患者さんと医療の架け橋へ ~マリーシアガーデンクリニック☆アンチエイジング日記


「統合医療によるチーム医療を推進」という内容で

副院長の小川ドクターが週刊朝日の取材を受けましたマイク

http://www.jmnn.jp/iryo/archives/ent/20090818000002.html#more


小川ドクターは長く救急病棟ERに勤務

(あのJR福知山線事故の際にも

ドクターヘリで現場の治療にあたっていました病院

熱血救急専門医ですが、穏やかな優しい性格で

患者さんやご家族にも大人気ですにこ

(小川ドクターを嫌いな人って、いないんじゃないかしら??


長年、死と隣り合わせの現場で培った生命に対する

熱い思いと、

全身管理に関わってきた技術とで、

今はがんの患者さんの治療にも情熱を注いでいます腕。


3分診療の、患者さんであふれる保険診療外来では解決できない

がんに関する繊細な問題や、患者さんの不安に対して

どのようなクリニック機能を整えれば

患者さんのためのよりよい医療につなげられるのか、

チームで推進する統合医療について

記者さんからも鋭い質問を受けました。


今ある保険診療制度を破綻させずに守るためにも、

今までの医療の形にとらわれない、

安心でバリアフリーな、

新しい医療の形を皆さんに知っていただきたいと考えています。



小川ドクターの思い↓キラキラ青

http://www.mareesia-gcl.jp/oncogene/about/doctor/pg68.html


・・・・私も↓

http://www.mareesia-gcl.jp/oncogene/about/pg105.html


www.mareesia-gcl.jp


プライベートブログはコチラ↓

http://miwaco11mgc.blog39.fc2.com/




AD

よりよく生きるということ

テーマ:

患者さんと医療の架け橋へ ~マリーシアガーデンクリニック☆アンチエイジング日記


マリーシアがん遺伝子治療センターで治療を受けられた

古谷忍さんのご主人様とお姉さまが

マリーシアを訪問して下さいました。


古谷さんはご主人様との結婚も間もない

33歳のお若さで直腸癌を発症され、

大学病院からマリーシアにご紹介を頂いた時点では

体力も衰弱して、抗がん剤の治療も難しい状態でした。

がん難民コーディネーターの藤野邦夫さんのお勧めもあって

遺伝子治療に望みをかけたいとマリーシアにおいでになられました。

いろいろな状況が難しく、私たちも苦渋しましたが

入院先大学病院の担当医の協力が得られたこと、

そして何より、ご本人様やご家族の遺伝子治療を受けたいという

強いご希望とご覚悟に接し、私たちも全スタッフ待機体制で

古谷さんの治療に関わらせていただくことになったのです。


綿密な計画の下で進められた治療により、

最初はぐったりとお苦しそうだった古谷さんに

笑顔が見られるようになりました。

その笑顔がご家族をほっとさせているのが

手に取るようにわかります。私たちスタッフも最も

癒される瞬間です。

そして、体調がよさそうな時を見計らって、

遺伝子治療の点滴中にセラピストがアロママッサージを

プレゼントしてさしあげました。

繰り返す嘔吐で苦しい時は、アロマの香りさえ受け付けませんから、

気持ちよく受けていただけること自体が私たちにとっても

大きな喜びです。

これからは、毎回、アロママッサージをしましょう、

フェイシャルもしてお肌ツルツルになっちゃいましょう、

などと楽しい会話を交わしました。


それでも悲しい時は訪れてしまいました。

大学病院での治療を兼ねた検査の直後から

全身状態が急変し、皆の願いも空しく

古谷さんは天国に旅立たれました。


古谷さんの治療をお引き受けした時から、私たちスタッフも

覚悟し、何度も話し合いをしていたこととは言え、

がん遺伝子治療センターを併設してから初めて迎えた

患者さんとのお別れに、皆大きなショックを受けました。


その様な経過の後で、ご主人様とお姉さまがマリーシアのスタッフに

会いにわざわざご訪問下さったのです。


“遺伝子治療を受けられて、本当によかった”

と言って下さるお二人の言葉に、

そしてマリーシアから帰った後の忍さんがとてもうれしそうで、

看病で疲れ果てているご家族にとっても

マリーシアに通院することが楽しみであったというお話に

スタッフ皆で涙してしまいました。


結婚3年で最愛の奥様とお別れをしなければいけなかった

ご主人様のお気持ちはどのような痛みを抱えていらしたことでしょう。

妹さんの奇跡をつかむことができなかったお姉さまの悲しみは

どれだけ大きなものであったことでしょう。

それでも凛として、事実を受け止め、

“自分達のできる最善の治療に力を尽くした”と笑顔を見せられる

お二人の強さに,

そしてもちろん、弱音を吐くこともなく回復を信じて治療にかけた

忍さんご本人に

「よりよく生きる」ということを

学ばせていただきました。


古谷忍さんという素敵な女性のこと、

ブレない強い意思で、生きることに前向きでいらした

忍さんの治療に関わらせて頂いたことを、私達は

忘れません。



www.mareesia-gcl.jp








AD

患者さんと医療の架け橋へ ~マリーシアガーデンクリニック☆アンチエイジング日記


著書の「聞く作法」

http://ameblo.jp/miwakowatanabe/entry-10154520020.html

のモバイル版ができあがりました。

ソフトバンクのYahoo!のトップページに

モバイルウィジェットとして掲載されていますテレビ電話。


毎日1章ずつ配信されるのだそうですにこ


モバイルウィジェットというのは

ソフトバンクの新しいメニューだそうで、

「聞く作法」を選んでいただいたと幻冬舎の方から報告を

受けた時はとてもうれしく思いましたにへ


ソフトバンクの方はご覧になってみて下さいね。

http://mobile.yahoo.co.jp/pr/widgets/gallery/view.html?galleryid=712


よろしくお願いいたしますアオキラ


プライベートブログはコチラ

http://miwaco11mgc.blog39.fc2.com/



AD

患者さんと医療の架け橋へ ~マリーシアガーデンクリニック☆アンチエイジング日記

(前回から続く)

仲間ドクターの竹内先生

ameblo.jp/miwakowatanabe/entry-10295001043.html

日々の診療に加え、

HIFUやハイパーサーミアといった最先端治療の学術的活動など

非常に多忙でいらっしゃるにも関わらず

ON/OFFの切り替えがとても上手でいらっしゃいます。


がんの患者さんと接する時、特にシビアな病態で

その方の人生をも揺り動かすような局面に立ち向かう時、

私達医師も自分のもてるエネルギー全てを投入して

お話をお伺いしたり、ご相談にのることに集中します。

患者さんの努力や苦しみ、それを支える私達の取り組みが

報われればよいのですが、

現代医学ではどうしようもできない、という壁に

ぶつかる時、多くの医療従事者は疲弊し、

無力感に襲われることになります。


第一線でがん治療に取り組んでいても、精神のバランスを崩して

退く医療従事者も少なくありません。


竹内先生曰く、最初の頃は患者さんのご相談を聞いて

自分も一緒に落ち込んでいた、

でも今は落ち込んでいる患者さんを元気な気持ちにして

お帰しすることができるようになった、

自分が元気でhappyでなければ汗

患者さんを元気にすることなどできない、というお話は

とても印象的でした。

お忙しい合間の休日を使って、いろいろなご趣味に高じていらっしゃる

お話も盛り上がりましたニコ


マリーシアでの診療に取り組むようになって、私も

小さな旅行でもリフレッシュする機会を増やしたり、

楽しいコトを積極的に増やすように

意識するようになりましたお食事 温泉 ラケット drive


日頃真剣に仕事に取り組む仲間達と、

そしてこうして志を同じくする仲間達と

楽しい時間もどんどん共有して

ゆきたいなと思います花花


マリーシアにいらっしゃる患者さんにも

元気な気持ちでお帰りいただく音符

そのためのエネルギー補充は

いつでも万全ですにこ


プライベートブログはコチラ↓

http://miwaco11mgc.blog39.fc2.com/


www.mareesia-gcl.jp






患者さんと医療の架け橋へ ~マリーシアガーデンクリニック☆アンチエイジング日記

がん医療に取り組む先輩ドクターの竹内晃先生が

マリーシアにいらして下さいました。

竹内先生はご自身のルーククリニックhttp://www.luke.co.jp/index.html

で日本で初めて

「全身ハイパーサーミア」という温熱療法を

がん治療に導入された権威です。

学会を立ち上げて学術的な見解を確立し、

ハイパーサーミアは今やがんセンターに導入されたり

一部保険適応にもなっています。


日本の医療はとても保守的なので、

確立されていないものを

医療界で認めてもらい

患者さんが安心して受けられるようになるまでには

(きっと患者さんの治療の役に立つだろうと、

強い信念をもっていても)

本当に大きな苦労を要します。


竹内先生のそのようなパワーには

本当に感銘を受けますアオキラ

志を共にする同志

連携を組みながら、治療法がない

がんの患者さんのために

できることから取り組もう、と

話し合いましたファイト

大変な道のりではあるけれども。

(続く)



プライベートブログはコチラにこ

http://miwaco11mgc.blog39.fc2.com/


www.mareesia-gcl.jp



患者さんと医療の架け橋へ ~マリーシアガーデンクリニック☆アンチエイジング日記


マリーシアへ癌治療に関する医療相談の申し込みをされる方が

東京だけではなく、北海道を始めとする遠方からも

いらっしゃるようになりました。


癌の標準治療

(データーが確立していて、まず最初に優先するべき治療)

は手術、抗がん剤、放射線と大きく三つに

分けられますが、日本では手術に関する信頼度がとても

高いと感じます。

医師から「(すでに癌が進行していて)手術はできません」と

言われると、“もう全て終わり=死”を宣告されたように

打ちひしがれてしまう患者さんも多くおられます。


ですから私がお受けする医療相談は

「手術はできなくても、他にとれる手段はたくさんあります」

というところからお話を始めます。


それだけでパッと明るくなる患者さんやご家族を見ると

告知されて以来、どれだけつらい思いをされていたのかと

胸が痛みます。

パッと明るくなった状態で、希望をもって治療に臨まなければ

治療の最大の効果をひきだすことはできません。


医療関係者からは、

「データの揃っていない治療に対して、期待をもたせるような

コトを言うんじゃない」とお叱りを受けそうですが、

でもデータが揃っている治療だって

不測の事態が起きる事は、いくらでもあります。

逆に、医学的には説明のつかないような病状を経験したり、

治療内容とは直接関係のない、

精神的なことが治療経過に影響することは、

臨床に携った者であれば誰もが知っているはずです。


要は患者さんご自身が正しい情報のもとに

納得して治療を受けられているかどうかが

大切なのです。

私達医師は、科学的根拠に基づいて治療を進めるべきですが、

患者さんにとって大切なのはデータがあるかどうか、ではなく

自分の今の状態にとって少しでも効く可能性があるのか、

マイナスの要素はないのか、ということだと思います。


治療というのは概して患者さんの体を痛めてしまう

(その代償に効果も得る)のですから、

メリットがデメリットを上回ると予想されるかどうかを、プロとして

責任をもって(しかも患者さんの視点にもたって)

判断することが、私達医療従事者の役割だと

考えています。


そして最終的に決断するのは患者さん自身です。


あらゆる情報の中から

自分にあった治療を選別するためには、

自分の病状を含めた現状をしっかり理解する必要があります。


「覚悟」と「希望」を持っていただくための医学的判断を私達は行ないます。

「判断」の積み重ねを経て「決断」へ。


「命の力」を信じる、前向きな決断をしていただくための

サポートになるような「判断」をしたいと願っています。


プライベートブログはコチラ↓

http://miwaco11mgc.blog39.fc2.com/


www.mareesia-gcl.jp






患者さんと医療の架け橋へ~マリーシアガーデンクリニック☆アンチエイジング日記
連休中の戸外活動太陽のせいか、

スタッフ&ゲストの方から連続して


“日焼けしましたねブラウンさんドキ*”と指摘が・・・


普段はファンデーションを使わずに

日焼け止めを塗るだけなので、紫外線の強いこの5月は

ダブルブロックするべきだったと反省しゅんヴィドール


シミやくすみにならないうちの、早めのお手入れが大切です。

(本当は、予防がもっと大切です泣く2シュン



一番のオススメは、やはり抗酸化力の高い

ビタミンCキラ☆ピカーン



マリーシアには最強のビタミンCコスメが揃っています。

http://www.mareesia-gcl.jp/sokenbi/ look

このシリーズは、私の「美容」への意識を変えた

化粧品です。



もともと内科医である私は、当初美容に対して無頓着で、むしろ

アンチエイジング=美容ではない!

http://ameblo.jp/miwakowatanabe/entry-10129505942.html

という主張に力を入れていました。


ところが、命にかかわると思われる

“狭心症や脳梗塞の予防”の話をするよりも、

“美容にイイ”という入口で説明する方が、

ゲストの方の健康への取り組みがより良くなることに気付きました。


そして“病気”と向き合い、落ち込みがちな気持ちを抱えた

患者さんにとっても

“美”という意識が、気分を明るくさせ、

気持の余裕につながると気付いた事は、大きな驚きでした。


その様な時に出会ったのがこのダーマコントロールシリーズです。

実はこのコスメを開発したのは、慶応の医学部を首席キラキラ叫びうきゃーキラキラ

で卒業した内科の先輩ドクターです。

http://ameblo.jp/hirokunikaku/


大学でも一目置かれる程、優秀で勉強熱心なドクターが、

やはり同じように“本当の意味でのゲストのニーズ”に考えをシフトし、

開発したコスメですから、理論がしっかりしていて効果がバツグンきらきら

医師仲間にもファンが多いのは当たり前。


即効性の効果が実感できると、ゲストの方の健康への関心が

ググッと高くなります。


化粧品に興味を持ち、積極的に情報を集めるようになり、

植物の力を最大限に引き出したオーガニックコスメ、という点から

更に導入したのが Amritaraアムリターラ です。

http://www.mareesia-gcl.jp/amritara/

amritaraは言わずと知れた大人気ブログ&書籍

“アンチエイジングの鬼”http://plaza.rakuten.co.jp/korrida/

で有名な勝田小百合さん

(ゴールデンウィーク中もスポーツ新聞のページ全面に大々的な記事が!)

がプロデュースした

とことんすごいこだわりのオーガニックコスメakn


うっとりするような香りも、肌のつややかさを実感できる使い心地も

人気の秘密です。


たっぷり濃度で鮮度もピカイチのビタミンC化粧水をいつもより

念入りに使い、

今週中に、この“スペシャルビタミンCとトランサミンのイオン導入”を

スタッフにお願いして対策、対策るん


カイロプラクターでもある勝田さんとは、

もともとマリーシアでレントゲン検査をご提供するなど

コラボしていたのですが、今回は更に究極の美肌ケアコースも

共同プロデュース。


アムリターラ の化粧品を贅沢に使い、勝田さん自らが

受けたいケアとして準備、大絶賛の

“アムリターラフェイシャル”も同時に受けましょうにこ

http://plaza.rakuten.co.jp/korrida/diary/200902270000/


学生の頃、こんがり日焼け肌が好きで、

ハワイであろうと赤道直下のカリブ海であろうと

紫外線対策なしで(本当にオソロシイことです汗

過ごした私でさえ、肌を含めた健康の仕組み を意識してからは、

ぐっと体調が変わったことを実感しています。


数年前まで“医者の不養生”であった私ですが、

今その遅れを取り戻すべく、できることから取り組んでいます。


どの様な方でも、その方にあった対策を選ぶことにより

“美”を含めた体調管理に遅すぎることはないと、信じています。


・・・・・・モチロン軸になるのは食事や睡眠などの日常生活習慣ですまるちゃん風



気軽なプライベートブログはコチラ です↓

http://miwaco11mgc.blog39.fc2.com .


www.mareesia-gcl.jp






ペタしてね 患者さんと医療の架け橋へ~マリーシアガーデンクリニック☆アンチエイジング日記
今日はマリーシアスタッフのご紹介です。

全員が納まりきらず↓アゲ2枚の写真になりました。


患者さんと医療の架け橋へ~マリーシアガーデンクリニック☆アンチエイジング日記



最近の私たちの合言葉

チームアオキラマリーシア







一人ひとりが

「自分の価値valueをあげるキラキラ仕事」

をするために

やりがいを分かち合える仲間であるために


花 花 花


マリーシアに集まるスタッフは

皆違う分野でのプロフェショナルです。

お互いに、得意分野、苦手な分野を

補い合い、相手を尊重し合うことで

レベルを高められるチームになりたいと

願っています。


良いチームワークを築くことが、

きっとゲストの皆様への真のホスピタリティにつながることでしょう。

http://ameblo.jp/miwakowatanabe/entry-10105711304.html


歓送迎会グラスクラッカーの盛り上がりの中ででてきた

“チーム”という言葉が

すっかりテーマになりました旗振・青



さて、私が大きな大きな花束花束を抱えているのはにこ??

・・・・・続きは

プライベートブログ

http://miwaco11mgc.blog39.fc2.com/blog-entry-85.html



www.mareesia-gcl.jp



アンチエイジング仲間にこ成田美和さん

http://ameblo.jp/miwakowatanabe/entry-10145912390.html

の新しいサロンを訪問しましたhome

http://miwanarita.dtiblog.com/


表参道の瀟洒なマンションに素敵なサロンをオープン

させたばかりなのに、近所に望みどおりの

一軒家を見つけたとのこと。

早速のお引越しで、その行動力にびっくり音符

信頼するスタッフ、KIYOちゃんhttp://ameblo.jp/kiyo-ishido/

がしっかり留守を守ってくれているからこそでしょう!



患者さんと医療の架け橋へ~マリーシアガーデンクリニック☆アンチエイジング日記

美味しいもの大好きな二人の話は自然と

食べ物の話題に・・・・・



患者さんと医療の架け橋へ~マリーシアガーデンクリニック☆アンチエイジング日記

今日のゴハンは彼女のサロンから程近い表参道ヒルズ内

暗闇坂宮下さんへウマ・・・♥

麻布十番や丸ビルのお店より

野菜重視でナイスちゅん様・θ・



患者さんと医療の架け橋へ~マリーシアガーデンクリニック☆アンチエイジング日記

ホワイトアスパラガスにかかるピンクは

もちろん人工の色ではなくて、

ビーツの赤い色です。



患者さんと医療の架け橋へ~マリーシアガーデンクリニック☆アンチエイジング日記

ボリューム満点のお肉料理もあり、凝った素材に満足食事


二人とも、仕事柄、体を健康にすること、

そして若さやbeautyを保つ秘訣をゲストに伝授するわけですが、

どんな技術よりも直接体内に取り込む

食事が大切アオキラ

という点でぴったり見解が一致します。


オーガニックにこだわる彼女には毎度

ハワイから魅力的な食材を紹介してもらっています。


私も刺激を受けて、お気に入りの自然食品店を

いくつか見つけてよく覗いています。

美味しそうな調味料を見つけると、うれしくなって購入きゃ

特に、お塩や砂糖(白糖は使わずにオリゴ糖や羅漢果です)、

油、お醤油、お酢といった毎日使うものにはチョット凝っています。



患者さんと医療の架け橋へ~マリーシアガーデンクリニック☆アンチエイジング日記

写真は見にくいかもしれませんが

“オーサワの野菜ブイヨン”は、化学調味料不使用なのに

野菜のうまみがたっぷり良

美和さんにも好評で、リクエストを受けて今回もご用意.♥akn♥


鹿北製油さんの“黒ごまらあ油”は、

最近のお気に入り。本当に良い香で

お料理の仕上げに少量入れるだけで、味が引き立ちますおいしい


えごま油は必需品で、我が家の冷奴は

北海道の昆布塩+えごま油です。


鹿北製油さんのえごま油が美味しいと

教えてくれたのは、マリーシアでもご協力頂いている

勝田小百合さんhttp://plaza.rakuten.co.jp/korrida/

“アンチエイジングの鬼”として有名な彼女のブログも

オーガニックに気合いが入っていますおおーっ!!




患者さんと医療の架け橋へ~マリーシアガーデンクリニック☆アンチエイジング日記

こちらは、国産有機玄米、大麦、雑穀など7種の穀類と

3種の野菜をブレンドした雑穀ポタージュ。

濃厚で美味しい!

(通常のカップスープよりお高いのですが

売り切れていることも多いです!)


患者さんと医療の架け橋へ~マリーシアガーデンクリニック☆アンチエイジング日記

コーヒー豆を使わずにライ麦や麦芽、イチジク、チコリなどを

用いたノンカフェインの穀物コーヒーカップ

実はコーヒーが苦手な私ですが、これは美味ちび顔

整腸作用も期待できますよGOOD

スイスオーガニック認定。


患者さんと医療の架け橋へ~マリーシアガーデンクリニック☆アンチエイジング日記

“しょうがとパインの酢”ワインドリンク用です。

・・・なぜカサブランカ謎?




患者さんと医療の架け橋へ~マリーシアガーデンクリニック☆アンチエイジング日記

そして・・・一番のブームが“納豆そば”!!

名前の通り、どんぶりに注ぐだけ、なのですが

納豆の香りが濃厚~OK

インスタント麺禁止NGの我が家も

これだけは解禁。

そば粉、納豆、小麦粉は国産です。



プライベートブログはコチラですhttp://miwaco11mgc.blog39.fc2.com



www.mareesia-gcl.jp




患者さんと医療の架け橋へ~マリーシアガーデンクリニック☆アンチエイジング日記


先週に引き続き、

http://ameblo.jp/miwakowatanabe/entry-10238510789.html

今週は大阪の中央公会堂で情報技術開発株式会社さんの

キックオフ集会・講演がありました。



患者さんと医療の架け橋へ~マリーシアガーデンクリニック☆アンチエイジング日記

市役所、図書館の並びにある大阪市中央公会堂は

とてもクラシカルな概観キラキラ



患者さんと医療の架け橋へ~マリーシアガーデンクリニック☆アンチエイジング日記

川辺の町並みはヨーロッパにいるよう音符



患者さんと医療の架け橋へ~マリーシアガーデンクリニック☆アンチエイジング日記

お隣の図書館はワシントンの風景の様・・・?にこ



患者さんと医療の架け橋へ~マリーシアガーデンクリニック☆アンチエイジング日記

気持ちよく会場に入り、前回と同様

「できるビジネスマンのための聞く作法」というタイトルで

一時間の講演をさせて頂きました。

情報技術開発株式会社さんは、社員の数1200名を越える

大きな会社ですが、一人ひとりの皆さんの心遣いが

行き届いているのを感じます。


患者さんと医療の架け橋へ~マリーシアガーデンクリニック☆アンチエイジング日記

オペラハウスのような素晴らしい会場で

気持ちよくお話をさせて頂きました。

休憩時間に会場内の写真をパチリカメラ


患者さんと医療の架け橋へ~マリーシアガーデンクリニック☆アンチエイジング日記

左が竹田会長、右から三好副社長、安永社長、そして

元女子マラソン選手・オリンピックメダリストの

有森裕子さん。


有森裕子さんの講演も素晴らしく、

栄光を勝ち取るまでの道のりを力強く話してくださった

一時間余りは感動の連続でしたおぉ!

バロセロナオリンピックでの銀メダル、

そして「初めて自分で自分を褒めたい」で

日本中を元気にさせたアトランタでの銅メダル。


きっと小さい頃から花形選手だったのだろうと

誰もが思いますが、体が丈夫であった訳でもなく、

高校では陸上部の入部でさえ断られる、

全国都道府県駅伝大会も

3年間補欠で登録される・・・・・等

決して恵まれていなかった状況から

どの様に成功への道を

自分でアオキラ掴み取ったか、

本当に引き込まれるようなお話でした。


繰り返しておっしゃっておられたのは、

“全ては気持ち次第。(自分の努力で)状況を引き寄せる”

根底にあるのは、一度目標を決めたらどんな状況でも

あきらめずに自分の力を出し切るその強さ、

そして感謝を忘れない謙虚な心だと

実感しました。


余韻の残る、すばらしい講演でしたにへ


プライベートブログはコチラ ↓

http://miwaco11mgc.blog39.fc2.com/



www.mareesia-gcl.jp/