マルヒデ岩崎製茶のブログ

Welcome to Maruhideiwazaki tea factory!
茶畑から湯のみまで、お茶にまつわるあれこれを楽しくお伝えします。


テーマ:

 

先日、女性自身に紹介さfれました。

 

 

 

 

…といっても、スクープされたわけではありません。

 

 

 

 

 

ちょっと前の雑誌になりますが、女性自身の5月30日号です。

 

今をときめく俳優さん、高橋一生さんが表紙の号なので、

ご覧になった方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

この号では、新茶を特集したページがあり、

 幸せのお茶「まちこ」が紹介されました。 桜

 

 

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、まちこは、ほのかに桜葉の香りがする

静岡市清水区で産地化がすすめられているブランド茶です。

 

 

 

よく、「フレーバーですか?」というご質問を受けるのですが、

まちこの桜葉の香りは、茶葉自身がもつクマリンという天然の香気成分によるものです。

 

ノンフレーバーで桜葉の香りがするお茶は珍しく、個性的で人気のお茶です。

 

 

 

 

この号が発売されて以降、おかげさまで多くのお問い合わせをいただき、

発送作業に追われております。 小包

 

 

 

お問合せいただく方の中には、

「お茶と同じ名前の方がいらっしゃって、プレゼントをしたい」…といった方が

かなりの割合でいらっしゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

この「まちこ」という名前の由来ですが、お茶の品種名を、静7132といいます。

 

そんなロボットみたいな名前では可哀想と、地元清水のお茶摘みさんが、

ご自身の名前をこのお茶につけてくださったのが始まりです。

 

 

 

このお茶を育てて商品として売り出そうとしていた頃は生産量もごくわずかでしたが、

現在では清水区内で30軒ほどの生産家さんがこのお茶の研究会を組織し、

生産量も徐々に増えてきています。

 

 

 

「幸せのお茶」と銘打ってありますが、発売当初、

畑の片隅でひっそりとして名前のなかったお茶が、名前をもらい

日の目を見ることができたという生産者視点の「幸せ」という意味だったらしいのですが、

多くの皆さんに飲んでいただくうちに、桜が感じられる華やかなお茶と表現してくださる方や、

受験シーズンに、受験生や、その親御さんに「サクラサク」の意味を込めて贈り物をするなど、

皆さんがお茶を楽しんでくれるシーンの中で「幸せ」を感じていただけることが多くなりました。

 

 

 

私たち製茶問屋も、このようなストーリとファンを持つお茶を

お取り扱いできるのは、大変幸せなことです。

 

 

 

 

 

 

そんなまちこさん、これからの季節は水出しにしてもおすすめです。

 

冷水で淹れても、桜葉の香りはそのまま。

むしろ水出しにすると、お茶の甘みも加わり、さらに美味しいお茶になります。

 

急須に茶さじ山盛り一杯のまちこと冷水、氷を入れて冷蔵庫で冷やすこと1時間。

あとはグラスに注ぐだけで、まちこの水出し茶の完成です。 Coke Glass(グリーン)

 

 

是非お試しくださ~い。きらきら!!

 

 

 

幸せのお茶「まちこ」のお問い合わせは、マルヒデ岩崎製茶まで。

054-271-1010

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

今日、製茶工場で仕上げているのは「まちこ」です。

 

 

品種名を静7132といいます。

 

 

このお茶は、ほのかに香る桜葉の香りが特徴です。

 

 

この桜葉の香りはまちこの茶葉に含まれる

「クマリン」という天然の成分によるもの。

 

桜葉の香りが独り歩きしそうですが、まちこはお茶としての

旨みや滋味を兼ねそろえた美味しいお茶です。

 

 

静岡市清水区では、30軒ほどの生産家さんが「まちこ研究会」を組織し、

産地化を進めています。

 

 

 

 

 

 

こちらは、去年のまちこの初摘みの様子です。

 

一年をかけて丹精込めたお茶を刈る、生産者さんの眼差しが印象的でした。

 

「まちこ」という女性のお名前がついているだけに、

お嫁に出す心境に近いものがあるのでしょうか。

 

 

そもそもこのお茶が「まちこ」と命名された由来は、清水のお茶摘みさんが

「静7132なんてロボットみたいな名前では可哀そう・・・」と、ご自身のお名前を

このお茶につけてあげたという経緯があります。

 

名付けた当初は、ほんの少ししかなかった作付面積も年々増え、

地元のみならず、世界でも評価されるお茶にまでなりました。

 

 

 

 

今年の初摘みの様子は、静岡新聞にも掲載されました。

 

私達は製茶をするときに、お茶の生産者さんやこのお茶を待ってくれている皆さん、

そして、これからこのお茶のファンになってくれるであろう

お客様を想像しながら製茶をしています。

 

 

 

 

 

生産者さんの想いの詰まった今年のまちこも、おいしく仕上がりました。

 

 

数多くのストーリーを持つお茶「まちこ」。

 

是非、一杯いかがですか。ウインク

 

 

まちこは、マルヒデ岩崎製茶店頭他、JR静岡駅北口ロータリー地下「喫茶一茶」、

新東名高速道路NEOPASA静岡上下線「静岡マルシェ」などで販売中です。

 

 

 

 

【放送予定のお知らせ】

明日5月15日(月)、SBSテレビ イブアイの人気コーナー

「朝倉さやのひとり観光協会」にて、弊社の恒例ベント

「マルヒデ百貨店」の模様が放送予定となっております。

 

時間はおそらく、17:30分すぎくらいかと・・・。

 

今、静岡で空前絶後の人気を誇る方言歌姫 

朝倉さやちゃんが、マルヒデ百貨店に降臨。

 

 

お時間にご都合がつきましたら、是非ご覧ください!

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

いよいよ今週末は、センター試験。

 

本格的な受験シーズンの到来です。きゃは♪

 

 

受験生の皆さんには、日頃の成果を発揮できるよう、

しっかり栄養を摂り、万全の態勢で試験に 臨んでいただきたいと思います。

 

 

また、受験生をお持ちの親御さんも、サポートなど、

いろいろ気苦労が多い時期だと思います。

 

 

 

 

 

 

只今店頭では、「合格祈願まちこ」を販売中です。

 

こちらの商品は、徳川家康ゆかりのお寺、静岡市清水区の清見寺で

合格祈願のご祈祷をしていただきました。

 


 

この季節、「サクラサク」という意味を込めて「まちこ」を

受験生、そして親御さんへプレゼントされる方が、毎年多くいらっしゃいます。

 

是非、勉強の合間のリラックスタイムに、そしてカテキンで風邪予防に

一杯いかがでしょうか。

 

 

 

 

合格祈願まちこ

40g入 777円(税込)

 

 

マルヒデ岩崎製茶店頭にて販売中です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

製茶工場では連日、桜葉香るしみずのブランド茶

まちこの仕上げを行っています。

 

 

今年も、まちこの解禁までもう少し!

 

まちこが出来るまでの動画をアップしましたので

是非ご覧いただきたいと思います。

 

まちこが出来るまで → 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

連日、まちこの荷受けが続いています。

 

 

 

 

朝、見本の茶葉を鑑定し、お茶の斡旋屋さんとの値段交渉(値押し)を進め、

仕入れが決まったものが大海(だいかい)に梱包され、トラックで運ばれてきます。

この大海、基本は1本30kgの荒茶が入っていて、

この時期、荒茶の同業者間取引は、この大海の形態がほとんどです。

 

霜の被害もなく順調に育ったまちこ。

 

今年も美味しいまちこが、できそうです。

 

仕入れられたまちこの荒茶は、弊社製茶工場で仕上げ作業に入ります。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

お待たせいたしました。

 

2016年度産 初摘みまちこが、発売開始となりました。

 

 

 

ほのかに桜葉香る清水のブランド茶まちこ。

 

今年も旨み、香りを兼ねそろえた、いいお茶に仕上がりました。

 

 

 

 

 

 

今回私は、茶摘みから荒茶工場、そして弊社製茶工場での仕上げ加工と、

茶畑から湯呑みまで、このお茶とともに数日間を過ごしてきました。

 

 

 

 

 

そこで出逢えたのは、このお茶に携わる方々の情熱や、人の繋がりでした。

 

 

静岡市清水区では、30軒ほどの生産家さんが「まちこ研究会」を組織し、

産地化を進めています。

 

 

 

 

直に、まちこに懸ける熱量に触れられたことは、

この度の製茶にも生かすことができたと思います。

 

 

 

 

  是非、みんなの想いが詰まった「幸せのお茶 まちこ」 

ご賞味いただきたいと思います。

 

 

 

 

現在 2016年度産 初摘みまちこは

 

マルヒデ岩崎製茶店頭、もしくはJR静岡駅北口ロータリー地下の

喫茶一茶などで発売中です。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

ほのかに桜葉の香りがする清水のブランド茶「まちこ」。

 

清水区内では30軒の茶農家がまちこの研究会を組織し、産地化を進めています。

 

 

 

 

 

 

昨日4月26日は、そのまちこの初摘みが行われました。

茶葉、天候ともに絶好のコンディション。

 

さぁ、お茶摘みの開始です。

 

 

 

 

 

 

生産家さんは、1年間手塩にかけて育ててきた茶畑の新芽を、

丁寧に摘採していました。

 

「1年に一度のことだからねぇ~、楽しみだよ。」…と、お父さん。

 

茶畑で摘まれた茶葉は、すぐさま荒茶工場で荒茶に加工されます。

 

荒茶工場では蒸しの工程を行った後、茶葉を揉んで水分を落として行きます。

この時点で既に工場の中は、桜葉の香りが漂っていました。

 

途中何度も茶葉の状態を確認しながらの荒茶加工。

茶師の腕の見せ所です。

 

 

 

 

 

こうして多くの方々が携わってできた、まちこの荒茶ができあがりました。

さぁここからは私たちの仕事。

この荒茶を仕上げ加工します。

 

まちこに携わった方々の思いのバトンを

皆さんにつなげるよう、頑張ります。爆  笑

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

JR静岡駅北口のロータリー地下にある

静岡茶のアンテナショップ「喫茶一茶」です。

 

 

 

こちらでも、幸せのお茶「まちこ」を販売中。

 

 

一茶では、ここでしか買えない「喫茶一茶オリジナルパッケージ」で販売しております。

 

 

 

ほのかに桜葉の香りがするまちこ桜

 

 

桜が満開を迎えようとしている今、美味しいお茶を、

桜の見える最高のシチュエーションで味わうのも、楽しみ方のひとつではないでしょうか。

 

 

是非、自分へのご褒美に。

 

そして、贈り物に。

まちこさんという知り合いの方にプレゼントする方も結構いらっしゃいます。 

 

 

 

 

 

 

一昨日まで静岡では市内で「静岡まつり」が開催され、

多くの方々で盛り上がりました。

 

 

 

喫茶一茶にも県内外からたくさんのお客様がご来店くださったようで、

「まちこの在庫がなくなりそうです!」との連絡が。

 

 

 

急いで、商品補充へ。 走。

 

 

 

 

商品の補充でお店に伺うと、まちこを手に取った海外からのお客様がいらっしゃいました。

 

 

お話を聞いてみると、オーストラリアからのお客様で、

静岡まつりを見に来られたそうです。

(※了解を得て、掲載させていただいております。)

 

これから日本各地を巡るそうなので、もし機会があれば

桜の見えるところで「まちこ」を楽しんでいただけると、

より日本を感じていただけると思います。

 

 

旅を満喫していってくださいね。ウインク

have a nice trip!

 

 

 

 

海外でも、このブログをご覧いただいている方々がいらっしゃるそうなので、

ここで「まちこ」を少~し、英語でご紹介させていただきます。

 

Machiko

The cherry leaf fragrance of Machiko green tea elicits a smile with every sip.

For this reason, it is called "Shiawase-no-Ocha," or "the green tea of joy."

It gets its name from a woman named Machiko who helps to pick the tea leaves.   

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

清水のブランド茶 「まちこ」です。

 

品種名は静7132といいます。

清水区内では30軒の茶農家がまちこの研究会を組織し、産地化を進めています。

 

 

まちこという名前の由来は、静7132というロボットみたいな名前ではかわいそうと、

地元清水のお茶摘みさんが、「私の名前をあげる」と自身の名前を付けてあげたのが

始まりです。

 

 

現在では清水の名物のひとつ。

日本だけではなく、イタリアやドイツでもファンの多いお茶です。

 

 

 

 

 

まちこの個性はなんといっても鼻腔に広がる桜葉の香り。桜

 

 

 

私も工場でまちこを製茶をしていると、この香りに癒されます。

 

 

この成分は「クマリン」と呼ばれ、桜の葉のほか、明日葉にも含まれています。

ストレス解消やリラックスにも繋がる香りなのだとか。

香りだけが独り歩きしそうですが、お茶との旨みも兼ね備えています。

 

 

 

毎年この時期には受験を控えた親御さんに「サクラサク」の意味を込めて

贈られる方々はたくさんいらっしゃるのですが、今週は特に

「まちこ」に多くのお問い合わせがあります。

 

 

桜の開花宣言が出たせいなのか…な?

 

 

 

 

まちこは通年で販売しておりますが、桜の花を眺めながらなど、

この時期ならではの楽しみ方もアリだと思います。ニヤリ

 

 

 

 

お花見の時には携帯型急須のティーポットボトルが便利です。

是非、桜の木の下で「まちこ」を愉しんでいただきたいと思います。

 

 

ティーポットボトルでのお茶の作り方はこちらから → 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
JR静岡駅北口ロータリー地下にある喫茶一茶では、

11月19日(木)~24日(火)まで、呈茶メニューでまちこが楽しめます。


喫茶一茶は、静岡茶商工業共同組合のアンテナショップで、日本専門カフェも併設されています。


店員さんが急須で丁寧に淹れた静岡茶を味わえるので、

静岡を訪れる観光客の皆さんにも好評で、多くの方々にご利用いただいております。富士山






期間限定で味わえる、まちこと地元のお菓子のセット「一茶セット」は¥500。



ほのかに桜葉が香るこのお茶は、旨みと香りのバランスがとれた美味しい一杯です。


日本茶カフェで、まちこが味わえる所はなかなかないと思いますので、

この機会にいかがでしょうか?べーっだ!





喫茶一茶では、参画するお茶屋さん約50店のお茶がすべて500円均一で販売されています。



お手頃価格で本格的なお茶が購入できるので、飲み比べるのも面白いですよ~。べーっだ!








もちろんまちこも販売しております。



是非この機会に、まちこを味わっていただきたいと思います。












清水が誇る名物茶まちこ



このお茶は、まちこを愛する多くの人の手で育み、製茶し、皆様のお手元に届きます。



一昨年、茶畑から湯のみまで、まちこを追いかけたブログがありますので、

お時間がありましたら、下記のURLからご覧いただけるとうれしく思います。




まちこに携わる者たちの熱意が伝わるとうれしいな~ にひひ






まちこができるまで~

茶畑編 http://ameblo.jp/mixcha/entry-11839558545.html





荒茶工場編 http://ameblo.jp/mixcha/entry-11839603662.html






仕上げ工場編 http://ameblo.jp/mixcha/entry-11841195553.html
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。