシュ→エビ固め) 宮城もち&藤田あかね☓

 

予想通りもちはバラ鞭、あかねはプラスチックバットを持ち込み入場。しかし葛西がラダープ椅子を用意しており、しかもバックステージで葛西が触れていたように都があまり絡んで来なかった事もあり本格的なハードコアになりました。それを考えるとこの試合をキャリアの浅い斉藤レフェリーが担当したのには疑問は残ります。

 

ほぼハンディキャップ・マッチながら葛西の試合運びや盛り上げ方の巧さは抜けてましたね。それでもタイムスコアが示す通りあかねももちも頑張って喰らいついていたと思いますよ。あかねはラダーの上から椅子に雪崩式ブレーンバスターで投げられていましたが、その後も反撃してましたし、もちも逆に鞭で打たれながらも自分のスタイルは貫いていました。何よりここまでボコボコにされながらハードコアをもっとやりたいと試合後にTwitter等で語っていたのはデスマッチのカリスマと言われる葛西と対戦した結果ですから十分な収穫だったのではないでしょうか。

 

試合後葛西は「アイスリボンのリングに戻ってきたからには狙うはリボンタッグのベルト」と来週の次期挑戦者決定戦はあくまでも通過点として打倒ベストフレンズを宣言。当然優華が記者会見で反発して代行論になったようですが。中島安里紗を呼び出すも米国遠征で不在。後楽園も参戦予定がなかったのですが急遽柊くるみがシングルを行なうのに気持ちに怖さがあるとカード変更を申し入れた事で緊急参戦が決まりました。試合順からも葛西&都が勝った場合相当な舌戦が予想されます。まあ大幅&優華が勝っても同様だとは思いますけど。

 

そんな中気になったのは都ですね。前述の通りあまり試合に絡みませんでしたし、記者会見では崖のふちを終わらせて完全フリー宣言。更には物販時に関係者に「明日宜しくお願いします」と挨拶していてチームリーダーの真琴のエイド興行を行なう事を発表したREINA参戦を直前に体調不良でキャンセル(代役に昼間同じ会場のディアナに参戦したあかねが出場したようですが)。ブラックDPGの活動停止で心身共に見えないダメージもあったのかも知れません。まあ精神面は強い都の事ですからこの後のメインのバックステージコメントは影響してないとは思いますが。

 



◆メインイベント 6人タッグマッチ30分1本勝負
△世羅りさ&雪妃真矢&優華(時間切れ引き分け)藤本つかさ△&つくし&豊田真奈美

 

分析で挙げた3つのポイントをベースに触れる事にしますが、なんといってもここまでシングルタイトル戦の前哨戦で直接対決が激しかったのは珍しいのではないでしょうか。推定で後半3分の1は世羅と藤本のマッチアップ。しかも良くあるダブルダウンで残り数分を別の選手が戦うというのではなく最後まで戦い抜く壮絶な戦い。それも試合後に語ったように世羅はほぼ全ての技を出し尽くしていましたが、藤本はサイクロンやビーナスシュートも仕掛けましたが、まだ温存していた技もありました。この辺り世羅がどう仕掛けを考えてくるかを練り直さないと厳しいかも知れないですね。

 

チーム戦という意味ではそれ程遜色ない感じでした。藤本達は当然としても、世羅質も思った以上にチームとして互角に戦っていたと思います。圧巻は優華のダイビング・エンジェルサンダーから雪妃のスノートーンボムへ繋ぎ世羅のダイビングダブルニーのダイブ3連発。カットはされましたが、世羅と雪妃のアジュールレボリューションでもない波状攻撃は今後に繋がっていきそうです。

 

舞台出演者の絡みでは藤本はともかく、雪妃の動きが良かったですね。豊田にはローリングクレイドルは喰らいましたが、藤本に鼻出血させる蹴りをヒット。声もかなり出ていましたし、舞台での出番も増えたそうですが、これが良い方向に出ているように思えました。逆に言えば優華が今ひとつだったのかな。つくし相手とはいえ雪崩式フランケンシュタイナーは宙吊り式フットスタンプに切り返されてましたし、折角豊田がいてセコンドに都がいるのですから先のダイビング・エンジェルサンダーもムーンサルトにすれば良かったのにと思いましたね。

 

壮絶な戦いの上結果は30分ドロー。しかし試合後及びバックステージの藤本のマイクが波紋を呼ぶ事になります。「世羅に全てを任せたいから今回ベルトに挑戦する」。確かに3月にタッグ選手権で対戦した時も「世羅は次世代のエースになれる器なのにその気がない」と発言しましたが、会社の役員兼任選手が「全てを任せる」というしかも藤本自身が団体を任せられたキャリアと今の世羅のキャリアを引き合いに出してくると進退を賭けているようにも思えます。まあ世羅の先輩にあたるつくしはガッカリしたと不満を表していますし、世羅は微妙な発言をしてますから決着がつかないとなんとも言えないですが、表現については別途取り上げたいと思います。

 

 

今回の周年記念は単に11年目の第一歩というだけでなく、この先のアイスリボンの方向性の新たな形を見せたように感じました。それと共に現在のそれぞれのチャンピオンが必ずしも盤石でない事も露呈した結果でもありました。いよいよ2度の道場マッチを挟んで今度の日曜日は後楽園大会になります。北沢の結果を考えれば今後に影響が大きな大会になりそうです。それだけに女子プロレスを観ている人だけでなく、巨大グループ系アイドルを支持している人や企業経営に関心がある人など様々な分野(勿論タレントとスポーツを兼業している人も)是非会場へ足を運んで注視してほしい。そう思わせるプレリュード的な興行だったと感じました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日はアイスリボン11年目の第一歩の大会が北沢タウンホールで行われました。チケットが前日に完売し、さてどのような交渉中発表が出るかと楽しみにしていましたら257人との事。世田谷区の資料等を見ると300人委上収容可能と書いてあったと思うのですが、実際座席配置を見るとぎりぎり3方向にあと1列入れられるかどうかですから、300人以上の発表している団体は疑った方が良いかも知れませんね。

 

オープニングは最近用いているキャリアの浅い順にリングインする方式。当然今回から先頭は松屋うのになり死後はシングル王者の世羅りさが入ってきました。後で人に言われて気がついたのですが、所属外扱いとはいえ普段はオープニングに参加していた松本都が今回は参加しませんでした。どうやら崖のふちを終わらせてフリー宣言を大会後にしたようですので全それも影響があるのでしょうか。員がリングイン後コールもなく世羅がマイクを取り挨拶をして退場。この会場は映像が使用できるのでPVに合わせるように千春リングアナがカードを発表して試合へと移っていきました。後楽園は世羅がナレーションを入れるのでしょうから、その後の横浜ラジアントホールは映像が使えませんから対戦カードをオープニングに発表するだけではなく煽りコメントは入れてほしいと思いましたんね。

 

◆第1試合 松屋うのデビュー戦 タッグマッチ20分1本勝負
○星ハム子&テキーラ沙弥(10分32秒 ダイビングボディプレス→片エビ固め) 柊くるみ&松屋うの☓

 

うののコスチュームは茶色をベースにオレンジのラインが入ったもの。2週間前にデビューが決まってリングネームは先週ですから、プロレスサークル時代に既に用意していたものかも知れません。しかもコスチュームを着ると気持ちもエキシビジョンより入ってくるものですね。沙弥の時より同等かそれ以上のようには思えました。観る位置と今回ipadの色合いがライトを内蔵してない分弱いのが小平のイベントで立証されたので拡大読書器と併用していたのもあるのかもですが。

 

本来期待していた沙弥とうの、ハム子とくるみのマッチアップが少なかったように思えました。特に新人同志に至っては殆ど印象がない位でしたね。本来このカードはライバル意識を植え付けるマッチメイクだったと思うのですが、ハム子とうのの戦いにくるみと沙弥がアシストしていた印象が強いので、今度は別の形で対決を見てみたいですね。

 

うのもハム子の重い攻撃に連続丸め込みで粘りを見せましたが、最後は力尽きた感じでした。パワーファイター志向のようですし、まずはウエイトアップとスタミナ強化が課題になるのでしょうか。年齢面から簡単にはスタミナアップは難しいかもですけど、その辺りは参考になる選手は団体内外にいくらでもいると思いますので。

 

 

◆第2試合 シングルマッチ10分1本勝負
○チェリー(DDT)(6分41秒 腕固め→ギブアップ) 235☓

 

内容だけを言えばこれまでのタッグでの戦いを上回るような形にはならなかったですね。まあすぐに235が急激に変化する選手ではないですし。だたチェリーが言っていた「235の頑張っている姿を見せる事で元気を与える」という点では、それなりのものを見せたと思います。チェリーの腕攻めに苦しむ場面が大半でしたが、反撃も見せてましたから。展開的には良かったのかな。

 

チェリーは元々WAVEで柔道・マッチも結構経験していますし、このような形式でも奥が深い戦いをしますね。2週前に腕を取って回転させたのを今回は235に返されると春夜恋の体勢から腕固めを決めて勝負あり。今回は235が柔術を頑張っているからと組まれましたが、今度は実際柔道をやっていて大会にも参加しているくるみや弓李との柔道・マッチかオンリーギブアップ・マッチを是非見てみたいものです。

 

 

◆第3試合 シングルマッチ10分1秒1本勝負
☓弓李(8分53秒 まるコロリン)長崎まる子○

 

弓李がリングイン時にベルトをまる子に見せつけた際に、怒りのまる子が奇襲をかけて丸め込みを連発させましたが、前回のシングルもそうでしたが、展開的には弓李が優位に攻めていましたね。ただシングルだと弓李は詰めが甘い面が出てしまった気はしますね。というよりもまる子が弓李がネ・コヒストラルを出す仕掛けどころを読んでいるようなフィニッシュでした。タッグでフォールを取った時もこんな感じでしたし。

 

このパターンが出せるようなら勢いでまる子がタイトル奪取も考えられますが、弓李はシングルと3Way」は別物と捉えているようですし、未知の刺客もいます。それだけにここで先輩にシングルで勝ったのは大きな自信になると思いますが、もっと大きな舞台でタイトル奪取となるとどうなるのか?ただ弓李にとってもまる子にとっても様々ない見で収穫を取れた試合だったのではないかと思っています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。