筍ご飯

無類の筍好きの母のために

従兄と旦那と三人で裏山の竹林へ行ってきました。

30分ほどで6本

いつもはもっとたくさん掘って帰るのですが

今年は私一人でアク抜きして茹でないといけないので

大鍋2回で済むよう6本のとどめてもらって

また数日後行くことにしてもらいました。


筍ご飯を炊きました。

私は、出汁を利かして薄味で

具も控えめで仕上げるのが好きですが

母の作る筍ご飯はご飯より筍が多いくらいの具沢山で

お菜のように濃い味付けです。

その中間の出来上がりを目指しました。

 

母は若干物足りなかったようですが

初物を喜んでくれました。

 

母は鎮痛剤を

一日1錠くらいで済ませられるくらいになってきましたが

ほぼ一日中布団に横になった状態です。

病院だとリハビリで歩かされるだろうし

歩いた方が回復が早いと思うので

外を少し散歩しない?と誘うのですが・・・・

町内の人に病気のことを話していないので

弱っている姿を見られたくないのかもしれないですね。

 

田舎の広い家だからトイレまで距離があり

下剤を飲んだ日などはその往復だけで

結構な距離を歩いているから、いいかな?と

もう高齢だし好きなように過ごして欲しいなと

思うことにしました。

まだ傷口を押さえてかばうようにしながら

ゆっくりでないと歩けない状態だものね。

 

抜糸が終わって痛みが取れたら

きっと、今度は「もう少しゆっくりしたら?」

って私がなだめるくらい

マイペース全開でご馳走作りに

勤しむようになるでしょうから・・ね。

 

ガンは保険の契約書にもある通り生活習慣病なのです。

だから再発を防ぐには

発症するまでの生活を全て見直して

特に食生活は根本から変えるくらいの

意識改革が必要なのだと私は思っています。

だからマクロビを意識したご飯に

転換させようと目論んでるんですけど

どうなりますか・・・(笑)

AD