最下位マリナーズを解雇された、カサカサゴキブリ戦隊 スズキ・ゴキローのブログ

・3番をクビにされたが、1番は僕の場所と言い訳し、2割2分なら40本打てると大法螺を吹き、内野安打は無いほうがよいと言いながら、後日、セクシーと言い放ち、子供たちに200安打に向かうことは約束すると言いながら、後日知らないと言い放ったクチだけ男。

賸係講得好聽不有用ロ既、要睇行動
↑↑イチローやイチローファンに言える事です。

テーマ:
ルルさん(名指し失礼)が紹介してくださったサイトに

1000試合以上出場した4番打者の4番成績

として、成績が掲載されていました。


17人いましたが
この17人の中で、ベストナインはどのメンツになるのでしょうか。

10人としないのは、野球で「ベストナイン」があるため。それに便乗。

打撃三冠総合値をはじき出して
9人に絞ってみたいと思います。


赤字が確定打者。


順 打者名  試合  打数 安打 本塁打 打点  打率 本打率 総合値
09  野村  2259  8269  2345  555  1633  .284  14.9   332
03  落合  1734  6039  1881  396  1237  .311  15.3   363
17  川上  1658  6420  2034  162  1130  .317  39.6    97
14  張本  1562  5591  1747  291  *973  .312  19.2   294
14  土井  1557  5528  1583  336  *955  .286  16.5   294
08  長嶋  1460  5396  1694  314  1075  .314  17.2   341
16  山内  1422  5138  1552  275  *899  .302  18.7   290
12  清原  1420  5014  1352  333  *927  .270  15.1   304
02  山本  1311  4629  1421  353  *960  .307  13.1   383
07  田淵  1242  4420  1180  365  *871  .267  12.1   343
01  王    1231  3994  1258  392  1009  .315  10.2   466
13  江藤  1220  4438  1336  251  *766  .301  17.7   297
06  大杉  1093  4097  1199  269  *833  .293  15.2   344
10  藤村  1069  4134  1288  194  *869  .312  21.3   309
10  原    1066  3940  1099  255  *729  .279  15.5   309
04  門田  1014  3593  1042  270  *731  .290  13.3   360
05  長池  1007  3704  1084  261  *766  .293  14.2   358






やはり、王貞治は化け物(集団)を超越してます。




いやいや、そういう話じゃなくて・・・




1位 王貞治
2位 山本浩二
3位 落合博満
4位 門田博光
5位 長池徳二
6位 大杉勝男
7位 田淵幸一
8位 長嶋セゲヲ
9位 野村克也



この9人こそ
日本プロ野球の4番打者ベストナインで間違いないでしょう。








いいね!(8)  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日、外出前にBS放送で
マーリンズvsレイズをちょこっと観ました。(15分くらい)

大爆笑させてもらった実況の発言が以下


「イチローの打率はチームトップですからね!」


これには本当に大爆笑させてもらった。


というのも


イチローは規定打席に遠く及ばない(規定打席未満)なのに、打率チームトップとかボケかましていたから。



規定打席は、チームの試合数×3.1だったと思う。

だから規定打席は46×3.1=143打席


イチローは78打席なので半分しか消化してない。



その状況で「チームトップ」とか言うアホレベルは




ピッチャーが仮に1打席1安打を達成してその後ずーーーーっと休み
打率1.00を維持して「打率チームトップ!」とボケかますレベルと変わらない




ってことだ。




言っておくが



他のメンバーはもう200打席近く消化して打率0.300をゆうに超えていたりする。



イチローが他のメンバーたちと同じような打席数、あとプラス100打席を消化して今の打率(0.357)を維持できるとは、ハッキリ言って思えないけどね。

圧倒的に打席が少ないイチローを「打率チームトップ」というのはフェアじゃない。というか、おかしい。

イチローを応援している人って
やっぱりおかしいというか頭の線が1つ2つハズれてると思う。

そういう意味でも
麻原を崇めて毎日ひれ伏すオウム真理教信者と行動は同じなんだよね。











いいね!(4)  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
大分前だが、以下のリンク先記事を書いた。


http://ameblo.jp/miumalovely/entry-11688662541.html



ここに書いてあることは間違いないよ。



そもそも、フェラーリやランボルギーニを買う前(に乗っていた車)は
シチュエーションを考えてもなく、本当に車のあるべき姿=乗る ことを無意識的に(当たり前に)行動していたくせに、どうしてフェラーリやランボルギーニといった車になると、打って変わってシチュエーションを吹聴するのだろうか。




1・TPO、それこそシチュエーションにあわせる
2・走行距離の限定(縛り)
3・乗る時期(祝祭日)の限定(縛り)




というように。




上記リンク先記事でもすでに書いたように




フェラーリやランボルギーニといった車にお金を出す人は



車にお金を出しているのではなく、「自分の見栄を張るため」にお金を出している。
要は、車に投資をしているのではなく、自分の見栄維持への投資




ということだ。



それなら、車を乗り回す姿も
もっと大衆に見てもらいたい欲求もでるはずだ(それが人間の性)




それが極自然な流れだろう。




しかし、上記2と3のように
乗る時期や距離を異様に縛る矛盾行為に出る




それは必然的に



アピールをする(大衆の目につかせる)機会を
自ら異様に減らしていることにもつながる




その矛盾行為を考えていくと




フェラーリやランボルギーニを買ったが乗らない人間(ほとんどの所有者)は、その車を見栄の目的で購入するお金は何とかやりくりして貯めたが、その車を乗り回して、維持費をきちんとかけるまでのお金はとてもではないが出せない(所有してない)



すなわち



自らの見栄獲得のためのお金を使ってしまい、貯蓄がついていけない
=乗らないのではなく、乗る金が無い




ということで、話は完結する。






恐らく流れとして、シチュエーションを異様に持ち出すのは
こういう理由だろう。



上記2と3の理由は乗るお金が無いのが事実だが
それを悟られないようにするため、シチュエーションという言葉を使い、あたかもそれが理由で「乗らない」と都合の良い解釈をして乗るお金が無い現実から逃避している。(乗れないのではなく乗らないのだ と自らを正当化している)







気持ちはわからんではないことは一切ない=気持ちはわからん(何この回りくどい表現)





オレに言わせれば




そんな所有物でしか自分の見栄を保てないカスなど
ハッキリ言ってオレの敵じゃない。



オレは社長だ
オレは経営者だ
オレは弁護士だ
オレは先生だ
オレは教授だ
オレは会長だ
オレは大臣だ




「お前ら、下等民族が。俺はトップに君臨するものだ。お前ら下っ端なんだから黙ってオレの言うことを聞け」




そういう自分の社会的地位に自らの見栄を張っている人のほうが
見栄のかけ方が上手いしすなおに尊敬できる。



言っておくが、社会的地位は金をかけることで得られるカンタンな代物(というと語弊があるが)ではない。

しかし車(モノ)は金をかければカンタンに得られる。
フェラーリやランボルギーニの所有者のほとんどが会社員(のヒラ)という調査報告も、「初めてのフェラーリ」という雑誌で載せられていた。

彼らは社会的地位が乏しいから
モノを所有することでしか見栄を保てない(それしか手段が無い)



車なんて毎日乗りまわさないと、ただの鉄クズだ。
それはどんな車にも不変の理だよ。













いいね!(11)  |  コメント(20)  |  リブログ(0)

テーマ:
前回記事の続きとなる。

「あの人カッコイイ」
「あの人イケメン」

そういう発言をそこらで歩いている
よくわからん一般人に向けてする人が居る。


そういう人は


「テメー1人が勝手に勘違いしている(思い込んでいる)だけで、実際は違う(ブサメン)」


と言うことで、間違いない(命をかけて断言できる)



当たり前のことであるが



本当にカッコイイ男性、イケメン男性であればどういう場に居ようと、スカウトが必ずくるはずだから。





だから前に書いた。




スターというのは、どこに居ても光り輝くものだ




と。



どういう場に居ようと光り輝いて異彩を放つ。
だからそもそもスカウトが放っておくわけが無い。




どういうスカウトがくるか??




歩いていれば、ホストのスカウトがくるだろうし(声をかけてくる)芸能(モデル)のスカウトもある。それこそ中性的な「美形」男性であれば、女装モデルのスカウトも当然あるだろう。




よくこういう人が居る。




「(身近に)イケメンがいるけど、そういう世界は興味が無いっていってるしね。
だから本当にイケメン・ハンサムでも絶対そういう世界に居るとは限らないんじゃないの?」



それは言い訳で、誰もが振り返るような(認めるような)イケメン・ハンサムであれば、スカウトが必ず1回はかかる(経験がある)ってことだよ。テメー(の個人的に思ってるイケメン)が興味が有る無いの話じゃねーっての(笑)




勿論、スカウトが見逃してしまっている ってこともある。
でも経験豊かなスカウトと言うのは全国津々浦々見回っているからね。
見逃しているって言っても、微々たる数だろう。



それと



この世に本当のイケメン(ハンサム)ってのは
数が本当に極少数(2%程度・・あくまでも推測)だろうから見逃しても大したことは無い。







じゃ、スカウトがある無いを基準として考えたら
他に基準となるものってないの???


素人が簡単に判別できる「イケメン・ハンサム」である判断は以下。



「女性に周りをウロウロ付きまとわれたりするが、全く話しかけられない。それが一度二度ではなく続発する男性。」




前回記事でも書いたが




世の女性の80%はイケメン(ハンサム)が苦手だそうだ。


http://matome.naver.jp/odai/2138431890896033401?&page=1




・裏切られそう
・歩いていて私(女性)が引け目(劣等感)を感じる
・怖い
・あくまで観賞用
・他に女が寄ってこないか心配
・とにかく緊張する





「イケメン(ハンサム)は話しかけにくい(話しかけられない)」



と当たり前のように巷では言われますが
間違いなく女性にストーカーのように周りをうろうろされるが
女性から話しかけられないという状態が続発する男性は



「(スカウトが声をかける以外の判断で)誰もが認めるイケメン(ハンサム)」




ということで間違いないであろうね。





そういうことが無い男性
女性が気軽に話しかけてくる男性は



そういう状態(イケメン・ハンサム)ではない



と言う判断で問題ない。




だから




女性たちが自分の周りをストーカーのようにうろうろするが、女性たちが全く話しかけてこない男性なら、ただ、スカウトが見逃してしまっているだけで
実際はスカウトされてもおかしくない、かなりのイケメン(ハンサム)と思って差し支えない




とオレは断言する。(間違ってないと思うよ)





まあ、これは




女性に置き換えても同じことなんだけどね。




本当に美人と言われる女性なら
同じようにスカウトが入ってくる。




無いなら、美人ではないってことだ。










いいね!(5)  |  コメント(19)  |  リブログ(0)

テーマ:
よくね、巷で耳にするんですが

「あの人カッコイイ」
「あの人イケメン」


とか男性に向けて言う人が居ます。


これについて、オレは非常に異を唱えたい。



異を唱えたいとは????




「カッコよくもない」
「イケメンでもない」


すなわち


ブス(下衆)なテメーだけが勝手にそう思ってるだけの話だ。

そもそも、本当にイケメン、カッコイイ男性がこんなところ(一般社会)で燻ってるワケねーだろ。





ってことだよ。






なんでそう断定できるのか???





答えは非常に簡単だ。





誰もがカッコイイ、イケメンと思うような男性はそれこそスカウトがくる(ある)はずなんだよ。


ホストからスカウトがきたり、モデルのスカウトがあったり。
ジャニーズに入ったり(スカウトがきたり) とかね。

勿論

自薦他薦問わず、そういう世界にすでに飛び込んで採用されているはずだよ。
本当にカッコイイ、イケメンな人はね。


本当にカッコイイ、イケメンって人は
そういう経験(スカウト)が何度かあるはずなんだよね。



無い って人。
カッコよくもないし、イケメンでもないってことだ。非常に簡単で誰にでもわかる理屈だ。




オレ、前に記事に書いた記憶がある。



スターはどこにいても光り輝く



ってね。





いいね!(5)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
ベッキーとゲス男の組み合わせを見て「またか」と思いました。

皆さん、この組み合わせが世の中ほとんどなことに
「どうしてかな」 と思ったこと無いか?


この組み合わせとは??


即ち



1・・普通容姿の女性とブサメン男性のカップル
2・・カワイイ(美人)の女性とブサメン男性のカップル

3・・ブスとブサメンのカップル


上記3通りの組み合わせです。


ベッキーとゲス男の組み合わせは
1もしくは3でしょう。(個人的に3だと思うが、皆さんどう思うか)


そして、以下の組み合わせは、まず世の中見かけません。


4・・ブス(普通以下)の女性とイケメン(ハンサム)のカップル
5・・美女とイケメン(ハンサム)のカップル

ようするに男性のほうがイケメン(ハンサム)という組み合わせ。

どうして1,2,3の組み合わせばかりで
4や5の組み合わせ(相手がイケメン・ハンサム)が全くこの世の中に存在しないのか。



理論的に考えていきたい。
恋愛は感情なので、理論では行けない部分もあるのだけれど
少しは理論でもいけるところはある。



もともと男性は外で仕事をする生物であって
狩りに出かけたり、漁に出かけたりする習性があります。家を守り家族を守り、女性を守る習性も勿論ある。髭も生えるし、濃い。雄雄しさもあり、「男らしさ」が成長するにつれて体に顕著に現れてくる。体毛とか筋肉とか。


だから男性と言うものは元々、雄雄しさがある生物であり「イケメン」「ハンサム」というものとは無縁の生物なのだ。


要するに、元来男性と言う生物には女性のような(女性か男性かどっちかわからないような)外見的な美しさ、それこそ「イケメン」「ハンサム」とは無縁の生物なのだということだ。

でも年々の食生活の変化からか、男性からは雄雄しさが無くなり、逆に中性的な凛々しさのあるイケメン・ハンサムな男性が生まれている。さらには男性の中にも女性のように「美」を求め、女性に負けないような美を持つ中性的な男性も増えつつある。(事実)




逆に、女性の場合。


女性は男性とは反対に家で仕事をし、外で仕事(狩り、漁)をしてきた生物だ。外で仕事をした夫を労い温かく家庭に迎える習性がある。(今でも夫は外、妻は内と言われるのは男性と女性の本来の習性を引き摺っているからだよ。今では時代錯誤ではあるが、元々の両者の習性を考えればコレ=男性は外で仕事、女性は家で家事 自体はおかしなことではない。


その女性の本来の姿(習性)を鑑みると


女性は凛々しさのあるイケメン(ハンサム)は好みではなく男性本来が持っている雄雄しさ(ワイルドさ、男性らしさ、ゴツさ)、女性を守る(引っ張る)包容力(統率力)に憧れ、好意(恋心)を抱いて、男性に向かっていくのだろう。


人間以外の雌の習性と全く同じだ。



そこを考えると



1や2や3の組み合わせが必然的に割合として多くなっていくと言うのは自明の理。


そこから考えていくと



イケメンやハンサムの数が圧倒的に数として少なく
ブサメンといわれる男性らしい雄雄しさが前面に出された男性が圧倒的に多いと言うことも自明の理となる。





個人的推測では



前者が2% 後者が98%




ハッキリ言って、この世の現実(カップル、夫婦の組み合わせ)を鑑みるとこれくらいの大きく偏った比率であると言っても強ち間違いではあるまい。




そうすると、女性のほうも



男性らしい雄雄しさ、統率力、包容力、家庭を守ってくれそうか という判断を第一に考え、数の多いブサメン(そこそこもしくはそれ以下)のほうで妥協してしまう(汚い言い方をすれば、数の多いブサメンを捕まえて妥協し、彼もしくは夫はイケメンだと自らの眼力を正当化する言い訳を繰り出そうとする)



というのも自然な流れとして結論としても結び付けられる。





そして、極めつけは、これだ。

この世の80%の女性はイケメンが苦手

http://matome.naver.jp/odai/2138431890896033401?&page=1



元々、女性が男性を見る眼というのは容姿的(具現化されたもの)なものではなく、男性らしさという抽象的なものだ。



女性を超えるような美を極めた(追求するような)男性・・それこそイケメン(ハンサム)はどうも手が出しにくいというか近づきにくいというのは、感情としても非常に理解できる。(女性がそういう男性に慣れていない)



「(怖くて)イケメンに近づきにくい」
「(怖くて)イケメンに話しかけられない」



こういうのも、自然な流れだろうね。




その流れから自然に鑑みて



もし、ある女性が容姿的に大したことがない男性に対して平気で「イケメン」「カッコイイ」と人前で言っているのはほぼ間違いなく、ブサメン と言う判断でも間違いないということだ。本当にイケメン(ハンサム)な男性と言うのはこの世にまずいないからだよ。

だから先ほども書いたように、自分がイケメンと発することによって、男性の容姿は大したことが無くても、「自分の眼力が確かだ」と正当化しようとしているのだ ということだ。





よく言うでしょ。



好きになればイケメンだ



って。



それと同じことだ。



いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
女子バレーを観ていると、やたらと

「格下の相手」

とか、バカな日本人(ファン、マスコミ)が発言しています。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160518-00000180-sph-spo



つうか


オレはバレーの試合をしている当事者(監督、女子選手)じゃないけど、一度も相手を格下とか思ったこと(思って観た)ことない。


だから、やたらと格下とか言われるのを聞いて


「何が格下なんだよ」


と思って調べると、そういう下らんことかと理解できた。




「順位」




順位なんて、変動するものだし
あくまでも、その一時の暫時状況であって、ずっとその位置に留まるわけではない。



その一時のものに拘って(捉われて)



格上
格下



なんて判断して、相手にとっかかるのは



クソみたいな小さい島国意識を持っている日本人だけだ。



日本は、こういうことをしている(こういう詰まらん考えを持っている)から
いつまで経っても、米国の腰ぎんちゃくで進歩が無いんだよ。






言っておくけど、戦場に立てば(まあ、立たなくても)誰も(どこも)横一線。ランクや立場なんて無関係だ。




寧ろ、「全員(どこも)自分より上と判断して味方でも蹴落とす」くらいの気迫でやってもお釣りは来るよ。日本(人)はそういう意気込みも考えも全く無い。ヒジョーに悲しいよ。
いいね!(4)  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
3年前に書いたものを、コピーして、再度(付け足しも入れて)書きます。


史上2番の日本人メジャー選手として活躍した
野茂英雄投手。


彼は、伝家の宝刀 フォークボールで奪三振の山を築き
メジャー12年間で1918もの奪三振を記録しました。

投球回数1976なので、ほとんど1イニングに1回あるかないかの三振を奪ったことになります。


また、12年で123勝も記録し
メジャーでは2度の無安打無得点試合を記録しました。


野茂英雄を語る上で、殆どの人は

「メジャーのパイオニア」
「無安打無得点試合2回」←(ノーノーとアホみたいに略すバカもいる)

の2つを取り上げてきます


しかし


野茂投手の最大の欠点は安定感の無さ。
そして制球力の無さ。

要するに
「防御率の高さ(悪さ)」と「与四球率の異常さ」です。
これは、日本時代とメジャー時代両方とも言える事です。

野茂の成績のサイトです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E8%8C%82%E8%8B%B1%E9%9B%84

日本5年の防御率は3.15と「普通」(本当に普通)ですが、異様な与四球率を弾き出しています。1~2イニングに必ず1個は四球を与えているペースです。

日本時代の野茂は「三振かホームランか」ならぬ
「奪三振か与四球か」の投手であることがわかります。

メジャー12年の防御率は4.24です。日本時代より更に安定性が欠け、与四球率も日本時代と然程変わらない状況です。


これは素直に、野茂の「無四球試合が4試合しかない」現実を見れば明確です。これは単純に「制球力の無さ」を証明するものになります。


野茂の安定感が無い(防御率が異様に悪い)カラクリは

「異様な与四球率でランナーを溜めてしまい自滅したため」

と考えていくほうが自然ですね。

だって、野茂の日本5年 メジャー12年のキャリアで
無四球試合は4試合しかないんですよ? あまりにもこれは異常でしょう。制球力が無さ過ぎと言う判断を下しても間違い無いです。





メジャー時代に於いて、野茂投手が防御率2点台だったのが
メジャーデビューの95年の1回だけで、その後

3点台(ほぼ前半)・・・3回
4点台(ほぼ後半)・・・8回


と安定感に欠けています。



防御率4.24ということは、野茂が登板したら
必ず、4点以上は取られてしまう ということです。






チームが勝つには
その4点をひっくり返す、5点以上をもぎ取らなければいけないのです。


貧打線のチームなら
かなりシンドイことでしょう。5点をとってひっくり返すには。



野茂は12年間で、123勝を記録しています。

シーズン平均、10勝となります。



野茂が平均10勝できたのは
ほとんどを当時の強打線チームで在籍していたからでしょう。
(ドジャースやレッドソックス。12年中 8年)




貧打線のツインズとタイガースに在籍していたときは
実際に、強打線チームにいたころの防御率と変わらない防御率なのに
負け越しています。防御率も5点台弱です。(4.92と4.74)


ただ、運がよかったのは
今でも貧打線と揶揄されるブリュワーズでの12勝でしょう。



しかし、防御率は4.54でした。


12勝が価値があるのではなく4.54の防御率でも12勝できたということ。野茂が凄かったのではなく、味方が点を取ってくれて運よく勝ちが転がり込んだと考えるのが自然でしょう。

田中のマー坊と同じレベルです。
彼も滅茶苦茶点を取られていますが、なぜか負けがつかない=味方が点を取ってくれて逆転してくれる




そこを考えると
野茂のメジャー12年の防御率4.24というのは


野茂が凄かったから123勝も出来たのではなく
防御率4.24という極悪状態にあっても、味方がそれをひっくり返すような強打線チームに在籍していたから と言うことになるでしょう。





防御率が4.24でもシーズン10勝が可能 というのがメジャーのレベル・・・・

とそこまで言いたくはないですが


正直、4.24という異常な悪さの防御率でも10勝が出来てしまうのですから、メジャーのレベルを疑ってしまいがちにはなります。


防御率がその投手の能力になりますからね。





ただ、この評価はメジャーでの野茂投手の評価であって
近鉄時代の野茂投手の評価ではありませんので、悪しからず。




近鉄時代の野茂の評価は


1・・・安定感はメジャー時代と同じように無かった
2・・・三振を奪う能力は、日本プロ野球歴代トップレベル

3・・・2ではあるが、与四球率は異様で、制球力がないと判断されても問題ない


三振を奪う能力は秀でていたが
投手としてのレベルそのものとしては

「大したことはない(なかった)」



がオレの答えです。



正直



野茂の投手成績を見て


「あ 凄い投手だな」
と、オレは思いません。



そもそも、単純に


防御率も悪すぎるし、制球力も無い投手を凄いという人の神経(頭の程度)を疑います。




間違いないと思いますけど




野茂を凄いという人は
投手成績(しかも中身)をみて判断しているのではなく

・メジャーのパイオニアという反事実(事実は、村上雅則)。
・12年メジャーに居た事実。
・無安打無得点2回という事実。

この1点の反事実と2つの事実だけに捉われて(この3点が一人歩きし)「凄い」と錯覚しているだけだという事です。





いいね!(2)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
3年目の田中。
メジャー3年目の松坂のような感じになってきましたね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160516-00000000-spnannex-base


というか、オレはかつて、こう予言していたはずです。


http://ameblo.jp/miumalovely/entry-11756656129.html
http://ameblo.jp/miumalovely/entry-11757677774.html
http://ameblo.jp/miumalovely/entry-11846830615.html



田中はピッチングが単調なんですよ。
コレも前々から言っていますがね。


攻略(滅多打ち)にあっても
それを止めない。学習が無いからまたそれを繰り返してしまう。


最後のオチはスプリット


田中はほとんどこの投球です。



そりゃ簡単に見抜かれるし
通用しなくなるよ。








いいね!(9)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
何度も書いてきたことだが

日米通算

と、日本と米国と言う全く異なる(180°異なる)環境の数字を足して

●●を超えた
●●を抜いた


というマスコミやファンの吹聴振りには、訝りを通り越して
マスコミやファンの「脳の異常(悪い意味での異常)を感じずには居られない。


酷いものになると、勝手に公式記録に組み込んで
あたかもその国で達成したかのような羅列さえしているバカまでいる。


晒し者にしてみると、例えば、このフルカウントというイチロー万歳のサイト。


http://full-count.jp/1992/07/12/post18092/



何が酷いかと言うと(本人=フルカウントと言うサイトは認識して無いだろうが)


MLB歴代通算安打数


と題打っておきながら


米国(MLB)以外で残した数字を足して含んだ合算数字をMLB公式記録のランクに勝手に組み込んでいる。



こういう行為を、世間一般ではどういうか??



改竄行為



と言う。(これはバカな人でもわかる)




こういうことを平気で行っていることに
羞恥心を覚えないということ自体も、非常に滑稽さも感じる。



日本人って、本当に恥ずかしい人種というか
こういうことをやっているから、いまだに島国意識が絶えない島国意識オンリーの進歩の無い国なんだよ。



だってそうだろ。



以前にも書いたが



日本人は凄い とか言っているが
それは日本と言う枠内でだけの判断で、世界基準で全く見ていなかったりする。



オリンピックの金メダル予想とか、その際たるものだ。








いいね!(6)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。