こんちゃ♪ (´∀`*)エヘ



昨日ね、当社の下請けさんが現場で問題をおこしちゃって



取引先のお客様を怒らせてしまったの。 _| ̄|○



それでmiyaが謝罪に行くことになったの。(;´Д`)イガイタイ・・



怒ってるお客様のところに行くのは正直 ちょっとドキドキだよね。 (-ω-;)



誰か替わってくれるなら、替わってほしいって思うよ。(´Д⊂グスン



でも、そんなこと思っててもしょーがないもんね。






謝罪に伺う場合には、どのような場合でもまず原因の究明と、今後の対策を建てるのね。



次にお客様のところに行って謝罪をして、ご報告なんだけど



どのようなスタンスで謝罪をするか?これが大切だと思うの。



お客様の気持ち、立場、人柄、謝罪する場所(廻りに誰がいるか)等を考慮しなくてはいけないと思うの。



原因にも当然左右されるんだけど、総合的に分析して、スタンスを決める。



少し強気で・落ち込み雰囲気で・甘えて・真剣に・相手の目を見て・フランクに・アグレッシブに・



コンサーバティブに等



色んな表情と表現を組み合わせて一つのスタンスを作るの。



それはお客様の表情や仕草から、気持ちの移行を汲み取って変化させていくから



はじめに基本として考えたスタンスとは違う流れになる場合も多々あるのよね。



でも一つだけ、最初から最後まで貫くことがあるの。



それは、




miyaはあなた好きだからー大切だからー光線を 



眉間から放出しておくことは不可欠なんだよね。(;´д`) チャン・ドンゴン カヨ・・・



miyaね、最近思うんだ。



お客様を怒らせてしまった時はチャンスだって。



もちろん怒らせないほうが一番良いに決まってるんだけどね。



怒らせてしまった時にどのように対応できるか、相手の言っていることの真意を受け止めて



迅速に対応できるか等 誠心誠意 対応させて頂いた結果 問題点が解消できたときに



お客様と以前より強い絆がうまれている場合も少なくないのよね。



まぁあくまでもリカバリー的活動だから、問題を起こさないシステム、管理体制を構築することが



大切なんだろーけどね。



その辺は難しくてmiyaにはできまっせーーん (ノ´∀`*)  ダレカヤッテー!







うそですよ。 やりますよ。 がんばりますよ。  (〃*`Д´) ヤルッテバ!






そんなこんなで謝罪をして、あとはこれからの対応次第って状況なんだ。



今は、人手不足も重なって非常に厳しんだけど がんばるるるる~ ゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚



さて、ひとまず謝罪も済んで、その後 資材メーカー、商社さんを接待。



今後の資材単価の打合せを兼ねた大切な接待。



若干 気持ちが落ちてる状態での接待は正直 ちょっとつらい。 (‐д‐;) ノメルカナ・・・



でも、落ち込んだってしょーがないじゃない



ってことで、パーッと みんなで飲んじゃいましたぁぁぁ ゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚ イェーイ!



え?打合せはしたのかって?




うん。








したよ。









2分くらい。。。。






いや。






だって。。。








ほら。。。








相手の表情を読み取ってだね。。。。






ははは。。。。(汗)





miya語録

スペース

「落ち込んだってしょーがないじゃない」

スペース

落込むって行為は非生産的だし、精神的にもにもよくないと思うの。


あんまり落込んでると病気になっちゃうんだから。


反省は大事よ。反省はいっーーーぱいして、元気に頑張る!


落ち込みそーなときは「落込んだってしょーがないじゃない」


って数回唱えるといいんだよ。


「何を反省して今後 どうするのか?」


落込む暇があるならこれを考えましょー♪










AD