My New-Yoku Life

私の生活の一部である銭湯・スパ巡りのレポや応援している女子プロレス団体アイスリボンなどの展望&観戦記などを中心にした気ままなブログ。とりあえず毎日更新中。

NEW !
テーマ:

昨夜のTBS『Momm』で女性限定大会の開催報告がされていました。予想通り僅かな時間でしたが、見る限りいつもの道場マッチとは異空間での興行だったのが判りました。何度も書いている事ですが、これが招待だからと単発で観戦終わりにさせない努力はしていってほしいです。

 

そんな大会の4日後に行われた道場マッチのメインは3日前に噴出した松本都被害者の会による成敗マッチになる筈だったのですが・・・。

 

 

◆第4試合 タッグマッチ20分1本勝負
藤本つかさ&○松本都(12分00秒 みやこここクラッチ)世羅りさ×&テキーラ沙弥

 

リングインの時世羅と沙弥が被害者の会の会長と会員とコールされたのは試合の性格上当然として都が『被疑者』藤本が『巻き込まれた人』とは。被害者の対語は加害者な訳ですから一体誰が仕組んだのでしょうか。

 

試合は開始早々から藤本が裏切るなど都がボコボコの状態に途中にはセコンド陣まで乱入してストンピングの嵐。その先陣で飛び込んでいったのが尾崎妹加だったというのも本人はは否定していますが人に言えない恨みでもあったのでしょうか。もっともこのストンピングの時に都が飛び上がればそれなりに面白かったのですけどね。

 

終盤は世羅と都の攻防に。前回のシングル同様に都がポテトヘッドのマスコットを盾に世羅の攻撃をブロックしますが世羅はそんなのお構いなし。藤本のカットをエアーズロックⅡで排除して後は都を仕留めるだけというところで一瞬の鋤が出来てしまったのが命取りでした。世羅からすればまさかのローリング式のみやここクラッチ。都がここ一番で出す技で周りがシーンとなる勝利。満員の会場があれだけ静かになるメインの終わり方というのはアイスリボンではそうない場面でしたね。大晦日に大勝負を控えた世羅としてはやっちゃいけない負け方でしたね。この負け方が悪い流れにならなければ良いのですが。

 

 

世羅が自ら都にフォールを取られた事で被害者の会は解散となりましたが、当然これで終わらせるつもりはなく『松本都大戦争』を勃発させると宣言。但し大勝負を控え更に舞台も近い事もあり行うのは来年との事でしたが、これって宇宙大戦争のオマージュでしょうか。だとすれば世羅のことですから人毛では済まされない都への恨みの篭った道具が飛び出しそうです。

 

勝った都に待っていたのは後楽園の対戦カードでした。勝てる相手と試合がしたいと要望していた都でしたが、「強い都に強い選手を用意しました」と藤本が出した名前はKAIENTAI-DOJOのタンク永井と真霜拳號の2人。パートナーの葛西純と真霜のマッチアップというのも楽しみですが、KAIENTAIの新旧シングル王者相手に都はどう対峙するのかも楽しみです。

 

 

まあある意味人生そう上手くいく事ばかりではないというのをリングの中で示したとも言えた今回の道場マッチでした。これもアイスリボンの興行らしさだったと改めて感じました。以前から藤本選手代表は日常をリングに持ち込んで生き様をさらけ出す戦いというのをやっていくのもありと言ってましたが、都を取り巻く戦いはまさにそれを体現していました。ただ都の行動はあまりにも幼すぎてレベルがアレなので問題外としか言えませんけど。

 

そんな中この日後楽園のカードが2つ決まりこれで7カード確定しました。弓李のやりたいカードというのが気になりますがこれがシングルとすればあと2試合は組まれる事になり9試合が行われる事になります。トーナメントがどのような戦いになるかによっては延長料金が発生するくらいの長丁場になるかも知れません。藤本はつくしとの準決勝を短期決戦にしたいとは語ってますが他のカードも一筋縄ではいかないだけにどうなることやら。まあそれ位充実したラインナップを用意して社運をかけて観客動員をしたい表れと感じています。ここから大晦日にどう突き進んでいくかに注目したいです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

土曜日のアイスリボン道場マッチ。中盤は全く意味合いが異なったシングル2試合が組まれました。

 

 

◆第2試合シングルマッチ10分1本勝負
○つくし(8分20秒 ダイビングフットスタンプ→片エビ固め)尾崎妹加☓

 

つくしが妹加とのシングルが3度目と言っていたので調べたら夏の上野で対戦してましたね。その前アクトレスガールズでの初対戦の時はゴングが鳴る前に既に泣いていたという妹加。しかしこの日はそんな姿は感じさせない気持ちの入ったものでした。トーナメント前はもどかしさをも感じていたのですが、藤本つかさとの対戦がきっかけになったのでしょうか。つくし相手に臆する事なく藤本にも出した俵投げ3連発やラリアットの連打で追い込んでいきました。流石に終盤はつくしのエルボーの連打からダイビングフットスタンプという定番コースに屈しましたが、恐らくデビュー以来の最高の内容の試合だったのではないでしょうか。

 

実際知人に帰り道この日のベストバウトを聞かれこの試合と答え同意を得た程好試合でした

実力差が歴然としているカードは得てして中身が薄くなるのは当然だと思うのですが、特にタイトルとかが懸ってない普通のシングルでここまで格下の選手が良い試合を見せると面白いですし興行そのものが引き締まりますね。ラリアットも左右の連打が出ましたからセントーンがコーナートップから出せるようになれば一気に突き抜けそうな気がしました。

 

 

◆第3試合 シングルマッチ10分1本勝負
△水波綾(WAVE)(10分0秒 時間切れ引き分け)宮城もち△

 

スコア上はドローですけど、内容はもちにとって厳しいものでしたね。水波のラリアットやギロチンを尽く受ける姿は受け切るというのとは異なっていました。強いて言えば負けてはいけないという気持ちだけで3カウントを聞かなかったというところでしょうか。終盤になってようやくもちらしさが垣間見えましたが、ギロチンの使い手に時間がないからとダイビングギロチンを出しても自爆は目に見えていた訳で逆にラリアットを喰らう中ゴングになった感じでした。

 

勿論シングルとタッグは別物ですし、水波自体座談会でも話していたように今月3回目のタイトルマッチが大晦日の決戦になります。そこのスタミナを突く事も一つの手とも言えますが大畠とのタッグワークは強固ですし、ハム子とのコンビネーションでどこまで行けるかですが、その前にもちが個人で地力強化出来るかがタイトル奪回のポイントになりそうだとこの日の試合を見て思いましたね。

 

 

問題のメインになるのですが、それは次回の記事で書きます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日のアイスリボン道場マッチ。大阪の方で大きな大会が複数あったりして知り合いも現地に行った方もいたりはしていたり中2日で観客動員が心配されたのですが106人と連続の満員表示。

初観戦者も7人とこちらも安定した数字になりました。後は女性限定大会の効果がどこまで出るかですね。どうやら明日の深夜に映像が放送されるようですが恐らくエンディングに報告程度だと思うので出来ればDVDで見たいですし、実際に応募された方がどの位道場マッチへのリピーターになってくれるかがこれからの鍵になるでしょうね。

 

今回の前説は世羅りさ1人かと思いきや後から長崎まる子が入ってきました。当然世羅に怒られる訳ですが、前大会から試合開始前の諸注意が生アナウンスになり特定のBGMがなくなった事でタイミングが掴めないのかも知れません。

 

今回の入場式の人気投票のテーマはメインに合わせて『松本都選手に1番被害にあっていると思われる選手』。何気に藤本つかさと世羅に2分され結果藤本となりました。そもそも今回参戦している所属選手がデビューする前から「2度と組みたくない」と言っている元祖の選手ですからね。そして挨拶にたったのはつくし・宮城もち・テキーラ沙弥という前説の2人と雪妃真矢を除く『松本都被害者の会』の方々。前回の座談会の時のメンバーにいなかったつくしが自分の事を自分の弟の名前で呼ぶと言い出し、もはや一人っ子政策の問題点まで暴露。Twitterでは斎藤一二三レフェリーが卵巾着を勝手に多く食べてしまったと呟いていましたし、もちまでチョコを食べられてしまったとの事。教育省である都の親は前大会の座談会とこの挨拶の時の被害状況を聞いてどう思っているのでしょうか。まあLINEブロックした程ですからご両親にも被害は及んでいるのかも知れませんけど。

 

 

◆第1試合 タッグマッチ15分1本勝負☓235&雪妃真矢(9分42秒 猪突猛進)長崎まる子○&松屋うの

 

前説でうののポージングの話題がデたからか、リングインの時にまる子とうのの入場スタイルを入れ替えたのですが、身長差があったからかうのがセカンドロープを掴んて前転するシーンで躓くという。ある意味うのは素描が明らかにされてない分ますます不思議な面がデてきたように思えました。

 

試合はというと前半はうのが捕まる展開。この中で力が抜けている雪妃が厳しく攻め立てます。これに呼応するように235が懸命の攻めを見せボディアタックだけでなくスリーパーで追い込むシーンが何度も見られました。まる子にスリーアミーゴスを決めさあここからどう決めようかと間をとった瞬間でした。まる子が一気に飛び込みそのまま丸め込みを決めて逆転勝利。勝ちパターンが出来ている選手とそうでない選手の差が出た結果がこれではなかったでしょうか。

 

座談会でまる子は横浜で保留になっていたトライアングルリボン挑戦の会社上層部の結論を聞きたいと取締役でもある藤本に尋ねます。当然挑戦は認められたのですが、3Wayですからもう一人が必要で藤本が用意した推薦者がなんと豊田真奈美。当初は弓李にしようと思っていたようなのですが。弓李から戦いたい相手の希望があるとの事でそちらを優先したいとの結論だったようでまる子のみならず王者の清水愛にとっても大変な強敵が現れた事になりました。それにしてもこの日は期末テストで不在だった為なのかカードが明かされませんでしたが弓李が戦いたい相手というのはとても気になります。

 

 

次回に続きます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。