My New-Yoku Life

私の生活の一部である銭湯・スパ巡りのレポや応援している女子プロレス団体アイスリボンなどの展望&観戦記などを中心にした気ままなブログ。とりあえず毎日更新中。

NEW !
テーマ:
視覚障がいで仕事を失ってから銭湯通いもどうしても偏りが出てきています。

特に丁度1ヶ月前から来月22日まで立川で仕事の為のPC講習を受けている関係でほぼルーティン状態になっています。ただそれが夕方のラジオ番組とリンクさせているのですよ。どうも失業してから生活がラジオ中心に夕方までなってしまったようです。

月曜日:立川・梅の湯(講義が17時までで18時からのラジオに間に合わせたいから)
火曜日&木曜日:西東京・松の湯(18時以降聴きたい番組なしでしかも乾式サウナ無料)
金曜日:久米川・さくら湯(19時からのラジオ大阪『その金ナイター』及び20時からのニコ生『週間アイスリボン』を自宅でリアルタイム視聴の為)

とりあえず講習期間はこんな感じ。で今日はあちこち移動するのですが、講習後沼袋まで飛んで一の湯に行く事にしています。これも移動中にbayFMを聴きたいというのもあります。一の湯さんは隔週で水曜日が休みなので来週が考えもので思い切って立川から高田馬場までの大移動も考えています。

実はタイトル的にはここまでではあるのですが、実はもう1軒半ばルーティン的に通っている銭湯があります。土曜日、アイスリボンの道場マッチが夜興行(18時開始)の時に蕨まで向かう途中に立ち寄っている滝野川の鶴の湯さん。

ここはサウナ好きにとって追加料金100円で本格的遠赤外線サウナが楽しめる魅力的な銭湯。15時営業開始なので中央競馬のメイン実況を我慢してサウナに12分間を2回水風呂と繰り返し入り約1時間滞在して関西地区の最終レースを聴きながら蕨に移動するのが1つのルーティンになっています。

昨日のTBSラジオ『毒蝮三太夫のミュージックプレゼント』はこの鶴の湯からの中継でした。この番組(というか『ジェーン・スー生活は踊る』のコーナー)は毎週火曜日には原則銭湯からの中継をしていて、数種類前から店内にも告知が出ていました。。

そのコーナーの終盤で女将さんから「実は辞めたい時もある」と衝撃的な発言がありました。勿論すぐという訳ではないですし、時間帯によってはお嫁さんがフロントにいる事もありますし、「お客さんがもっと来てくれれば」と番組で仰っていました。

薬湯風呂もあり、シャンプー・ボディーソープも置いてあり私みたいな移動中に立ち寄る人にも良心的な銭湯。ちょっと住宅街の入り組んだ場所にありますが、是非1日でも長く続けてほしいと願っています。因みに今週も訪れる予定です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
川口・SKIPシティ夏祭りでのアイスリボンイベントプロレス。ちびっ子プロレス教室の終了後にマイクを持った世羅りさは道場マッチの前説同様に場外カウントがない旨をアナウンスし、「ここは広いですから」と暗に大戦争をアピールするように話していました。そして2試合終わりいよいよメインイベントを迎える事になります。


◆第3試合 6人タッグマッチ30分1本勝負
○藤本つかさ&つくし&尾崎妹加(18分21秒 ミサイルキック→片エビ固め)世羅りさ&雪妃真矢&長崎まる子×

ところがリングインすると世羅は「場外乱闘はない」と発言。まあ事前に暗示させる事を言っているのですから口三味線は大方の常連さんなら解っている事で、ゴングが鳴るとアジュールレボリューション(アジュレボ)&まる子が仕掛けロープ際でドロップキッカーズ&妹加を括りつけたもののあっさり交わされ逆に括りつけられドロップキックを浴びるとそのままリング下へなだれ込んでいきました。

私は選手が来るであろうと思われますプロムナードの後方に移動しhたのですが、その間に藤本は雪妃とつくしはまる子とのやり合いの中でリング後方にある木に登っていたようです。そしてプロムナード中程に用意されたミストシャワーのブースに世羅が妹加を連れて現れました。レインメーカーをして妹加にダメージを与えると視線を居酒屋つぼ八へ。もはやこのイベントの名物と化しているつぼ八襲撃なのですが、今回は普通に世羅が妹加をヘッドロックしたまま「ビール下さい」と入っていったのと法人会スタッフがいなかったせいでしょうか、あっさり出できました。店の入口にはこの興行のポスターも張られていたのですが一応営業中ですからね。その後も世羅は妹加を連れてビールを求めて屋台を探していました。どうやら法人会のブースで貰えたようです。この辺りは歌舞伎町の路上マッチで味をしめたようですね。

リングサイドに戻ろうとしたのですが、まだ誰か来そうな気配があり再びミストシャワーブースへ。すると今度は藤本と雪妃がやってきてあっち向いてホイを始めました。負けるとサッカーボールキックを受けるという罰ゲーム。ここは藤本が勝ちサッカーボールキックを放つとと既に世羅がつぼ八へ行った情報が入っていたのか隣のラーメン店に行こうとしますが流石にダメで2人はその隣にあったSKIPマートというコンビニに突入。そのまま店内でエルボー合戦をしていました。そもそも大戦争と言われているアイスリボンイベントプロレスの場外戦は藤本が志田光に連れられてつぼ八でエルボーの打ち合いをしたのが始まりですからどうしてもここではどこかの店内で打ち合いはしたかったのでしょうね。

ようやく場外戦が終わりリングサイドに戻りましたが、リングでの攻防になるとやはり格下の妹加とまる子がそれぞれターゲットになっていました。連携面では妹加が慣れてない分アジュレボ側の方が良かったですね。妹加も野外は初めてだったでしょうし、メインに抜擢されてしかも居酒屋乱入など普段とは違うシチュエーションで緊張もあったでしょうけど楽しかったと語ってましたし良い経験になったのではないでしょうか。最後はまる子が藤本に果敢に挑む中ミサイルキックで撃沈。6人タッグですし、これだけの大暴れの後ですから地味な決着ですけど、面白かったからそれでも良かったのかな。


試合後マイクを取った藤本が「私達は鍛えているので」と子供達に真似しないように注意を与えました。最近なかったですけどこの喚起はイベントの場合必要だと思います。そしてそのままエンディングの円陣に入ると思いきやアイドルライフに参加したJPRのメンバーの1人がこの日リアルバースデーという事でケーキのサプライズプレゼントがありました。この時間風が出てきてロウソクは無理だったようですけど。その後「プロレスとアイドルライフでハッピー!SKIPシティ!」で締めて選手は握手回りに行き法人会の代表の挨拶(確か元メンバーの寿ゆりの叔父さんだったと思われます)して興行が終了しました(物販中は法人会有志の楽器演奏があり選手と観客とのふれあう時間をしっかり作るなど法人会の方々の尽力や誠意もあり大盛り上がりで終了しました。


大戦争発祥の地でのイベント。予報に反して日差しがなく涼しい感じの中でしたが、試合も盛り上がり良い興行でした。後は今回初めて観た人達をどれだけ道場マッチに足を運んでもらえるか?「蕨と西川口の真ん中の線路沿い」と藤本選手代表は何度も言ってました。地元の興行だとこの判りやすい説明は良いですね。今年は上野の連続興行があるので暫くはイベント興行はないでしょうか、なるべくイベント興行は積極的に行ってほしいです。観客や選手の裾野を広げる意味合いでもとても重要な事だと最近別の視点でも痛感しています。それはまたいずれ書きますが、こういう戦いを女子で出来るのはアイスリボンだけだと思われますし、もっと各地で広めていって欲しいです。勿論現状では現在の川口と東村山だけでなく各地の法人会との連携も必要なのでしょう。そんな事も考えさせられた今回の興行でした。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
土曜日の、川口SKIPシティのプロムナードにゴングと共に『テレパシーミライ』が流れるといよいよアイスリボンのイベントプロレスの試合が始まりました。


◆ タッグマッチ15分1本勝負
○ 柊くるみ&235(9分42秒 ナッツドライバー→片エビ固め)弓李&テキーラ沙弥☓

元気一杯にアピールをする弓李と沙弥そして235の3人に対してこの日のくるみは前段階で「今回1番怖そうな選手」と紹介されたくるみは序盤から反則攻撃をしたりヒールモードで試合をしていました。体格も実力的にも数段他とは違うくるみが最初っからこれだと一見さんは盛り上がりますが、対戦相手は堪ったものではなかったでしょうね。髪型も赤と緑のツートンにして大技が出る度にどよめきが起きるのもイベントならではのものでした。

235はアシストに徹した印象ですし、弓李や最初も自分の戦いはしたように感じましたが、どうしてもくるみの印象が強烈でした。そして最期はダイブするかと思いきやその手前のボディスラムに行かずに一気にナッツドライバーで沙弥に体を浴びせ決着をつけました。復帰後初めてこの技を出したのですから体調面はだいぶ復調していて後はメンタルだけなのでしょう。ただ非公式な試合で新人の沙弥相手ですから試した感もあります。オープニングで盛り上げたというのも含めてくるみの16歳とは思えない迫力が際立った試合でした。


◆ 第2試合 シングルマッチ10分1本勝負
○宮城もち(6分51秒 リバーススプラッシュ→片エビ固め)松屋うの☓

初めて野外で試合を行ううのにとってキャリア差がある先輩と初めてシングルを行う事も相まって相当な緊張があったと思います。それを払拭するかのように開始早々から大声を出して気合いを入れていました。無論これだけでもちを崩せる訳ではなく、試合的にはもちの一方的なものにはなりましたが、時折うのが見せ場を作り観客を沸かす場面を見られました。今のところ隙を突くような丸め込みが唯一の武器になってますが、これを活かせる別の技が習得出来れば初勝利も近いと思われます。

うのの場合どうしても沙弥と比較されがちですが、もちとの初シングルをものさしにすると、どちらもリバーススプラッシュでのフィニッシュなのですが、うのは一度は返してすぐ立ち上がりエルボーを打ち返している粘りを見せたのは一発で沈んでしまった沙弥よりは良かったのではないでしょうか。一方のもちは30歳になっての初戦を白星で飾りました。これがきっかけになって吹っ切れて上位相手にも結果を残せるようになってくれると良いと思っています。


いよいよメインイベント。私も足元に置いていた荷物を持ち上げて場外戦に備えました。それについては次回に続きます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。