患者さんと医療の架け橋へ~マリーシアガーデンクリニック☆アンチエイジング日記









前回から続く

http://ameblo.jp/miwakowatanabe/entry-1019951972


二日目のメインイベントはいよいよ

台湾での医療に触れる会です。

台湾大学医学部教授の楊先生、官先生、

そして日本抗加齢医学会や日本人間ドック学会などに

所属されマリーシアにも見学にいらしたことのある劉先生と

お目にかかる機会を得ました。

劉先生は自費診療クリニックを開業しておられます聴診器

アンチエイジングとしては、強力なデトックス作用を持つ

キレーション(点滴点滴)が人気のようです。


台北市内を移動していると医療機関の看板がとても目につきます。

台湾の医療制度は日本と似ていて国民皆保険です。


そしてさすが、世界の中でも屈指のPC機器産業を抱える台湾パソ

国民全員が持つ保険証は、ICチップを組み込んだ顔写真入りで、

患者さんのそれまでの診断名や検査結果などの

医療情報が組み込まれているということですカードキラキラ


病院の機能や紹介の有無などで、

患者さんが窓口で支払う自己負担率が調整されていたり、

一部には医療の質をコストに反映する仕組みがあるようで、

日本より機能分化が進んでいるという印象を受けました。


ただ、日本と同様でフリーアクセス(患者さんが自由に医療機関を選べる)

なので外来は非常に混雑しており、出来高制で検査などが多くなりがち、など

日本と同じような問題も聞かれました。


・・・・難しいお話ばかりをしていた訳ではないのですよ。

絶品のお食事で、尚話がはずみ・・・・・

美味しい話題は プライベートブログでご紹介してゆきます↓☆↓☆



患者さんと医療の架け橋へ~マリーシアガーデンクリニック☆アンチエイジング日記











http://miwaco11mgc.blog39.fc2.com/


www.mareesia-gcl.jp/










AD

コメント(1)