AmebaGG NEWS

free counters
2010年09月30日(木) テーマ:外国での価値観

セックス観の違い

この類いのテーマが嫌いな方はスルーくださいませ。。。むっとはいえ、単なる比較文化論ですあせる


日本人男性とのお付き合いの経験がない私は、いままで気が付かなかったのですが、日本と外国(というか欧米)でのセ*♡ス観についてはかなり違いがあるようですね。

日本では女性の性はタブー視されている感もあり、女性は、

いかにセ*♡スをさせないことで優位性を保つか

とか、

セ♡クスをしたら立場が不利

のような観念が主流だったりするようです。
婚活の駆け引きではありカモ?もちろん武器のひとつです音譜

日本語では

夜のお♡つとめ

などという表現もあるくらいですから、女性にとっては楽しむことというよりも、お仕事的な感覚なのかもしれないですね。男性にとっては楽しみで、女性にとってはおつとめ、、、なんとも言えないですねしょぼん

そのために日本人女性には、

愛=プラトニック

みたいな観念の優位性が植え付けられてしまうのかもしれません。。。


はっきり言うと、

欧米では、これはありえませんパーきっぱり

一部では宗教モラルや保守的モラルによって、セ♡クスをおおっぴらには重要視していないように見えても、欧米では基本、

愛=セ♡クス

表向き認めないとしても、事実がこうだと思います。

また誤解がありそうな言葉は、

PASSIONメラメラ

日本語にすると『情熱』とでもいうのでしょうか?これ、日本語だと情熱的に愛する、好きでたまらない『感情』と捉えられているようですが、欧米ではPASSIONとは暗に『情♡欲』『情♡愛』に通じる言葉です。つまりは、、、セッ♡ス叫び PASSIONという言葉を聞いたら、欧米人は必ずといっていいほどセ♡クス(言葉を変えてもメイクラヴ)を思い浮かべると思います。日本人との誤解のもと、、、ガーン PASSIONに対して、TENDERNESSが日本でいう『愛情』に近いのではないでしょうか?

もちろん

セ♡クス=>愛

という公式は必ずしも成り立ちませんが、

愛=>セ♡クス

は絶対必要条件とも言えるでしょう叫び

こちらで「結婚」ということは、家族のお世話をする人になるというよりは、つまりは公式なセ♡クス・パート♡ナーであるということで、女性にしても男性にしてもセ♡クス無しで結婚関係にあると考える欧米人はいないと思います。

特に、欧米ではアジア文化圏のように、性を風*俗産業で処理するという習慣・文化がないため、

セック*スレス=離婚

という場合が多いと思います。

また、欧米人は、セ♡クス無しの疑似恋愛にはあまり興味を示さないとも思います。セッ♡スをすぐに許さなくても、もちろん恋愛はできます。でも、いつかはあるという展望のもとで恋愛をする訳です。また日本と違い、キャバクラなどの疑似恋愛提供サ*ービスが欧米であまり流行らないのは、この為でしょう。

と言う訳で、欧米では恋愛や結婚での男女共々セ♡クスは非常に重要な位置を占める訳です。もちろん『それ』だけではないですが、、、

そのため、こちらではセ♡クスを適当に済ませるという考えもないと思います。プロの所での性処理は別としても、セ♡クスは愛情表現でもありエンターテインメントでもあり、時間をかけないセ♡クスほど下品で低俗なものはない、と思っている男女がほとんどだと思います。もし男性が10分くらいで勝手に終わってしまったら、こちらではほとんどの女性がかなり憤慨するはずプンプンです。確かにかなり失礼な話しですよねダウン

日本ではセッ*クスレスの夫婦なども多いようですし、中には(男性でも?)セッ♡スがなくてもいいという方もいるようですが、国際結婚でセッ*クスレス夫婦を期待するのはまず無理だと思います。もちろん、まったく例がないこともないですが。。。

参考までに、、、以前似たようなテーマで書いた記事もみてくださいませ。
関連記事:国際結婚におけるセ*クスの位置


次回、社会的風習や習慣なども踏まえて、具体的対応策へと続きます、、、叫び
AD

コメント

[コメントをする]

1 ■ホント・・・

淡白ですから・・・日本人。
これも文化なんですねねぇ。

肩身が狭くなる話題だ;

2 ■ALOHA!!

みやび~様♪

あっぱれ、ずっこん、お見事なご回答であります(笑)

そう!!!まさに!

日本人はPassionと聞いて「情熱」と解釈しがちですが、まさにそうです!
SEX&愛でございます!!
そして楽しむSEX、エンターテイナー性、追求又これも奥深いものがありますわ~(-。-;)

たまにご相談で「国際結婚がしたいけれどSEXが好きではないんです。」と聞くと「あ~、じゃあ国際結婚は難しいかも。。。おじいちゃんでも大丈夫?」な答えになってしまいます(笑)

まさに日本では「夜のお勤め」といった言葉を使いますね。
セックスレス夫婦の割合もすごいです。

3 ■>mmmさま

そうですね。やはり文化・文明の影響があるのでしょうか?

他のアジア圏も日本と同じなのかが知りたいですね。私の説は、欧米では多分アメリカから西欧、東欧、果てはカフカース(欧米とは言えないかも)あたりにまで通じると思っています。

4 ■>カサブランカさま

お褒めの言葉ありがとうございます(爆!

日本のセックスレスがそこまで凄いとは知りませんでした。私の両親はどちらかというと、お盛んなほうだったと思うので、、、

欧米はおじいちゃんでも侮れないですよ(爆

カサブランカさまも、お仕事も家事もほどほどに、ダーリンを可愛がってあげてくださいませー!

5 ■おどろいた!

へぇ~~~そうなんですね!!文化的背景から鑑みてのお話。納得でございます。幸か不幸か、、私の周りの外国人の方々って。。日本人並みにSEXを楽しめない方が多かったのかもしれませんです。それで良しとしておりました。。。ご指摘の「ワイフ=公式なSEXパートナー」目からウロコの一言でございます。想像もしておりませんでした。本日よりは心を入れ替えて(苦笑)、婚活に取り組みたいと思います。

6 ■ををっ!

みやび様、今晩は。
"Passion"という単語の解釈、そうだ! と大きく納得しました♪
本当に西欧人、愛⇒セックスは絶対必要条件です。元夫と別れる前、日本人並みのセックスレスだったなぁ(笑)。

どこの土地にも売春婦、と呼ばれる女性は存在しますが、それは風俗産業とは違うし…。

続きを楽しみにしていますね♪

7 ■>お初さま

パートナーシップ、『それ』だけではないですが、まずトップにくるものが、やはりコレでしょう。最初にここのところ(見た目、体格等)で気に入って付き合う訳で、他の部分は付随してくるものですよね。

とはいえ、URGEも人によって程度が違いますので、自分とある程度相性が合う方が良いと思います。婚活頑張ってくださいね。

8 ■>ぞっこんさま

そうですね。この翻訳、どうにかならないものでしょうかね。三島由紀夫が欧米恋愛観や価値観の日本的解釈の弊害について、色々な作品で、とてもよく説明していますので、後ほど紹介してみたいと思います。

日本の風俗産業は文明・文化ですよ!あんなものは、日本以外ではあるんでしょうか?他のアジア圏でもそうなのかが知りたい所です。欧米人、一部フェチな人を除いては、キャパクラなんかにお金出す人いませんものね。

『PASSION』は『セックス』と言い切れない人が口にする言葉ですわ。これ、多くの日本女性にとっては非常に迷惑な言葉だと思います。真意が伝わらないから。欧米人同士なら問題ないのですけれどね。。。

9 ■フムフム

愛=>Sex 必須
に納得です!

あまり気にした事はありませんでしたが、そう言われてみたら、彼はSexをとても大事にしているような気がします。

ちょっとエロティックに絡みついたりすると、大喜びしていますね。

私も久しく日本人とはお付き合いしていませんが、3年も経つと日本人ではお互い性の対象外のような存在になってしまっていましたわ。

そう考えると、3年目の今でもSexyだと思ってもらえるのは相手がWesternだからなのかな。。。

続き、楽しみにしております。

10 ■無題

こんにちは。
イギリス人ご主人から「もう愛されていないんだってわかった」と離婚を求められ、「さみしいから、すぐ再婚するよ」と宣言された友人。困惑してましたが、きっとこうゆう意識のすれ違いだったのですね・・・。勉強になります。

11 ■>Ms. Poohさま

とにかく日本は性がタブーというか、『いやらしい』で片付けられてしまうのかもしれません。やはりあまり普通には語られないもの、、、みたいな。。。

その点、こちらではご飯食べるくらいのノリで親子なぞでもセクシャル・ジョーク飛ばしていたりしますから、、、

子供のころから、両親ともどもにお口にキスされたりして育っていると、イチャイチャが好きですからね。イチャイチャされて嫌だっていう人は、日本人でもあまりいないと思うのですが、それがイヤだとあちらのほうも淡白かも。。。

12 ■>わんこのための天然酵母パン屋さん「わんこパン」さま

私なども日本で言う『家族になる』という感覚がわかりませんね。だって、旦那さん、いる意味無くないですか?金づる?犬以下の扱いですよね?かわいそー。

コメント投稿

[PR]気になるキーワード