最下位マリナーズを解雇された、カサカサゴキブリ戦隊 スズキ・ゴキローのブログ

・3番をクビにされたが、1番は僕の場所と言い訳し、2割2分なら40本打てると大法螺を吹き、内野安打は無いほうがよいと言いながら、後日、セクシーと言い放ち、子供たちに200安打に向かうことは約束すると言いながら、後日知らないと言い放ったクチだけ男。

賸係講得好聽不有用ロ既、要睇行動
↑↑イチローやイチローファンに言える事です。
NEW !
テーマ:
イチローファンのバカ発言に以下のようなものがある。



「イチローは先頭打者(タイプ)だから、出塁することが役割だ。本塁打を打つことや、ランナーを還すことは役割じゃない。イチローにその欠点を指摘するのはナンセンスだ」



この発言は、イチローの穴(欠点)を指摘した発言



「イチローは脚(内野安打)を使った打率だけが高い打者で、それ以外の打撃能力は乏しい」



というものを指摘した際に発せられる言葉です。





コレに関して、イチローファンは頭が悪い事がハッキリ判ります。




ちょっと考える必要も無く簡単にわかるのですが





「出塁することが役割」
と言うのであれば、本塁打を打つこともランナーを還す打撃をすることも
出塁率向上の大きな一助になるのは自明なのです。


本塁打を打つと、それが1出塁になる。
勿論、ヒットでランナーを還すと1出塁になる。


それらも出塁することなのに、「本塁打は役割じゃない、ランナーを還すことは役割じゃない」
ってどういうことや(笑)


それらを否定するってことは
同時に出塁する役割そのものを否定することになるんですけどね(笑)


イチローファンは
そこをどう説明するのか(笑)






いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
イチローがマルチ とかいうクソみたいなマンセーニュウスを見て


「よほどレベルの低い投手が上がってきたんだな」


と思っていたが、予想通りだった。



http://live.baseball.yahoo.co.jp/mlb/game/table/?id=2016063003





ちょっと(笑)




これアカンやん(呆)




何が??





先発もそうだが




中継ぎ抑えのレベル低すぎだろ(呆)
なんだこれ!? リトルリーグか!?




なに????




防御率5点、6点・・・ 9点の投手を上がらせるって(呆)





そりゃ皆打つでしょ??




現に、皆打ってるやん(笑)

イチ老人にも打たれるのは当たり前やん(呆)





防御率ってのは簡単に説明すると




例えば防御率9点なら
「その投手が投げたら9点取られます」



って意味だよ。





何でこんなのを平気で登板させるの??メジャーは。




以前にも記事に書いたと思うが




日本のプロ野球じゃ考えられない。





日本のプロ野球じゃ




この低レベルに来る前に
即2軍行きだから。







メジャーリーグのレベルは高いとかメジャーを崇拝するバカたちは吹聴するが




ハッキリ言ってオレはそう(メジャーのレベルが高いと)は思えない






いつぞやコメントだったかな、こう入ってきた。



この記事のコメント(分業制の意図)。


http://ameblo.jp/miumalovely/entry-12169508318.html



平凡(にも満たない)投手を有効活用するのが
分業制の狙い(本来の意図)としましょう。


まあ、恐らく分業制は
先発の酷使を避け、投手寿命を延ばす目的だろうね。


で、勝利投手の権利を得られる5回を投げきり
6~9回を先発にも大きく劣る(平凡~ゴミ)投手に任せるとします。



先発にも劣るゴミ投手が残り4回も投げるんだからそりゃ打者は楽に決まってるでしょ。




いくらスタミナが万全な投手(中継ぎ、抑え)が全力投球できるといっても




その中継ぎ抑えの数字(レベル)が知れてるんだから、全力投球できようが出来まいが無意味なんだよ。



オレには全く理解できない。






なんで5点台、6点台、最悪9点台の防御率の投手を
僅かなイニング(1イニング~2イニングス)でも上げようとするのか。






そんなにコマが不足してるのか???







オレが指揮者なら





ハッキリ言って、こんな投手たちは即2軍(マイナー)に落とすけどね。怖くて1軍(メジャー)では使えない。


だってそうだろ。


勝たなきゃいけないんだよ??
チームは勝ちが要求されるんだよ?


こんな防御率の投手たちを上がらせてみろよ。
打たれるに決まってるし、点取られるのも(可能性大なのも)当たり前だろ。





メジャーは厳しい、レベルが高い とか何かアホみたいに吹聴されるが






オレは間違いなく日本プロ野球のほうがシビアだと思うけどね。(環境も考え方も)













いいね!した人  |  コメント(16)

テーマ:
女子バレー リオオリンピックメンバーに

古賀選手が落選したそうだ。


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160629-00010000-sportiva-spo


でもリオオリンピック代表メンバーを見ると



日本代表(リオオリンピック予選)の時のメンバーとほとんど変わってない。



「古賀が落選した。女子バレーは本気だ」





何をご冗談を(笑)


ほとんどメンバーが変わってない日本代表から引き続きの即席チームじゃないか。




本気で目指すなら




メンバーを洗いざらいして再考しろ。




本当に本気なら
そこまで考えて実行する。






だってそうだろ。




ほとんど変わってないメンバーで
やっとギリギリ予選通過。




しかも



予選最後の試合は完全に負けていた試合。




リオオリンピックの結果なんて
もう知れてるわ。





いいね!した人  |  コメント(3)

テーマ:
ゴキブリイチローは現在
146打数で9打点。


76試合消化し
スタメン29試合(30試合弱)あって、それでも未だに9打点しか残せていない。



所用があって今から外出。
帰宅後~予備校授業開始まで少し時間があるので
その時間帯に再度上書き更新。



-----ここから-----



15時10分まで時間があるので、書き殴ってゆく。


ゴキブリイチローは、どの打順でも打点がつかない。


言い換えると


ランナーを還す打撃が出来ない


ということだ。




日本時代のイチローは
確かにメジャー時代よりかはマシな打者だったが




3番打者(クリンアップが70%の打者)



であったにもかかわらず、打点率(打点数÷打席数)は


0.129


でしかない。



これは、18年現役だった、元ロッテの有藤よりも劣る値だ。


http://ameblo.jp/miumalovely/entry-11080046017.html



日本時代のイチローは長打が打てたとファンは言うが



それはあくまでも2塁打が打てた



というレベルでしかない。



日本時代のイチローの2塁打が出る確率は
元阪急の福本を凌駕していた。(福本の2塁打が出る確率と日本時代のイチローの2塁打が出る確率は簡単に調べられるので、調べて頂戴。興味のある人はね)


ただ


あくまでも2塁打が打てただけであって
いくら高打率を誇ろうが、2塁打が打てようが

やはりそれでは打点は伸びない。




以前にも書いたと思うが




2塁打が打てるというのも勿論長打ではあるが
2塁打でランナーを還すには打点を伸ばす状況が狭められてしまう。そして勿論、チャンスで2塁打が必ず打てるワケはない。イチローの打点能力の低さはチャンスで打っても、シングルヒットが多かった可能性もある(じゃないと、70%もクリンアップを張って、打点率0.129にはならない)



要するに


日本時代のイチローは70%がクリンアップであったにもかかわらず
打点率が0.129とかなりクリンアップを張った割りに低いのは



・本塁打が打てなかった(本塁打率31)
・長打が打てても、その長打は所詮2塁打であってタカが知れていた
・チャンスではシングルヒットが多く、長打が打てなかった



この3点だ。



コレは間違いない。


もし上記3点でなければ


イチローの日本時代の打点率0.129という低さにはならない。



もし、クリンアップが70%だった日本時代のイチローに



・ノーランナーでも本塁打が打て
・チャンスでも長打が打てた



のであれば


打点率は0.129と言う低さにはなっていない。
個人的推測だが、打点率は0.160あたりには伸びていて当然のはずだ。

本塁打率が41の川上哲治が
打点率を異様に伸ばしているのは
イチローには出来なかったことがチャンスで出来たんだろう。






メジャー時代にもイチローの打点率の低さの理由はつながる。





メジャー時代のイチローの打点率は
去年まで



738打点÷10146打席=0.072



日本時代の半値弱にまで落ち込んでいる。



この異常な悪さの打点率に反比例して、メジャー時代のイチローの得点圏打率は0.300をゆうに超えているはずだ。



にもかかわらず、この程度でしかない。



メジャー時代のイチローは
日本時代よりも




1・・・本塁打が更に打てて居ない(本塁打率83)
2・・・2塁打のペースも大きく落ちている






この2点が原因なのも間違いない。





4年前だったか




イチローは開幕前に3番に座ることを告げられて
事前に練習していたが



いざ3番に座ると、打撃が全く同じで
しかも



210打数 57安打 1本 17打点



と全く振るわなかった。


このときの打点ペース(ここでは打点数÷打数)は
先頭打者のときと全く変わっていなかった。(これもブログに書いたことがある)





ファンは都合よく解釈して



「もう歳だから」



とその後に擁護したが、事前に練習しており
河村健一郎というイチローの師匠?も



「3番に座れば3割打てる」



と太鼓判を押した。



おまけに、擁護したファンたちも



「3割20発打てる」



と河村の発言に尾鰭をつけて言っていたのだよ(笑)




しかし、蓋を開ければ全く対応も出来なかった。





「もう歳だから」



のくだらない擁護論は、ただの言い訳だ。
では、なぜボロが出る前に 「打てる」 と言ったのか説明がつかない。




ファンはイチローの打点の低さを




「先頭打者だから」



とそれを理由にするが




イチローはクリンアップでも、先頭打者でも
下位打線でも打点を伸ばすことが出来ていない。
コレは厳然たる事実だ。


常識で考えて




イチローが



・本塁打が打てない
・チャンスで打てない(打ってもシングルヒット)
・所詮、長打と言っても、2塁打止まりの打者



というイチローの能力の問題に降りかかる。










いいね!した人  |  コメント(17)

テーマ:
どうもイチロー関連者(ファン)ってアホ人ばかりに思うんですが。


というのも


ココにコメントに流れ込んでくるゴキブリイチローファンも
賢い人が居ない。何でもかんでもイチローマンセーの捉え方をする。



そして極めつけ。



先ほどBSのカブスvsマーリンズ中継を見ていたら
解説の新井(ゴキローの師匠らしい)が問題発言。


その一部始終。



実況 「今日、オズーナは先発を外れています。手首を傷めて3日間休養だそうです。」

新井 「いいですねー。イチロー先発でお願いします」






はあ!?





手首を傷めて→いいですねー

このジジイ、頭おかしいんちゃうか??






人が怪我をして何が良いんやボケが




いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
昨日、ヤフーニュウスの見出しで



「サニブラウン故障」




と書かれていたので





馬が怪我をしたのかな





と思ったら





人間だった。








まあ





馬みたいな面してたので
ある意味、当たってたようなもんだが。






いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:
過去に以下のリンク先記事を書いた。

http://ameblo.jp/miumalovely/entry-11879974348.html

日本時代のイチローは長打は打てないながらも
出塁率と打率がよく、先頭打者としてピカイチのように吹聴されている気がある。


しかし、巷(イチローファン)の戯言


「先頭打者は出塁して生還する(厳密にはさせてもらう)のが仕事(役割)だ」


を重要視する(重んじる)なら



上記リンク先データの判断では


「日本時代のイチローはその(先頭打者の)役割を果たしている打者とはいえない」



ということで間違いない。



歴代の先頭打者


福本、広瀬、柴田、大石といった核弾頭に比べて
生還率自体が非常に悪い。

彼らは日本時代のイチロー(実働9年)より更に長く(中には倍以上)現役を続けてイチロー以上の数値を誇っている。





次に、メジャー時代のイチローが
先頭打者としてどれくらいのものなのか(出塁率、生還率)を見てみたいのですが


メジャー時代のイチローが先頭打者としてどのくらいのレベルなのかは、以下の記事でかつて書いています。

http://ameblo.jp/miumalovely/entry-12120946122.html





「フアンピエールレベルの先頭打者」





あくまでも四球選択率や出塁率、打撃レベルの3つを見ての判断で



生還率は見ていません。




時は流れ、今回は上記リンク先記事に



本塁打以外の出塁による生還率(ホームランの得点と出塁を除いたものも見て判断してみたい。





●メジャー時代のイチロー(2015年の去年まで)
(1348得点-113本塁打得点)÷(3582出塁-113本塁打出塁)=0.356




メジャー時代(去年まで)のイチローの
本塁打以外のヒットによる出塁で、生還する(生還につながる)確率は



0.356



この0.356を比較対象として



1・・・デレク・ジーター(元ヤンキース2番打者)
2・・・ショーン・フィギンズ(元マリナーズ先頭打者)
3・・・フアン・ピエール(元ロッキーズ、マーリンズ等先頭打者)



の、それを出してみます。





1・・・デレクジーター
(1923得点-260本塁打得点)÷(4717出塁-260本塁打出塁)=0.373





2・・・ショーン・フィギンズ
(700得点-35本塁打得点)÷(1820出塁-35本塁打出塁)=0.373





3・・・フアン・ピエール
(1075得点-18本塁打得点)÷(2783出塁-18本塁打出塁)=0.382









イチローって

全然大した事無いじゃん。

つーか、良くこの状態で、先頭打者として役割を果たしてるとかゴキロー信者は吹聴できるね。

100% 思い込みで(データを算出することも無く)吹聴していることもわかる。

かつて、オレが指摘したけど 

「イチローファンは頭が悪い。オウム信者が教祖の麻原彰晃を崇めるレベルと変わらない気持ち悪さがある」 

というのも間違っちゃいない。









いいね!した人  |  コメント(21)

テーマ:
巷(特にイチローファン)はイチローを神のように崇めているが

オレ(らアンチ)からしたら
イチローを崇めるバカたちは


麻原彰晃を崇めてひれ伏すオウム真理教信者とレベルは変わらない



ということだ。


それは過去にも書いてきた。これだ。


http://ameblo.jp/miumalovely/entry-12086454440.html


メジャー時代のイチローは
完全に命を懸けて「3流打者」ということは断言できる。


去年までのメジャー時代のイチローの打撃成績。


細かく見ていく。
そして理論的にイチローの打者としての能力の無さを暴いていく。


そして



ここまで書いてまだ異論があるって奴は
相当な数字に弱いバカだ。(小学生以下)
これも間違いない。よく目をかっぽじって見ていけよ。






15年現役

・10146打席
・9362打数
・1348得点
・2935安打
・113本
・738打点
・545長打(二塁打63% 三塁打17% 本塁打20%)
・シングルヒット割合 82%
・長打割合18%
・打率0.314
・本塁打率83(83打数に1本塁打)
・打点率0.072(100打席に7打点)
・長打確率6%(100打数に6長打)
・得点割合(自力得点8% 他力得点92%)
・打撃三冠総合値 -437




一言(バカなイチローファンたちやマスコミに)言ってやると




お前らは都合よい数値(数字)しか見なくダメな選手でも「良い」と崇めて嘘をつくが数字は嘘をつかない



ってことだよ。




まず




イチローに打撃で良い部分は「シングルヒットによる打率」の点しかない。  これも何度も言ってきたが、巷(イチローファンやマスコミ)がイチローの安打数(シングルヒット)ばかりに着目する(着眼点を置く)理由は、やはりその部分しか見るべきところが無いからだということは100%間違いない。




15年間というそこまで永くない期間で
9362打数も打つ機会が与えられて


本塁打の確率も非常に悪く、バットで点を取る確率も非常に悪く、おまけに長打が出る確率も非常に悪い。 イチローが1万回以上もバッターボックスに立つ機会を与えられて、738打点しか自分のバットで点が取れていない(ランナーを還せていない)のは、前のランナーが出ないから(イチローの前の打者が悪いの)ではなく

1・・イチローがチャンスで悉くチャンスをつぶした
2・・シングルヒットしか打てなかった

のどちらかしかない。

実際、オレの個人的見解から、後者の理由(チャンスで打ってもシングルヒットしか出なく、ランナーが還れない)のほうが強いと思う。 要するに、上記2の観点。それはイチローの状況に応じた打撃変化の乏しさ。打力の問題ってことだ。

データを見ると、イチローのヒットの割合の90%弱はシングルヒットで占められている。そして長打の60%以上は二塁打だ。そして長打が出る確率自体も6%しかない。

要するにこういうことだ。

チャンスで仮にヒットが出ても10本中8~9本はシングルヒットでしかない。そして長打確率は6%なので100本ヒットが出てそのうち6本しか出ない。その60%が二塁打ということは長打6本中、4本が二塁打と言うことだ。

これでは1万打席もバッターボックスに入る機会がありながらたったの738打点しかないのは物の理。当たり前だ。




ランナー2塁でも、二塁打では状況によっては生還できないこともある。(イチローは脚が速いということで2塁を陥れることはできる可能性は高いだろうが)

ランナー1塁ならまずよほどの守備の杜撰さ(後逸、エラー)が無ければ二塁打では生還ができない。イチローのシングルヒット率、長打のほとんどが二塁打、長打確率の悪さを鑑みていくと



よくイチローファンが擁護論で言い放つ発言(暴論)

「前のランナーがイチローが打席に立つ前に塁上に居ないからイチローが打点を稼げない」

というのはお門違いも甚だしく、イチローの打力(イチローが長打をほとんど打てなく、仮に長打を打てても二塁打で終わってしまうという現実)そのものに問題がある



と言う結論のほうが正しい。


ランナーが塁上に居なくても
ホームランが打てれば無条件でイチローに1打点はつく。


イチローの本塁打能力の無さ(本塁打率83=83打数に1本)を見れば
イチロー自身に問題があるのは当たり前の正論なんだよ。



そして、これもよく言われるが



イチローの得点数の多さ。




去年まで1348得点ある。





これも過去に指摘したことがあるが、これだ。


http://ameblo.jp/miumalovely/entry-11067164358.html



得点の仕方にはホームスチールと言う特異な状況を除いて
2通りしかない。



1・・・自らホームランを打って、自らが生還する(打った打者が1打点と1得点)

2・・・1以外の出塁をして、後続の打者の打撃で生還させてもらう(生還者は1得点。打った打者は1打点)




イチローの得点はメジャーで
後者の割合が92%だ。




結論として




イチローは自身の打力(打撃)では
チームに点をもたらす能力はほとんど無い




ということだ。




シングルヒットで1塁に出る力はあるだろう。
脚が速いからね。



しかし、そのシングルヒットの打率の高さ(0.314)だけで



他(あくまでも打撃内容)は全くたいした能力は無い というのがメジャー時代のイチローの真の姿だ。





さっきも書いたが




お前ら(イチローファンやマスコミ)はバカみたいに崇め奉ってアホみたいにひれ伏して、麻原教祖を崇めるオウム真理教信者みたいな行動をし、凄い打者と嘘をつくが

「数字はご覧のとおり嘘はつかない」

ってことだ。






いいね!した人  |  コメント(29)

テーマ:
コメントでこんな面白い(悪い意味で面白い)ものが入ってきました。



「名球会が日米通算を認めているのだから、十分公的記録になる」





はあ!?(笑)



名球会っていつから公的機関の扱い(存在)になったの?? そんな認識をされてた(る)の??




全く何も知らないと言うか
何も考えられない人なんだな、そういう人が蔓延しているんだな と思ったね。



オレはそのコメントに対して、こう返した。



名球会は金田正一が設立した私設団体で公的機関の日本野球機構や日本プロ野球とは無関係の団体ですよ。

わかってます?





とね。





オレは公的機関の判断を「正確なもの」「正常なもの」として常に判断してきたので




金田正一が創った私設団体である名球会の入会基準にされた日米での合算数字も入会として認める



というもの(入会基準)が




いつの間にか公的なもののように扱われ
公的機関の存在のように位置づけされていた




ということに滑稽さを感じて、朝から笑わさせてもらった。







で、オレは私設団体の基準を公的機関の判断より優先的に判断して捉えている人に聞きたいが





公的機関(公式記録を司る日本野球機構)の基準より
金田正一の私設団体の基準を公式のように考える理由は何????(笑)





いいね!した人  |  コメント(51)

テーマ:
2016年4月の再掲記事です。

以前記事で書いた続きですが
日本プロ野球時代のイチローが実働9年の実力をそのままに
張本勲氏の3085安打の更新は現実的に可能だったのか??

コメントでも入ってきたのですが

現実的に不可能

と言う結論で間違いないと思います。


日本時代のイチローは実働9年の通算打率

0.353

です。かなり高打率で実働9年 3519打数という少ない実働と打数とはいえ
非常に高い打率を誇っています。


0.353の打率で3085安打にたどり着くには


3085÷0.353=8740


8740打数が必要になります。



イチローは実働9年で3619打数
1年平均400打数ちょっとの計算です。


さあ、通算19年、20年にたどり着くまでの残り10年11年で、今まで400打数ちょっとしかなかった打者が毎年500打数以上を消化し5000打数以上を消化できますかね??



試合数がメジャーに比べて非常に少ない日本プロ野球で平均500打数以上の消化は現実的に非常に難しいことではないかと思いますが。



144試合制になったのは2007年から(146試合が2005~2006)で
1試合4打数を必ず消化して144試合フル出場でも576打数ですよ?

勝負を避けられたり四球が多くなれば
更に打数が削られます。


576打数消化で打率0.353を維持する(3085安打更新にはその力が不可欠)には


203~4安打以上を毎年残し続けることが必須項目にもなってきます。今のプロ野球で200安打達成者は多くなってきたとはいえ、それでも1人2人くらいです。(年によってはいないこともある)イチローが毎年144試合制で200安打以上を残し続けるのは至難の業(無理と言ったほうが早い)でしょう。




やはり現実的に、実働9年で3619打数(その当時の年齢27くらい?)のイチローが
5000打数以上を残りの10年11年(現役19年、20年到達)で消化することは
無理があると言ってよいでしょう。


そこを考えていくと


日本プロ野球時代のイチローが9年実働の力(打率0.353の力)を一切落とさず、張本の3085安打を更新するのは現実的にも不可能であった


と考えるのが自然な流れだという結論です。



やっぱり130試合制で3085安打を残した張本勲氏は異次元レベルだったんですね。




イチローがかつて言っていました。



「数字を積み重ねると言う点では日本のほうがシビアだ」



これは間違いないと思います。



アホなイチローが
初めて的を射たことを言ったと感心した記憶があります。







いいね!した人  |  コメント(35)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。