My New-Yoku Life

私の生活の一部である銭湯・スパ巡りのレポや応援している女子プロレス団体アイスリボンなどの展望&観戦記などを中心にした気ままなブログ。とりあえず毎日更新中。

NEW !
テーマ:

今週のアイスリボン大さん橋ホール大会。後半戦は週刊プロレスにも事前に取り上げられ、恐らくこの2試合を目当てで会場に行かれた方も多かったのではないでしょうか。驚いたのは試合の結末がYahoo!ニュースに上がっているのですが、出典元が普段だとバトル・ニュースとかのプロレスメディアなのですが、なんとスポーツ報知が配信していた事でした。それだけ注目されていたという事だと解釈しています。もっとも後日IGF関係も報知が配信しているので週刊プロレスの松川記者の人脈絡みなのかも知れないですけれど・・・。

 

 

 

◆第5試合 シングルマッチ20分1本勝負
×長崎まる子(13分10秒 ヨーガ・サイクロン・ロック→ギブアップ)華 DATE◯

 

まる子がリングインするなり先入りの華と額を突き合わせる。そのままゴングかと思いきや一旦離れ、ゴングが鳴ると暫く両者共に動かない。2人のキャリアを考えれば、相当な緊張感が伝わってくる立ち上がりでした。

 

おざ組み合うとまる子が優位に進めていきます。この辺りは一日の長があるかと思いました。そして場外戦に。本人達も激しかったですが、セコンドについたDATE勢と生え抜きの新世代軍も激しかったです。必死に世羅りさが話していましたが、他の選手もぶつからない対応はしても良かったと思えた光景でした。

 

ただ徐々に流れは華に行きましたね。いつも通りのまる子の右足を狙ったローキックだけでなく、ふらふらしながらも初めてトップロープに上りボディアタックを決めるなど抗争の発端になった「プロレスに本気に取り組んでいると思えない」というまる子の発言に反発するかのような華の攻撃。そしてまる子の猪突猛進を返した段階で勝負は決しましたね。最後はサッカーボールキックから必勝パターンのヨーガロックでギブアップを奪い決着。現状の2人の実力差を考えると予想通りの結果になりました(試合後に華に話したら「厳しいですね」と言われましたが》。

 

この世代では珍しい程に激しい攻防でした。ただマウンドでのエルボーの撃ち合いはあったものの、喧嘩マッチにならなかったのはアイスリボンだからこそでしょう。試合後テキーラ沙弥が華に睨みつけていましたし、明日もこの再戦のようなタッグ(まる子&トトロさつきvs華&直)が組まれています。本音は女子格3冠王者としてもっと上を目指す戦いに移行してほしい気はしますが、藤本つかさ選手代表ももう少しこのイデオロギー抗争を継続させたい感じでしたので、新世代軍の松屋うのから星いぶきにチェンジして8Wayをさせるのも良いような気はします(4vs4は既に行っているので)。

 

 

◆第6試合 トライアングルリボン選手権試合15分1本勝負
×つくし【挑戦者】(8分47秒 ジャパニーズ・オーシャン・サイクロン・スープレックス・ホールド)藤本つかさ◯【推薦者】 ※もう1人は【王者】豊田真奈美

 

この試合、面白かったのがセコンドの並び。豊田には当然のように世羅が付き藤本にはDATE勢。そしてほぼ残りはつくしに付くという如何にものポジションが興味深いものでした。

 

試合は思った通り序盤は藤本とつくしが豊田を攻め、それを重い一発で返すという流れ。時間が経過するに従い2人は公約通りに豊田から継承された技を狙っていきますが、そう簡単に上がらない。ここで藤本は気持ちを切り換えましたね。試合後に「勝って悔しい」と言ってましたが、豊田を持ち上げるのに執着するよりベルトを取る為につくしに狙いを変えたのが勝因だったと思います。つくしもハルカゼで勝ちに行ったのですが、まだ豊田のスタミナがある状況ではカットに入られてしまう。その後に豊田をジャーマンで投げたのは組み立てミスだったかもですね。藤本がビーナスシュートで豊田を排除しつくしにサイクロンを放って6年ぶりに王者返り咲きを果たしました。結果的には豊田を越える事は出来なかったものの、藤本の作戦勝ちだったように思えました。

 

試合後のマイクで豊田はこの会場で引退試合を行う事から、最後にこのマットで私を潰してくれと2人に告げました。バックステージやTwitterでも「2人に賭けてみたい」と語ってますし、主催者でもあるOZアカデミーの興行では明言はしませんでしたけど、ほぼ2人がラストマッチで対角線に立つ事は間違いなさそうです。タッグになるか6人タッグ以上になるかは決めてないとの事ですが、最後は2人が豊田の技を連発してフィニッシュになると良いですね。

 

それにしても厄介な3Way王者が誕生したと思います。これからアイスリボンの内部を暴露するようなマッチメイクをすると語り、早速明日同級生マッチを組んできました(藤本vs沙弥vs松屋うの)。この先どういう展開になるか楽しみでもあり戦々恐々な面もあります。

 

 

エンディングの締めはシングル王者の世羅。最近の流れではつくしかまる子なのですが、この大会が旗揚げ11周年記念の意味合いがあったというのも考慮されてのものでしょう。しっかりその事を意識した締め方でした。ちょっと物足りない試合もありましたけど全体的には今のアイスリボンの勢いを見せつけろような興行で満足のいく大会でした。来週4日にニコプロで中継がありますが、現段階でのベストバウトはセミファイナルですね。このキャリアでこれだけの戦いをした訳ですからね。MVPはそれを制した華DATE。元々実力的にまる子に勝てると思ってましたが、格闘技と違いスタミナ面でどうかと思いましたけど、13分超えの試合を制しましたからね。これからもっと上を目指していってほしいと思いました。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

始めに今回写真をアップしてないのは、あまり座席ポジションが良くなかった為です。つい南側に拘った結果、十分動きは見える場所だったのですが写真には不向きでアップするには断念しました。ラジアントホールもそうですが横浜リボンはあまり位置が悪い時は南側に拘らない方が良いですね。

 

さて今回は中盤戦の2試合。共に新人だったり新タッグチームだったりのチャレンジマッチだった訳ですが・・・。

 

 

◆第3試合 シングルマッチ15分1本勝負
◯山下りな(8分22秒 ラリアット→片エビ固め)トトロさつき×
 

一言で言えば最近のアイスでは珍しい位厳しい内容の試合でしたね。当然実力差があるのは山下の最近の戦績を見れば当たり前なのですが、トトロももっと攻め込んでいかないとどうしようもなかったキツい試合でした。何しろトトロがエルボーを打ってくるのを何度も待っている場面があり、トトロらしい攻撃はセントーンが若干あったかな程度で完敗というよりも惨敗でしたね。

 

どうしても比較してしまうのは、3月に週刊プロレスがピックアップマッチとして取り上げた山下と尾崎妹加との試合。あれだけ盛り上がったのは妹加が休むことなく、ラリアットの応酬で食らいついた事。キャリアの違いはあると言いますが、妹加が実力を上げたのはアイスに参戦してからで、舞台等で休みながらですからあの時で実質半年位。コンスタントに3ヶ月戦っているトトロもそろそろ秋の舞台明けの「トーナメントに出たいです」と言った頃の妹加位の相手に食らいつく攻めを見せてほしいと思わせた試合でした。

 

 

◆第4試合 タッグマッチ20分1本勝負
《アジュールレボリューション(アジュレボ)》世羅りさ&◯雪妃真矢(12分58秒 スノウトーンボム→体固め)《ハッスル&キャッスル》藤田あかね×&法 DATE

 

あかねと法のタッグ。あかねのハイテンションプロレスと法のカルーディカヨーガプロレスを組合せたチームコンセプトなのですが、リングイン時からやたらハイテンションでポーズを作りたがる。試合が始まってからなんだかんだで4回。流石に4回目には雪妃がキレましたけど、TeamDATEのメンバーって割りと厳しい表情だったりクールな事が多いですから、こんな明るく楽しい試合をしていくのも良いんじゃないですか。

 

ただポージングの明るさを良いものの、肝心な試合に関しては個人としてもチームとしてもまだまだなのは明白でしたね。相手は既に非公式試合も含めれば50試合位は組んで戦っているであろうアジュレボです。それでもあかねもDATEの教育係をしているせいか法の性格を把握して好リードを見せて連携も出しますが、ここぞという時はアジュレボのチーム力が上回っていました。ダブルの喉輪落としが決まればもうアジュレボの勝利の方程式です。勝負権利が雪妃にありスノウトーンを決めて快勝。試合後には世羅が「スルスルさん」と何度も言ってディズっている状況。ただここから上がっていく可能性を十分出せた試合ではあったと思いました。

 

試合後のマイクで突如アジュレボに不穏な空気が流れ出します。まあ以前から世羅が「アジュレボの雪妃は強さ」という発言を繰り返していた事が発端なのですが、以前にも似たような展開がありましたが、バックステージで雪妃は世羅の性癖が要因と分析したようですが、まあ雪妃がキレない限り仲間割れはないでしょうね。週刊プロレスの松川記者は『夫婦漫才なんだか夫婦喧嘩なんだか』と評しましたけど。元々立て続けに世羅のタッグパートナーが団体を移籍していったというのを踏まえて雪妃がタッグを組むことを申し入れた訳ですから、なんとかなるのではと世羅流のケセラセラと見るのが最善でしょう。エンディングで来月のラジアントホールでタッグでの対決が決まりましたが、問題はそのパートナー次第でしょう。今週舞台で世羅が道場マッチに出られないのでそこで雪妃が何かアクションを起こすのかは気になるところではありますけどね。

 

 

次回はこの大会大注目の後半戦を振り返ります。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨年4月以来の大さん橋ホールでのアイスリボン横浜大会。前日の道場マッチの入りの悪さがウソのように入りましたね。471人は威張れる数字ではないかと思います。昨年は262人で1ヶ月後の横浜文体に不安が残ったのを考えると、まさに勢いを感じます。流石に夜のOZは今回ばかりはホームでしたからか更に多い550人でしたけど、北側8列とここまで増席すれば上出来だと思います。

 

今回の入場式は昨年同様に海際の窓に所属選手が勢揃いして試合順にリングインしていく方法。この会場だから出来る演出でしかもそれが所属選手だけでズラッと並ぶ姿は圧巻でしたね。リング上ではやはりセミとメインはバチバチしていたのが印象的でした。挨拶は長崎まる子。「プロレス人生を賭けてぶっ潰します」との言葉に並々ならぬ決意を感じました。

 

 

◆第1試合 6人タッグマッチ20分1本勝負
○チェリー(DDT)&松本都&直 DATE(9分59秒 春夜恋)弓李&テキーラ沙弥&松屋うの☓

 

やはり前日と比べて2人加入した分、それなりに盛り上がりましたし、試合も、しまりましたね。前日都に振り回される格好だった法もジャイアントスイングを沙弥に決める新たな一面を見せました(当然横では都が自ら回っていましたが)。その一方で弓李との関節技の攻防も見応えがありました。

 

終盤はやはりチェリーとうのの師弟対決になりました。セイバーチョップで2カウントを取ったり、スクールボーイの連発でギリギリニアフォールという場面もありましたが、完璧な形での春夜恋を決められて無念の敗北。デビュー1周年を白星で飾る事は出来ませんでしたが、プ女子時代の恩師にこの1年の成長は十分示したと思います。まあ全体的には都の印象を薄める内容だったのは良かったのではないでしょうかね。



◆第2試合 タッグマッチ15分1本勝負
○柊くるみ&華蓮 DATE(10分22秒 ダイビングボディプレス→片エビ固め)宮城もち&星いぶき☓

 

くるみともち、華蓮といぶきという2つの戦いが交錯した試合。当然この2組の激しい攻防がベースになっていきました。華蓮はDATEメンバーの中でも一番プロレス的な技を見せてますね。エルボーも結構鋭かったですし、ある意味負けず嫌いの一面がそうさせているのでしょう。

 

いぶきにはもちが必死にサポートしてましたね。いぶきの母親・ハム子をオマージュするような攻撃も随所に出してまさにらぶりーぶっちゃーずのスタイルでした。そんな中終盤もちが捉えて締めに入るところでいぶきが強引にタッチを要求。この場面は以前にも見た記憶がありますがどうももちはそんなパターンが多いような気がします。しかしこのいぶきが自ら勝ちに行くスタイルは華蓮にも真似してほしかったですね。くるみならという安定感はあったと思いますが、折角いぶきを“挑発者”として意識したのであれば、くるみから強引に権利を奪って直接対決で決着をつけても良かったと思いましたね。その分くるみの貫禄が目立ったフィニッシュだったと思えました。

 

 

次回は中盤戦を振り返ります。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。