• 10 Dec
    • 体調メモ

      今日から2日月に一度のレメディを摂ります。今月から一つ高いポテンシーです。とってもだるい1日です。だるさの感じは低血糖、低血圧、低体温の三つが重なってた頃の感じです。夕食を作っていて味見をした時に舌の右側の奥の付け根あたりを噛みました。(滅多にそんなとこ噛みませんよね)食後、舌の右側だけがボコボコした感じに腫れてます。そして喉が猛烈に痛いです。声が少しかすれています。風邪ひく前兆のような感じです。少し悪寒がするような感じなので体温計ってみました。35.8℃なので、最近では高い方ですね。他には足先が久しぶりに痛いくらい冷えて温まりません。午後から雨になり低気圧がやってきている影響があるかもしれません。また朝からトイレ掃除で疲れたせいもあるかもしれません。でも、レメディによる好転反応であってほしいなと期待してます。どうでしょうねえ

      6
      テーマ:
  • 08 Dec
    • お風呂で爆睡注意

      昨日のことお風呂で眠ってしまうのは失神しているのかも?という記事を読み冷や汗が出ました。というのも今の家に越してから減ったものの前の家ではしょっちゅうお風呂で爆睡してたのです。お湯少なめで湯船に入ることが多かったのですが鼻先がお湯に浸かって、ハッとして目覚めるなんてことはよくあることでした。お風呂で失神のメカニズムはこういうことらしいです。 寒い脱衣所で血圧が上昇 湯船に入る 温かいお湯で血管が拡張 血管が拡張すると急激に血圧が下がる 血圧の急激な下降で、脳の血流が下がる 脳に十分な酸素が届かない ボーとして気持ちよくなる(意識障害) そのまま意識を失う お湯が冷めたら血圧が上昇し、脳への血流も復活 意識を取り戻す入浴中は、気持ちいいと思っている間に、あっという間に意識を失ってしまいます。脳の血圧は、100以下になると血流が届かなくなり、意識障害を起こす可能性が高くなるのです。・・・と。お風呂でこのような理由で溺死する人は外多いらしいのです。旦那さんが前からちょくちょく私がお風呂に入っている最中「寝てない?」と声をかけに来てくれてたのはお風呂の方から物音どころか人の気配のようなものが消えてしまうことがあり心配だったからなのだそうで・・・本人は眠ってるだけのつもりだったけど失神して意識なくしてたんですね・・・私それも、かなりの頻度で。多いときは連日のようにでしたから。半身浴を主にしていてお湯少なめだったから溺れなかったのですね。お風呂上がりがしんどくてたまらなかったのはそんなことだったわけですね。( ̄_ ̄ i)

      11
      テーマ:
  • 30 Nov
    • 芳香柔軟剤・消臭剤で体調不良に

      11月30日付日刊ゲンダイデジタルにも化学物質過敏症関連の記事が出てましたのでここに転載します。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171130-00000018-nkgendai-hlth芳香柔軟剤・消臭剤で体調不良に それは化学物質過敏症だったいま、人が最も気にするのはニオイだという。「くさい」と言われるのは大きな恥辱で、若い女性だけでなく思春期の男子でさえ、ニオイには気を使う。そのため芳香柔軟剤や制汗剤、消臭剤などが大人気だが、それが新たな「化学物質過敏症」(CS)を招いているという。北里大学名誉教授でCS治療専門クリニック「そよ風クリニック」(東京・杉並)の宮田幹夫院長に聞いた。「CS治療を希望する患者さんは2カ月待ち。それほどこの病気に悩む人は多いのです」 2000年までは建材に含まれるホルムアルデヒドやトルエンなどで引き起こされるシックハウス症候群がマスコミをにぎわせたが、建築基準法改正で沈静化した。その一方で、最近急増しているのが「臭害」対策によるCSだ。NPO法人・日本消費者連盟が7~8月に2日間限定開設した「香害110番」にも200件を超える訴えが寄せられた。「私の患者さんの中にも柔軟剤や香水などの香料が原因のCSは大勢います。60代のある女性は、隣にコインランドリーができて、乾燥機からの排気に含まれる柔軟剤の化学物質でCSを発症、頭痛や記憶障害などの症状に悩まされています」■建材、農薬に続く第3のリスク CSとは、化学物質を取り込むことで喉や鼻の不調、頭痛やアレルギーの悪化、記憶力の低下などさまざまな症状を起こす病気のこと。個々人の化学物質の許容量を超えると発症する。診断・治療のできる専門医が少ないことから、「気のせい」と片付けられるケースも多い。 この病気が厄介なのは、原因となる化学物質の種類が膨大で、特定するのが困難なこと。一説には地球上には1億種類以上の化学物質があり、2・6秒に1つずつ増えているといわれている。「しかも、いったん過敏症を獲得すると、その後さまざまな物質にも強い反応が出るようになる。化学物質以外の自然の物質にまで反応して外出すらできなくなるという人もいるのです」 CS患者の多くがアレルギーを持っていることから同一視されがちだが、まったく違う。アレルギーは体内に侵入した異物に反応する免疫反応で、血液の抗体検査でわかる。しかし、CSは神経反応であり、脳が過敏に反応することで起こる全身症状だ。「機能性MRIや近赤外線トポグラフィーなどで調べると、CSの患者さんが化学物質に接すると、脳の血流に変化が生じることが確認されています」 CSの原因となる化学物質が体内に入る経路は呼吸が80%以上、食べ物や水など口からが十数%。皮膚からも侵入する。「成人が1日に摂取する食べ物は1キログラム、水は2リットル程度。ところが、空気は15~20リットルもある。そのうえ、化学物質を食べ物と一緒に取れば肝臓である程度の解毒が可能ですが、化学物質を鼻や口から吸うと、肺から直接血液に取り込まれるので毒性が強くなります」 しかも、芳香柔軟剤や消臭剤などはニオイと直接結びつくだけに脳への刺激が強く、記憶障害などを受けやすい可能性がある。「もともと、記憶はニオイと強いつながりがある。たとえば、ワインを飲みながらサッカーの試合を見たとします。頭の中では『スタジアムの歓声』『ユニホームの色』などとともに、その場の『ニオイ』が記憶として脳に刷り込まれます。そうした個々の記憶を互いに関連づけることで、ひとつの出来事を覚えるのです」 逆に言えば、CSの人は記憶したときと同じニオイをかぐと記憶が蘇り、過敏症の症状が出やすい。「合成洗剤は石鹸に、衣類や寝具はできるだけ天然のものに替えて、体内に取り込まれる化学物質の量を減らします。米、野菜、お茶はできれば無農薬のものを選び、ビタミンやミネラルを多めに取るなどして、食事で化学物質を排出しやすい体質に変えましょう。同時に、化学物質を感じても別の楽しいことを考えるなどして、CSの記憶に結びつかないようにすることも重要です」 化学物質は他にアスペルガー症候群、学習障害、注意欠陥多動性障害(ADHD)を含む発達障害や、不妊症、尿道下裂などの先天的な男性生殖器の異常とも深い関わりが疑われている。 人がにおうのは当然のこと。それを消すためにお金をかけ、健康まで損ねるとしたら、バカバカしいことではないか。転載ここまで・・・もっともっと化学物質過敏症について知っていただき日用品に使われる化学物質の毒性についてより多くの人に関心を持っていただけたらと思います。そして、新たな発症者がなくなるよう特に小さな子供達!!願いを込めて。

      11
      1
      テーマ:
  • 27 Nov
    • やっぱり無添加が良いです

      どうしてもチーズっぽいものを食べたくて探していたらイギリスから輸入されてるヴィーガンチーズを見つけました。「2個買うと今なら送料無料」の宣伝文句につられて後先考えず買ってひとかけらを試食・・まずまず大丈夫そうだったので翌日本格的に一枚丸々を食べたらーーーーーゲリゲリピーピーになって舌は腫れて口内炎はできるし・・・原因は増粘剤のデキストリンこれ一個くらいの添加物は大丈夫って思ったんだけれどダメでした。CSの体のセンサーは気の持ちようでどうにかなるわけないですねー。やっぱりねー無添加じゃなっきゃダメですよねー。ですよねーということで本物のチーズの方がまだ反応が緩やかだったことに多少なりともショックを受けております。そんなヴィーガンチーズのダメージからようやく立ち直ってきた本日小春日和でございました。味は本当のチーズっぽくて遜色なく美味しかった。パンにのせてトーストするととろり溶ける。これで待望のピザが食べられるぞってワクワクしてたんだけどなあ、残念。旦那が残り全部を食べてくれるそうです。 Sheese(シーズ) 植物性ヴィーガンチーズ 【マイルドチェダー】とろけるタイプ|ビーガンチ... 1,687円 楽天

      23
      テーマ:
  • 25 Nov
    • 「いのちのとりで」緊急署名

      いのちのとりで裁判全国アクションではただいま生活保護制度の充実を求める緊急署名を募っています。署名はこちらからhttp://inochinotoride.org/whatsnew/171019shomei.php化学物質過敏症を発症して働くことができなくなり収入が途絶えてしまう人がいます。その方々のことを思うとき生活保護制度は今以上の充実を求めざるを得ません。私も積極的に署名を集めていこうと思っています。ご賛同いただける方、ぜひご署名を!!

      19
      テーマ:
  • 23 Nov
    • バスマグ水素風呂

      患者さんとベビーマグちゃんでのお洗濯の話をしていて水素ができるんだったら水素風呂にもなるんじゃないの?って気がついて調べて見たらすでにバスマグってお風呂専用のマグちゃんも正式に発売されてました!でもお高い!ということで、ベビーマグで試してみました。今日で4日目肌や体への影響については今ひとつよくわからないのですが浴槽はアカがつきにくくなったなというのは、はっきりわかります。旦那の長く患っている皮膚炎が改善したら効果が一番目に見えそうです。今のところは悪くはないが、すごく良いというのでもない微妙なところです。経過観察中効果が見えたら、ご報告です。水素発生装置を買うとずいぶんお高いからそう思うとバスマグはそんなに高くないのかな???*CS患者さんの中には、水素が合わないかたもいらっしゃるかもしれません。 試される場合には、自己責任でお願い致します。 洗たくベビーマグちゃん ピンク【宮本製作所】【いつでもポイント10倍】 2,592円 楽天 【送料無料】マグネシウムde水素浴 バスマグ(150g×2個)【宮本製作所】【いつでもポイント... 12,800円 楽天

      7
      テーマ:
  • 21 Nov
    • 体調日記

      先月末ごろからずっと口の中の状態がよろしくないです。常に舌が腫れぼったくて、ピリピリしています。日によっては赤くなってギザギザになったりもしています。頰の内側もなんだかぽってり腫れぼったいです。喉が痛い日もあります。そんな日は食道もイガイガしていて胃から直腸までが腫れているような感覚があります。喉のいがらっぽさから空咳のような咳が止まらなくなる日もあります。1日のうちでも激しくなったり軽くなったりする頭痛が頻繁にあります。首のリンパも張って痛いです。どの症状も耐えられないほどというほどではないので特に対症療法はやらないできましたが私にあったレメディーの6cや30cを飲んでみました。数時間は楽になるのですがまたぶり返してしまいます。もう少し飲んで様子見てみようと思います。ただ、食欲は旺盛です。体重増えました。激痩せから3kg戻しました。・・・単なる食べ過ぎだったりして・・・てへっ

      8
      テーマ:
  • 20 Nov
    • パン祭りに行きそびれて

      昨日は一年に一回のパン祭りのイベントがあったのにすっかり忘れていて気づいたのは夜になってから近隣の県からも天然酵母やオーガニックのパン屋さんがきてのイベント去年初めていった時に人気のすごさに圧倒されました。だって、一人3個までの制限付きでこんな田舎では考えられないほどの長蛇の行列吹きっさらしの屋外だから耐えていられるけど屋内だったら絶対無理な感じの混雑今年は、パンだけじゃなく有機や自然農法のお野菜の出店もあると聞いてたからなおのこと、行きそびれてしまったのが残念でならないますます濃厚柔軟剤香料の使用者が増え続けている今行ってもダメージを受けるだけだったかもしれないねチラシに掲載されているパン屋さんをネットで探して通販したほうが賢明なのかもしれないね

      7
      テーマ:
  • 18 Nov
    • 東洋経済オンライン記事「香害」

      「香害」という言葉が徐々に知られるようになってきました。実際に声をあげてみると、化学物質過敏症や呼吸器疾患ではない方の中にも、近頃の強い香料に不快感を持っていらっしゃる方も多いと気がつきます。香りによる体調不良が嗜好の問題ではなく、健康被害であることが、もっと知られるようになって欲しいですね。今後は、香料に含まれる毒性成分にも焦点が当てられ、議論されるようになって欲しいと思います。以下、東洋経済オンラインの記事転載です。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171118-00197898-toyo-bus_all&p=12017年11月18日香りに害と書いて「香害(こうがい)」――。今、香水などの香料による体調不良を訴える人が増えている 中でも、やり玉に挙げられているのが、衣類の柔軟剤だ。さわやかな香りがする一方で、頭痛やめまい、吐き気などに悩まされるケースが出ている。NPO法人・日本消費者連盟(日消連)が今夏に2日間限定で開設した「香害110番」には多くの“通報”が相次いだ。■洗濯物の香りの相談が最多 「家の窓を開けると、隣の家に干している衣服から柔軟剤のにおいがして、頭痛が長時間続いた」「電車やエレベーターに乗ると、隣の人の衣服から柔軟剤のにおいがしてせきが止まらなくなった」 日消連にはこうした相談が213件寄せられた。その中で最も多かったのが、近隣の洗濯物の香りについてだった。日消連で香害問題に取り組む杉浦陽子氏は「今回寄せられた相談は氷山の一角にすぎない。化学物質による被害は誰にでも起こりうる」と警鐘を鳴らす。 柔軟剤は洗濯後の繊維を柔らかく保つ仕上げ剤。もともとは微香タイプが多かったが、2000年代半ばに海外製の香り付き柔軟剤が発売されると瞬く間に人気商品となった。これをきっかけに日本のメーカーも相次いで同様の商品を投入した。 その一方で、前述のような頭痛やめまいを訴える声が聞こえ始めた。2013年に独立行政法人の国民生活センターが柔軟剤に関する相談内容を公表したところ、同様の相談が増えていった。同年にはセンターに331件の相談があり、それ以降の相談件数も毎年100件超で推移している。 このような状況に柔軟剤メーカーはどう対応していくのか。 現在、各メーカーはテレビCMで「香りの感じ方には個人差があります。周囲の方にもご配慮のうえ、お使いください」といった文言を表示。ホームページには製品の香りの強さを表記するなどの対策を講じてきた。それでも国民生活センターや日消連に体調不良を訴える相談は後を絶たない。■消費者庁との話し合いも実施 ある柔軟剤の大手メーカーは「一企業として対応するのではなく、日本石鹸洗剤工業会(日用品メーカーなどで構成されている業界団体)で何らかの方針が出されたら、それに従うだけ」と素っ気ない反応を示す。 8月末には日消連など複数の団体と消費者庁との間で香害対策についての話し合いが行われた。日消連はそれ以降も要請を続けているが、現時点で具体的な対策案は提示されていない。香害対策について消費者庁は「議論は継続しているが、現時点で決まったものはない」と述べるにとどまる。 「今後は消費者庁だけではなく、文部科学省にも訴えていく。香り付き柔軟剤による体調不良を訴える声は、学校からも多く寄せられている。柔軟剤をやめよう、とまでは言えないが、香りに関するエチケットを教育する場が必要だと感じている」(杉浦氏) 需要がある以上、香り付き柔軟剤の商品はこれからも投入されるはず。メーカーや消費者庁による対策と同時に、一人ひとりが「香りのマナー」を意識しなくてはいけない時代に来ているのかもしれない。若泉 もえな :東洋経済 記者

      19
      2
      テーマ:
  • 16 Nov
    • ご連絡

      Yahooメールが不調です。メールを送っていただいても届かなかったりこちらからお送りしても届かなかったりしているようです。もしも、メールを送ってくださっても2〜3日うちに返信がなかった場合には電話、アメーバメッセージなどでお知らせください。

      テーマ:
  • 14 Nov
  • 11 Nov
    • 渡辺一彦医師の論文です。

      様々な方を経由して高知「ゆるゆる仲間」さんから情報をいただきました。渡辺一彦医師が 札幌医師会の『札医通信』2017年9月号の「投稿」欄に投稿した論文だそうです。渡辺医師から転載歓迎とのことです。*******化学物質過敏症(CS)について最近匂いのきつい衣装の女性~時に男性とすれ違うことはありませんか。2012年頃より各地の消費者センターへ、「柔軟仕上げ剤」で頭痛や吐き気が出るという苦情が急増していますが、皆さんの周りではどうでしょうか。私は道新の取材を受け、CSの連載記事の冒頭に載りました(2017.3.22)。関心を持たれている先生もおられると思いますので、この機会にCSについて寄稿します。症例提示最近私の経験した例を紹介します。児童例ですが、元々アトピー性皮膚炎でしたが、明るく元気な園児でした。年長から園内で皮膚の掻痒と咳が出現するようになり、大好きな幼稚園を止む無く退園しました。入学してからも級友とは仲良くしていましたが、学校でも同様の症状が誘発されます。自宅ではほぼ快適に生活できます。また通学路、スーパーの洗剤コーナー、地下鉄の中でも誘発されます。経過から柔軟剤の臭いが誘因とわかりました。学級には他に柔軟剤の臭いで体調不良が出るような子はいません。母親も柔軟剤、化粧品などで頭痛や吐き気、全身倦怠感などが誘発されます。患児は珍しいことに柔軟剤に含まれることのある有毒なイソシアネートの特異的IgE抗体が陽性でした。イソシアネートの影響は不明ですが、少なくとも暴露を受けていたという実証です。学校側では「柔軟剤で健康被害がでる児童がいるので自粛に協力を」と呼びかけるポスターなどを掲示し、また換気を徹底していますが、その子にとってまだ十分とはいえないようです。化学物質過敏症の最近の傾向私は90年代後半よりシックハウス症候群(SHS)に取り組んできました。2000年から厚労省の研究班(故飯倉洋治昭和大学小児科教授)の協力研究員を数年務め、「アトピー性皮膚炎など室内環境が関係する疾患への対策研究会・北海道」に参加・運営してきました。そこで新築やリフォームでSHSを発症した症例を検討してきました。その症例の中に、誰もが使う洗剤、化粧品、芳香剤、防虫剤、スプレー剤、家具などの日用品に反応して多彩な症状を起こす例~CSへの進展例~を経験してきました。自宅ばかりではなく学校や園、職場でも発生しました。これらの症例については、先の研究会の「患者宅調査」集にも載せてあります(~希望者には送ります)。SHSは2002年には病名登録されました。SHSを予防するため、2003年に建築基準法が改正され、SHSはその結果急激に激減しました。しかし、その後も私の外来には新築やリフォームに関連のない、先に挙げた身近な日用品などからの揮発物で健康被害を受ける患者が時々受診しました。全国的にも同じ傾向にあり、2009年にはCSも病名登録されました。そして登場した「消臭・香りブーム」です。名前は挙げませんが、きれいな女性タレントや元テニスプレーヤーがTVや新聞で広告している芳香柔軟剤、消臭除菌スプレーなどが家庭に広まりました。学校では制汗スプレーが大流行で、中年男性も「加齢臭」対策に消臭剤使わないと非常識といわれかねない雰囲気です。そのためCSが急増してきました。まさに「香害」です。しかし、「消臭・香りブーム」を煽ったメーカーは、「安全性を確認した製品を製造販売している」として、CSの増加を無視しています。当院でもこの数年ではCS患者が倍増し、全道各地から受診や電話相談があり困惑しています。CSは一過性の軽症例もあるとは思いますが、そうした例は受診しないので実態は不明です。受診する例は重症・難治例が多く、当院では障害年金を受けている患者は15人になりました。一、二年毎の更新ですが、改善した例はほとんどありません。更に休学・退学、別居・離婚、休職・退職・転職など不幸な転帰例は数多です。社会経済的環境の劣化で生活保護を受ける例も増えてきました。医療費ばかりでなく何らかの対策で生活費もかさみます。勤労者に限ってみても、明らかに労災と思えるケースでも認定されたのはわずかで、良くて傷病手当金をもらってお払い箱です。患者にとって理不尽なことであり、だれしもが予想もしていなかった病気です。まさに「新しい公害」と言えるでしょう。これらは社会的な損失であり、CSの予防や治療、支援などに関して、もはや政策的な対応が必要な段階にあると思います。CSの診断についてほとんどの人は臭いがきつくても不快感だけで無症状で、その場を離れれば済みます。しかしCS中には頭痛や眩暈、吐き気などが出たりする人もいます。また長時間吸入することにより、全身倦怠感、脱力感などで寝込んでしまう人もいます。臭いは化学物質ですが、有害性の低いものでも一部の人間には上記の症状を誘発させることがあると認識しないと診断ができません。CSは様々な統計で数%といわれています。決して珍しい病気とは思えません。確かに中高年の女性に多いのですが、男性にもまた学童でも罹患します。周囲には大げさな人、神経質な人、「変人」と嘲られ孤立を深めています。症状そのものは多彩で、受診された患者さんには転院例が多く、自律神経失調症、更年期障害、身体表現性障害、不安神経症、パニック障害、うつ状態などと診断されていることがあります。確かに症状はその通りです。しかしそのような前提の治療の効果はほとんどありません。化学物質と症状の因果関係を検討しなければ見逃します。CSは初期であれば、誘因の回避、除去で症状が軽快し、再暴露で再発することがはっきりしています。周囲の理解があり、協力次第では全く普通の生活が送れます。しかし、誘因の回避が困難であると、症状は多彩になり、重症化し、誘因の物質が拡大し、より低濃度で発症してきます。こうなると鑑別も困難で容易に診断が下せません。しかも病悩期間が長く、重症化すればするほど、先に挙げた精神疾患が続発してきます。中には慢性疲労症候群、線維筋痛症も併発していて、その科の先生と共同で診ている患者もいます。病名登録にはない「電磁波過敏症」すら合併することもあります。無臭症の人でもCSは発症することがあり、単なる嫌な臭い、きつい臭いなど臭いそのもがCSの誘因ではないということが理解できます。また無臭の化学物質でも誘因になります。くどいようですがあくまでCSの誘因は皮膚・粘膜に接触した、また脳内に侵入した化学物質であり、心因性ではありません。診断のためには問診は非常に重要であり、時間がかかります。専門的には眼神経的な検査などもありますが、行える施設は国内でも数か所に限られます。CSの治療と対策薬物療法で化学物質にたいする過敏性を完治した例は私の経験ではありません。有効な治療は誘因物質を回避、排除した適切な環境で生活、労働することですが、その適切な環境を得ることが重症化したケースでは困難なのです。アスファルト臭や車・ストーブの排気で外出も出来ません。中には樹木や草から発生する臭い、ヒトから放散する微量生体ガスにも影響される深刻な例あります。ですからCSの治療・予防のため、社会がその存在を認め、CSのための環境づくりが必要です。CSは環境の「カナリヤ」的存在であり、CSにとって良い環境は、万民にとっても良い環境なのです。受動喫煙の健康被害が認知され、分煙、禁煙が社会的な流れになってきましたが、まさにCSにも同じことが言えると思います。先の香料に関しても被害者がいる以上、製造・販売・使用に何らかの規制が必要です。なおCS患者は受診にも一工夫が必要です。通常の医療機関、介護施設に入れない、また長時間滞在できない例が目立ちます。当院では基本的にまだ患者が来ない朝8時頃に受診させ、しっかり換気した状態で迎えます。院内は抗酸化剤を塗布していますが、それでも院内では吸着剤入りのマスクを着用しなければならない患者がいます。過敏な人では院外で診ることもあります。診る方も大変です。この拙文がCSに関心を寄せるきっかけとなれば幸いです。以上転載終わり******前回アップした朝日新聞の投稿に続き、私たちが周囲の方々に知っていただきたい内容が簡潔に整理されている素晴らしい論文であり、また渡辺医師の強い危機感が迫ってくる内容だと思います。ぜひ多くの人に読んでいただきたいです。

      30
      12
      5
      テーマ:
  • 09 Nov
    • 楠の実の熟す季節

      昨日は午後に再び雨が降ったので人参の種まきには良き日でした。今日は風向きが良くお隣の香料の影響が少ない日だったのに庭に出てると具合が悪くなりました。新しく試してみた活性炭シートマスクが原因かと外してみてもどんどん悪化していって(元気な時に試さないとわからないからね)1時間もすると激しい頭痛になってしまいました。休むために部屋に戻ってしばらくするとすーーっと楽になり外へ出るとまた悪化香料臭は感じないから影響はないのに原因はなんだろうと考えていて思い当たったのが、楠!!11月です。果実が熟す頃らしくこの時期は樟脳のような独特な匂いが強まります。そういえば、このにおいは。。。!!と。嗅覚過敏が和らいでいるのかあまり強く感じなかったので気づくのが遅くなりました。しばらく外の作業は、できるだけ短く!です。お隣の人工香料臭と天然樟脳臭とダブルパンチしかし、厄介なセンサーを抱えた体です。

      9
      テーマ:
  • 08 Nov
    • 人参の種まき

      yahoo天気予報の雨雲レーダーを確認して洗濯物を干したものの今にも降り出しそうでハラハラするような曇り空それでも少しでも風が吹けば室内干しよりは乾きやすい・・はず。今日はお隣さんはお洗濯をせずにお出かけか?それとも室内干しか?柔軟剤香料爆攻撃がなく快適な庭の空気なので人参の種まきをしました。ほんとは雨の前の日つまり昨日に撒いておきたかった。天気予報では曇りのち晴れだったからねえ。直感に従っておけばよかったのに。なぜかしら昨日は種まきしたくてたまらなかった。でも遅くはないですよね。ついでに、ホウレンソウも追加葉物はサラダミックス以外では初めての挑戦!私の育てる野菜は肥料をあげないので収量は極めて少ないです。失敗ばかりですが失敗も重ねるうちコツみたいなのがわかってくるのかまたは、土や自分との相性の良い野菜が見つかってくるのかだんだんと実ることが多くなってきて家庭菜園の楽しさがわかってきつつあります。ついでにお友達から分けてもらった赤えんどう豆のタネを蒔くための畝を作りました。畝作りも上達してきました。石灰を撒いておかなくちゃ自分で育てた赤えんどう豆でみつ豆作ってみたかったのです

      9
      テーマ:
  • 07 Nov
    • 社民党の市議会議員さんと

      5日社民党の市議会議員さんとお会いできました。病気のことを知っていただきたいと会の活動の資料など添えてお手紙を書きましたらお返事があってわざわざ自宅まで訪ねて来てくださいました。(偏見かもしれませんが自民党議員さんには これほど誠実な方は少ないと思っている私です)陳情というのか・・・香料を控えるためのポスター作りをして欲しいとか被災時の対応について配慮をお願いしたいこととかざっくばらんにお話をしました。議員さんご自身が(年齢は30代後半)最近になってADHDと診断されたばかりということもあって熱心に耳を傾けてくださいました。お互いゆっくり進んでいきましょう。どの問題も喫緊のことではありませんから少しずつお願いしますと話を終えました。整髪料も柔軟剤も香料は普段からお使いにならないとのことでなんていうんでしょう。。。今から比べればうんと控えめだったと懐かしい合成洗剤の匂いがしました。これでも、辛かったし十分辛いのになんて世の中になってしまったんだろ・・・と香害はびこる今のこと急に下し始めたお腹をさすりながら思いました。

      19
      テーマ:
  • 05 Nov
    • 布製品

      昨日は一日中冷たい風が吹き荒れどうも木枯らし一号だったようです。今朝はこの秋1番の冷え込みです。いやいや、冬の到来ですねー。寝具も一揃い冬用のを出しました。オーガニックコットンの綿毛布の起毛がなくなって薄くなったお古を収納場所に困るから捨てようとしていましたが結局捨てられずなんか別物に再利用できないかと今考えております。色々断捨離してきましたが私の場合布製品は、なかなか捨てられない物です。愛着というより洋服を含めてストレスなく着たり使ったりできるまでにどれも苦労するので擦り切れるくらいに痛んでしまっても何かあった時に。。。とついね、手元に残してたくなる。洋服だって、もうクタクタを通り越して虫食いがあっても繕ってほつれがあったら縫い直して生地が薄くなるまで着るようになったものね。なんてエコな生活!!にしても綿毛布、ラグみたいして使えるようになるかな?やってみよう

      16
      テーマ:
  • 03 Nov
    • ゴーヤの片づけ

      今日は寒さが緩んで気持ちの良い午後になりました。去年もそうだったけれど夏の暑さが過ぎる頃になって絶好調になる我が家のゴーヤのグリーンカーテン寒々しいのに10月中もいっぱい実をつけて育つので今日まで残してありました。ようやく取り外しました。11月ですもんね。小さめの実を10個収穫し夕飯にチャンプルー硬くて苦いかと思ったら全然大丈夫で美味しくいただきました。:::::右半身が少々調子が悪いです。右の下の歯茎にヘルペスができていて舌も右側だけ腫れています。右のふくらはぎの外側から足の小指にかけてピリピリとした痛みがあります。お隣さんの芳香剤か柔軟剤が原因かしらお隣さんは毎月月初めに芳香剤を新しくします。だから第1週目は濃厚すぎて毎月辛いです。香りの種類によっては気管が焼けるような痛みが出たり咳が止まらなくなったりします。

      11
      テーマ:
  • 02 Nov
    • 香料による被害 国は早急に調査・規制して 渡辺一彦

      11月2日付 朝日新聞に札幌の小児科医 渡辺一彦先生の記事が掲載されました。化粧品や洗剤などに含まれる「香料」で化学物質過敏症を発症する人が増えていることを指摘し国や自治体に調査と対策を要望しています。以下転載します・・・・ 柔軟剤や化粧品などに含まれる香料で化学物質過敏症(CS)になる例が急増している。当院の外来でも患者が目立ってきた。 学校で頑固な頭痛や目まい、皮膚炎、ぜんそくなどがおきたという子どもが来る。他人の衣服に付着した柔軟剤の残り香や消臭・除菌スプレー剤が原因である。学校側は個人の匂いの好みには介入できないとして、自粛の協力を呼びかけるしかない。換気の効果は季節や天候により限定的。通学できなくなり、早退、休学する例もある。休み中は症状が消えるが、学期が始まると再発に苦しむ。退学に至る子どももいる。 職場でも不幸な例は増えている。同僚や上司に訴えても解決されず、休職や退職、転職に至る。 CSの病名登録は2009年と最近だ。その後、12年に症例が急増した。「消臭・香りブーム」である。合成洗剤、化粧品、芳香剤、防虫剤、スプレー剤、たばこ、家具など身近な日用品が、香りはますます刺激的、効果は長持ちといううたい文句で広がった。 患者以外には深刻さが想像しにくい。家庭でも親子や夫婦が理解しあえず別居・離婚を余儀なくされる例がある。店舗や交通機関、医療機関も利用できなくなることがあり、生活環境は制限され、周囲には大げさとあざけられ交友関係にもひびが入り孤独になる。患者にとって全く理不尽なこと。まさに新しい公害、「香害」と言える。社会にとっても大きな損失であり、CSの予防や治療、支援などに関して、もはや政策的な対応が必要な段階にあると思う。 似た症状に1990年代に増加したシックハウス症候群があるが、2003年に建築基準法が改正され、業界の努力もあって激減した。他にも「加水分解コムギ末を含むせっけんによるアレルギー」「美白化粧品による白斑」などの化粧品による健康被害は、明らかになると対策が取られてきた。しかし、「消臭・香りブーム」をあおったメーカーは「安全性を確認した製品を製造販売している」という立場で、このままでは香り付け商品開発競争が続く。 厚生労働省は健康被害調査を早急に実施したうえで、製造・販売・使用に関して適切な規制・指導をするべきだ。特に、柔軟剤での使用が報道で指摘されたイソシアネートは、毒性が極めて高い。欧米では環境基準も厳しく設定されている。情報公開させ、厳しく規制すべきである。 国だけではない。まれに「香料自粛」の呼びかけのポスターを掲示する自治体や公共施設もあるが、たばこの分煙、禁煙と同様の啓発が社会的に求められる。これ以上CS患者を増やしてはならない。 (わたなべかずひこ 小児科医)・・・・転載終わり誰でも発症するリスクがあります。一度化学物質過敏症を発症すると、生活は困難を極めます。容易には快復しません。他人事と思わず、日頃から香料を控えてください。

      43
      3
      テーマ:
  • 01 Nov
    • テレビ番組

      霜月に入るとともに毎朝ウォーキングで家の前を通り過ぎるおばさまたちの上着がダウンジャケットになりました。我が家は毛布と湯たんぽ出しました。週末の無謀がたたって右側の歯茎にヘルペスができたり少し動いただけで息切れするほど疲れやすかったり影響はまだまだ続いています。昨日はザ・世界仰天ニュースという番組でアメリカの化学物質過敏症の患者さんが紹介されたそうですね。放送直前に知らせがあって間に合わなくて見られませんでした。残念!番組HPこちらhttp://www.ntv.co.jp/gyoten/backnumber/article/20171031_03.htmlyou tubeにどなたかがアップしてくれています。番組最後の方です。クローズアップ現代については内容とても残念でした。私もNHKに意見を送りました。増え続けている化学物質過敏症を改めて取材し番組作りをお願いしました。:::::それからこの時間に体温が36.3℃あります。ちょっと微熱っぽいだるさがあります。ただいま、ストーブの火入れ式を執り行っております。

      4
      テーマ:
  • 30 Oct
    • イベント疲れ

      金曜日に患者さんお二人と自然食品店内のスペースをお借りしておしゃべり会日頃の悩み相談や対策グッズの情報交換で話は盛り上がりました。女三人集まるとかしましいですね!!これは関西〜西日本にお住いの40歳以上の方でないとわからないフレーズかな(笑私も久々ストレス発散できて楽しかった!だって、あれも臭いこれも臭いって話それでこんなに辛かったって話家族にも健康な方にもしてみたところで共感を持って理解してもらえないですもんそして翌々日の日曜日は地元のクラフト市場というイベントを覗きに行きました。田舎暮らしの夢を叶えるべく移住されてきた人の出店があり自然農をされてる方も参加されるので物を買うというよりは出会いを求めて足を運びます。いつもは会場が海のそばの風がよく通る屋外なのですが台風の影響で、今年は建物の中でした。建物の中への突入は随分とためらわれましたが10年続いたこのクラフト市場は今年が最終回となるとのこと。気合を入れて挑みました。今年もマクロビのお弁当と色々な情報をゲットできて目的は叶いました。でもハードすぎました。場内には40分ほどしかいなかったのですけど帽子をかぶっていたのに髪の毛についた一般の方々の香料が強力に付着して洗っても洗っても取れなくて大変でした。本日は精神不安定で体は鉛のように重たく舌先がピリピリ痛むし絶不調ただいま、飲む点滴「玄米甘酒」飲んでまーす。

      9
      テーマ:

月別

一覧を見る

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。