けせらせら日記

息を吸ったり吐いたり。泣いたり笑ったり。時々ほろ酔ったり。そんな毎日。


テーマ:

旅が大好きだ。

今まで見たことのないようなものを見たり聞いたり触ったり。

食べたことのないようなものを食べたり、

出会ったことのないような人に出会ったり。

ついこのあいだ、数日沖縄に行ってきた。

完全フリーだったというのもあり、それはもうハプニングの連続。(笑

炎天下の中道に迷い、途方にくれながら街路樹の下でヤケになって飲んだオリオンビール。ナビの通りに細い坂をぐんぐん登り運転していたら、いつの間にかなくなってた道。以前訪れた島のビーチより、魚の数が全然少ない!と涙ぐむ友人。唯一日焼け止めを塗り忘れて真っ赤になってしまった腰。

そんな感じでいろいろあったのだけど、

一番驚いたのが沖縄流(なのか?)銭湯だった。

一日中海にいたので疲れた体を癒そうと宿の主人に薦められて行ったのが、おばあが一人でやっている小さな銭湯。

300円を払って中に入ると、あらびっくり。

まず、脱衣所と浴場が地続き。

ロッカーの鍵などあるはずもなく、周りには何人ものおばあ達が入れ替わりやってくる。とりあえず準備をして浴室(といっても地続きなんだけど。)へ行くとシャワーもない。(笑)隣り合った熱湯が出る蛇口と水がでる蛇口の真下には、底に穴が開いている小さな丸いシンクがあり、その穴から熱湯と水が中和されて丁度いい温度のお湯が出る仕組みになっている。そこで髪の毛を洗いながら、なんともこの状況が可笑しくて思わず噴出してしまった。

なにやってんだ、沖縄まで来て私は。

とは言ってもやっぱり海は綺麗だったし、

魚と戯れるのは最初は怖かったけど愛らしかった。

水族館にいたマンタはものすごく大きくて優雅で、

お昼に食べた沖縄そばは格別に美味しかった。

レンタカーで海沿いを走り、一面に広がるサトウキビ畑を走り、

夕方にはチャリンコで繁華街をウロウロした。

泊まっていたゲストハウスのリビングでは、

この間会社を辞めて数ヶ月沖縄に滞在しようとしている人や、もう何年も旅を続けている人、なぜか日本の工事現場の人に憧れていてホームセンターでノコギリとかニッカポッカとかを買って喜んでいるイケメン外国人に出会った。夜には、宿の主人とお酒を飲みながら夜遅くまで語り合った。

そこには、そこにしか流れない時間と空気があって、それはすごく大切なもので、ああ、これだから旅って楽しいんだよな、と思うのである。

きっとありえないお風呂屋さんだって、素敵な思い出になるのだろう。

というか、これこそがもしかしたらすでに一番の思い出になっているのかもしれない。

だって、家でお風呂に入って、髪の毛を洗っていると急にそのことを思い出して、ああ、また沖縄に行きたいなあ、って思うんだもの。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

miuさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。