My New-Yoku Life

私の生活の一部である銭湯・スパ巡りのレポや応援している女子プロレス団体アイスリボンなどの展望&観戦記などを中心にした気ままなブログ。とりあえず毎日更新中。

NEW !
テーマ:
先日広島東洋カープのセリーグ優勝の事を書いたのでパリーグに関しても書かないといけないですね。

一昨日北海道日本ハムファイターズが4年ぶりのリーグ制覇をしました。

ただ私はカープの時と違って優勝シーンを観たり聴いたりしませんでした。1つは福岡ソフトバンクホークスにぶっ千切ってほしかった気持ちがあったこと。そしてこの日の先発が大谷翔平投手で高校の先輩の菊池雄星投手との投げ合いでもなんとか成りそうな予感があったこと。カープの時は直接対決で勝たなきゃという試合でしたが、ホークス次第の余裕もあったことも影響があったかも知れません。

ただカープもファイターズもそしてホークスもホームから離れている東京に住んでいる私から冷静に見るとなんとなく温度差を感じずにいられないのです。これはセリーグ・パリーグの違いだけでないように感じるのです。

カープが25年ぶり、それも最近ずっとBクラスに低迷していての優勝というのに対して、いくら4年ぶりと言ってもいつ優勝してもおかしくない状態にあったファイターズ。この空気感の違いは大きいと思います。

もう一つあるのはリーグ間の放送局の対応の差とカープの時に書いたタイミングですね。リーグの違いだけではないと書きましたが電波メディアではリーグ間の温度差が激しいですね。それだけでなく丁度AMラジオは今週からナイターオフ編成に入り折角新番組で気合いの入っているところに水を差す訳にはいかない事情もあるのでしょう。地元のHBC等は気合いが入った中継を行っていたようですが、せめてあと3日早ければ違っていたのでしょうが。

アンテナショップにしても広島は鏡割りまでしていたのに対して北海道はそれらしきものがありませんでした。この辺りは優勝間隔の違いは大きいとは思いますけど。

しかし11.5ゲーム差からの大逆転。博多大吉さんがこの間の『たまむすび』で「柳田選手が怪我をしたのが要因」と言ってましたが、それ程までのホークスの地滑り感も半端なかったですけど、ファイターズの勢いも凄かったです。以前読売ジャイアンツが同じように大逆転をした時には『メイクミラクル』なる新語が誕生しましたが、今回は何と表現されるのでしょうかねぇ。

ともかく両リーグとも上位3チームの順位が確定しました。いよいよクライマックスシリーズ(CS)へと進んでいくのですが、これだけの温度差があるようにパリーグのCS中継はセリーグより少ないようです。折角千葉ロッテマリーンズが3位になった訳ですし、その為在京キー局からリポーターとしてアナウンサーが福岡出張するのでしょうから、ローカル扱いと捉えるのではなくファンサイドで盛り上げてradikoプレミアムを活用して温度差をなくしていってほしいと願っています。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
この間の日曜日の事です。

たまたま情報をTwitterでチェックした際に引っ掛けたアイドルのフリーライブを観に行こうと朝から準備していたところ、どうも雰囲気がおかしい。この日に幕張メッセで行われていた@JAMといかうイベントと被っている。再確認と日にちを照らし合わせると・・・日にちを1週間思い違いしていました。

だいたい9月25日と10月2日を間違える筈がないと思われますが頭の中では日付の感覚がなくなっているのですね。今の仕事自体が曜日は意識しても日付を意識することはないですからどうしてもボケてしまう事が最近多いです。

何故なら似たような事が昨日ありました。やはりたまたまTwitterのタイムラインで流れてきた『今度の落語会』というフレーズを『今夜の落語会』と読み間違えて時間計算をしてしまいもしやと思い読み返すと来月の話だったという失態未遂をしてしまいました。こちらは気になるものの日程的にちょっと難しいので諦めざるを得ないと思われますが。

さてアイドルライブですが、これが今度の日曜日と知った事で結構自 分の中ではバタバタが発生しました。会場はボートレース戸田。レースと並行する形でライブが行われるのですが、今回の参加メンバーがまなみのりさ・Garret・Prediaの3組。Prediaはともかく他の2組はラジオNIKKEI『ミュージック・ライフ・サンデー』でお馴染みだしまなみのりさのライブも最近行っていない。ところがこの日は前日にアイスリボンの世羅りさ選手が出演する舞台を観に行くと本人にも告げていたりしていたので悩んだのですが、舞台を苦手な初日の明日に切り替えて戸田に行く事にしました。それを決めた日にアイスリボンのイベントプロレスの告知が出ましたがこちらはやむなく断念をせざるを得ません。明後日の道場マッチの後北海道遠征は行けないので間隔が開きますが仕方がないです。

あと10日で1つ歳を取りますが、この思い違いを歳のせいにはしたくはないのですが、どうも立て続けに起きると老いを感じてしまいます。北海道遠征に行かないのは会場に行くのが視覚の関係で大変なのとこういう思い違いもあったからです。

ハローワークに再就職手当の申請をして先日給付がされたのですが、予想していたのとだいぶ金額が少ない。改めて書類を読み返すと実際には失業手当の基礎金額の4割から6割しか支給されない事が判明。まさに取らぬ狸の皮算用になってしまった訳で、大幅に時給を減らしてやむを得ない形で今の職についた関係上当面地方遠征はお預けになっていまいました。せめて北海道新幹線には乗りたかったのですが・・・。

これを書く直前にはipadのバージョンアップをした際にidを思い違いしてAppleの別のidを何度も入力して後になって気付く事態になってました。眼も障がい以外に老化が進んでいるようなのでアンチエイジングを考えてますが、脳からアンチエイジングを施さないといけないような気がしてきました。

曜日だけでなく日付の感覚も取り戻して思い違いを減らしてミスのないようにしたいと思っています。このままでは事故も起こりかねませんからね。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
どうしても最近仕事はそれ程ないのですが、出勤時間の関係でどうしても記事を書く時間が限らえてしまいます。特に今回先週の土曜日のアイスリボン道場マッチの感想を書くにあたりスコアリリースも遅かった為に書き溜めも出来ませんでした。そこで今回は少し補足的に書いておきたいと思います。若干辛口になりますがご容赦下さい。

今回の観客動員は満員になったとはいえ109人と7月の生誕興行になった時を頂点にして2ヶ月連続で月末の道場マッチの観客動員が減少しています。所属選手が多く今回もゲスト1人だけのほぼ純血興行。しかしタイトルマッチの前哨戦も多く注目点の高かった大会なのですが思った程観客が集まらない現状。純血で観客動員が厳しいというのは鎖国スタンスを取っている東京女子が盛り上がっている事を考えれば言い訳にしかなりません。サンリオのイベントもあまり話題になっているいように感じませんし、何より選手個々のSNSでの発信力が以前よりも落ちているように感じます。この日の朝、テキーラ沙弥選手が地元凱旋の営業の際に収録したSTVラジオの『函館発京子のスーパーステーション』という地域情報番組が放送されました。勿論radikoプレミアムで聴取したのですが、この告知にしても佐藤社長が収録当日にTwitterで全道放送と呟いただけ。こういうともすれば全国でチェック可能な番組出演は公式サイト等で告知した方がいいと思います。カードは割りと早めに出ていた訳ですからもっと積極的に大会アピールをしないと勿体無いように感じました。

第2試合の世羅りさ選手のマスクやメインのセコンドに着いたルールルル選手の座談会での発言もそうですけど、松本都選手の大人気ない行動が目につく大会でもありました。年齢非公表としていますが魔法が溶ければ実質団体で5番目のお姉さんです。私的な考えですが一人っ子な上に厳格な両親の元、思春期に受験勉強をして超難関な公立高校から倍率の高い大学に現役合格した反動が今に表れているように感じます。この春まで成宮真希元選手と飯田美花選手と並んで『都県別超難関公立高校出身女子プロレスラー御三家』と言われた都選手。私自身が都立高校出身(レベルは都県は違いますが藤本つかさ選手の母校と同程度と思われます)だけに雲上の存在の国立高校出身の都選手の最近の行動やTwitter等の言動は国高のイメージさえ落としかねないと悲しくなることさえあります。この日ルールルルが言った「ブス」というのは外見よりも内面的なもののように感じました。

とにかく今度の道場マッチが終われば北海道の3連戦そして月末に大阪がありすぐに新木場と続きます。決して小さな器ではないですし、その間に前述したサンリオピューロランドを始めイベント興行や道場マッチもきちんとあります。可能な限り選手・スタッフが一丸となって観客動員を増やす為の普段とは違う手段を考えていって連日満員になるようにしていってほしいと思わせてくれた今月のシャッターリボンでありました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。