「自分を伝えるプレゼンテーション」で成果を出す!

夫を成功させて自由にブッ跳べるのは、伝わる技術(プレゼンテーション)を身につけたから。起業したい方、家庭と仕事を両立して物心共に豊かになりたい方に成幸のあり方&やり方をお伝えします。


テーマ:

いつも自分がしたいこと、すべきことを考えていますか?

 

「考える」と一言でいっても、考えるには、「浅く考える」から「深く考える」までレベルがあります。

 

「浅く考える」というのは、単なる思い付きレベル。

ぼんやり空想でイメージしているだけ。

 

深く考えるというのは、細部に至るまで、くっきりイメージができています。

更に、それが自分の頭の中だけにあるのではなく、紙に落とされています。

 

紙に落とすということは、当然、欲しいイメージが、意味をもつ言葉で「言語化」されている状態です。

 

自分一人で考えている時でも、必ず傍には紙とペンが必要です。

「書き出す」ということは、イコール「考えている」ということなのです。

 

もし、この考えていることを、人に話して協力してもらいたいのなら、

イメージを、「口頭で話す」だけではダメです。

話したことは、虚しく空中に消えていきます。

定着しないのです。

だから、必ず紙に落としたものを見せる必要があります。

 

それをやらない人の言うことは、なかなか信用できないですね。

「口だけの人」ってことになっちゃいます。

 

たとえ自分一人であったとしても、自分で自分を納得させるために、やはり書いたほうがいいのです。

自分の人生の所信表明を作文してみてはどうでしょうか?

 

 

ところで先日、私が理事をしているウーマンイノベーション協会で、「ウーマン環境大臣」というミッションをおおせつかりました。

 

なんと!本物の国会に行って、本物の総理大臣室も訪問したんですよ。

女性達で日本を変えよう!という、夢のような企画です。

 

ちなみに下記が私の「ウーマン環境大臣」としての所信表明です。

   ↓

昨今、地球環境の破壊により、異常気象と、それによる自然災害が頻発しています。洪水や土砂災害など、生活に不安を感じる出来事が起こっています。

一方、家庭の食卓においては、農薬や人工的な化学添加物により食品が汚染されています。

主婦としては、スーパーに買い物に行った際、食品に記載されている成分表示を見ながら、家族に提供することに不安を感じています。

 

このように、家庭の外では自然災害、内側では食卓が安心安全でなくなってしまった本質的な原因は、人間が便利快適さを求めるあまり、自然環境破壊や食料への不自然な介入を行ってきたためと思われます。

 

そこで、ウーマン環境省では、「安心安全・共存共生・持続可能な社会を創る!」

をスローガンに掲げて取り組んでいきます。

人間と自然環境が共存共生することで、災害や汚染のない安心安全な暮らしを手に入れることが目的です。

そのためには、人々の環境保護意識を高め、技術革新によって循環型の社会を創る必要があります。

これは机上の空論ではなく、実際のロールモデルとして「エコビレッジ」を作ります。

「エコビレッジ」とは、自然エネルギーをインフラに、衣食住、教育、ビジネス、娯楽が集積した理想の生活空間です。

「日本女性初・日本女性発」のモデルを世界に発信することで、日本が環境立国として世界にリーダーシップを発揮していくのです。

そのためには、日本の最先端の科学技術や女性ならではのエコなアイデアが必要です。ぜひ皆様のご協力をお願いします。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先回は自分が「試験に落ちた後って、どんな心境になりますか?」というタイトルで記事を書きました。

http://ameblo.jp/miya-myway/page-1.html

 

今回は、我が子が試験に落ちた場合です。

しかも、一般的には留年が許されない高校受験について。

 

実は、うちの娘(次女)が、このケースでした。

 

もともと娘は、本人の意志で中学受験をし、中高一貫の学校に通っていました。

 

親としては、当然そのままエスカレーター式に高校に進学すると思っていました。

実際、その学校では、ほぼ100%の学生がそのまま進学していました。

(そもそも皆、ラクに高校に進学するために中学受験をしている)

 

なのにうちの娘は、

「この学校は自分に合わないから」と、中学3年生の時点で、他の高校を受験すると言い出したのです。

 

受験したのは、本命の公立高校と、私立高校の2校でした。

ところが!

あろうことか、2校とも不合格になってしまったのです。

娘と2人で、合格発表を見に行った日の帰り道、ガックリときて足取りが重かったことは今でも忘れません。

 

他のクラスメートは全員、進学校が決まり、晴れて卒業式と入学式の準備を進めています。

なのに娘は中学3年生にして、一浪か?という状態。

 

もし我が子がそうなってしまったら、どんな心境になりますか?

 

「なんで、もっと他にすべり止めを受験しておかなかったの!」と責めますか?

「受験なんかしなくても、あのまま中高一貫校で進学していればよかったのに」と後悔しますか?

 

もし私が、働いた経験の浅い専業主婦だったとしたら、きっと、そのように娘を責めたりなじったりしていたと思うんです。

 

でも幸い、私も試験に落ちたり、失敗を繰り返す日々を過ごしていました。

だから、「まだ若いんだし、なんとでもなる!」と、次の展開を待つことができたのです。

 

それから娘は通信制の高校で卒業資格を取りながら、16歳で単身、中国へ語学留学。

その後、中国の大学を受験して合格しました。

 

よく周りからは「あんな中国の一流大学に入学できるなんて優秀ですね」と言われるのですが、それも挫折体験があってのことだと思います。

 

この先も、どんな挫折や失敗が待っているか分かりません。

 

人生なんて、「塞翁が馬」。

 

良いことと悪いこと(試練)が交互にやってくるだけのこと、と大きく身構えていればいいんじゃないでしょうか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、この半年間、みっちり訓練を重ねて臨んだ講師試験がありました。

 

・・・が、結果は見事に「不合格」でした!

 

私、エグゼクティブプロスピーカーという資格取得に向けて、3年目に突入し、既に2回試験に落ちているのですが、3回目のチャンスもゲットすることができませんでした。

 

試験に落ちた時って、どんな心境になりますか?

 

一瞬は、ショックですよね。

こんなに頑張ってきたのに・・・と残念な気持ちになります。

 

でも、その先、どこまで「落ち込むか?」は、その人の選択しだいです。

 

しばらく何をする気力もなく、何日も暗い気持ちを引きずって落ち込む人もいるだろうし、

明日からすぐに気持ちを立て直す人もいるでしょう。

 

私の場合、どんな心境を通過したかというと・・・

まずは「自業自得だった」と思うわけです。

そして、少しだけ自分を責めて、反省します。

 

その後、落とした試験官を恨みます(笑)

「見る目がないなー」なんて・・・。

これは、明らかに「自己正当化」の思考ですね。

たぶん、自分の身を守るために、自然に発動するのだと思います。

 

でも、この後、

試験に受かろうが落ちようが、誰かに評価されようがされるまいが、そんな周りからの刺激には一切関係なく、いったい自分はどうなりたいの?と問うわけです。

 

この時、「自分が納得することのみに焦点を絞ろう!」という姿勢が固まるのです。

自分の根っこを、更に強く下ろしていける成長の瞬間です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、ある方からインタビューを受けました。

私自身のことについて根堀り葉堀り質問を受けたのですが、そこで回答に詰まる場面がありました。

つまり言語化できないということは、そのことについては、よく考えられていないという証拠なんですね。

 

なんとか言葉にしたとしても、抽象的な表現で終わっている場合は、考えたとはいえません。

これを別の言い方で、「言葉の解像度が低い」といいます。

 

例えば、「幸せになる」とか「成功する」「貢献する」などは、解像度が低い、曖昧で抽象的な表現です。

こんな解像度が低い表現しか出てこないということは、自分の思考や感情が漠然としている。

自分自身が何を感じ、何を考えているのか、正確に把握できていないのです。

 

また、「うれしい」「悲しい」「楽しい」のような形容詞も、感情が単純化されたままで、解像度が低い表現です。

ここから、解像度を高めるためには、なぜ、そのような感情になっているのか?感情の根源まで突き詰めていく必要があります。

 

例えば、私が掲げている「マザーハート」って何ですか?と質問され、

ここで答えられなかったらアウトです。

 

「マザーハートとは、一言でいうと、安心安全・共存共生を願う母ごころ」です。

 

「安心安全・共存共生」って何ですか?

 

環境は安心安全、人は共存共生できる社会です。

 

「安心安全」って、何ですか?

 

3つの観点からの安心安全です。

①衣食住が汚染されていないから安心安全

②社会に犯罪がないから安心安全

③水、空気、土が浄化されているから安心安全

 

「共存共生」って、何ですか?

 

これも3つの観点からの共存共生があります。

①価値観が違う人との共存共生

②異なる国と国との共存共生

③自然環境と人間との共存共生

 

「母ごころ」って、何ですか?

 

キーワードは「愛」「誠実」「正直」です。

「愛」は、無条件で与えること

「誠実」は、真摯に行動で示すこと

「正直」は、嘘、偽りを言わないこと

です。

 

どうでしょう?

こんなふうに、自分自身で言葉の定義を明確にしていくのです。

 

 

もし、感動的なプレゼンテーションを届けようと思ったら、言葉と向き合うプロセスが必要です。

 

自分が発する言葉の奥行きを広げていくことで、解像度が上がり、言葉がパワーをもって人々の心に刺さるのです。

 

・・・ということで、私自身も人様から質問を受けながら、自分の足りなさに気づく日々です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

同じ言葉を発しても、響かない人もいれば、

胸に響いて、周りが動いてくれる人もいます。

響く人の言葉は、言葉に重みがあるということです。

 

言葉に重みが生まれる理由はなんでしょうか?

 

それは、その人の体験からくる本当の想いや思考が、その人の源泉から湧き出るように言葉に込められている。

その言葉に真実味や確からしさが備わっているから、重みが生まれるのだと思います。

 

また、言葉を伝えて、周りが「理解しました」で終わるのか、「動きたくなる」かの差は、志が伝わっているかどうかです。

 

志とは、その人の本気の使命感から出てくるもので、平凡に日々を流されて生きているだけでは、なかなか見えてこない。

時々、立ち止まっては、一人静かに考えることを繰り返す必要があります。

 

・・・ということで、私も今日は、一人で考察する時間を設けました。

日々の忙しさの中で流されないよう、あらかじめ「一人作戦タイム」を手帳に書き込んでおくのです。

事業計画書も、何度も見直してブラッシュアップしていきます。

それを繰り返すうちに、事業計画書に魂が吹き込まれていくのです。

 

考えて書く時間と、考えたことをアウトプットする(プレゼンする)時間を交互にもっていくと、

かなり言葉に重みが出てきます。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)