馬で世界を駆け巡る:パリの大和撫子徒然草

大好きな馬、世界のオトコの子と恋愛、海外生活などなど、
大和撫子みやびが徒然草


テーマ:
この類いのテーマが嫌いな方はスルーくださいませ。。。むっとはいえ、単なる比較文化論ですあせる


日本人男性とのお付き合いの経験がない私は、いままで気が付かなかったのですが、日本と外国(というか欧米)でのセ*♡ス観についてはかなり違いがあるようですね。

日本では女性の性はタブー視されている感もあり、女性は、

いかにセ*♡スをさせないことで優位性を保つか

とか、

セ♡クスをしたら立場が不利

のような観念が主流だったりするようです。
婚活の駆け引きではありカモ?もちろん武器のひとつです音譜

日本語では

夜のお♡つとめ

などという表現もあるくらいですから、女性にとっては楽しむことというよりも、お仕事的な感覚なのかもしれないですね。男性にとっては楽しみで、女性にとってはおつとめ、、、なんとも言えないですねしょぼん

そのために日本人女性には、

愛=プラトニック

みたいな観念の優位性が植え付けられてしまうのかもしれません。。。


はっきり言うと、

欧米では、これはありえませんパーきっぱり

一部では宗教モラルや保守的モラルによって、セ♡クスをおおっぴらには重要視していないように見えても、欧米では基本、

愛=セ♡クス

表向き認めないとしても、事実がこうだと思います。

また誤解がありそうな言葉は、

PASSIONメラメラ

日本語にすると『情熱』とでもいうのでしょうか?これ、日本語だと情熱的に愛する、好きでたまらない『感情』と捉えられているようですが、欧米ではPASSIONとは暗に『情♡欲』『情♡愛』に通じる言葉です。つまりは、、、セッ♡ス叫び PASSIONという言葉を聞いたら、欧米人は必ずといっていいほどセ♡クス(言葉を変えてもメイクラヴ)を思い浮かべると思います。日本人との誤解のもと、、、ガーン PASSIONに対して、TENDERNESSが日本でいう『愛情』に近いのではないでしょうか?

もちろん

セ♡クス=>愛

という公式は必ずしも成り立ちませんが、

愛=>セ♡クス

は絶対必要条件とも言えるでしょう叫び

こちらで「結婚」ということは、家族のお世話をする人になるというよりは、つまりは公式なセ♡クス・パート♡ナーであるということで、女性にしても男性にしてもセ♡クス無しで結婚関係にあると考える欧米人はいないと思います。

特に、欧米ではアジア文化圏のように、性を風*俗産業で処理するという習慣・文化がないため、

セック*スレス=離婚

という場合が多いと思います。

また、欧米人は、セ♡クス無しの疑似恋愛にはあまり興味を示さないとも思います。セッ♡スをすぐに許さなくても、もちろん恋愛はできます。でも、いつかはあるという展望のもとで恋愛をする訳です。また日本と違い、キャバクラなどの疑似恋愛提供サ*ービスが欧米であまり流行らないのは、この為でしょう。

と言う訳で、欧米では恋愛や結婚での男女共々セ♡クスは非常に重要な位置を占める訳です。もちろん『それ』だけではないですが、、、

そのため、こちらではセ♡クスを適当に済ませるという考えもないと思います。プロの所での性処理は別としても、セ♡クスは愛情表現でもありエンターテインメントでもあり、時間をかけないセ♡クスほど下品で低俗なものはない、と思っている男女がほとんどだと思います。もし男性が10分くらいで勝手に終わってしまったら、こちらではほとんどの女性がかなり憤慨するはずプンプンです。確かにかなり失礼な話しですよねダウン

日本ではセッ*クスレスの夫婦なども多いようですし、中には(男性でも?)セッ♡スがなくてもいいという方もいるようですが、国際結婚でセッ*クスレス夫婦を期待するのはまず無理だと思います。もちろん、まったく例がないこともないですが。。。

参考までに、、、以前似たようなテーマで書いた記事もみてくださいませ。
関連記事:国際結婚におけるセ*クスの位置


次回、社会的風習や習慣なども踏まえて、具体的対応策へと続きます、、、叫び
AD
いいね!した人  |  コメント(12)

[PR]気になるキーワード